Hatena::ブログ(Diary)

おちつきのあるひと

2008-05-06

[]仕方ない僕はこの馬鹿な女が好きなんだ


遅すぎるけどいまさら知る事実。

アルバム発売延期と、それに伴うツアー中止。

ずーん。

楽しみにしてたので、へこんだことはへこんだのですが

延期というからには、そのうちに出るのだろうし

出ればツアーもやるのでしょう。


ミドリカワさんに何が起こって何を思い、この決断に至ったのかは

知る由もなく。

もちろん今どういう動きになっているのかも

わかりませんが


そのうちには良いもん見せてもらえるさ!と

楽観的に能天気に待たせて頂きますよ。


がんばれよーミドリカワさん。

2008-03-18

[]ミドリカワさんおひさしぶりです



f:id:niku285:20080225230338g:image

潔い






あまりに遅すぎることは百も承知。

増刊ミドリカワ、すでにファイナルも終了したというのに…

でもまあいっか!ただの私の備忘録だし!

この日記では今に始まったことじゃねえし!

ほらネタバレとか気にしないでいいもんね!(開き直り)(最悪)




ミドリカワ書房 増刊ミドリカワ

2008/2/24@ジョイアミーア(新潟)




いやあ楽しかったー!

弾き語りのライブなんて数年前の山崎まさよっしー以来だけども

やっぱいいもんだねギター一本裸一貫てのはね!(別に裸ではない)



なんだか奇跡的にセットリストをほぼ憶えていたので

ちょっと覚え書きなんて書いてみる。長いけどすんません宜しく!










会場は、新潟市のレストラン。

普段、カップルがいちゃこくには

もってこいのオシャレなお店で、時々ライブもやってるとこ。

知ってはいたけど、入ったのは初めて。

素敵ねー。

ステージはもちろん近い。客席には2人から7、8人くらいのテーブルが

いくつも置いてある。まあレストランだからね。

ムーディーな雰囲気の店内。各テーブルに置かれたキャンドルが揺らめき

うっかり隣の席のお兄さんにプロポーズしそうになる。

そんな会場で、これから酒を片手にゆっくりミドリカワ先生の歌声を聴くってんですよ。

なんて贅沢な!

いつもの浜省で登場したミドリカワ先生、

去年お会いした時よりも髪が伸び、ややオカッパに近くなられて。(ふかわりょうにもやや近く)

キャンドルを反射するキューティクルが眩しい。

こんな場所だと、いつもの白いシャツはシルクに、ジーンズさえもベルベットに見えてきます。




で、そんな素敵にオシャレな会場で始まったワンマンショー



一曲目のタイトルは











★鯖


(CD未収録の新曲と思われる曲は緑で。聞いただけなのでタイトルの漢字等は推測だよ。)




…佐賀?Cava?サヴァ?

鯖てお前。

激しくギターをかき鳴らし

鯖への愛と情熱を歌い上げるミドリカワ先生。

子供が鯖嫌いであるという友人に、

鯖が如何に素晴らしい食物であるか語るという内容の歌であった。

二回目のAメロらしき部分の歌詞

「あの輝く魚体を思い出してみろよ」(たしかこんなん)

これまでの人生、たくさんの歌を聴いてきましたが

「魚体」という歌詞が乗せられた歌は初めてです。

鯖が好きだからと鯖の歌を作るミドリカワ先生。

キューティクルの輝きが魚体の輝きに見えてきました生臭いよさあ大変。


そんなこんなで、この日一番の衝撃とともに増刊ミドリカワは幕を開けた。




★上京十年目、神にすがる


やったー!ジャーニーの時、新潟ではやらなかったから聴けてうれしい。

弾き語りだと雰囲気変わるなー。

オーレ!のコーラスっていうか合いの手?が入らなかったり

演奏がシンプルだったりする分、曲の遊び的な要素が薄くなってたような。

いつもよりシリアス。胸にクるわ。




★リンゴガール


ほんとに可愛い曲です。

弾き語りでもやっぱり客席は横揺れです。




★ごめんな


噂の新曲を初めて聴きました。

すいませんラジオミドリカワ全然聴いてないもんですから…

とてもしみじみといい曲。好きだなあ。

いじめにあった息子に、お父さんがひたすら「ごめんな」て語りかける歌。

知らなくてごめんな。気づいてやれなくてごめんな。

加害者や守ってやれなかった自分にどうしようもなく怒りながらも、

傷ついた息子を一生懸命いたわろうとするミドリカワ父さんが

なんとも優しくて情けなくて。愛しいなー。

ほんとは子供いるんじゃないのかよ。

かつての限定配布CDらしきこの曲ですが、普通に発売してくれると信じる。




★ユミコ


やったー!これ好きなんです。

わりと雰囲気はCDのままだったような。

この曲についてのMCで、

ユミコは釈由●子のユミコ、と改めて説明したミドリカワさん。

最近、TVで久しぶりに遠藤久●子を見て可愛かったため

今日はクミコにしようと思ったけどやめた、とのこと。

てかその番組間違いなく安宅家ですよね先生!流石ね昼ドラマニア。

安宅家だったらクミコってーかクニコでいいじゃん!

ごめんなさい宗一さん…許してよおーねーがーいー みたいな。




★コピーコーナー〜おもいで酒


カバーという言い方は好きじゃない。ということで

コピー

間違ってはいないね確かにね。

各地で、出身歌手の曲をコピーしてるんだそうです。

で、新潟県といえば 小林幸子。

新潟出身の有名歌手なんて幸子とスネオくらいしかパッと思いつきませんよ。

(次点:野猿のカンちゃん)

スネオを演奏できないらしいミドリカワ先生は

選択の余地なく幸子を選んだようです。

いや、野猿でも良かったんですよ?(裸祭の幻が)

いいですねーマジ演歌!

ギター演奏は、原曲よりもちょっとだけジャカジャカ。

こんな流しの人いそうだな。裏通りの寂れた赤提灯に。




★がんばるな


こちらも新曲。

世間に溢れる、他人を安易に励ますポジティブソングに真っ向から立ち向かう。

私も応援ソングだのがんばれ言われるだの大っ嫌いなので

うっかり共感してしまったよ。

頑張りすぎて、心か体かを壊してしまった同僚を温かく適当に元気づけようとする歌。 

この歌の内容、鬱病の人への模範的対応なんじゃないだろうか。知らんけど。




★OH!Gメン

この曲でとりあえずひとくぎり。




〜休憩〜


唐突に休憩時間宣言をするミドリカワ氏。

客に酒のおかわりを取ってこいだのトイレに行ってこいだの勧め

自らはハケるでもなくステージ上でタバコをふかす。

なんだこの時間。

各地では客席からトークが仕掛けられたり熱い質問が飛んだりと

ミドリカワさんとの温かい交流が行われていたようですが

如何せんここは新潟。

ラテンの対極に位置するのが新潟。雪に埋もれ、冷たい風に黙って耐える県民性。

花は越後の雪椿。

ということで、会場に集まったミドリカワ好きのシャイボーイシャイガールたちは

完全に彼を放置プレイ。お互いになんだか気まずい時間が過ぎていく。

もちろん私も彼を放置。たぶんみんなイジりたかったんだと思うの!

でもシャイなの!その上いきなりでそんな心の準備とかほらあるじゃん!!

ごめんなーごめんなーごめんなー。

とーさんお前が休憩タイム用意してるなんて知らなかったからー。

ところで。ミドリカワさんを新潟で見るのは3回目ですが

なんだか新潟での彼はそこはかとなくアウェイ感を漂わせているよね。

(県外で見たことないくせにすいません)

なんていうか、ほら…新潟人ってシャイっていうか

口下手っていうか自分不器用な人間っすから的なとこあるじゃない。

で、ライブでもなかなかぶぁーってならなくて

ちょっと苦労してる…?ていうか、やりにくいな新潟…とか、思って、る…?

あああ愛は!愛はあふれるほどあるんだよミドリカワさん!!表に出せないだけで!!!

内に秘める情熱はMAX。むしろ情熱っていうより情念だよ!(怖)

新潟を嫌いにならないでー。またきてちょーだーい。

(近々来るって言ってたね。ウェルカム&ラブ。)






★誰よりもあなたを

ストーカーの歌。

「ゆーやくん♪」という声が耳についてちょっと恐怖。

どう聴いてもストーカーの歌であることは明白なのに

「何の歌かわかったひとー」と客席に問いかけるミドリカワ氏。

ほんとは他のこと歌ってたのか?それともなんかもっと深い意味が?と

うろたえましたが。普通に正解はストーカーの歌でした。

あまりにもとってつけたようなMCで焦ったよ。

なんか…やっぱり、やりにくい…のか…?

上記問いかけにも無言のトゥーシャイシャイキッズ。orz

答えてあげた優しい413氏(今回のマイ相方)。←たぶん75%くらいラテンの血が流れている。




★オメーだよ

古い曲なんだそうですが、私はじめて聴きました。

なんていうかまたショッキングな…

もしこれがアルバム収録されたら、またメジャー発売できなくなりそうだね…

(後日さよならSMA発表。今後はやりたい放題ってことねイエー。)

またもや犯罪系。重い。でも正直好き。

子供を殺して遺棄した継父の自供。虐待死、とはちょっと違うかな。

ミドリカワさんの犯罪系の歌はインパクトあるよなあ。

彼の歌って、一見ステレオタイプな状況を歌っているのだけど

急にドキッとするような言葉が差し込まれていたりして

鷲掴まれてしまうのがちょこちょこある。

これが犯罪者を主人公にした歌になると更に冴えてくるような気がするんだ。

主人公の心情がすごく生々しいというか、リアリティーがある。

ああそういう状況の人はそう思うもんかもしれないな、と思ってしまう。

「ドライブ」の、犯した罪や全てのことに対する現実感の無さとか

「母さん」の、刑の執行を目前にした死刑囚が、最後に母親にすがる気持ちとか。

この「オメーだよ」もすごいよ。

やっちまったことの重さに耐え切れず、世間や政治や諸々、自分でない何かのせいだと

逃避しようとする主人公。

ラスト、殺したのは僕じゃない僕じゃない僕じゃないと叫ぶ。

で、タイトルが「オメーだよ」と。

恐らくは、自供をひとしきり聞いた刑事の言葉なのでしょう。(取り調べ中、という設定の歌らしい)

容赦ねー!当然だけど!




★それぞれに真実がある

★続・それぞれに真実がある


やったー。

弾き語りで続が聞けるとは思わなかったよ。

ミドリカワさんもたしか続のが良い的なことを言ってたけど

私も、シングル聴くときはついつい続をリピートしちゃう。

だってかっこいいんだもの。

でもやっぱりバンドで聴きたいなコレ。だって踊りたいんだもー。




★私の恋愛


これも初聴き。

女子学生が不倫相手の教授に別れを告げようとしている歌。

せ…せつねえな。

サビの、「私は私の恋愛を救ってあげたかった」のあたりがなんていうか

やりきれなくていいなあ。

若い娘が全力をかけて不倫した結果当たり前に傷ついている状況が。

本人たち以外、もしかしたら相手の教授にとってさえも不倫としか呼べないことが

女の子にとってはただひたすらに「恋愛」なんだよなあ。

ミドリカワさんてほんとは女子なんじゃないだろうかと思う瞬間。




★春よくるな


またもや初聴き。

上京が決まった娘に語りかけるお父さんの歌。

父歌好きだなー。

しみじみと聞き入りました。ある意味安心して聴けた。内容的に。

「もうひとり作ろうかな」のとき、盛大にのけぞった。(←心理描写)

上京するくらいの年齢の娘を持つ父といえば若く見積もってもギリギリ40代だろう。

いい歳のおっさんが実の娘に向かって発する冗談としては

ちょっと生々しいていうか正直キツイです先生。

もしウチの父が私にそんなダイナマイト発言しようものなら

私は泣きながら父に手をあげる。そして家を出る。かもしれん。




★だまって俺がついていく


「男たちが夢みるあの生活を歌った歌」だー!男たち、一緒に歌おうぜー!

と、客を煽るミドリカワ氏。

そして相変わらず静かな客席→俺の心に涙雨。

どうでもいいが、その生活はたぶんそんなに楽じゃないと思う今日この頃。

いや別に俺がその生活をしているわけじゃないんだが。

でも、真壁さんなら…俺、24時間働いてでも養いたい…です…

7時ごろ仕事から帰ってくるとエプロンした真壁さんがディナーにしゃぶしゃぶ作って待ってんだよ

そんで あらやべえお風呂掃除やってなかった!とか言ってあせあせしてんの。

ああああ奥さん俺もうーすいませんそれどこの愛人バンクですか

(キャラが破綻している件は敢えて無視)




★彼は昔の彼ならず


増刊ミドリカワのテーマなんですってね。知らんかった。

客席の空気に飲まれ、元気に大声で歌えなかった私を許してください。

愛はあるの愛は。(しつこい)




〜アンコール〜

ジャンケンプレゼント大会


客席とのジャンケンで勝ち残った6人の客とそれぞれツーショットで記念ポラロイド撮影、

写真にサインを入れてプレゼント。

前の増刊開催地の福岡のお土産もプレゼント。

若い娘たちが恥じらいながらポラ撮影しとりました。奥ゆかしくてキュートね。

私はもちろん1回目のジャンケンで敗退ですよ。敗北者なので当然ですよ。




★I am a mother


最後の最後はこれ。やっぱりオーラスは妊婦ソングでハッピーにいかないとね!




★★★★★

終演後。物販に立っておられたミドリカワ氏とちょっとだけお話できて

嬉しかったなー。

タオルを買ってミドリカワシルエットのとこにサインしてもらったよ。


f:id:niku285:20080225165002j:image


ちくしょう字が読みにくいぜ。

「緑川伸一 ミドリカワ書房 2008.2.24」て書いてあるんだぜ一応。

予想外に芸能人のサインらしいサインで軽い驚き。

このポーズを指して武藤?といったら「蝶野なんだけどね」と訂正された。

すいません。「酒は弱いが武藤です♪」が頭ん中を渦巻いていたんです。

座長との握手のときもそうだけど

私は、こういう憧れの人を目の前にしたとき、まったくろくな話ができないよ。

いろいろ考えて実行しても、結果的に撃沈してるよ…

根っからの敗北者。




ひとりきりのミドリカワは初めてだったのですが、

バンドとはまた違って、弾き語りもいいねえ。

しかも初聴きがいっぱいでものすごく得した気分です。

印象的な曲ばっかりだったので、ぜひまた聴きたいです。

すでにHPがリニューアルされていろいろ発表されましたけれども、

アルバムやツアーで聴けるといいなあ。特に鯖な。

しっかし私書くの遅いよなー。ほんと。がっかりよ。


長々とありがとうございました。

2008-01-05

[]初 orz


伸一さんが実は4月にけっこんしていた件

おまえ…今発表かよ!!!

4月。私が彼にはまったのも4月。

ツアー中だか周辺だかにけっこんしきやったのかー

忙しかったろうにな。

とにもかくにもおめでとうございます。

末永くお幸せに。

イメージするのはやはり

黙って俺がついていく な感じの結婚生活。

うわーいいなそれ

あのかわいらしい薄い笑顔で皿拭いてるの見たら

もう「この男、一生私が食わせてやる」て思うよ。



大丈夫。まったくもって大丈夫。

おとこじゅく関連の時と違って心は破れてませんよ。




しかし しかしですよ






恐ろしいけど、も…もしも…いつか…  じゅ ん  p







うわあああああああああ無理!絶対ぜっっっっっったい無理!!!

想像しただけで心臓のあたりが苦しい!!!

号泣しながら雪山にヘッドスライディングかましそうだ!!!

そのまま息絶える!!!




げーのーじんと呼ばれる人を愛する限り抜け出せぬ地獄道。

そんなイタい愛し方をしなきゃいいだけの話ではあるが

それが出来ぬ悲しいオタク夢見がち体質。

解脱への道は、美輪様オタクしかないかもしれぬ、などと思う寒い夜。

2007-05-02

[]私はこの数日で ずいぶん忘れたなぁ



さーて

今さら書くよ。




f:id:niku285:20070426213927j:image




★ミドリカワ書房

ミステリーナイトジャーニー2007〜みんなのうた2〜

              @新潟CLUB JUNK BOX mini(07,4,26)




JUNK BOXには行ったことあるけど、miniは初めて。

なんていうか…ほんとに、ミニ、だな!

いいの?こんな狭いハコ!

一番後ろでもこれかなり近いですよ。

しかもステージと客席もかなり近い。

ステージがあまり高くないので

隔てるものは柵ひとつ

最前に陣取って両手を伸ばせば

アーティストを抱き締めることさえ可能であろう。

かなりの一体感ですよ。すげえ。いいんですか。

私の心の決して手が届かない憧れの王子枠

争奪レースを現在首位独走中のミドリカワさんですよ

いいんですかこんなに近くてーーー!!イヤッホウ!!


開場5分前に会場入りしたのに

集まってる人少ない!

とりあえず整理番号順に入場するも

ガラガラじゃねえか!!!

でも、おかげでギリギリの日程で取ったチケットにも関わらず

3列目ど真ん中をキープ。

マイクスタンドの真ん前キタよコレ。

嬉しいけど

オープニングアクトが始まってもなおガラガラの状況に

ミドリカワさん大丈夫か…と、要らん心配。

なんだかドキドキして

直前に食べたミスタードーナツが逆流してきたりとかね。

でもミドリカワさんの時には、あらかた埋まってたよ。良かった。




★サクラメリーメン(OPアクト)

 お名前だけはどっかで聞いたことあった。

 関西出身のお若い3人バンドさん。

 如何せん、音楽は私のツボにはまるもんじゃなかったのですが

 なんだか一生懸命なMCに好感を持ちました。

 こう…親戚気分になるというか、手に汗握って

 頑張れ…!て呟きたくなるような。ね。

 音楽はなんだか、飛び出せ青春!な感じの

 甘酸っぱい感じの。ね。若さ!!みたいなね。

 余談ですが、家に帰って先日のオズマ出演音楽戦士のビデオ見てたら

 この人たちが出ていてびっくり。

 なんだよサクラメリーメンてば押せ押せプッシュアーチストなんじゃない!

 ミドリカワさんも出してよ!(あ、でもテレビ露出増えるのはなんかやだな)

 まあとにかく、やっぱり私はこういう若い子たちより

 ミドリカワさんみたいなアダルトなのがいいのよねうんうん

 とか思って鼻ほじっていたら気付いた。

 ミドリカワさん、28?いっこ下?  年下?

 …ああそう…普通に年上だと思ってたよハハ。

 途中、ドラムのペダルが折れるという衝撃的なハプニングがありました。

 ああ、去年の夏は富士急でバスドラに穴あけた人を見たな…

 軽いデジャヴ。


客入れはずっと浜省。

会場が暗くなり、噂の様子のおかしい前説が入る。

うらめしい感じの女性の声。

「…本日の感想等を…ブログ等にアップしていただければ幸いです…」

OK。やったる。

いいけど、ずっとステージの蛍光灯がチカチカしてたのは

演出だったのか本気だったのか。


浜省のJ・BOYが流れると、

頑母堂の皆さん登場。キャー。

そしてサビの「ジェェボォーーーーイ」のところに

キッチリ合わせて颯爽とJボーイ登場。

キャーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うわーミドリカワさん思ったより背高い!思ったより白い!

なんかあやしいけど男前!!!

そして衣装が!ジーンズと白いシャツて!

いや似合うけど!すごく!

音楽と髭の時も白シャツだったけど、ミドリカワさんていつもこうなんですか?

ライブの流れを見るとまあ白シャツであることには納得するわけですが。

彼は今後、どんなにビッグになっても

たとえ東京ドームでワンマンやる日が来ても(ええええ)

この衣装を採用し続けるのだろうか。ならすごい。

今後もしかしたら

形や素材など様々な種類の白シャツを沢山作ったりとかして。

そんで最終的に富士急で秘宝館と称し、

各種白シャツを展示したりとかね。ないな。ないない。


ステージに全員揃うと、

ミドリカワ氏の心の声と思しきものが流れる。

えええずっとこれで通して

本人が一回も喋らなかったらどうしよう。いや喋ったけれども。

これから、記憶だけを頼りにセットリスト順で感想書くけど

順番とかいろいろあやしいのは勘弁してちょんまげ。

だって私の脳細胞は死滅しかけてるんだよ。




「整形美人に、幸あれ」



★心

きたーーー

この曲大好きです。かっこいい。

一曲目、まだいまいちノリ切れない客席。

ちょっと何やってんのよ皆!アホみたいに楽しいのに!

ああアホは私ですか。

客を煽るミドリカワさん。シャウトするミドリカワさん。

すてきーーー

ショッパナから私、ミドリカワさんと目が合いまくる。

これはね、もうね「合った気がする」レベルじゃないよ。

確実に合った。

だってミドリカワさん客席をすげえ見るんだもん。

こっちはミドリカワさんを凝視してんだから

目があって当たり前だよ。

しかも私、3列目ド真ん前だっつの。

目が合う度に、ドキドキして目をそらした私を

チキンと罵ってください。乙女の純情100%。

しかしミドリカワさんて、ほんとに歌うまいんですね。

生なのにCDと変わらない。いやむしろなお良い声!


★ドライブ

アルバムと同じ流れで2曲目。

CDでも思ったがけど、

こんなブラックな歌詞なのに

なんて爽やかなメロディー。

これもまた青春なのか。



「やっちまった。2曲目にして犯罪をテーマにした曲を歌ってしまった。

 …すでに後ろの入り口から出て行こうとする親子連れが見える。

 …僕は、高らかに犯罪防止を歌った」(←うろおぼえ)


★OH!Gメン

ステージ上に置かれた衣装掛けからベストを取り出す。

そしてティアドロップを装着すれば

はいGメン。

ものすごい色モノ臭を発散しているこの曲、

実はアルバム中かなり上位で好きなんだ…!

仕事中でも、けっこう普通に口ずさんでいるんだ。

はい挙動不審ですよ。はいはい。

会場が一気に盛り上がる。楽しい…!

ヘッドセットのマイクを装着したGメン、

ギターをかき鳴らしながらステージ前方ギリギリまでやって来る。

キャー!怪しい!

サビで客席を指差しながら高らかに歌い上げるGメン。

犯人はー54歳の主婦ー♪(←伸一)

はんにんはーごじゅうよんさいのしゅふー♪(←客)

ようやくあったまり始めたばかりの客に対し

3曲目にして歌を強要するGメン。

好きすぎる。

満面の笑顔で歌いましたよ。

そしてラスト近く。

ああ!!!Gメンの手にニンジンが!!!

ニンジンをマイクに、PVと同じく

キレまくった素敵な動き。

もう愛するしかないと思った。



「…決まった。客席から大きな拍手が聞こえる。(心の声で拍手を強要するミドリカワ氏)

 気を良くした僕は、よせばいいのに半笑いでMCを始めた。」(←さらにうろおぼえ)

 (↑間違いの可能性濃厚)



何故かMCが総じてオネエ言葉。

「私、…なのよ。…なのだけれど、つって…なのだわ。」みたいな。

オネエっぽくもあるが、加藤茶の臭いもやや漂う。

ブログの文面まんまの話し方なのね。

時々、客の拍手に対して「拍手すんな!すんな!」とのたまう彼。

なに?ツンデレ?

ゆうべ頑母堂の方々が新潟の飲み屋街でJBOYだかなんだかという

浜省くさい店を発見したとかなんとか言ってました。

「知ってる人いる?」と客席にたずねるも

無反応な客席。淋しそうな彼。




MCの後(ほかの内容よく憶えてない)、あまりにも爽やかで可愛らしいこの曲へ。



★リンゴガール

ああほんとに可愛らしい。

あんまり可愛らしいので、客席がみんな

可愛いらしい横揺れになってしまっていました。



このあたりから、更に曲順の記憶が曖昧に。




★保健室の先生

デデデデン デ デデデデデン みたいなベースが始まり

突如回りはじめるミラーボール。

ああこれは

そして気付くとステージには

白衣と聴診器を装着したミドリカワ先生が。

あああああ(鼻血)(コスプレに弱い俺)

これも色モノ臭プンプンの曲ですが

やっぱりかなり好きです。

こういう飛び道具っぽいのたまんねええええ

聴診器で、ギターのシモンさんにセクハラを仕掛ける。

私にもやってくれないか。あああん。

「ァタシィはぁ… 保健室のセンセェ…」て

歌いだしが最高にエロスなんですが!!!

一番の聞きどころは歌いだしだと思う。この曲。

CDよりも更にうまく、エロくなっとる!!!

喘ぎ声がイイネ!完全になりきってるミドリカワ先生最高!

「通勤には毎日すし詰め井の頭線」→「越後線」

「アタシは吉祥寺の女」→「寺尾の女」

地元ネタで歌ってました。

寺尾在住で越後線通勤の女。いきなり壮絶な生活感が。




★恋に生きる人

MCをはさみ、 ミドリカワさんがアルバムのショートドラマの中で

「一番好き」だというアレが流れる。

「泣きながら揉ませてやったんだから!」に続いてそのままこの曲へ。

この曲、最初はそうでもなかったのですが

アルバムを聞き込むうちに大好きになってました。

あーあーああー♪のあたりとか聴いてて気持ち良い。

ああ良い声。


★恍惚の人

ライブで最も聴きたいと思っていたこの曲。

良すぎたよ。

なんか、ぐちゃぐちゃ語ることが馬鹿らしくなるよ。

この曲と、次にうたった母さんはもう

あれこれ考えずにただもう直立不動で浸っておりました。

だってそうするしかねえよこんないい歌の前じゃ。

ミドリカワさんの伸びやかな声が

突き刺さります。


★母さん

に…2連コンボ…!

ノックアウトされた私の心は既に彼岸へ。

ななめ前にいた女子高生がずっと泣いていた。

いいなあこういう時、素直に涙が出せて。

涙を忘れて久しいこの頃ですが、

心の中は感動の雨嵐だぜ。

この2曲の間、やっぱりミドシンと目があったと思うんだ。

このときばっかりは、あまりに浸っていたため

目をそらすこともできず

暫く見つめあってしまったような。

妄想?ああそう。



続いてMC。

「人生って大変だ、という曲を2曲やったわけですがね…

 …ぴょんぴょん飛び跳ねる用意しとけー!!」(←うろおぼえていうか半ば創作)

★顔2005

キタ!

この曲好きすぎるーーーー!!!

「ブサイクに幸あれ!ブサイクに!ブサイクに!幸、あれーーー!」

と、容赦なく客席をバシバシ指差すミドリカワ氏。

「ブサイク!」と力一杯指差して頂きました。悔いはありません。

いやほんと生で聴けて感動。

跳ねてますよ!跳ねてますよ私!ブサイク女29歳、渾身の力を込めて!!

イエーーーー



★それぞれに真実がある

★続・それぞれに真実がある

シングルを持っていないので、続の方は初めて聴きました。

これ…2曲続けて聴くとすごいな!

先にしんみりさせといて、続。

続!!!なんてことだ!!!パパ!!!

この時のミドリカワさんがえらいことでした。

ギターの人やベースの人に密着して

腰をくねくねするわ

マイクをピロピロするわマイクスタンドを股ぐらにはさむわ

サビであられもない踊り(←?)を披露するわ

なにこのエロテロリスト!!!

大変パパ!ウチの子がこんなハレンチに!

「あの人のせいだもぉーーーん」で

客席を指差す姿にズッキンドッキン。

突然曲中で側転するアクティブなミドリカワ氏。

ちなみに、イントロの時に客に向かって

「この曲知ってる?」て問いかけてたんですが

アレ絶対 私に聞いてたと思うんだ。

だって目合ったし!!!

喜んでぴょんぴょんしてた割に

実は曲を全く知らない後ろめたさと

突然の問いかけにうろたえたのと恥ずかしいので

即目を逸らした私のバカバカバカーーー!!!

自意識過剰?知ってる!



★I am a mother

エロス攻撃で昏倒寸前の私に追い討ちが。

は…浜省コス…!

モノマネ入っとりますがな先生。

面白すぎる死ぬ。

ミドリカワ氏の煽りでoioiコール発生。

なんだこれ!!!

妊婦の歌だってのに!!!

異常な盛り上がりを見せる会場。

「いつものようにー疲れた顔ーでーぇぇぇぇー」のとこで

突然倒れてみたり

「アイアーム ア マーァザー」のとこで

執拗に親指で自分を指してみたり

なんなのこの人。

何か。アンタがマザーだってのか。なんなんだ。

恋するぞこのやろう。


★チューをしよう

本編ラスト曲。

どうにもハッピーな空気に包まれる会場。

実はこの曲、アルバムで聴いてる時は

他のがインパクト強すぎてスルーすることが多かった。

んが、このライブで聴いて以来ヘビーローテーション。

チューをしよー♪を客席に歌わせる。

右側最前の女の子にマイクを向けて歌わせようとする、Sなミドリカワ氏。

頑母堂の皆さんにも次々マイクを向ける。

ベースの方に歌わせ、「上手くなってる。だめだよ上手くなっちゃ!」と

のたまうミドリカワ氏。暴言。



〜アンコール〜




頑母堂さんたちとミドシンさん、ツアーTで登場。

終演後、まんまとこのTシャツ買いました。

この夏、普通に着てやるわ。チャレンジング!




★馬鹿兄弟

リクエストコーナーらしい。 リ ク エ ス ト ?

「あとなんかやってないのあったっけ?」の問いに

私の隣にいたお姉さんから

「馬鹿兄弟!」との声が。

なにこれ仕込み?

この曲も大好きです。

歌い方も歌詞も、わりと淡々としていて静かに物語が進むのだけれど

「死んじまえ卑怯者」のとこでドキッとさせられる。

そして、最後でじーーーん、と。

生だとなお迫ってくるもんがあるなあ。

いいけど、ライブの数日後に友達の結婚式に出席したのですが

キャンドルサービスの時のステキ曲が

勝手に私の脳内で馬鹿兄弟に変換されてしまいました。

そんで泣きそうになりました。

ごめん友達。違うとこで感動してたわ。

しかも君達、別にやんちゃしてたわけでもないのにな。

ハハハ。




「笑って…笑って俺に、ついてきてくださいねーーー!」

 ↑敬語。



★笑って俺についてこい

ラスト。

ああ楽しい。

でもこのへんになるともう楽しすぎて

ほとんど記憶がないんだ…!ごめんぬ。

やっぱりていうか当然ですが

PVの踊り?体操?みたいなやつ

みんなやらないんだね…

もしかしてやったりしないかしらなんて

ちょっと期待していたのだけど。

この2年近く、ほとんど男闘呼塾関係のライブしか行っていなかった

偏った食生活によるこれがその結果。間違った期待…!

だってもしこれが氣さんのギグだった場合

少しでも振り付けが提示されていれば

客は迷い無く踊りますよ!!!間違いないですよ!!!

もし今後、この曲を生で聴くことがあったなら

勇気を出して一人でもやってみようかと思う。

いややっぱり無理。




そして再び浜省の曲で去って行くミドリカワ氏。

ちょっと歌ったりとかしながら。

どんだけ浜省好きなんだこの人は。

ライブ中、一曲終わるごとに

「ありがとうございました」てキッチリ言う彼にキュンとしました。





いやー総じて楽しかった!の一言に尽きる。

予想外にエンターテインメントで、笑いどころ満載、

泣きどころ満載のステージでした。

どっちの方向性もとことんやってるから

すんごいメリハリ。全く飽きる隙を与えてくれないライブだったよ。

でも、「昨日」も聴きたかったなあ。好きなんですよ「昨日」。

これとか「上京十年目、神にすがる」「彼は昔の彼ならず」とか

やらなかったねえ。キンキラジャケットあったのにねえ。

うー聴きたかったなあ。

各地のレポを読むと、けっこうやったとこあるようですね。

新潟は、なんかわりと曲数少なめだったのかしら?うう。

でも幸せだったよ。



しかしミドリカワさん、私の周辺では全く知っている人がいません。

大げさでなく、完全にいません。0%なんです。

「名前だけはどっかで聞いたことある」レベルの人さえいません。

市内中のCD屋巡ってもほとんど置いてない。

なんなのだろうこの現状。

まあうちの地元が田舎なだけであって、新潟市ではもっとマシだろうし

東京やなんかではそんなことないとは思うけど。

でも、もっともっとたくさんの人に認知されるべきだと思うんだ!!!

そんだけ良いんだ、ミドリカワ書房は!!!(熱弁)

この歌とパフォーマンスが、より広く伝わることを願うわ。

あーでも、そーなっちゃうと

こんな小さなハコでのウキウキライブが観られないなあ…

ああでもなあ…

FU・KU・ZA・TSU!




あ、「ありがとう、○○○キッズ…」は

「八海山キッズ」でした。美味いよね八海山。

今回、新潟は初上陸なんですってね。

ミドリカワを応援する会(だかなんだか)初代会員になれて嬉しい限りです。

ブログによると、この新潟では叔父さん夫婦が来ていたらしいね。

そういえば、まん中右寄りに、比較的年齢高めの

ご夫婦と思しき2人連れがいて、

終演後にスタッフと話してたなあ。

あの方々かしら?

ああいいなあ。私もミドリカワさんの叔母になりたいなあ。

終演後、グッズを大人買い。

大人買いしすぎて、残金がやや危うくなる。

仕方ないので、持っていなかったシングル(当然地元の店には置いてない)は

「それぞれに真実がある」だけを購入。

帰りの高速で延々と 続 を聴いて帰りました。

脳内にはもちろんエロテロリスト。





ファイナルの渋谷行きたいよーーーう。

本気で行きたい!行きたくて口から胃が出る!

でも行けない!なぜなら

翌日の7日は、仙台で四天王だから!!!

クアトロまで魂飛ばします!





ああ、またこんなに長々ダラダラと書いてしまった。

文章としてまとめる気ゼロだなーうざいなーと思いつつ

でもまあ自分用備忘録だし、いっか!テヘ!みたいなね!

すいません。