Hatena::ブログ(Diary)

「韓国強制併合100年」共同行動日本実行委員会

[リンク「韓国強制併合100年」共同行動7・8月企画案内]

[リンク「韓国強制併合100年」共同行動日本実行委員会参加個人・団体関連企画情報]

[リンク「東アジア歴史・人権・平和宣言と行動計画」文書]

最新タイトル
 | 

2010-04-18 8.22日韓市民共同宣言大会の 賛同・参加について お願い

2010年4月 各  位

韓国強制併合100年共同行動」日本実行委員会 

共同代表 伊藤成彦 姜 徳相 鈴木裕子 宋 富子 中原道子 山田昭次

朝鮮植民地支配を清算し 共生と平和の東アジアを!8.22日韓市民共同宣言大会の賛同・参加について(お願い)

 拝啓 平和と人権民主主義のためにご尽力されていることに心より敬意を表します。

 さて、今年2010年は、「韓国併合」100年に当たります。1875年江華島事件から朝鮮侵略を開始した日本は、日清・日露戦争韓国保護国化を経て、1910年韓国併合条約」で大韓帝国植民地化を完成させました。その支配は35年に及び、1945年日本の敗戦とともに終結しました。以来、65年もの歳月が経過しました。しかし、いまだに植民地支配の清算は済んでいません。

 今もソウルでは毎週水曜日、元日本軍「慰安婦」ハルモニたちが日本大使館前で謝罪と補償を求めるデモを続けています。強制動員被害者は、未払い賃金返還、補償の実行などを求めて裁判・運動を継続しています。戦死した父や兄らを無断で靖国に合祀された遺族は合祀取消を求めています。戦後、国籍を一方的に剥奪された朝鮮半島出身者は「在日」として同化を強いられ、今もなお差別を受け続けています。そして、朝鮮民主主義人民共和国とはいまだに国交すら正常化されていません。

村山談話」(1995)、「日韓パートナーシップ宣言」(1998)そして「日朝ピョンヤン宣言」(2002)はいずれも、植民地支配によって日本が「多大の損害と苦痛を与えた」ことを反省し、謝罪をしました。しかし、それには実体が伴っていないと言わざるを得ません。

 「韓国併合」100年を迎えるに当たって、今こそ植民地支配の清算を果たす必要があります。それを通じてこそ東アジアの平和な未来を切り開くことができます。しかし、「東アジア共同体」の構築を掲げ、「過去の歴史を直視する」とする鳩山政権も、それを実行に移す動きを見せていません。そうであれば市民がそのために力を尽くす必要があります。

そのため、私たちは去る1月31日に「韓国強制併合100年共同行動」日本実行委員会を結成しました。韓国市民運動と連携・共同して、「韓国強制併合」の実相を学ぶとともに、戦後補償の実現、日朝国交正常化などの諸課題の実現を目指し運動を進めていきます。8月22日には日本で、27〜29日には韓国で、日韓市民共同宣言大会の開催も予定しています。この運動を多くの市民の力で成功させ、植民地主義を清算する事業を一歩でも前進させたいと考えています

つきましては、下記の企画を成功させるべくご賛同・ご協力をいただきますようお願いを申し上げます。

1 「朝鮮植民地支配を清算し 平和と共生東アジアを!−8.22日韓市民共同宣言大会−」

 (1) 開催日時:8月22日(日) 午後1時30分〜5時30分 (開場:午後1時)

(2) 開催場所:豊島公会堂 (JR池袋駅東口より徒歩約10分)

(3) 企画内容(案)

   ・開会―「映像で観る『韓国強制併合』100年」

   ・開会あいさつ―日本、韓国実行委員会代表

   ・基調講演―「『韓国強制併合』100年−東アジアの平和と希望を開くために問われていること」

             講師:庵逧由香さん(立命館大学教員)

   ・清算されない植民地支配−被害当事者等の証言

    a.日本軍慰安婦」    b.強制動員被害    c.サハリン残留者 

d.関東大震災朝鮮人虐殺 e.「在日差別     f.日朝国交正常化

   ・コンサート   澤 知恵さん(歌手)

   ・日韓市民宣言・行動計画の発表−採択

   ・閉会−あいさつ

2 お願いしたいこと

 (1)8.22日韓市民共同宣言大会に賛同いただくこと。

   賛同金:1口1千円 (何口でも結構です。団体については、可能であれば5口以上の賛同を

       お願いいたします。同封しました振込用紙をご利用ください)

   振込先:(郵便振替口座)00140−2−607633

        口座名義:強制併合100年共同行動

 (2)参加協力券(1,000円)を購入していただくこと。

 (3)8.22日韓市民宣言大会を準備、成功させるために事務局員、ボランティア・スタッフとしてご協

  力していただくこと(宣伝、コンサート進行、受付、ゲスト・アテンド、会場設営、会計、通訳、

  記録、等)。

3 連絡先

(1)住所:新宿区高田馬場3−13−1−B1  ピースボート事務局気付

(2)電話:03-3363-7561     FAX:03−3363−6309

 |