Hatena::ブログ(Diary)

新座ウインドオーケストラ モッソ・団員ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-24

■を含むブックマーク ■のブックマークコメント

ホルンパートのかあかです!
いよいよ定演の曲が決まり楽譜が配られましたが、一昨年より去年、去年より今年!と一歩でも前進したい私です。

さて、今回のテーマ[好きな作曲家]ですが、もちろん!パイレーツオブカリビアンのハンス・ジマーです。

誘われて行った友人のピアノの発表会で、少年が弾いていた[黄金のメダル]に心を奪われ、何の映画の曲?から始まり、サントラを買い、一年以上映画を観ずに曲だけ聴いていました。

1年以上経ってからDVDでパイレーツオブカリビアンを鑑賞して、ジョニーデップ扮するジャックスパロウが黄金のメダルと共に現れたあのシーンは衝撃的でした。
家族で海賊暮らしに憧れを抱き、家でも車でもパイレーツオブカリビアンがかからない日はありませんでした。

長男はそのまま映画を仕事にするという夢を追いかけ始め、高校選びも、大学選びもパイレーツオブカリビアンの影響は大きかったです。

まさに人生を変えた曲。映画でした。

いつかモッソでパイレーツオブカリビアンを演奏したいです!!

2017-03-14

好きな作曲家かあ

好きな作曲家かあを含むブックマーク 好きな作曲家かあのブックマークコメント

こんにちは。ファゴットです。4ヵ月お休みしててやっとこさ復帰しました。

で、今回のお題が「好きな作曲家」ということですが、「好きな曲とかじゃなくて作曲家かあ...。分からん...。」と思ってしまいました。
なので、まず印象に残ってる作曲家の人を挙げてみました。
福田洋介さん、田島勉さん、足立正さん...

日本人ばかりでした。日本大好きかよ(笑)
そして、この時同時に思い浮かんでた曲もやっぱり日本風のものが多い。
日本古来の楽器なんてほとんど使用していないはずなのに、日本風の雰囲気が出るって不思議だなあとか思ってました。音色とか音階がそういう雰囲気を出してるんですかね。

結果、日本が好き。

吹奏楽以外の作曲家で好きな人もいますが、それはまた別の機会に...(機会があれば)。

2017-03-11

好きな作曲家いろいろ

好きな作曲家いろいろを含むブックマーク 好きな作曲家いろいろのブックマークコメント

こんにちは。Flute兼Piccolo兼、最近Trumpetを始めましたfuyukiです。
今度の4月23日畑中公民館まつりでは初の金管デビューをしちゃいます。いっつも最前列だったので、後列からの景色がなかなか新鮮です。

さて、ブログのお題が「好きな作曲家」ということで、いままで曲単位で好きずきはあっても作曲家単位であまり考えたことがなかったことに気がつきました。
改めて考えてみると、そうだ、J.バーンズやJ.スウェアリンジェンなど、“ザ・吹奏楽”という感じでコテコテな人たちが良いじゃないか。いかにもでベタだけど、一周か二周くらい回って良さを実感する感じ。ああ、あの木管楽器にとってはウンザリするような波打つ16分音符の連続に四苦八苦したい、拍にかっちりハマったときの心地よさがいいんだ――とちょっとマゾヒスティックな感情が掘り起こされました(笑)
最近あまり選曲に挙がらなくて残念ですが。。

吹奏楽以外で考えてみたら、好きな作曲家さんは結構ありました。
高校生くらいの頃トヨタのクラウンのCMでかかってた曲がすごく気に入って苦労してたどり着いたのが、マイケル・ナイマン(ネットのない時代は情報を得るのにひどい苦労をしたのです)。
映画『ピアノレッスン』や『ガタカ』での美しい旋律も大好きですが、そのCM曲「ANOHITO NO WALTZ」が一時期僕のMDでぐるぐるとヘビロテしていました。

また、同じくCMで知ったのが菅野よう子さん。
CM以外にもゲームやアニメの劇伴などを手がけられている方で、最近ではNHK委嘱による「花は咲く」の作曲もこの人の手によるものです。これも90年後半だったかな、清涼飲料水のCMでかかっていた「Eternal Wind」という曲にハマり、その後はゲームやアニメ、ドラマで「お!この曲イイな」と思うとたいがいこの人の手がけた楽曲だったりして、どんどんCDのコレクションが増えていきました。壮大な管弦楽からゴキゲンなジャズロックまでなんでもこなすその守備範囲の広さがステキです。

大学生になってジャズを聴くようになってからは、「この曲良いな」と思うとたいがいがベニー・ゴルソン作曲によるものでした。
彼の創るシンプルで力強いメロディと哀愁を含んだ節回しは日本人の琴線にもびしびし触れるらしく、“ゴルソン節”などと呼ばれてジャズ全盛の60年代の日本人にも受容されていたようです。
夭折したクリフォード・ブラウンに捧げた「I Remember Clifford」はつとに有名ですが、「Blues March」「Whisper Not」「Five Spot after Dark」等々、名曲を数々残した屈指のメロディ・メイカーといえましょう。

以上、あまり吹奏楽などにアレンジされることのなさそうな面々ではありますが、いつかモッソで演奏することができたら嬉しいなと、少し夢想してみました。

いやあ、音楽は聴くのも演奏するのも楽しいですね!
乱筆乱文失礼いたしました。