niemandsroseの日記

2015-03-29

| 19:41 | ■を含むブックマーク

 図書館で借りて聴く。割と私が好きな人たちが讃えている割合が高いので、大瀧詠一ってそんなに偉いのか、一度ちゃんと聞いてみなくてはとずっと思っていたのだが、ようやく聞けた(ドラマの主題歌になった歌は耳にしたことはあったが、それは特に良いとは感じなかった)。

 いやいやこのアルバムは素晴らしい。昨日言及した『黒船』も質は十分高いとは思うが、こちらを聴いた後だと見劣り(聴き劣り)する。大げさに言えば、天上的な朗らかさすら喚起させるポップネスがある。音も30年前のアルバムとは思えない美しさ。現代でもこれ以上綺麗な音を出している作品はそうはないでしょう。

 返却する前にもう2、3回は聴かないと、もちろんvol.2も近いうちに。

 

2015-03-28

| 19:18 | ■を含むブックマーク

黒船

黒船

 図書館で借りて聴く。ちょっと古い感じもするけど、このポップさは今聞いても十分格好良い。それぞれの楽器がちゃんとしているというか、バンドサウンドとして質が高いのがあるのだろう。やっぱり有名な人だけあって、(私には判別できないが)演奏が上手なのだろうか。「タイムマシンにお願い」ってこのアルバムに入っていたんですな。あとは、テレビなどで良く耳にする「ハイハイハイハイハイハイ」は「塀までひとっとび」が出典だったのは初めて知りました。

 どうでもいいけど、メンバーのファッションが凄い。こちらは曲と違って今見るとヘンテコ。

2015-03-27

| 00:33 | ■を含むブックマーク

 ささやかな送別会。義理のものと違い、来てほしくない人がいないので非常に楽しく和やかに。いやいやまっとうな人との酒席は良いものです。料理も悪くなかったし、良い夜を過ごせました。

2015-03-26

| 22:46 | ■を含むブックマーク

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

 古本屋で購入。全然難解な感じじゃないです。むしろ読みやすいでしょ。

 それでもって中身はというと、詳細な注にも目を通していないし、翻訳の問題もあるけど、主要テーゼは「執着するな」で良いんじゃないでしょうか。

 これは突きつめると(世間的な視点からは)結構怖いことだとは思うけれど。ある意味運命愛の別の表現と解釈するならば、全く持ってその通りとしか言いようがないです。

 古典中の古典の中では、恐らくもっとも近づきやすいものなのでは。そういう意味では万人向けと言えるかもしれないが、中身は万人向けだと困っちゃうというか、万人がここで言う覚りの境地にたどり着いたら社会の存立が危ないからね。

2015-03-25

| 23:28 | ■を含むブックマーク

 第2の行きつけのお店へ。今日は定番以外だと、普段飲まない焼酎とエイの煮付け、おにぎりが美味しかった。他の常連さんとも和やかに雑談を交わし楽しいひと時ですた。