加熱済み宇宙食4691パック このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-09-04 ぼげぼげ

東方が色々と迫りつつある

電車で隣の高校生がケータイ東方の解説ページを見ているのを目撃したとか、週刊漫画雑誌のレビューサイトにいつのまにか東方の記事が混ざりだしたのを目の当たりにするとか、サルまんの竹熊さんが「最終鬼畜道化師」の洗脳MADらんらんるーされたとか(参照スピードレーサーはなぜ不入りなのか: たけくまメモ )この広まり方は恐ろしい。この大量の人間の受け皿がコミケ(及び各種同人イベント)と全国に点在する同人ショップとネットしか無いというのも恐ろしい。先の例大祭では会場のキャパシティを越える人数が大挙したために混乱が生じたし、その内暴発しそうで恐ろしい。個々人のマナー云々というか数の魔力。いっそ商業化すれば「同人の一大ジャンル」から「STGゲームの内のワン・オブ・ゼム」になっていい具合に埋没しそうな気がするが…儚月抄とかみたいに。

サナギさんが次週最終回である件と、打ち切り漫画の方が好みの件

サナギさんが、次回で最終回!まあここらへんで締めてもいいかなとは思うが好きな漫画の終了は切ないのぉ…

だから印象に残るのかもしれない。我が思い出のジャンプ漫画も

  • ノーサイド(「だに〜」という口調が壺であった)
  • 虹のランナー
  • 暗闇をぶっとばせ
  • スクラップ三太夫
  • ゆうれい小僧がやってきた(俺の中のゆでたまごはこれ)
  • 天外君の華麗なる悩み(「硬派だー!」と叫ぶタイミングで女の子が群がるシーンが面白かった)
  • 私のカエル様(なんですぐ終わってしまったんだろうなあ。戦闘シーンも迫力満点だったのに)
  • 原色超人ペイントマン
  • とびっきり(「3時間ボーズ」という言葉が印象的だった)
  • ATレディ(「でっけえミニ四駆」のインパクトは一生忘れまい)
  • ドンボルカン -聖なる男の伝説(1球投げるのに何ページもかけるしつこさがたまらねえ)
  • 竜童のシグ(「右旋無拍子」とかよく真似してました。なぜ打ち切られたのか未だにわからん)
  • まんゆうき(すぐに終わってしまってすごくガッカリした)
  • KOマサトメ(なぜ打ち切った)
  • 超弩級戦士ジャスティス(第1話ラストの見開きのかっこよさは異常)
  • 地獄戦士魔王(デビュー作の「スーファミパパ」からして神の領域)
  • 翔の伝説(本気で感情移入して嵌っていたのに打ち切りに打ちのめされる)

印象に残るのは打ち切りとされている漫画の方だ。長寿連載漫画で毎週楽しみに追っていたのは男塾ジョジョぐらいだなあ、あとの長寿連載は空気の如き存在だった。