Hatena::ブログ(Diary)

作業記録/備忘録(仮) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015/06/19

CAN通信させてみた(BeagleBoneBlack-RaspberryPi間) - その2(2/3)

概要

BeagleBoneBlackとRaspberryPiの間でCANを利用した簡易通信実験ができるようになるまでに必要な情報をまとめた。
ほぼ先人の情報を参考にしてできたので、内容的には、その際に使用した参考にしたサイトを中心に紹介し、自分で実際にやってみて、間違えたところやうまくいかなかったところ、気づいた点などの情報を追記する形式とした。
間が空いてしまったが第2回は、RaspberryPiでのCAN利用について。

背景

CANを喋れるモーターコントローラーの話し相手に、まずは手元にあったRaspberryPiでCANをしゃべれるようにしてみた。
RaspberryPiはデフォルトではCANは話せない。
SPIの信号をCAN化する方法があったのでそれを試して通信するまでの手順について、参考にしたサイトの情報を記載した。

環境

PC: Ubuntu14.04 64bit (RasPi kernelのクロスコンパイル用)

仮想系。母艦はMacBookProのVirtualBoxWindows8.1のVMwarePlayer

リンク

写真

  • 作ったものたちは以下(クリックで拡大します)
  • 全体像。RasPi B+と、CANのコントローラ(MCP2515)、トランシーバ(MCP2551)を載せた基盤。
    • f:id:nihohi:20150618183005j:image:w240
  • CANの変換基盤(コントローラ+トランシーバ)。図中の緑と橙の線がCAN_HとCAN_L
    • f:id:nihohi:20150619190931j:image:w240
  • RaspberryPi B+
    • f:id:nihohi:20150619191007j:image:w240
  • 参考にした回路図+メモ。回路図は上記リンク先のもの。
    • f:id:nihohi:20150619190959j:image:w240

次回は、BeagleBoneBlack側のCANエレキ、ソフトの準備などについて記載予定。相互通信させてみた結果など。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nihohi/20150619/1434708490
リンク元