Hatena::ブログ(Diary)

UNSTOPPABLE!

February 27(Sat), 2010

アイデンティティーの拠り所

| 13:09 | アイデンティティーの拠り所を含むブックマーク

今、ちょうど学校が一週間の休み期間に入っています。


ということで、いつもは勉強漬けな学生たちも息抜き中。僕も友人に誘われ、2日連続でカラオケに行きました。(日吉時代以来かな!?笑)


そこで改めて感じたのがシンガポールの娯楽文化の欠如。


カラオケシンガポール人が歌うのは、中国本土や台湾、欧米、韓国、日本などシンガポール以外の歌がほとんど。(9割ぐらい)


日本人の僕はシンガポールにいても、日本に興味のある人に日本について話したり、街中で日本人や日本に交わる商業広告や娯楽広告(化粧品や邦画、UNIQLOの巨大広告など。最近だとのだめカンタービレがこちらでももうすぐ公開らしくあちこちにポスターがある。)を見たりするのが、日本人としてのアイデンティティーを再確認する機会になるわけですが、どうやらシンガポール人にはそういうのってあまりなさそうだなー、ってカラオケ中に考えてました。(日本に留学していたシンガポール人の友人は、シンガポールに帰ってから(日本に対する)ホームシックにかかったと表現していたり。笑)


で、カラオケが終わった後にマクドナルドでだべりながら、発見したのがシンガポールの男性は徴兵制によって、自分がシンガポール人である、ということを強く認識している、ということ。


シンガポールは高校卒業後、2年間、軍で訓練を受けることを義務付けられ(National Service)、その後10年間(?)、毎年、体力測定を受けなければならないらしいです。


なので、シンガポールの男子学生は国防、軍事などの話題にはすごく詳しい(〜ミサイルがどうとか、日本軍アメリカ軍は〜という風に配備を分担してる、とか。)


「国を守る」ことを義務付けられている組織での経験が彼らのシンガポール人としてのアイデンティティーの拠り所なのかも。


そんな風に感じました。


女の子はどうなんでしょうね。


ちなみにカラオケでの一番の収穫は、「ウィーアー」がウケたことでしたwなによりなにより。