Hatena::ブログ(Diary)

nikkokisugeの日記

2017-08-21

2017年8月の俳句

シアトルの旅より二句

タコマ富士堪ふる白さや終戦日 (たこまふじたふるしろさやしゅうせんび)

シアトルMt.Rainier を日系の方々はタコマ富士と呼んでいました。頂上の真白き雪に敗戦を重ねて…そんな気持ちではなかったかと。季語終戦



海鳥の群れて遠浅白き靴  (うみどりのむれてとおあさしろきくつ)

キャノンビーチでのひととき。やはり靴は脱いで浜辺を歩きました。季語:白靴



包丁を噛みて南瓜や動かざる (ほうちょうをかみてかぼちゃやうごかざる)

丸ごと南瓜を買ってみたものの、我が家の菜切り包丁では歯が立ちません。包丁を抜くことも出来ず、こんこんと包丁を叩いてどうにか。我が家にはやはりカット切りがいいようです。季語:南瓜



長雨に西瓜マティーニ鬱散らす  

(ながあめにすいかのマティーニうつちらす)

東京梅雨かと思うほどの雨が続きました。ホテルのバーでフルーツカクテルをば。憂鬱な気分に西瓜の朱が色を差し、気分爽快になりました。季語西瓜



深々と無沙汰を侘びる墓参  (ふかぶかとぶさたをわびるはかまいり)

遠いことを理由に墓参りから遠ざかりばかりの日々です。年に1回でお許しください。季語:墓参

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証