PowerShell Memo

このサイトはPowerShell(MSH/Monad)奮闘記です

管理人「newpops吉岡洋」が
「PowerShell(旧名:MSH/Monad)」の研究結果を日々綴っていきます。

【お知らせ】
この日記からPowerShellのTipsを抽出し「PowerShell FAQ」として整理しました。


2005-10-26

[]パスの解析(resolve-path)(1)

「resolve-path」:ワイルドカードを含むパスの解析

「resolve-path」はワイルドカードを含むパスを解析し、

条件に当てはまるパスを「System.Management.Automation.PathInfo」の配列として返します。

「PathInfo」は、「Drive」「Path」プロパティで、ドライブやパスを取得できます。

UNIXのFindに相当するのでしょうか。

「C:\win*\system*」に当てはまるファイルパスを取得する
MSH C:\> resolve-path C:\win*\system*

Path
----
C:\WINNT\system
C:\WINNT\system32
C:\WINNT\system.ini
C:\WINNT\System21.ini

「resolve-path」はファイル/レジストリ、両方のパスに対応しています。

以下はレジストリパスを対象にしたサンプルです。

「HKLM:\*ware」に当てはまるレジストリパスを取得する
MSH C:\> resolve-path HKLM:\*ware

Path
----
HKLM:\HARDWARE
HKLM:\SOFTWARE

「parse-path」との違い

  • 「resolve-path」
  • 「parse-path」
    • 機能
      • パスの解析(ルート、親、末端)
      • ファイル/レジストリ、両方のパスに対応
      • パスの存在チェックが可能
    • 戻り値
      • 「System.String」