niemandsroseの日記

2015-09-04

| 22:52 | ■を含むブックマーク

 図書館で借りて読了。プラトンに語り掛ける形で主要著作の紹介をしていくという、お堅いイメージの岩波新書っぽくないスタイル。

 ここまでストレートに哲学への情熱を感じさせる本もなかなかないし、内容的にもかなり面白かった。巻末のブックガイドもなかなかの充実ぶり。

 哲学の新書というと講談社現代新書が圧倒的に優れているけど、これを機に岩波新書も対抗して良い本どんどん出して欲しいね。

2015-09-03

| 18:53 | ■を含むブックマーク

タカリバンチャ

食べログタカリバンチャ

 遅めの昼飯で。タカリランチセットを注文(1200円)。カレーは辛口でマトン、ドリンクはマンゴーラッシーにした。

 カレーとダルスープはかなり辛かったが、なかなか美味し。私には中辛でちょうど良かったかも。カレーはサラサラで、肉がこのてのカレーでありがちな、パサパサスカスカでなくちゃんと具として美味しかった。付け合わせのホウレン草炒めや大根カレー漬けみたいなやつも美味しかったし、全体的にちゃんと料理している感じがした。

 お店の人はニコニコと気さくに話しかけてくるタイプ。少し日本語聞き取りづらかったのはご愛嬌。なんでも、このお店のタカリ料理はあんまり日本人向けにカスタマイズしていないんだそうです。あと、現地の人はこの店の辛口ほど辛いものは食べていなくて、その代わりなのかどうか、青唐辛子をかじると言ってました。

 全体的に好印象だったので、夜行って他のタカリ料理も試してみたいな。

2015-09-02

| 21:40 | ■を含むブックマーク

 いや〜、職場の問題児がちょいと後輩に苦言を呈されたら、いわゆる逆ギレというやつですか、怒って訳わからねぇこと言い始めちゃって、私だけでなく同僚全員がウンザリ。

 どう考えてもまともな選考試験を突破して就職したとは思えない知能の低さと、とにかく人に不快感を与える天然の人当りの悪さで、どの部署でもお荷物扱いだったらしいんだけど、直接身近に接してみると激しく納得できた。これで私よりずっと高い給料なんだから、もはや比喩でなく文字通りの(給料)泥棒。逮捕されて懲役に行ってほしいね。いやホントに。

2015-09-01

| 22:25 | ■を含むブックマーク

 今月の購入予定、ワールドトリガー12巻(4日)、マンガ家総進撃3巻(25日)、山川直人『小さな喫茶店』1巻(25日)。まあまあ。

2015-08-31

| 21:51 | ■を含むブックマーク

Aspects of Psychologism

Aspects of Psychologism

 キンドルで購入。論文集だけど、最新の心の哲学の話だけじゃなくて、ブレンターノやウィトゲンシュタインといった過去の哲学者についての論文もあり。

 タイトルからじゃ分かりにくいかもしれないが、基本的には志向性が中心テーマ。路線としてはどちらかというと直観重視派というか、素朴な傾向を擁護する感じで、サールとわりと親近性ある感じ。クオリアにも志向性あるって。痛みなら痛みの場所。ホントかな?

 その他の話題も含めて、どの論文も面白かった。そして何より英語が素晴らしく分かりやすい。私が読んだ中では(やはりまた)サールと双璧というぐらい読みやすかった。

 中身の面白さと英語の近づきやすさから、マニアや専門家だけでなく、哲学し始めの学生にも良いかもしれない。オススメ。