niemandsroseの日記

2014-10-31

| 21:55 | ■を含むブックマーク

イト

食べログイト

 晩飯で。クリームコーンスープ、タンシチュー、ライス(600円+2000円+300円)を注文。

 コーンスープはどうということはないもの。値段を考えるとイマイチ。

 タンシチューは、具がタンにタマネギとマッシュルームタンで、かなり平べったい皿で出てきた。タンはちょうど良い柔らかさで中々美味かった。ソースは味は悪くないんだけど、もう少し量が欲しかった。ライスはごく普通。

 全体的に、値段が結構することを考えるとあと一歩というところか。名物らしきボンボーヌという料理は1000円で他のものより安いので、それを食べれば良かったかもしれん。

2014-10-30

| 21:26 | ■を含むブックマーク

 新刊で購入。同じ主題を少しづつ変えて演奏する変奏曲集のような作品。それぞれの章はどこか人生の悲哀を感じさせるものが多いが、最後は穏やかな人生賛歌へと至る。

 とても美しくて滋味溢れる読後感でした。確かに賞を取って評判になるだけのことはある。

2014-10-29

| 21:17 | ■を含むブックマーク

 新刊で購入。間があくと話思い出せねー。

 それはともかく、4巻は豊久対土方がメイン。圧倒的なギャグセンスに比べると、(格好いいのは確かだが)バトルアクションの描写はややレベルが落ちる気がしないでもない。

 それよりも良い意味でのバカげた国盗りが展開する様の方が面白さを感じる。

 いろいろあるけど、稀有な個性の持ち主なのは間違いないので、ヒラコー先生には頑張って1年に1.5冊ぐらい出せるよう描いてほしいものです。

2014-10-28

| 21:53 | ■を含むブックマーク

すぐわかる 画家別 印象派絵画の見かた

すぐわかる 画家別 印象派絵画の見かた

すぐわかる 画家別抽象絵画の見かた

すぐわかる 画家別抽象絵画の見かた

 図書館で借りて読了。印象派の方が解説はより初心者向けな感じ。

 紹介されている絵画も、印象派は大体素人が見てもそれなりに綺麗だと感じるが、抽象絵画は正直解説を読んでもよく分からないものの方が多い。

 私が特に分からなかったのが、ニューマンとラインハートという画家。p.117のラインハートの絵なんて、「よく見ると、かすかに幾何学的な形態が隠されていることが分かる」って書いてなんだけど、印刷でつぶれちゃってただの黒い四角だからね。これで何か感じろって言われても無理でしょ。逆にピカソやデュビュッフェは(少なくとも紹介されている絵は)単純に美しいと思った。

 うーん、単純な好みではこの2冊に登場する画家たちよりは、ベーコンを選ぶかなぁ。

2014-10-27

| 21:30 | ■を含むブックマーク

 図書館で借りて聴く。演奏もなかなか良いけど(特に30番はかなり良し)、久しぶりにベートーヴェンピアノソナタ聴いて、改めてその素晴らしさに感心してしまった。月光なんて、ベタでそんなに複雑じゃないけど、やはりどう考えても名曲としか言いようがないでしょう。

 死ぬまでに一度は一流ピアニストの演奏で生の演奏を聴きたいけど、その機会はあるだろうか。