Hatena::ブログ(Diary)

私のおむすび日記 Twitter

2008-10-12

newmoonakiko2008-10-12

[]フナイオープンワールド

船井幸雄オープンワールド2008を取材。入場者3000人ぐらいか、大変な賑わいである。江本勝副島隆彦、中矢伸一、そして親分船井幸雄さんの話で満腹。どの方のお話も、既成概念をぶっ壊すものばかりで、もし、このワールドを知らずに入場した人は、怒り狂うかもしれない。

科学的根拠が権力になることにヘキヘキしている私などは、日本物理学会マスコミに総反撃されている「水からの伝言」の著者江本勝さんには同情してしまう。「水は言葉がわかるという事実を私は言ってるだけ。このファンタスティクな事実を通して、水の大切さ、言葉の大切さを世界に広めている言ってみれば、アーティスト。なぜかを考えるのが、学者でしょ」と憤懣やるかたない表情で話した。テレビも公平さを欠いた報道で、波動エセ科学という魔女狩に加担している。この世には、わからないこともまだまだたくさんあるのだ。

ところで、本の読み聞かせをしているボランテイアの知人が、「水からの伝言」を学校で読みたいといったら、教師にやんわり断られたそうだ。彼女は、とてもよい本なのにと残念がっていた。江本さんの話では、大分県である教師がこの本を読んだら、教育委員会から「だめ」だというお達しがきたそうである。まさか、小田原市教育委員会がそのような動きをしているとは思えないが。「水からの伝言」は科学書ではない。世界に通用するすぐれた読み物であり、教育書だと思う。そろそろ、目に見えないものを信じる時代がきているのに。

ただ、このオープンワールドの先生方、なんであんなに大声だすんだろう?あんまり、いい波動を感じないんだよね。

写真は、展示販売コーナーで購入した「ひふみ糖」。人体生理にふさわしい砂糖。クマイ笹粉・羅漢糖・てんさいオリゴ糖・オーガニックメープルシュガー・てんさい果糖でできている。

doubletdoublet 2008/10/16 23:55 はじめまして。
世の中にはわかることよりわからないことの方が多いです。
江本氏の発言はちょっとずれていて、「なぜかを考える」のに適当なデータの出し方をしていないのです。
物理学会は彼らのグループにももちろん学会発表の場を与えています。つまはじきにはしていません。
そして、科学は決して権力にはなりません。権力を持ったら科学ではないのです。
どこの誰にでも新しい実験結果が出せ、新しい仮説や理論が出せるから素晴らしいのです。
そのためには「統計」という、実験者の恣意的な情報操作を排除したデータの取り方が要求されます。
江本氏の離散的なデータは学者さんを考えさせるほどの意味がなく、ただの信仰と言ってよいでしょう。

雪は空からの手紙雪は空からの手紙 2008/10/17 11:33 私たちの意志のとどかないところにある自然現象の枠組み。そんな自然現象の一つである雪の結晶の形と、私たちが直接触れることのできない空の上の状態との関係を、人工雪をつくることで明らかにした中谷宇吉郎博士。「どのような条件で、どのような形の雪の結晶ができるのか」ということを「雪は空からの手紙である」と表現された博士の言葉の美しさを、「水からの伝言」を読んだ人はどのくらいご存じなのでしょう?「雪は天からの手紙 --- 中谷宇吉郎エッセイ集」が岩波少年文庫から出ています。読み聞かせには難しいかもしれませんが、「水からの伝言」を読むならこちらも読んでいただきたいと思います。

水からの伝言の「水の結晶」と科学の用語である「雪の結晶」を別物だからと切り捨てないでくださいね。そうした瞬間に同一の客観・主観を共有する集団が権力化するのだと思います。

newmoonnewmoon 2008/10/17 22:58 コメントありがとうございます。まさに世の中にはわかることよりわからないことの方が多いですから、わからないことをエセ科学と早急に決め付けるのもいかがかと思っているだけです。また、「水からの伝言」は、言葉の美しさや大切さではなく、言葉(情報)によってすべてが変化するのだ(正確にいえば、するかもしれない)ということを平易に教えているのではないでしょうか。「雪は天からの手紙 --- 中谷宇吉郎エッセイ集」もちろん、読んでみます。感想を書きますから、たまに覗いてくださいね。

うなぎうなぎ 2008/10/28 19:30 船井に関しては、斎藤貴男の「カルト資本主義」を読んだ方がいいでしょう。

Connection: close