発声練習

2009-07-27

[] 卒業研究につまづいている人へ:範囲を決めてとりあえずザッと終わらす

GTDでお馴染みのデビッド・アレンさんの受け売りだけれども

「知的労働は基本的に終わりがない。だから、ストレスフリーに知的労働を行うためには区切りは自分でつける必要がある。」

私が見聞きした学生さんが卒業研究でつまづく際の典型例が「細かいところに執着し、しかも、その部分すら終わらせることができずに燃え尽きる」というもの。これが発生するする原因は以下のとおり。

  1. 卒業研究の目的(もしくは今行っている作業の目的)を理解していないため、終着点(作業の終わり)をイメージできていない
  2. 終着点がイメージできていないので、今、こだわっている部分の重要性を見積もることができない
  3. 終着点がイメージできていないので、今、こだわっている部分をどれぐらい深く(細かく)行えば「今のところは」十分なのかがわからない

研究は正解のない作業であり、正解がない作業はとりあえずやってみないと課題が何かすらわからないことがあるので、とりあえず終わらせていることが重要。ここいらへんは、ソフトウェア開発のアジャイル開発やエクスストリーム・プログラミング(XP)でも良く言われていること。最近の漸進的ソフトウェア開発手法の際によく言われるのが「将来必要になるかもしれない機能は、必要になったその時に追加すればよく、今は追加するな!」ということ。これは卒業研究でも一緒。

卒業研究の目的あるいは今行っている作業の目的がはっきりと理解できていなければ、何が今必要な事柄であり、何が今は必要ではない事柄なのかを判断することができない。なので、まずは、卒業研究の目的や今現在行っている作業の目的をはっきりさせるべき。自分で決められるならば自分で決め、ダメなら先輩や先生の知恵を借りる。先生はこのために給料もらっているんだから遠慮しなくてもよい。

目的がはっきりしたら、当面の終了条件を決める。「当面の」という制限をつけた理由は、必ずしも一度の作業で卒業研究の目的や行おうとしている作業の目的を完全に達成できるとは限らないから。たとえば、木工工作のやすりがけを思い浮かべてもらえばよいと思う。作業目的は作った品の表面をなめらかにすることだけれども、最初は粗くヤスリをかけ、徐々に目の細かいヤスリで仕上げていき、最後はツルツルにする。いきなり、目の細かいヤスリでツルツルにしようと試みるのは、できないことはないけれども、うまいやり方ではない。

当面の終了条件を決定したならば、自分の中の完璧主義な面には旅行に行ってもらい、当面の終了条件をぎりぎり満たす品質で作業を行うべし。品質の向上は2回目以降に実施する。正解のない事柄においては、品質とは常に理想とどらくらい距離があるかということ。かなり頑張ってもたどりつけないのが理想なのだから、ちょっとずつちょっとずつ理想に近づけていくべき。ある部分だけいきなり理想に到達ということはありえない。

当面の終了条件を満たしたならば、満足できようができなかろうが作業を終了すること。そして、作業過程で得られた知見や作業結果を考察すること。場合に寄っては、当初立てていた解決法や実現方法、作業計画に対してネガティブな結果がでているかもしれない。かなり、レアだけれども研究目的に対してネガティブな結果すらでている可能性がある。でも、これが研究!答えが分かっているならば研究する必要はない。勇気をもって、解決法、実現方法、作業計画、研究目的を修正しよう。一人で行うのが難しいならば、先生や先輩の力を借りるべし。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。