Hatena::ブログ(Diary)

UNSTOPPABLE!

February 22(Mon), 2010

シンガポールの成長戦略について書いてみる

| 17:05 | シンガポールの成長戦略について書いてみるを含むブックマーク

夏野剛さんが書かれた

GDP成長戦略かGNP成長戦略か

を読んで。


ここにあるGDP成長戦略とGNP成長戦略を使い分けて、

実際に急成長を遂げた国の一つがシンガポール(一人当たりGDPアジア1位!)

だと思うので、現地にいるものとして、どんな風に行っているのか知っている限り、書いてみます。


夏野さんがおっしゃっているGDP戦略、GNP戦略のそれぞれについて

簡単にまとめた上で、シンガポールの例を。


GDP戦略

----

国内における生産と消費を成長させることが重要。

生産に関しては、まず第一に生産性の向上が重要。

そのために、


”技術水準や教育水準だけでなく、(中略)、徹底的なIT投資が必要だ。

また、ホワイトカラー生産性も低いので、中高年の効率性を上げるための施策を徹底的に打つことも必要になる。

この中で生産性を低くしている要因の1つである年功序列などの見直しは必須となる。インフラ関係の投資では、(中略)、投資乗数効果の高いIT投資、IT優遇税制などの施策を徹底的に打つことになる。”


しかし、一方で、人口が減少しており、生産性の向上だけでは限界があるので、

”外国から人を受け入れるしかない。いわゆる外国人労働者の大量受け入れだ。

(中略)

すでに建設現場や単純労働工場、ホテルのクリーニングなど、

フリーターの若者でも確保しにくい職場には外国人労働者の姿を見かけるようになっているが、彼らのすべてが合法入国者とは思えない。

しかし、世界に誇る日本のサービスクオリティーを人口減少下で維持するには彼らの力が必須であろう。

え、日本人の雇用が失われる?

そんなことを言っていれば国の成長は望めない。もし同じコストで日本人と外国人がいたら、日本人の方がコミュニケーションコストの点で優位に決まっている。

問題は日本人では嫌がる仕事を引き受けてくれる人たちが存在するのにそれを使えないという事実だ。”

----

という感じ。


生産性向上のためのIT投資に関しては、実情不明ですが、留学先の大学は日本でいうと、慶応SFCみたいな感じで、

常にパソコンを持ち歩き(半数以上Mac)、授業内でのプレゼンは美麗なpowerpointもしくはkeynoteで行っています。

驚いたのは、小学生のころからpowerpointプレゼンするのが普通(!)ということ。

IT教育はかなり進んでいるのかと思います。

(小学生だった僕のほんの数回のプレゼン(はっぴょう)はせいぜい模造紙だった覚えがあります。。)


また、シンガポールには労働ビザが2種類あって、

一つがこういった単純労働者受け入れのためのもので、

もう一つがGNP戦略での対象となる稼いでくれる外国人のためのもの。


期限は2年で延長不可、強制退去となる。

定期的な労働力交換によって、犯罪の蔓延を防ぐことが目的。



一方、GNP戦略はというと、



GNP戦略

-----

”外国からの収入をいかに上げるかも大きな要素になる。”


”これからは知財や人材、そして資本を輸出し、付加価値をつくっていかなければならない。そのためにはグローバル国家を目指していくしかない。

 グローバル国家とは、世界を舞台とした企業の本拠地であり、世界で活躍できる人材を多く輩出する国家であり、そして世界中にリスクマネーを提供しきちんと回収していく国家である。そうすることで、GDPが縮小してもそれ以上の成長を世界を舞台にして成し遂げていく。”


”そして国際競争力のある分野を徹底的に優遇する。たとえば規制や税制の徹底的な緩和。しかも国際市場でシェアのある会社だけを優遇し、国内中心の会社には高く課税することで、人材や資金、資源を国際展開する会社に集めやすくする。

 (中略)小学校から徹底的な英語教育を課す。大学以上は、文学部以外は原則英語教育。外国人であっても居住者であればGNPのカウントになるので、稼ぎそうな人々が住みやすい、本拠を置きやすいようにする。留学生も優秀な人ほど受け入れる。所得税率も稼ぐ人が有利になるように。もちろん成田空港は全廃し、羽田空港をさらに埋めたて、世界一の国際空港にする。”

----


シンガポールは、世界で活躍できる人材を多く輩出するために、

小学生から習熟度別授業でバイリンガル教育。

中国系なら英語と中国語、マレー系なら英語とマレー語を学ぶ。ちなみに、落第するともう一年やり直しらしい。)


狭い領土でも国際競争力を持つことができる金融産業に徹底的に投資し、

インドに4時間、中国にも4時間で渡れる地の利を生かし、

アジアマーケットを狙う多国籍企業を優遇し、積極誘致。


こちらの外国人(研究者とか経営者とか)向けのビザは強制帰還などはなく、

むしろ永住権なども取りやすいらしい(永住権を取得している外国人は修士以上が条件とか。)

また、外国人用の住居など外国人が住みやすい環境作りに余念がなく、

留学生中国インド東南アジア各国から卒業後、シンガポールで数年働くことを条件に授業料全額免除で受け入れる。


シンガポールのチャンギ国際空港は世界一の空港として名高い。


-------


と、こんな感じで独裁国家なので、

徹底的に実行することが可能だったわけですが、

住んでいるものとして、夏野さんの主張を読むと、

「日本はこんな国になるべきなのかなぁ。。」というのが率直な感想でした。

(どんな感じか知りたくて、留学先にシンガポールを選んだ自分。。)


あまり批判的に書くと危ないらしいので、

現実としてやっている国はこんな感じですよ、

というお話でした。