niemandsroseの日記

2016-09-28

| 20:47 | ■を含むブックマーク

将棋・名勝負の裏側 ―棋士×棋士対談― (マイナビ将棋BOOKS)

将棋・名勝負の裏側 ―棋士×棋士対談― (マイナビ将棋BOOKS)

 図書館で借りて読了。将棋ファンなら色々興味深い内情が語られている。駆け出しの(普通の)4段とA級の差って、素人にはどのくらいか想像が難しいが、豊川7段が語る羽生3冠や屋敷9段との差、飯島7段が駆け出しの時の佐藤9段との差などから推察するに、相当あるみたいですな。

 棋譜解説も割合としては程よい感じだし、そんなに将棋が強くなくても結構楽しめるかと。

2016-09-27

| 21:40 | ■を含むブックマーク

宝石の国(6)限定版 (プレミアムKCライツ)

宝石の国(6)限定版 (プレミアムKCライツ)

 新刊で購入。オマケのトートバッグは正直要らなかったかな……。

 中身は、謎が全く解明されていなくてやきもきするものの、美しすぎる絵を見るだけで心が満たされる。宝石たちの破壊されるシーンが、残酷な美そのものを体現しているようで、もはや崇高さすら感じさせるかと。マンガファンは必読。

 余談。最新刊買おうとしてボケて間違えて5巻をレジに持っていって買おうとしたら、親切な店員さんが「これで良いんですか?」と聞いてくれて危うく難を逃れた。宝石たちのキャラも覚えらんないし、記憶力の減退が最近ひどいな〜。

2016-09-26

| 19:28 | ■を含むブックマーク

 古書店で購入。どれもレベルは高いが、中でも特に「鷹」「月に吠える」が何とも味わい深い余韻を感じさせる。谷口さんの動物ものはしみじみ良いね〜。

2016-09-25

| 19:31 | ■を含むブックマーク

芸術作品の根源 (平凡社ライブラリー)

芸術作品の根源 (平凡社ライブラリー)

 新刊で購入。ガダマーや訳者の解説もあるし、言っていることは一応何とかわかるのでは。

 存在の真理を開くものとしても芸術作品というアイデアは、根本的に正しいと私は思う。ニーチェ的な芸術至上主義、美の真に対する優越(もしくは美=真)はこの観点から見ることでその真価が理解できるようになるかと。

 しかし、こういった話って論証するって感じでもないし、「ドーだ!」的ハッタリとどう区別するのかというのが難しい。存在そのものの根源性って、それがなければ文字通り何も始まらないという意味で最も基礎的なものであることは間違いないと思うんだけど、その理由を説明しようとすると「だって現に世界がそうなってるじゃん」としか言えないというか。

 そこを何とか議論をひねり出したり哲学史の助けを借りてあれこれ上手な言い方をしようとして、ある程度てきている(いそうな気がする)のが大哲学者の偉いとこなんでしょうね。

2016-09-24

| 11:00 | ■を含むブックマーク

 行きつけの割烹へ。この日はタコアワビ、カボチャが特に美味かった。