Hatena::ブログ(Diary)

見えない水晶を割る方法 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

    follow me on Twitter

    2016-08-21 今年はじめての更新になるらしい

    []久々の更新 久々の更新を含むブックマーク

    Twitterで書きたいことを書いているとはてなに書くことは少なくなり、かつてのように毎日更新することもできず、評論も全てTwitterで済まそうとする。Twitterも使い始めて10年以上経過するので、別サービスに変わる気もするが、新サービスを発掘できていないし*1、まとめサイトじゃないからライブドアやFC2に移行する気もない。はてなを10年以上使用しているから、心中するつもりではある。

    近況

    結婚しましたではなく、MacBookProを購入しました。11月に新機種発売の噂あるけど、前機種がメモリ不足をしつこく訴えるので止む終えず。

    使いやすいか使いにくいかと言われるとわからないけど、10年以上ぶりなので可もなく負荷もなく。Wi-Fiの更新がAppleID*2のデータと同期したし、ウィルスバスターも空いたシリアルを使用できたしで、便利だった。

    右クリックを使えるMacintoshには慣れないけれど、大体の事はできそう。

    PC-LZ550HS LaVie Z

    PC-LZ550HS LaVie Z

    前機種はOfficeやBD再生に使用することにするけど、SSD128GBだし不安大きい。昨日リカバリーディスク作成しようとして、容量不足エラーが起こったし…。12年10月に購入したから、大体4年は使えたようだ。リチウム電池を交換した以外は修理に出さなかったし、良い機種。MacBookProでなければ、この機種の後継機かレノボのCarbonが候補だった。

    []本来なら 本来ならを含むブックマーク

    μ'sのファンミやドームライブレポを書くべきだと思うのでそのへんの話題から。記憶は曖昧な部分あるかもしれない。

    ファンミ

    横浜昼と幕張3公演に参加。地元補正があったから、幕張2公演を先行2回で確保して、一般で横浜と幕張1公演を確保できた。

    映像化すべきという声もあるみたいだけど、映像で見直す内容でなく現場で見て楽しむ内容なので、どうも乗り気になれない。上海のライブビューイング見て映像だけで残念だったことで、台北のライブビューイングに参加しなかったし。

    良かったのは劇場版公開日の幕張ファンミだったかな…。ここに来たと実感できた内容だったから。

    ちなみに地元でありながら、幕張メッセのイベントホールは今回が初めてでした。

    ファイナルライブ

    野球観戦では絶対に座らないライトスタンド*3で見ていた。諸事情につき初日のみの参加。

    セトリは初めての人が多かった*4から、そこに向けに合わせたような印象はある。初めてμ'sのライブ見る人なら、アニメ曲とナンバリングシングルを優先するだろうから。良いライブだったと思うべきだったのかは、まだわからない部分あるけどBDを見なおして振り返ってみよう。

    ちなみにドームでライブを見るのはSKEナゴヤドーム以来で、東京ドームでは初めてだった。自身にとって東京ドームはプロ野球かライスボウルを見に行くところで、コンサートには縁なかった。

    []ラブライブサンシャイン ラブライブサンシャインを含むブックマーク

    μ'sは活動休止*5で、必然的に横流れしている。アニメ系で振付をきちんとしているフォーメーションダンスやっているのが、現状Aqoursしかない*6のだから、当然の帰結とも言える。

    横アリチケット取りたいな。

    *1:LINEやInstagramがそれに当てはまるんだろうけど、現状使いこなせていないし、実名前提なので移行できない

    *2:この話に直接関係しないかもしれないが、AppleIDを使用したきっかけは当時絶版状態だったEMI時代のアリプロ音源を購入するためでした

    *3カープファンだし、野球観戦するなら神宮以外外野にするし

    *4:今回印象に残っているのは外野席に座る小学生の女の子とその親だった。声優イベントでは滅多に見ない客層なので層の広がりを痛感した

    *5:一部では解散と書かれているけど、公式にはどうなんだろう。活動休止とも思えないライブの終了だったから

    *6アイマスナナシスは基本的に動かない。声優系だと選択肢あるけど、それなら現実の歌手かアイドル見ている方が面白い

    2015-06-23 劇場版ラブライブの感想を何時書くべきか

    []アニメ映画の感想 01:49 アニメ映画の感想を含むブックマーク

    何時どうやって書けばいいのかわからない。昔見たマクロスF前編は勢いで書いた記憶があるんだけど、あれはマクロスだから特に問題無いと思う。年表は決まっていても、出来事は変化しているんだから。

    劇場版ラブライブ

    感想を書くタイミングを逸したら、BD発売で忘れる展開になりそう。熱心なラブライバーと書いといて、唐突すぎる展開と記す人はTVシリーズを全く見ていないのでないかと思うが。

    ラブライブの特徴といえば特徴だし、多くの感想サイトが指摘していることだが、必要最小限の情報しかまとめずに徹底的に話を進める*1のが特徴。それを劇場版でも貫く*2とは思わなかったが…。

    睡眠時間を取りたいので、思いついたら書く。

    とはいえ

    前売り券消化*3のために既に2回見に行った。けいおんやまどかには殆ど興味を示さなかったので、サンライズのドル物が好きなんだと思う。唯一言えるのはそれ。

    *1:TVシリーズで言えばAパートとBパートで全く違う話をしている

    *2:ニューヨークの滞在が唐突に終った後の展開は特に

    *3:ファンミ4公演とCD3枚

    2015-02-15

    [][]μ's Go→Go! LoveLive!2015 〜Dream Sensation!〜 レポ μ's Go→Go! LoveLive!2015 〜Dream Sensation!〜 レポを含むブックマーク

    前回のレポ

    4thライブのライブビューイングをきっかけにチケット確保に挑戦したら、両日の現地チケをチケットを手に入れた。

    プレミアムCDつかない2日分のチケットなので、損はしている。

    予習

    TVアニメ2期曲

    2期のストーリーに合わせて進行すると予想していたので、カップリングを含めて全て聴く*1。5thライブで現地チケ確保に拘ったのは、ランティス系では2度と見られないかもしれないスタジアムモードでのライブというのもあるが、12話のアンコール再現をどうしても見たかったというのもあった。

    ユニットシングル3rd

    スクフェスシリアル確保ついでに、冬がくれた予感が発売した頃に全て購入。『Trouble Busters』のコールは覚えずに流れで何とかする。他のユニットシングルは新曲との兼ね合いを考えるとやる余裕ないので、放置

    ナンバリングシングルやTVアニメ1期曲

    ベストアルバム1は購入済だったので、その中でもやりそうなのを中心にチェック。セットリストに組み込むと曲目が増えるが、ナンバリングシングルの表題曲を全てやると仮定していた。カップリングはTVアニメ2期で使用した『愛してるばんざーい!』と『Oh,Love&Peace!』のみやると想定していた。

    TV1期曲は2期12話アンコール再現で必要な『僕らは今のなかで』のみiTSにて購入した。他の曲は4thライブBDで予習できる*2のでひたすら振りと立ち位置を確認する。SKEに没頭していた時は歌番組をひたすら見返して振りと立ち位置を覚えていたので、その延長。アイドル系は音源で覚えるよりも、ライブ映像かPVをずっと見たほうが予習が確実に捗ると思う。ラブライブの場合はPVが全てアニメ映像なので、ライブ映像をできるだけ見ていた。

    BD曲

    2期1巻と7巻の曲のみ。典型的なイベント目的な人です。視聴で聞いていても、1期と違いランティス大好きな古典的な曲に偏っていたし…。

    物販

    当初はパンフのみの購入を予定してたが、ラブライブレードの白がきちんと発光するという理由のみ行くことにした。事前物販*3では何も購入していないし、前日物販には参加できなったので、ライブ当日の一発勝負だった。始発勢なので、千葉駅に到着したのは朝4:20であった。

    ちなみにさいたまスーパーアリーナに着いたのは6:05頃

    このTweetはとあるラブライブ系まとめサイトに引用されたみたいだけど、あの写真じゃ物販列の様子は分からんと思う。下を覗いたら列が見えたので、それなりに時間がかかると予想できたが、10年以上ライブに参加しても物販に参加しないことが殆ど*4なので、今回の経験は初めてだった。埼玉なのに風が冷たかったこととけやき広場からよく分からないBGMが流れていた以外、待機時間で後で振り返るとろくに覚えていない。Twitterでライブビューイング物販の情報を見て、現地で正解だったのは何となく覚えている。

    物販の列が動き出したのは9:15から9:30頃。10時位には、下に降りられたので物販待機組としては早い方だった。

    買う物はろくに決まっていなかったが、ラブライブレード2つとTシャツとパンフを買うことを決めていた。パンフは1部のみ購入予定だったが、QMA関係のフォロワーさんがライブビューイング物販でパンフを購入できなかったとTweetしていたので、2部に変更した。物販が全て終了したのは11時頃で、購入した物は以下のTweetの写真の通り。

    買う予定なかったバックを買ったのは、商品が裸で渡されて困ったからである。タオルを購入することも検討したが、過去曲では今回絶対にやらない『Mermaid festa vol.2 〜Passionate〜』のみなので止めた。その判断は間違いだと後々猛省した*5

    ライブ前まで

    パンフの受け渡しとモアイ大宮のQMA大会関係者への挨拶をしていた。モアイ大宮へ行ったのは6年前のアニサマ以来だったが、あの時の苗場っぽい雰囲気*6が無くなって、極普通の4台設置の店舗に変化していた。大会やるにはスペースが狭すぎて、大会の様子は全く見ていない。パンフを受け渡した人はSSAの様子を撮影した後、蘇我のライブビューイング会場*7へ戻っていった。

    ライブレポ初日

    長い前置きだったがここからが本題。どこから書けばいいか。セットリストはけいあんの御触書さんが作成したGoogleスプレットシートの引用。

    1日目	
    それは僕たちの奇跡	μ's
    僕らは今のなかで	μ's
    MC	
    Music S.T.A.R.T!!	μ's
    ドラマ	
    ユメノトビラ	μ's
    MC	
    タカラモノズ	μ's
    Shangri-La Shower	μ's
    MC(2年組3人)	
    Love wing bell	"星空 凛(飯田里穂) 西木野真姫(Pile) 小泉花陽(久保ユリカ) 絢瀬絵里(南條愛乃) 東條 希(楠田亜衣奈) 矢澤にこ(徳井青空)"
    ドラマ	
    Dancing stars on me!	μ's
    MC	
    もぎゅっと“love”で接近中!	μ's
    COLORFUL VOICE	μ's
    ドラマ	
    永遠フレンズ	Printemps
    MC(Printemps)	
    小夜啼鳥恋詩	Printemps
    秋のあなたの空遠く	lily white
    MC(lily white)	
    ふたりハピネス	lily white
    Trouble Busters	BiBi
    MC(BiBi)	
    冬がくれた予感	BiBi
    μ's音楽の軌跡その1(ディスコグラフィー)	
    輝夜の城で踊りたい	μ's
    だってだって噫無情	μ's
    Snow halation(長いイントロで着替え)	
    Snow halation	μ's
    Wonderful Rush	μ's
    μ's音楽の軌跡その2(ディスコグラフィー)	
    No brand girls 	μ's
    KiRa-KiRa Sensation!	μ's
    	
    アンコール前アニメーション	
    START:DASH!!	μ's
    Happy maker!	μ's
    Oh, Love & Peace!	μ's
    Dreamin'Go!Go!!	μ's
    発表	
    どんなときもずっと
    

    『それは僕たちの奇跡』は過去3度*8披露したのと違い、ステージの関係からほぼ横一列な立ち位置。よく考えたら、この曲5回しかライブで披露していないんか…。2曲目に『僕らは今のなかで』が来て、今日は2期12話再現がないと確信したのと同時に、ランティス祭りのセトリ*9を思い出す現実。最初のセトリはランティス祭り@東京をある程度は参考にしたんだと思う。

    『タカラモノズ』はランティス祭り@東京の前から19列目という良位置だったこと*10を考慮すると、残念だった。座席の関係*11なんていったら、『ふたりハピネス』やアンコールの『Happy maker!』〜『Dreamin'Go!Go!!』は全く見えないが。センターステージが見やすかったのでその点は凄く良かったし、トロッコの出入口で出入りが割りと多かったのは幸いだった。

    『ユメノトビラ』の衣装を見ると、SKE紅白パレオ衣装を連想してしまう。あの色合いは好きなので、再現されていたのが嬉しかった。ラストの交差するシーンがアニメ通りになっていたのもまた。劇中だと空撮もあるけど、BDではその辺りのカメラアングルも再現されているんだろうか。立ち位置変化が全体的に多かったのも意外だったけど、その辺はBDで見直そう。

    『Love wing bell』は今回のベストアクトと言われるほど評判高いけど、個人的には振りを見る曲ではないので評価は低め。とはいえ、衣装再現は完璧だった。エスコートとラストのせり出すセンターステージもまた。

    『Dancing stars on me!』は楠田さんのための曲というか、楠田さんばかり見ていた。2サビ後のターンとかああいう振り*12が好みなんだと思う。昔バレエをやっていたとかそういう経歴があるんだろうか。あの回るテーブルも反則だと思う。

    『もぎゅっと“love”で接近中!』の穂乃果ソロでUOを使う理由がいまいちよく分かっていない*13が持ち合わせがあったので、何とか。UOは10本以上ないとリウムを使うライブでは常に不安になるから。ちなみに、9分割モニターの存在を知ったのは2日目の話なので、初日はただセンターステージを見ているだけで終了だった。

    『輝夜の城で踊りたい』〜『どんなときもずっと』までの流れで喉が駄目になっていた。『Snow halation』の後に間髪をいれずに『Wonderful Rush』なんて反則すぎる。UOのフライングが多いのは人が多いのでしょうがないとして、ラブライブレードの切り替えでオレンジを使っている人の多さにも驚く。ラブライブレードのオレンジなんて大した光量でないから、絶対にUOしか無いと思うんだ。大閃光も安いだけで駄目。LEDリウムの普及でケミカルライトを使う人が減っているのも確かなんだろうか。『Snow halation』の衣装もアニメ2期に合わせて再現されていたが、イントロの長さが初日と2日目で違うんだよな…。電飾衣装*14は着替えにも時間を要する大変な衣装だからとして、BDはイントロの長さから全て収録するかな…。

    アニメ再放送が全て終わる7月以降に公開すると思っていたものだから、劇場版の公開日は予想以上に早かった。7月だと劇場版ポケモンに食われるので懸命な判断だとは思うけど、最終話からのあの流れを繋げるのにどうするか…。

    全ての曲に感想を書くとまとまりのない文章になりそうなので、一部のみでまとめているがそれでも書き足らない。『Dreamin'Go!Go!!』で隣の席の人がタオルを貸してくれたのは、凄く嬉しかった。名前も全く名乗れずに席を離れてしまったが、この感想を読んでいることを願う。

    ライブレポ2日目

    物販や色々には参加していないので、セットリストの感想のみを書く。セットリストはけいあんの御触書さんが作成したGoogleスプレットシートの引用。

    2日目	
    それは僕たちの奇跡	μ's
    僕らのLIVE 君とのLIFE	μ's
    MC	
    夏色えがおで1,2,Jump!	μ's
    ドラマ	
    ユメノトビラ	μ's
    MC	
    タカラモノズ	μ's
    Shangri-La Shower	μ's
    ドラマ	
    シアワセ行きのSMILING!	高坂穂乃果新田恵海)
    ずるいよMagnetic today	"西木野真姫Pile矢澤にこ徳井青空)"
    くるりんMIRACLE	星空凛飯田里穂)
    Storm in Lover	"園田海未三森すずこ絢瀬絵里南條愛乃)"
    もしもからきっと	東條希楠田亜衣奈)
    好きですが好きですか?	"南ことり内田彩小泉花陽久保ユリカ)"
    ススメ→トゥモロウ	"高坂穂乃果新田恵海南ことり内田彩園田海未三森すずこ)"
    Love wing bell	"星空 凛(飯田里穂) 西木野真姫(Pile) 小泉花陽(久保ユリカ) 絢瀬絵里(南條愛乃) 東條 希(楠田亜衣奈) 矢澤にこ(徳井青空)"
    ドラマ	
    Dancing stars on me!	μ's
    MC(くっすんバースデーサプライズ)	
    もぎゅっと“love”で接近中!	μ's
    そして最後のページには	μ's
    μ's音楽の軌跡その1(ディスコグラフィー)	
    Snow halation	μ's
    Wonderful Rush	μ's
    μ's音楽の軌跡その2(ディスコグラフィー)	
    No brand girls 	μ's
    KiRa-KiRa Sensation!	μ's
    アンコール前アニメーション	
    僕らは今のなかで	μ's
    MC	
    SENTIMENTAL StepS	μ's
    ダブルアンコール	
    Happy maker!	μ's
    Oh, Love & Peace!	μ's
    Dreamin'Go!Go!!	μ's
    発表	
    愛してるばんざーい!	μ's
    どんなときもずっと	μ's
    

    初日のセットリストとの変更点を箇条書きでまとめると、

    1. ユニット曲→BD曲への変更
    2. 2、3曲目の変更
    3. 『だってだって噫無情』『COLORFUL VOICE』→『SENTIMENTAL StepS』
    4. ダブルアンコールの採用
    5. 2期12話・13話の再現

    自身の座席は502扉だったので、全体を見渡すには良席だけど出演者の表情を見るには悪席な座席だった。初日のようにモニターが全く見えないなんてことなかったが。開演前といえば、何であの時だけ輝夜コールがあっていたんだろうか。

    BD曲のフルサイズは殆ど知らなかった*15ので、AKBコンのような誰がどこから出てくるかを予想しながら見るのが楽しかった。トロッコを全体的に多用していたが、ソロ曲はメインステージだったのは大きなポイントだと思う。

    モニターの贅沢な使い方を確認できたのもこの日だった。『僕らのLIVE 君とのLIFE』『Snow halation』でPVとTVアニメ版のライブ映像と出演者を同時に流せるモニターに驚かされたのだ。あの演出を見ただけで、アニサマは何だったんだろうかと思うほど、凄いものを見たような気分だった。

    2日目のメインは2期12話再現。アンコールアニメ*16も途中まで初日と同じかな…と思ってみていたのに、最後に『僕らは今のなかで』の衣装が出てきた時は、「何でだ」と思ったほどだった。再現をやるのは2曲目の時点でわかっていたはずなのに。アンコールで流れていた映像も2期12話と全く同じものだったのも好ポイント。衣装は1stライブの流用なのかもしれんけど、リメイクした話もあったし、どっちなんだろうか。出演者の衣装写真を見ても情報が出てこないので分からない。

    13話再現というのは『愛してるばんざーい!』を流す所。初日と同じように終わるものと思っていたので、不意を打たれた。

    総括

    ライブ終了後に書いたTweetより

    1番目はMusic JapanのアニソンSP2の公開収録だから、5年前のライブ。その次なのだから、余程凄いものを見たと今も感じている。音響も初めてSSAスタジアムモードで行ったアニサマ09よりも遥かに良かった*17し、演出もスクフェスと映像・音源ソフトの売上を還元しているような内容だった。次回のライブは次の冬としか告知されていない*18が、どういう内容になるか今から楽しみである。

    そんな久々に書くライブレポでした。

    *1:CDはそれは僕たちの奇跡しか購入していないので、iTSでの音源購入が中心

    *2:3rdライブは当初はパスしていたがライブ1週間前にBDを購入した。4thではトロッコ曲の『僕らのLIVE 君とのLIFE』の振りと『ススメ→トゥモロウ』の確認が主で、5thとライブ全体の構成が似るだろうという判断もあった

    *3:一般チケット確保後に情報が出た時はどの商品もトキメキを感じなかった

    *4:物販で物を購入してもパンフとTシャツくらいしか買わないので、無理に並ぶ必要がない

    *5:普段行く現場ではタオル曲と無縁でマフラータオルを今まで買ったことなかった

    *6:QMA6では12台で100円2クレ設定だった。あの当時の大宮駅周辺は全国的に価格設定おかしかったが、月間魔法石サービスを含めて異常だった

    *7さいたま新都心駅からは電車で95分+バスで15分位かかります

    *8アニサマ13、ランティス祭り@東京、Music Japan

    *9:『それは僕たちの奇跡』→『僕らは今のなかで』→『夏色えがおで1,2,Jump!』→『タカラモノズ』

    *10ラブライバーのおかげで39列目から19列目のチケットに化けた。隣の友達と見たいのでチケットを交換して欲しいという話だった

    *11:231扉だと『タカラモノズ』の時丁度対岸だし、チケット購入前にわかっていたとはいえモニターも見えない。モニターが見難い問題は、音楽の軌跡でメインステージと対岸のモニターでないと見えないほど致命的

    *12:2日目のもしもからきっとを見た時も初日を思い出したし、SKEだと孤独なバレリーナを思い出すから

    *13:『Snow halation』や『Music S.T.A.R.T!!』のソロパートで特定色のリウムを使うのと同じ流れだとは思うが、ラブライブ系独自の文化なのか別のところが由来なのか分からない

    *14:BiBiは無銭制御の電飾衣装を着ていた。2日目は『そして最後のページには』のあとだから『Dancing stars on me!』の衣装

    *15:公式視聴動画を見る程度はしていた

    *16:今回のアンコールアニメはアニメキャラが声優の自己紹介をやっていた

    *17アニサマ09の時は常時ハウリングが起こっていたような記憶がある。今回はバンドを使わないのもあるが、それに比べると相当聞き取れた。一般的なホールコンと比べて音が悪いのは最初から割り切っている

    *18:場所も日程も告知していないがあの発表だと、SSAでは無い気がする

    2015-02-08 スクフェスと並行してライブレポを書こう

    [][]μ's Go→Go! LoveLive!2015 〜Dream Sensation!〜 チケット争奪戦レポ μ's Go→Go! LoveLive!2015 〜Dream Sensation!〜 チケット争奪戦レポを含むブックマーク

    書けていないライブレポ沢山あるけれど、このライブはどうしても書きたい。

    チケットを取ろうとしたきっかけ

    昨年のライブ*1のライブビューイング2日目を地元の映画館で見ていた。当時のラブライブ曲はアニメ1期曲とナンバリングシングルしか知らない状態*2で、SKEのように動く振りを見たいからだった*3。ライブ内容よりも後ろのライブビューイングの客が元気だった*4のが印象に残っているが、最後の発表でTV版2期放送開始と来年のSSAスタジアムモードライブ決定を告知していた。最初SSAスタジアムモードと告知された時は、アニサマと同じ規模でやるんだ…という程度だったが、数日後にランティス系では2度と見られないのではないか*5と思い、片日だけでも現地チケットを確保することを検討した。

    チケット確保の戦績

    BD1次先行/2次先行/HP先行

    1アカ1シリアルで全外し。シリアルをもっと積めば苦労しなかったんだろうけど、面倒だったのでそこまでやらなかった。

    一般発売

    プレイガイド先行をやってから一般発売だと思ったら、一般発売しか無い現実。告知が2日前で、しかも10月。受付方法もe+のHPのみ*6という特殊条件付き。空売りの可能性も考えたが、3回の先行で全席を捌いていると思えず、4thライブでは一般で400レベルを売っていたという話を見ていたので、チケットは残っていると判断する。特殊条件なのでe+HPでのチケット確保方法を色々と調べていたら、過去のアイマスライブでも同じ方法を取っていたと知る。以下はそのサイトよりe+でのチケット購入手続きを引用

    イープラスの手続きの流れはこのようになってます。
    
    1、イープラス会員に登録
    2、アイドルマスターのチケット情報ページ(昼と夜の両方が表示)
    3、昼、夜どちらか特定の申込みページ(画面認証でログインしてくださいと表示)
    4、申込みを押す画面
    5.只今、受付処理中です(自動で次に進む)
    6、チケットの確保が出来て了承を押す画面
    7、チケット購入終了
    
    さて、チケット販売は10時からですが、
    30分前だとイープラスのトップページは相当重くなってます。
    ですので、正しい攻め方としては30分前には「4」の画面まで進んでいるのが正解です。
    
    さて、30分前に4の画面にたどり着いたとして、
    ほっておくとセッションタイムアウトで切れてしまいます。
    そこで発売時間前ではありますが「申込み」を定期的に押してタイムアウトを防ぐのが常套手段。
    「発売開始前です」と表示されますが、同じ4の画面に戻るので問題ないです。
    
    まこっちゃんの掲示板の倉庫:アイマス冬ライブ一般チケット戦を振り返り - livedoor Blog(ブログ)より
    

    重要なのは申し込みボタンを定期的に押すという記述。時間勝負でないランティス祭りの先行申込でもセッションタイムアウトに苦戦していたので、その対策が見えたのが光明だった。時報を頼りに10時00分00秒に申込みボタンを押すのは当たり前のことだけど、HP一般発売では全く経験なかったのでそれが唯一の不安点だった。

    書かれている記述を元に実際に実行してみたら00秒でエラー画面が出てきて焦る。ブラウザの更新ボタンを推さずに、戻るボタンを押したらログインされた状態で申込画面の表示が出てきた。ここで更新ボタンを押していたら、恐らくトップ画面に戻されてチケット購入できなかっただろうと思う。何度か申し込みボタンを押すこと20分後、チケット購入画面が出てくる。クレカのセキュリティコードを正確に入力して、チケット購入完了。

    これで2日目のチケット確保ができたので、当初の目的を達成したが…。

    ライブビューイングチケット(1日目のみ)

    1次先行は千葉で唯一当日券なかった南船橋を外したので、2次先行で自宅から近い蘇我を加えたらあっさり確保できた。これで両日参戦は確定したし、当日まで1日目はライブビューイングのみの参加を予定していた。

    機材解放席

    公式に告知が出たのが一般発売と同じ2日前で、申込方法は一般発売と同じe+HPのみ。ライブビューイングチケットを発券できていない*7のに売るのも奇妙に思えたが、折角のチャンスなので挑戦してみた。やり方は一般発売と同じなのでそれを実践したら、00秒の時報であっさり確保できた。

    機材解放席争奪戦に勝ったため、まさかの現地チケット両日確保成功。ちなみに座席は231扉10列目だったので、それなりに当たりの席*8でした。

    チケット争奪戦まとめ

    結論から書けば、チケットを取る執念で当日までに何とかなるもの。先行全外しで友人のツテに頼らず*9に今回のチケットを取れた自分が書くんだから、多分間違っていない。来冬にある6thライブではもう少し楽にチケットを取れるようになりたいが、5thライブを両日現地で見ていると益々倍率高くなるんだろうなと思う。ライブビューイングのキャパを広げることはできても、現地のキャパを広げることは不可能。本当にどうなってしまうんだろう…。

    ライブレポ

    レポートを書こうとしたら、チケット争奪戦をまとめていたので一旦終了。続きは後で記す。

    *1:3rdライブは妖精帝國公式式典の真裏で行ける訳ないので、4thライブ

    *2:スクフェスをやり始めたきっかけはランティス祭り@大阪のPrintemps予習がきっかけで2期放送後のお話

    *3ブシロードカードライブ@グランキューブ大阪もμ's目的でライブビューイングを見ていたが、ドルに卒倒していた時期だったのでそれ以外がちんぷんかんぷんだった

    *4:当日券で誰も横にいない席で、座って見ていたため。2週間前に行ったAKBリクアワ200のライブビューイングが静かだったのもある

    *5アニサマでは09年から毎年使っているので勘違いしそうだけど、スタジアムモードだと1D含め26組しか使っていないので、全体としてみても使用例少ないが

    *6:コンビニや電話受付もなし。プロモーターが同じOCD武道館ではコンビニ有なので、意図的だと思う

    *7:現地チケと同じ時期にコンビニ発券可能だったため、機材解放席の方が先にチケットが手に入った

    *8:モニターが見えにくいのと目の前が崖なのを除けば

    *9:友人のツテに頼ったほうが確実にチケット確保できると思うので、真似してはいけない