PowerShell Memo

このサイトはPowerShell(MSH/Monad)奮闘記です

管理人「newpops吉岡洋」が
「PowerShell(旧名:MSH/Monad)」の研究結果を日々綴っていきます。

【お知らせ】
この日記からPowerShellのTipsを抽出し「PowerShell FAQ」として整理しました。


2006-02-14

[]関連付けられたアプリケーションで開く(invoke-item)

invoke-item

「invoke-item」Cmdletは、ファイルを関連付けられたアプリケーションで開くことができます。

エクスプローラ上でダブルクリックしたのと同じですね。

invoke-item test.txt

メモ帳(もしくは関連付けたエディタ)でtest.txtが開き、

invoke-item test.doc

でWordが起動してtest.docを開きます。


関連付けられているアプリケーションがない場合は、

・・・「ファイルを開くアプリケーションの選択」ダイアログは出してくれないようです。(^^;


エラーが発生します。はい。

MSH C:\> invoke-item test.abc
invoke-item : この操作に対して指定されたファイルには、
アプリケーションが関連付けられていません。
At line:1 char:12
+ invoke-item  <<<< test.abc

蛇足ですが、ErrorRecordは「NotSpecified」です。

MSH C:\> get-exception

Category   : NotSpecified
Activity   : invoke-item
Reason     : Win32Exception
TargetName :
TargetType :

※get-exceptionはMSHのデバッグ手法(6) - PowerShell Memo参照



invoke-itemの使い道

invoke-itemの使い道ですが、コマンドの出力結果をhtmlcsvなどに吐き出して、すぐにファイルをオープンする際に使えそうです。