Hatena::ブログ(Diary)

ちょっとだけ記事を深読みしてみた このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-11-26

いよいよアップルがSIMフリー版のiPhoneを日本で販売しましたが、どんなSIMがあるのかちょっと調べてみました。


<日本は、携帯だけでなくSIMもガラパゴス?>

実はこんな発表が、大きなニュースになるのは日本ぐらいのものなんですね。

というのも、海外ではスマホなどの携帯端末機と、ドコモやAU、ソフトバンクなどの通信網サービス提供業者との組み合わせを自由に選べるのが当たり前だからです。

ところが、日本はさまざまな歴史的背景から、携帯端末機と通信網はセットでしか買えないという、日本独自の仕様になっていました。

日本の携帯端末機は、海外では使えない機能が多くガラパゴス化しているということはよく知られていますが、実は携帯電話のサービス全体の仕組み自体もガラパゴス化してたんですね。

日本の携帯サービス会社では、よく2年縛りという言葉が使われています。
携帯端末を買い換えたら、2年間の間はその携帯端末機と通信網を使い続けないと、契約者にとって非常に不利になる契約方法です。

今までの携帯サービス会社では、この2年縛りを行うことで、他社への乗り換えを防いでいたということが否定出来ないのではないかと思います。

しかし、ここに来てスマホ最大手のアップルが、SIMフリーのiPhoneを日本で正式に販売することで、この2年縛りのビジネスモデルを早急に変更しないといけなくなるかもしれません。

<SIMフリーになったけど、どんなSIMサービスがあるの?>

では、携帯キャリアに縛られないサービスが好きな方にとっては、多少出費が増えても今回のSIMフリー版iPhoneを買われると思いますが、では大手3社以外にどんなSIMサービス(通信網サービス)があるのでしょうか?


以下簡単に特徴などをまとめてみましたので、参考にされてみてください。

f:id:news0109:20131126165450j:image:left
お値段が1,000円以下もぞくぞく、、、
格安でデータ通信ができるSIM会社サービス


・ServersMan SIM
http://dream.jp/mb/sim/index.html
月額なんと490円でデータ通信ができてしまいます。
ただし通信速度は150kbpsです(以前は100kbpsでしたが最近速度がアップしたようです)ので主にメールや簡単なウェブの閲覧程度になります。

月額315円のオプションでIP電話が使えるそうです。

・U-mobile*d
http://umobile.jp/
こちらも月額1,000円以下の714円でデータ通信ができていしまいます(^^)
こちらのサービスの最大の特徴は、LTEという高速通信サービスが月1Gまでこの値段で使えるということです。

普段はネットとメール中心なのでデータ量はそんなに使わないけど、通信速度は速いほうがいいという方にはピッタリです。

・BB.exciteモバイルLTE 500MBコース
http://bb.excite.co.jp/lte/docomo/
こちらも月額892円と1,000円以下で使えるサービスになります。
こちらもU-mobile*dと同じく速度が早いLTEを使えますが、500MBとU-mobile*dに比べて半分になってますので、U-mobile*dがでた現在、魅力が薄くなっています。

しかし、格安でLTEサービスが使えますので、選択肢の候補に入る方も多いでしょう。

・楽天ブロードバンドLTE エントリープラスプラン
http://broadband.rakuten.co.jp/lte/
こちらは月額945円とギリギリ1,000円以内でデータ通信が使えます。

このサービスの特徴はLTEを使わない場合の一般の通信速度が、256kbpsと他社より速いという点です。
もちろんこれは理論上の数値ですが、他社さんも同じ理論上の数値ですので、普通に使う通信速度が速いほうがいいという方は、こちらが有力な選択肢になりそうです。

・BIC SIM(for IIJmio)
http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/service/bicsim/index.jsp

こちらもギリギリ1,000円以内の月額945円でのサービスとなります。
通信会社で有名なIIJmioが行うサービスのビッグカメラ版になります。

こちらも楽天と同じく200kbpsとそこそこ通信速度が速いのが特徴ですが、それ以上に契約期間中は、「Wi 2 300」http://300.wi2.co.jp/ という公衆無線LANサービスが使い放題となるのが特徴です。
関西・関東などの大都市圏内で使うことが多い方は、無線LANの方が通信速度が早い場合が多いですので、魅力的なサービスではないかと思います。

私が住んでいる地区はチョ〜田舎なのですが、たまに行くラーメン店がこの無線LANサービスが使えるとわかって、かなりの衝撃でした。

・OCN モバイル ONE(旧 OCN モバイル エントリー d LTE 980)
http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/index.html
こちらも月額980円で1,000円以内のデータ通信サービスです。
このサービスの特徴は、U-mobile*dやBB.exciteモバイルLTE 500MBコースが月割でLTEが使用できるのに対して、日割りで使えるという点です。

ただし、1日に使える量は当然少なくなり、30MBとなっています。
毎日見るサイトやチェックするメールが決まっていて、30MB以内という方には最適ではないでしょうか?

ただし、LTEをその日に使い切った場合、追加の料金を払って通信できるオプションは、月1,000円を超えるコースにはありますが、このエントリーコースにはありませんので注意が必要です。

・イオンSIM プランXA
http://www.bmobile.ne.jp/aeon/index.html
スーパーなどで有名なイオングループが販売している月額980円の通信サービスです。

こちらの特徴は、格安プランの中で音声通話プランがあることです。
ServersMan SIMなども音声通話はできますが、IP電話になるのに対して、こちらはMNP(番号ポータビリティサービス)にも対応しているので、今の携帯番号を変えずに、使うことができます。


追伸:
最近「スマホ電話SIM フリーData」というサービスが出ましたが、こちらは080の携帯番号がついて月1,560円でデータ通信もできるということで、一部の方で話題となっています

月1,560円でスマホが持てる「スマホ電話SIM フリーData」のコスパが最強過ぎる
http://matome.naver.jp/odai/2138433035209028101

2013-11-12

マツダの試乗会で自動ブレーキがきかなったらしいですが、この動画見ると確実に死んでるなと思うくらい、グーグルの自動運転車のスピードがすごい!


昨日のニュースで、マツダの試乗会で今流行の自動ブレーキがきかず、運転者と同乗者がケガをしたそうですね。

まぁ、この手の自動なんたらは、人が作ったテクノロジーである限り100%確実ということはないわけで、何回も試乗会でやったら、そのうち事故も起きるとは思います。

ただ、試乗会で起こったということは、台風やひどい雨などの特殊な条件下ではないと思いますので、マツダにとってはかなりのイメージダウンでしょうね。

私もマツダ自動ブレーキではなく、スカイアクティブテクノロジーには興味がありましたが、今回の事故でマツダ全体のイメージがダウンしてしまった方も多いのではないでしょうか?

<グーグルの自動運転車のスピードが半ばない件>

この手の自動運転技術で最先端をいっているのは日本だと、安倍首相は言った
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0900Z_Z01C13A1PE8000/
そうですが、確かに日本の技術は最先端ですが、最も最先端はどこかと言われれば、やはりグーグルと言わざるを得ないでしょう。

youtubeでは、グーグルが開発した自動運転車が実際に公道を走っているプロモーションビデオがありますので、あなたも知っているかもしれませんね。

こちらの動画が最も有名だと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=cdgQpa1pUUE

でも、グーグルの自動運転車の実力?はそんなものではなかったのです。

こちらのサイトの下の方にある2本の動画をご覧ください。
1本は車内から、1本は同じ車を外から撮った動画です。

http://www.aoky.net/articles/sebastian_thrun/google_s_driverless_car.htm

どうでしょうか?
まるで、プロドライバーが運転していると錯覚しませんでしたでしょうか?

正直、私は今の時点では運転席には乗りたくないくらい、凄まじいスピードで運転しています。
これを見ると、マツダの今回の事故が骨折なら、グーグルの自動運転車だと確実に死んでるなと思ってしまいます。

恐るべしグーグル!!

追伸:なぜグーグルが自動運転車を開発しようと思ったのかを、上記のサイトで開発者の一人がTEDでプレゼンしています。
一見の価値有りです。

動画に出てくるDARPAグランドチャレンジは、以前NHKスペシャルでも放映されたほど有名な企画のようです。

http://www.aoky.net/articles/sebastian_thrun/google_s_driverless_car.htm

なかなか泣かせる話です(´・ω・`)

2013-10-21

大阪府河内長野市は、生活保護費約400万円を着服したとして、40代の男性主査を業務上横領容疑で府警に告訴していたそうです。


この40代の主査は2010年の5月から11月に市の生活保護のシステムに不正な金額を入力し約400万円を着服したようです。

しかし、被害はこれだけの金額にとどまらず、合計で2億6千万円の被害報告になるそうです。

<生活保護のトリビア>

この事件それ自体は、あってはならないことですが、ちょっと前に次長課長の母親の生活保護問題から、この生活保護について結構ニュースでも取り上げられるようになってきましたね。

そこで今回はこの生活保護についてちょっと深読みしてみたいと思います。

まず生活保護の金額ですが、これは実は全国一律ではなく、住んでいるところで違ってきます。

例えば、大阪府大阪市で単身では生活扶助は83,700円となりますが、佐賀県鳥栖市では68,630円まで下がります。

これは、地域によって家賃や物価が違うためだと言われています。
特に家賃は大都市では高いため住宅扶助費はかなり違ってきます。

先程の例では、大阪府大阪市では住宅扶助42,000円以内に対し、佐賀県鳥栖市では住宅扶助費は、28,200円以内と14,000円以上の差になります。

また生活保護では扶助と言ってさまざまな項目でのお金が支給されますが、病気を持っている方にとって大変助かるのが医療扶助です。

これは病気やケガなどになっても、自己負担金はなく全額生活保護制度がまかなってくれる制度です。

ただし、治療内容は原則国民健康保険の内容に従いますので、保険がきかないインプラントなどは当然だめです。

また、これも原則としてですが、どこの病院でも治療が受けられるのではなく、死活保護指定医療機関が決めた特定の医療機関でしか受診できません。

生活保護でちょっと前まで問題になってニュースなどでよく取り上げられていたのが、この医療費扶助の制度を悪用した金儲けです。

仕組みはこうです。

まず、精神疾患を患っていると受診します。
精神疾患は、特に血液等に異常が出るわけではなく、あくまで本人の申し出にもとづいてドクターが判断しますので、患者本人が毎日寝れないので薬をくださいと言えばたいてい出してくれます。

処方してもらった精神薬や睡眠薬ですが、本人は精神疾患ではないので飲みません。
ではどうするか?

f:id:news0109:20131021111053j:image:medium:left
この生活保護の医療費扶助でもらった、タダの薬をネットの闇取引サイトで売るのです。
ヤフオクなどの有名なサイトではできませんので、薬を取引するダークサイトで売るのです。

睡眠薬は軽いものは薬局などで買えますが、処方しなければならないほどの効果が高いものは薬局などでは売ってくれませんので、そういうサイトで買うのですね。

いわば需要と供給の仕組みが生まれてしまっているのです。
これは、非常に由々しき問題で、行政もさまざま対応を講じていますが完全な撲滅は難しい状況です。


また、生活保護では常識として持てないと思われているものが、条件次第では持っていたり出来る場合があります。

例えば家です。
「えーっ!生活保護なのに家を持てるの?」
と思われるかもしれませんが、

  • 生活保護になる前に、家を買っていた
  • ローンが残っていない
  • 家を売って生じるお金より、家賃を補助するほうが高くなる

などの条件がそろえば家を売らずに、生活保護を受けることが出来る場合があります。

ただしその場合はもちろん家賃の扶助はでません。

ポイントはローンが残っていないことです。
ローンが残っていると、ローンを生活保護である税金でまかなうことになり、さすがにそれは認められません。

また、同じく車も非常に限定的ですが、条件次第では所有を認められる場合があります。
f:id:news0109:20131021111054j:image:medium:left

例えば、病院通いが必要な高齢者世帯であるにもかかわらず、山間僻地に住んでいるため、公共機関がないなどといった場合です。

車の使用については、上記のようにかなり条件が厳しいため、一般的には持てない、使用できないと考えたほうがいいでしょう。

また、昔はぜいたく品だと言われていたクーラーも、いわゆるクーラー取り外し事件を受けて、使用を認められているようです。

http://origamist.tiyogami.com/

さらに、携帯電話も仕事を探したり、履歴書の連絡欄に必要、福祉事務所との連絡に必要などの理由から使用が認められています。

このように、生活保護の制度も詳しく調べると「へぇ〜〜」が結構あるんですね。

2013-10-10

開幕24連勝!田中投手(マー君)と斉藤投手はなぜこうも対照的な結果になったのでしょうか?


私は野球には正直あまり詳しくないのですが、そんな私でもマー君の開幕24連勝0敗という偉業のすごさはわかります(^^)

プロ野球で開幕から20勝以上し、かつ一度も負けずに終わるなど素人が考えてもすごいとしか言い用がないですね。

しかし、マー君の活躍をニュースで見るたびに、あの甲子園時代のあの初代ハンカチ王子こと斉藤投手との激戦を思い出さずにはいられません。

甲子園ネタでは一度もスペシャル番組を作らなかったあのNHKでさえNHKスペシャルで番組を作ったくらいですから、それほどあの甲子園での両投手対決は見ものでした。

http://goo.gl/r6F2m

私もそうですが、実際にリアルタイムでご覧になった方も多いのではないでしょうか?

結果は斉藤投手が投げ勝ち、早稲田が優勝したのですが、その後マー君はご存知楽天へ、一方の斉藤投手は早稲田へ進学したのでした。

<なぜ、両者の結果がこうも違うのでしょうか?>

両者とも、野球はもちろん続けていくこととなり、2006年にプロと大学へ進学した両者ですが、7年後の結果はといいますと、、、

マー君は日本野球界屈指の名投手になった一方で、斉藤投手は先日ケガから復帰し2軍からようやく1軍に登板しましたが、完投できず降板しています。

甲子園の段階では少なくとも両社はあまり差がないように感じたのですが、7年でこんなにも差が開いてしまったのはなぜなのでしょうか?

巷では、もともと体力や素質にさがあったとか、斉藤投手は大学時代に合コンにでたからだとか、チヤホヤされすぎたからだとか、いろいろな意見があるようですし、さまざまな原因があってこのような結果になっているのでしょう。

しかし、私が思うには、高校卒業後のちょっとした、しかし決定的な違いがこの差を生んだような気がしてなりません。

それは、プロとアマの差です。
マー君は楽天というプロ集団の中に入って行きました。
一方斉藤投手は6大学とはいえ、アマチュアの集団に入っていったのですね。

プロとアマの違いは、それで飯を食っていくのかどうかの違いだと言われていますが、その差は、特にスポーツ系では皆さんが思っている以上にすごいものがあるようです。

例えば、先程3兄弟全員がチャンピオンになった亀田兄弟ですが、プロボクシングの最下位クラスである4回戦ボーイのパンチは、アマのチャンピオンでも避けられないと言われています。

それほどプロとアマとでは実力の差が歴然としているんですね。
なので、アマチュアであるオリンピック金メダルの村田選手が、プロデビュー戦で圧勝たのがニュースになるんですね。
通常はありえませんので。

http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/08/25/0006281719.shtml


<マー君と斉藤投手と80対20の法則の関係とは?>

私はこの両社の圧倒的な違いを見た時、あの有名な80対20の法則を思い出してしまいました。

80対20の法則は別名パレートの法則とも言われ、
1)投入、原因、努力の僅かな部分が、産出、結果、報酬の大きな部分をもたらす(80対20の法則 P,11から引用)
2)最初のほんのちょっとの差が、後の圧倒的な差を生む


という2つの大きな考え方らから成り立っています。

2)番目の理論はカオスの理論を元に成り立っていてます。
ここではカオスの理論は省略しますが、有名なカオスの言葉に「アメリカの西海岸で蝶が羽ばたいたら、日本では台風になる」というものがあります。

つまり、最初のほんのちょっとの差が、後に圧倒的な差になってしまうという法則なんですね。

同じく80対20の法則の25ページには
f:id:news0109:20131010093906j:image:medium:left
「池で飼う金魚にも同じ現象が見られる。ほぼ同じ大きさの金魚を池に放しても、時間の経過とともに、最初はわずかの体格差がドンドンと広がっていく。泳ぐ力と口の大きさにほんの僅かでも差があれば、少しでも餌をたくさん取れる金魚の身体が大きくなり、ますますたくさんの餌が取れるようになるからだ
(一部編集)
とあります。

マー君と斉藤投手も最初は、ほとんど実力に差がなかったのかもしれません。
しかし、最初にプロに入るか、アマに入るかの素人目にはあまり変わらないようなちょっとした差が、7年後にこの差になったのかもしれません。

この80対20の法則は、受験勉強や、会社のマーケティングをいかに効率よくするかなど、生活や社会のほとんどの部分でとても役に立つ法則です。

受験勉強なら、全体の試験範囲の中で、毎年出ている圧倒的に重要な20%を完全に理解すれば、試験範囲の80%が解けるといった具合です。

私も、いつも手元に置いて定期的に読んでいます(^^)

新版 人生を変える80対20の法則

新版 人生を変える80対20の法則

2013-10-06

なんか無人が流行ってませんか?


私は結構、ネット等でニュースを見て回るのが好きなのですが、このところ
「無人で、、、」
というニュースが目につくように感じたので、まとめてみました(^^)

<まずは無人で動く自動車>

昨日、あの「桜塚やっくん」で有名な斎藤恭央(やすお)さんが高速道路の事故でお亡くなりになられたというニュースが入ってきましたが、私もエンタの神様でリアルに見ていた世代なだけに、ショックでした。
ご冥福をお祈り致します。

・タレントの桜塚やっくん、中国道ではねられ死亡
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131005-OYT1T01089.htm

f:id:news0109:20131006101557j:image:medium:left
これから書いている自動運転技術が、もう少し早く実用化されていればもしかしたら防げた事故かもしれません。

自動車はとても便利な乗り物ですが、体調が悪かった時や長距離を運転する際、「だれか代わりに運転してくんないかなぁ」とおもったことはないでしょうか?

それ以外にも、地方で一人暮らしをされているお年寄りなどは、バスの便も不便ですし、かといって、病院や買い物に使うタクシー代も毎日のこととなると馬鹿になりません。
そんな時、自動でスーパーや病院まで運転してくれる自動車があったら、とても便利ですよね。

ただし、安全面が完全に確保されているという前提ですが。

しかしそんな夢の様な自動車が、どうやらそんなに遠くない未来に実現しそうなんです。

まずは、あの巨大IT企業グーグルが開発している、自動運転自動車がこちらです。

・グーグル、自動運転車の開発に本腰か
http://japan.cnet.com/news/service/35036340/

・米グーグル創業者「自動運転車5年以内に実用化」
http://goo.gl/63qKmD

・動画での様子はこちら
http://goo.gl/hVWb6j

グーグルはすでに、48万km!!もの試運転をしているようで、さらにすごいのがまだ一度も事故を起こしていないということだそうです。

写真や動画で見る限りベース車はプリウスらしいですが、同社は自動車や運転機器そのものではなく、Androidを大ヒットさせたように、お得意のプログラムを開発し、自動運転OSのオピニオンリーダーになるのが目的のようです。

自動運転は、もちろんグーグル・マップととてもマッチングがいいでしょうし、Androidと組み合わせて、自動運転中にスマホで買い物を選んで、スーパーに行ったら、すでに欲しいものが専用の駐車場に置いてあるなどの光景も夢ではないかもしれませんね。

もちろん、日本のメーカーも負けてはいません。
この自動運転でにわかに注目を集めているのが、日本の日産です。

・日産の自動運転車が進化…デモ走行 動画あり
http://www.rbbtoday.com/article/2013/10/01/112316.html

・日産の自動運転車、高性能ワークステーションが“知能”を担う
こちらは運転席内の動画もあり
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1310/03/news021.html


グーグルに負けず劣らず、とても賢い動きをしていますね。
どちらもそうなんですが、運転者が触っていないのに勝手にハンドルが回るのは、とても不思議な感覚ですね。

日産の方はOSではなく、もちろん自動車そのものを開発・販売する目的のようですね。
そしてなんと2020年までには、実際に買える値段で売り出す予定のようです。

・日産が2020年までに発売する自動運転車、「入手可能な価格で複数車種を用意」
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1308/28/news092.html


もしかしたら、東京オリンピックでは選手を自動運転の自動車がお出迎えという光景もあるかもしれませんね。

これからの高齢者が増える日本では、運転が上手でない高齢者も多くなってくるでしょうし、実際に今は若い人の事故より高齢者の運転する自動車事故の件数が増えているそうです。

・政府広告オンライン
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201306/1.html

なので、この技術が実用化されれば下手なドライバーより返って自動運転の方が安全かもしれません。

<実用化は可能?>

実用化に向けては、安全面が最も大きな課題だと思いますが、この課題は技術的な面ですので、時間が経つにつれて解決できる技術が開発され、最初は都市部などある程度インフラや環境がととのった場所では実用化は十分可能だと思います。

現にモノレールなどの線路系は自動運転していますしね。

しかし、技術面よりもう一つ大きな課題があり、私はそちらのほうをクリアするほうが大変ではないかと思っています。

それは、制度面です。
自動運転などの、今までにない革新的技術が実用段階に入ると、当然国(お役所)の規制が入ってきます。

自動車などの大規模でかつ、広範囲で国民に影響があると思われる分野ではなおさらです。

過去の例から見ても、規制がなければ素晴らしい技術革命が起きたかもしれないのに、がんじがらめの規制で、メーカーが撤退せざるを得ないことが起きる可能性は十分にあると思います。

何度も言いますが、もちろん安全面が担保されるのが大前提ですが、それが十分担保されていても、制度の壁で実用化できないことだけは避けて欲しいですね。

あのセグウェイも、結局公道では乗ることができませんでしたね。
人というのは、理解が難しいものが突然出てくると、拒否反応をしめすものなのでしょうかね。

・なんでセグウェイの公道走行は未だに認められないのでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1354106438

ちょっと長くなってきましたので、次回に続きまーす(^^)