Underwater photographyの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-02 【玉Bokeh】クサイロモウミウシ&セボシウミタケハゼ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-06-02

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

銀杏の葉のような海藻によくついている5mmほどの小さなウミウシ撮影した。

とても小さいのでマスターレンズの先端にさらにクローズアップ撮影となる。

f:id:nezurou:20180602233044j:image

外付けクローズアップレンズ被写界深度をさらに薄くするので、普通は絞るのだが敢えての開放絞り撮影

出したかったのは葉についた砂粒の玉ボケである。

日本人独自の美的感覚だといわれるボケであるが、やっぱり僕もやってみたいのである。

f:id:nezurou:20180602233040j:image

バディはウミタケハゼあるいはウミショウブハゼのペアを撮影

わかりにくいかもしれないが卵を守っていた。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村