niemandsroseの日記

2016-02-11

| 19:22 | ■を含むブックマーク

 大崎六厘舎で遅めの昼飯。あんまり腹減っていないのでつけ麺小盛り(780円)にした。

 「紙エプロン使いますか?」と聞かれたが、飛び散るスープを気にするお客さんも結構いるんですかね。

 麺はかなり太め。タピオカでも入っているようなプニプニした腰がないうどんみたいな感じ。スープはかなりしょっぱくてかつ唐辛子が効きすぎで辛い。魚粉っていうんですかね、鰹節をみりんで煮込んだような味のする粉の味も強い。最後はお湯(?)でスープを割って飲むんだけど、辛いのでお湯多めに入れたほうが良いかも。

 周りを見るに、普通盛りだと量も程々にありそう。

 良くも悪くもB級ジャンク味。たまに食べるのは良いかもしれないが、並んでまでとは思わないかな。値段も結構割高だし。

2016-02-10

| 22:58 | ■を含むブックマーク

 定期訪問のフレンチへ。

 今日の目当てはカスレ。具は、豆と鴨のコンフィ、塩豚、鹿のソーセージでこれがべら棒に美味かった。

 他の料理もいつも通りの美味さ。マナガツオのポワレも美味かったな〜。デザートもおまけしてもらって、いつも以上に大満足でございました。

2016-02-09

| 22:48 | ■を含むブックマーク

 絵はともかく、結構ミステリ仕立てと言うか、結末までの作りは良くできている。主人公のサブカル要素が単なるスパイスになってしまっていることに見られるように、複数の要素のどれが中心かよく分からない散漫な印象もあり。

 ガール側の掘り下げがもっとあれば良かったのに。最後の主人公豹変は笑えた。

2016-02-08

| 22:36 | ■を含むブックマーク

 仕事ができない同僚の尻拭いで残業。前から無能なことは分かっていたけど、これほどとは……。本当に「ガイジかよ…」と言いたくなるほどひどかった。封筒の数を数えるという幼稚園児レベルの作業でもやたら間違えるし、良く今まで首にならずに来たものだ。

 尻拭いは今月いっぱい続きそう。勘弁して欲しいよ。

2016-02-07

| 17:50 | ■を含むブックマーク

 最近第2の行きつけのお店で教えてもらった農家の野菜を通販で時々買うようになったのだが、先日初めてたけのこ芋(京芋)というのがあったので注文してみた。

 これが非常に美味しくてビックリ。根菜の煮物に入れてみると、何ともかぐわしいちょっと清涼感のある香りがして、今まで食べたことがないようなものだった。

 こちらの農家の作る野菜はどれも明らかに通常のものと比較にならないレベルで毎回毎回感心しているのだが、値段も別にそんな高くないんだよね。たけのこ芋も1キロ700円しないくらいだから。これ下手なデパートで買ったら倍くらい取られそうだもん。商売っ気がないというか、何というか。

 世の中には知名度はないけど凄腕の人がいるもんですな。