歯軋りプランクトン

2013-12-17

うさみみデリバリーズ



f:id:ni6ra:20140830095756j:image


作品情報:2003年 すたじおみりす



はじめに:
やってみた印象は、頑張っても良作止まりなのを埋れてるせいもあってか懐古補正かかりまくりな人が多いゲームだった。
しかし良作になりえる要素もわりと持っていて、凄く惜しいなぁ、とも思った。
結局のところ軌道エレベーターの話をしたかっただけなんじゃないのかこれ。



音楽:A-
平凡日常系とちょっとずらした感じの尖り具合で品質も悪くない。
OPはクソだがEDが第一線で戦えるレベルで驚愕した。相当良い。



絵:B
不安定といわざるを得ない。
テキストで「凄い美人」って書かれてるのに立ち絵酷すぎてこんな容姿で美人とか思うわけねーだろみたいなプレイしてて萎えることが多い。
クオリティ自体は対したことないのにキャラ設定とテキストとシチュエーションが巧いこと噛み合っててえろCGがよく見える現象が起きてた。



シナリオ:B
4日間で濃密にする必要あったんか。というかさほど濃密さも感じなかったし皆と打ち解ける前に山場きちゃって超えたら即えろで結ばれたらもうエピローグ、てな流れがほとんど。なので没入感がほぼない。投げっぱなしも多いし。
わりとメイン・サブ含め途中でちょいちょいえろがあったりで「えろげー」としての割合でいえば結構配分具合は悪くなかった。



声:B
ねこは完全にハマリ役だと思うけど部長がドムは無い。艶なさすぎ。
べるのとねこが結構上位。



システム:B-
パッチ入れても、キャラが影分身する・SEがずっと鳴り響く・音声がずれて再生されるなどなど悲惨。



総評:B+
総合的に見るとやってて苦痛を感じはしないが上手いこと面白い風に転がってくれない歯痒さがあった。
日常描写はだいぶ浅いがえろはまぁまぁ良い並作。
キャラ設定がそこそこ良いのが救いか。


-分かり易いまとめ-
絵       ★★☆☆☆☆ 不安定だがえろい
シナリオ    ★★☆☆☆☆ 
音楽      ★★★★★☆ エンディング曲が最高
個人的お勧め度 ★★★☆☆☆ 
システム    ★☆☆☆☆☆ 
使用度     ★★★★☆☆ 
総合評価    ★★★☆☆☆