Hatena::ブログ(Diary)

偽百姓の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

おしらせ

【メルマガやってます!】

2010年12月下旬から、メールマガジン「Nice百姓通信」(ナイスひゃくしょうつうしん)を発行しています。

以下の登録フォームよりご登録ください!

偽百姓の想い、活動、メルマガの内容につきましてはコチラをご覧ください。

 

【震災支援のための「寄付小冊子」作成しました】

コチラから最新版をダウンロードできます。

「お金に想いを託す」支援について考えるきっかけとしていただければと思います。

メルマガ購読・解除
Nice百姓通信
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

2013-11-17

[][]アートスタート全国フォーラムin鳥取「おひざのうえ2013」

【大拡散希望】◆◇TPP。今すぐやろう!〜わたしたちにできること〜◇◆

TPP交渉の情報公開と市民参加を求めて、「オンライン署名」と「議員アクション」はじめました!

どこでも、だれにでも、一人でもできるアクションです。ぜひご友人にもお知らせください!

http://tpp-dialogue.blogspot.jp/2013/10/tpp_109.html


本当に、楽しい楽しい充実した2日間でした。

改めて、アートスタートって何?という方にはこちらの説明を。(FB友人Y氏より転載)

『アートスタート』とは、0歳から就学前の子どもたちが、「大好きな人と一緒」に生の舞台を楽しむ"アートとの出会いの場"をつくる運動です。

こうした出会いが、子どもたちの五感を刺激し、感性をはぐくみ、心の成長を手助けすることを願って、子どもの年齢にふさわしい質の良い作品を身近な場所で楽しめるように、地域の人、NPO市町村自治体、幼稚園・保育所が協力して実施されています。


アートの舞台を楽しみながら、おひざのうえの小さな人たちの反応に和まされながら、一生懸命に作り上げられた方々の汗(冷や汗も含む?)と涙の結晶を感じながら、まるで雲の上にふわんと乗っかっているような、そんな夢見心地な気分でした。

そんなアートスタートの魅力、それはこの日に初めて公開された新作アートスタート作品「もりさやのチリン♪コロコロ プイッ!! ちいさなうたあそび」の中の一曲、その名もまさに『おひざのうえで』にすべて詰まっていると思うのです。


おひざのうえで

作詞・作曲:坂野知恵&森田さやか

編曲:IBUKI


ようこそこの世界へ 君の事を待ってたよ

小さな瞳の中 すべてはここにある

思い出したメロディ 確かにある命

巡り会えた君に送るよ 今 を

ありがとう この世界に 大好きな人がいる

おひざのうえには ほら いつかの私がいる

おひざのうえには ほら 君が笑っている…♪


ほんとに、この歌に全てが詰まっているな、と。

そこにいるのは「いつかの私」であり、「君」である。

それこそが命の継承、リレーのバトンが今まさにここにある。


それを全身全霊で感じる、その入り口としての瞳であり、その瞳がまた、出口にもなっている。

決して「与える」だけでなく、お互いで感じ合い、響き合うことで生まれる感動。

それはきっと、「おひざのうえ」だからこそ感じられるものなのだと思うのです。


僕もいつかそれを感じられる日が来るんだろうか、来るといいなぁと思ったりして。

きっとこれって、もう既に子どもがいる人だけじゃなくて、これから親になる可能性のある人も、感じた方がいいことなんじゃないですかね。

少子化問題や働き方による問題、経済の問題、いろんなことの解決の糸口に確かにつながっていると思うのです。



小泉先生の講演部分についてはまた別途まとめようと思います。

諸々書きたいことも書かなきゃいけないことも溜まってるんだけど時間がたりねぇ…。