Hatena::ブログ(Diary)

NO! NO! Lucky Lady このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-06-17

[][]気持ち切り返し

先日の日記以降、大分落ち着きました。


青木さんの葬儀、この日は休みで

実はぎりぎりまで行くか行かないか迷いました。

でも、結局行かなかった。


理由は2つ。

私以上に別れを惜しみたい人がいるはずだから、

という遠慮の気持ち。が一つ。

でも、それ以上に思ったもう一つの理由は、

私にとっての青木さんの最後の姿は

ステージで楽しむ青木さんのまま・・・でいたかったから。


この選択は、良くも悪くも一ファンの特権だと思いました。

そう思いたくても、行かないわけにいかない人達もいるだろうし、

私とは逆に、最期だからこそ行ったという人もいるはず。

人の思いは様々で、私の決断も様々な中の一つだと思います。


当たり前に甘えていた。ということを

青木さんに教えられた気がします。

変わらないもの。

変わるもの。

生きている以上、別れは避けられず、

そして私は今日も生きている。

突然の別れは、悔やむ程辛いし哀しいけれど、

ただそれだけでは堪らない。

その人から貰った素敵な想い出を

いつでも思い出せるよう、

一つ一つの出会いや繋がりを大切にしていきたい。

それらをココロに刻み、これからも生きて行く。許される時まで。


青木さん、青木さん、

素敵な音楽をありがとうございました。

6月24日に貴方の音に出会えることを楽しみにしています。

ただ一つ。

貴方の新しい音楽が聴けないことが、一番の心残りです。

(2006/6/18 14:00更新)

jaikojaiko 2006/06/18 18:15 青木さんのこと、本当にどうしようもなくて、だけど、
ずっと彼が残してくれたものを忘れずに伝え続けるのも
また、彼の素晴らしい音楽に触れることができた私達の
役割なのだと思うようになりました。

今は、角松の「Realize」が骨身に染みて哀しいです。

あいざっくあいざっく 2006/06/23 07:29 トラバ&コメントありがとうございます。
青木さんのこと、jaikoさんの言う通り、
どうしようもなく切ない想いと、リスナーとしての
役割を切に感じています。
横アリでは、それら全ての想いを抱いて行きます。
Realize。。。本当に深く染み入ります。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nihil_issac/20060617/p1