Hatena::ブログ(Diary)

Tokyo Rouge 肉乃小路ニクヨ ニューレディー白書

2016-11-25 ありがとう ありがとう

20周年無事に終えることができました。

ご来場いただいた皆さま

ありがとうございました。

  

好きなことをやりちぎって

それにお付き合いをいただきまして

ありがとうございました。

  

いろいろすっきりして臨んで

すっきり終えました。

久しぶりにやりましたけど

やってて越路吹雪さんはやっぱり気持ち良いですね。

   

さて、やった演目のリストをというリクエストが

いくつかありましたので、アップしておきます。

  

第一部 越路吹雪ショウ

ようこそ劇場

ジジ・ラモローゾ

聖者の行進

人生は過ぎゆく

愛の幕切れ

愛の賛歌

  

第二部 リクエストアワード&トークショウ

ミニミニ・ガール

Passion〜Get up(ドリューさん)

エッサッサ・マンボ

ボンボワヤージュ

   

第三部 歌

アリア

コーラスガール

シュガー

歌いつづけて

マイ・ウェイ

  

Last Song

夜曲

  

お寒い中、小雨がぱらつく中、

お越しいただきまして

誠にありがとうございます。

  

これからも精進してまいりますので

引き続きのご贔屓をお願いいたします。

ポムポムプリンポムポムプリン 2016/11/26 22:53 20周年おめでとうございます。

ばったばった 2016/11/27 10:44 ニクヨさん、おはようございます。
先日はありがとうございました。
素晴らしかったです。よい夏休みに
なりました。どの衣装も素敵でしたが
エッサッサマンボの時のが一番好きです。
またお目にかかれる日を楽しみに生きます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nikuyo/20161125

2016-10-18 ハラスメント対策の贈り物

日本はハラスメント対策でがんじがらめで

活力を奪われているなんて声を聴くことがあります。

昔は自由で良かった。

好き勝手できて良かった。

で、それで泣いてた人がいるの気がつかなかったの?

って私は思います。

私はハラスメント対策に概ね賛成です。

あーしては駄目、こーしては駄目と

慣れるまでは面倒だけど、

何でやったら駄目なのか、どーしてなのか

普通に生きてりゃ考えますよね。

それで人権意識も高くなっていったと思うし、

民度の高さは日本の目には見えない価値を産んでいると

私は思います。

さて、書くのが遅くなって昨日は連載掲載日でした。

今週は先週に引き続き、ハラスメントについて書いていますが、

ハラスメント対策が何故大事とされているのか、

それはどういう恩恵をもたらすのかということを

書いています。

いつだって昔は良かったっていう人は

今自分が手にしている権利や自由を見ないことにしている

そういう人だって私は思っています。

ハラスメント対策バンザイ。

どうぞご覧ください。

http://am-our.com/love/321/13581/

ばったばった 2016/11/23 08:49 ニクヨさん、おはようございます。
もうまもなく上京です。
盛りだくさんのショー楽しみーですー

nikuyonikuyo 2016/11/25 11:16 ばったさま

おえってなるくらい私のショウを見れましたね。
また見に来てくださいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nikuyo/20161018

2016-10-11 肉乃小路ニクヨ20周年の総て

11月23日(水・祝日)は

肉乃小路ニクヨ女装20周年パーティーです。

フライヤーQRコードからも飛べる用の日記です。

まずはパーティー基本情報からご案内します。

  

肉乃小路ニクヨ女装20周年

日時:11月23日(祝)18:00〜23:30

会場:AISOTOPE LOUNGE

   http://aliving.net/access.html

料金;2,940円(1D)

ゲストブルボンヌ、ドリュー・バリネコ and more

Music:リキティ

お手伝いボーイズ:尚梧 ブサイコ

Show Time :一部 19:30 ニクヨワンマン口パクショウ

      二部 20:30 ニクヨ20周年トークショー(女装の乱入歓迎)

      三部 22:00 肉夜会(ニクヨ生歌ショウ)

当日、シャンパン冷やしております。

また同じ週の26日(土)Campy!barでもシャンパン冷やしております。

  

ここからダラダラと独り言です。  

  

生まれた子が成人するくらい続けた女装。

私の人生のほぼ半分を占める女装。

といっても毎日してきたわけではないので

トータルの女装時間で20年ということではないのですが

初めて女装をした時から20年間私の心の多くを占めてきました。

  

1996年、その年はアトランタオリンピックが開催されていた年でした。

その年の4月に二丁目デビューしました。

そして同じ年の6月に女装を始めました。

パソコン通信UC-GALOPというインターネット時代の今では信じられない

シスオペの家のサーバーに電話線をつないで交信をするネット掲示板

私はいろいろな人に出会い、ノリでカラオケBOXで女装をするという企画で

女装を始めたのです。そしてそのままDelightというクラブに連れていかれ、

クラブデビューもしました。

まだ男性経験もないまま女装の道を走り始めてしまった変わり種でした。

  

当時私はオネエというCampな文化に心酔していました。

コミュニケーションスキルのオネエは強さとやさしさの象徴に思え

女装をすることでもっと強く、面白く、優しくなることができるのでは

と思い女装を始めました。

女装をすることで場を和やかにしたり、盛り上げたりするというのは

とてつもなくカッコいいことのように思えたのです。

その時、私に女装を教えてくれて、私の少し前を走っていたのは

当時同じ大学生でパソコン通信のUC-GALOPのシスオペをしていたブルボンヌさんでした。

  

その年の9月に女装でDelightの舞台でパフォーマンスをしろと言われました。

何をやっていいかわからなかった私は当時アフロヘアのウィッグをかぶっていたことから

ブルボンヌさんからアフロニクヨで安室奈美恵さんのTry me でショウをやれば

と言われ、言われるがままにやりました。

歌謡曲のショウが多い私ですが、

デビューショウは安室さんのユーロビートの曲だったのです。

今から見れば拙いショウですが、才能があったのか器用にこなしてしまい、

好評だったので、そこからショウ女装としての道を歩むようになりました。

   

初めて自分で曲を選んでショウをしたのは和田アキ子さんの古い日記

そこから先、自分で曲を選んでショウをするようになりました。

そこから先は皆さんがご存知の通りのニクヨ路線です。

  

そこから先の話は、

当日ゆっくりしましょうか。

当日は20年間皆様に見守っていただいた

ニクヨのささやかな成長と成熟を皆さんにお返ししたいと思い

準備をしています。

是非、遊びにいらしてください。

  

お待ちしております。

f:id:nikuyo:20161026221218j:image

f:id:nikuyo:20161026221154j:image

  

ついでに今日は連載掲載日です。

ニクヨはWEBマガジンにこっそり連載もしています。

よろしければこちらもご覧ください。

  

http://am-our.com/author/89/article/

ばったばった 2016/10/17 00:02 ニクヨさん、こんばんは。
ブックマーク予約完了しました。
楽しみですー。『古い日記』好きな歌です。
時々カラオケでうたいます。ぜひとも
拝見したいです。

nikuyonikuyo 2016/11/25 11:16 ばったさま

ご来場ありがとうございました。
またお待ちしております。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nikuyo/20161011

2016-10-04 マスコミおっかない

本日も連載掲載日です。

今日は夏にあった二世タレントさんの騒動について

書いてみました。

あの事件、私は何だか狐につままれたような事件で

結局示談で不起訴でした。

示談した弁護士は強気なコメントでしたし、

騒動後、被害女性の知人が反社会的勢力の方という

ニュースも出ました。

それまでは有罪確定のような報道だったのに、

急に誰も謝りもせずにサーっと知らんふりし始めました。

おっかないです。

私は強姦は本当なら断罪すべきだし、

警察も示談で済まさずに起訴すべきだと思います。

でも不思議な着地点。

お金の力か、権力の力か、間違いか、

さっぱりわからないままです。

だったらそんなわからない状態の情報を撒き散らすな、

撒き散らしたら訂正して、

って思います。

容疑者にも被害女性にも

全く気遣いのない報道に恐怖を感じました。

もし自分ならどう思います?

よろしければご覧ください。

http://am-our.com/love/321/13553/

ばったばった 2016/10/05 23:34 ニクヨさん、こんばんは。
たしかに、釈然としない報道と
なんやへんな終わり方をしたなと
思いました。マスコミさんは
情報の正確、不正確にか変わらず、
ただ衝撃的な、視聴者の気持ちを煽る
映像や記事を流すだけ流して、
旬が過ぎたら(飽きた頃)また次の話題へ。。
人の怒りや妬みや軽蔑心を煽りまくる
話題ばかり多くて、最近ワイドショー的な
テレビ番組を観ても、面白くないなぁと
思ってしまいます。『き○さんぎ○さん』や
『○○が大流行ー』など、ほんわかな
気持ちにさせてくれるテレビ放映が懐かしいです。

トクメイトクメイ 2016/10/06 00:09 ニクヨさんの文章、いつも興味深く読ませていただいております。

以前に私が書いたコメントに、
「なりたい自分には"意識的にそのようにクセづけをすることで"近づける。」
とのお返事をいただき感銘を受けました。最近は事あるごとにこの言葉が脳裏をよぎります。


さてこの一件ですが、「不起訴」を境にワイドショー等での報道をパッタリと観なくなりました。

結局、この事件のいきさつを傍観してた多くの人にとっては"どうでもいい事"だったのだと思いました。

今、何か騒動や出来事がおきると、私達はその件や人に対して、支持や共感をもって「イイね!」をするか、批判をして「たたく」か...
どちらにしても二者択一な自分の意見を持つことが「正義」のような風潮になっている気がします。
(分からない)(興味がない)という感想を持つことは「無責任」だとみなされてしまう...そんな感じがしてます。

よって報道する側も、それに引きずられて、そんな世の中の意見を先導するような立場になっているのだと思います。

政治問題や企業、国家間の問題などであれば、とことん真実を追求して熱心に報道して欲しいですが、
たとえ芸能人や公人であったとしても、人と人の問題や事件については、私はそんなに真実を知りたいとは思わないので、
そういう点でもこの情け容赦ない報道のあり方には恐怖を感じました。

nikuyonikuyo 2016/10/12 11:59 ばったさま

マスコミには正確な情報を期待しますが
先週の記事、ネタりかの反応が今までで一番大きくて
びっくりしました。
時事ネタは皆の関心も高いようで、取り扱いたくなる人の
気持ちもわかりました。

トクメイさま

本当に恐怖ですよね。
自分がターゲットにされてしまうのは怖いです。
複雑なものの単純化も突き詰めると怖いですね。
パニック、集団ヒステリーだと思って熱が冷めるのを
海外逃亡でもして、待つのが一番に思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nikuyo/20161004

2016-10-01 今月の予定

はい。

あっという間に10月です。

今年も残すところあと3ヶ月。

時間が矢のように飛び去って行きます。

ビューン

時間があっという間に過ぎるのは

忙しくさせていただいてるから、

忙しいのはやるべき仕事が沢山あるから、

関係者皆様に感謝です。

今月の予定を書いておきます。

毎週土曜日

Campy!bar にて生きる花として存在

http://campy.jp/campy_bar.html

今月はも人手不足のようで7日(金)もお手伝いします。

毎週火曜日

女性のためのWeb マガジン「AM」連載掲載日

http://am-our.com/author/89/article/

10/1(土) 週末歌謡ナイト やけどしそう

http://aliving.net/schedule_detail.php?date=2016-10-01

深夜お店を抜け出して20分ほどショウをします。

10/24(月) QUEEN'S LOUNGE THE SHOW

http://aliving.net/schedule_detail.php?date=2016-10-24

その他結婚式二次会仕事や諸々あります。

そして、日程変更になった

女装20周年イベント

手作り感満載ですがイメージ出来ました。

f:id:nikuyo:20161001084713j:image

今月もどこかでお会いできるのをたのしみにしております。

ばったばった 2016/10/05 23:17 ニクヨさん、こんばんは。
レトロな感じのステキな写真。
シックなお色めも似合わはりますね。

nikuyonikuyo 2016/10/12 11:53 ばったさま

育ちが良いですからね。
家の片付けは出来ませんが。
ほほほ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nikuyo/20161001

2016-09-27 時代

はい。

本日も連載掲載日です。

SMAPさんについて昔からほとんど感心がなかったのは

タイプの人がいなかったから。

おかまなんてそんなものです。

さて、今年の夏は色々なものが終わったり、

好きな人が何人も亡くなった夏でした。

でも私は別れを悪いようには考えていません。

次の新しい出会いのための儀式だと思っています。

別れた相手も、また新しい旅に出たのだと思えば、

良き旅を!と思うくらいです。

ボン・ボワヤージュ

落ち着いて考えれば人生も毎日が旅で

毎日知らない誰かと通り過ぎたり、

出会ったりしているのです。

私の人生観は思えば小学校3年生の秋に聴いた

「時代」という曲に集約されていると思います。

祖父が亡くなったばかりで、秋の夕暮れとともに

センチメンタルになっていたのでしょうか?

私は当時押し入れに入るのを何故か楽しみにしていて、

そこで一人の空間で暗い中ラジオを聴くのが好きな

肥満児の小学生でした。

流れて来た時代に不思議と涙が止まらなくなり

泣き顔を見られたくなく、

夕飯に遅れて行ったのを覚えています。

今もとても大切にしている歌です。

よろしければ連載もご覧ください。

http://am-our.com/love/321/13533/

ばったばった 2016/10/05 23:13 ニクヨさん、こんばんは。
お別れは新しい出会いのはじまり。
そう思えたらいいのですが、
突然のお別れはいつまでも
悲しい気持ちを持ってしまいます。
少しずつ薄れてはいくのですが。、

nikuyonikuyo 2016/10/12 11:52 ばったさま

日にち薬ですわよ。
辛くても自分の日常に帰らなくてはいけません。
別れた人も引きずられることを望んでいないのでは。
少なくとも私は望んでいません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nikuyo/20160927

2016-09-20 最近あれがあれなもんで

本日も連載掲載日です。

最近更新が滞っているって?

すいませんね。

あれがあれなもんで

あそこで書けなくなってしまったんです。

察して。

さて、今日はニクヨちゃんTシャツ作成秘話を

堂々と連載で書いています。

寛大なAMさんに感謝です。

まだまだ売っています。

デザイン可愛いんで、来年とかでも良いし、

ここぞという時のお土産やプレゼント

使ってもいいかななんて考えてますが、

残り半分の寄付という目標に向けて頑張らなきゃですね。

ふふふ。

どうぞご覧ください。

http://am-our.com/love/321/13514/

ばったばった 2016/09/29 22:21 ニクヨさん。こんばんは。
次回のショーに寄せてもらう時
Tシャツ着ていきますー。

nikuyonikuyo 2016/10/04 18:16 バッタさま

ぜひ着て来てください。
お待ちしております。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nikuyo/20160920

2016-09-13 感動乞食はバカになる

本日も連載掲載日です。

最近障害者の方々が感動ポルノをやらされている

という訴えをされて、それが某大規模チャリティー番組の季節に

大きく取り上げられていました。

でも私は思ったのです。

感動ポルノをさせられてるのは障害者の方々だけか?

感動を求める人は沢山いて、

私は連載ではキツイ表現になるので使わなかったのですが

感動乞食ともいうべき人が沢山いて、

その供給源にスポーツやドキュメンタリーの

登場人物がいるのではとおもっていたのです。

感動自体は悪いことでは無いと思いますが、

他人に安易に感動を寄こせと求めるのは

私は正直なところ、美しいと思えません。

できればリアルで自分で実感した方が良いですし、

そのリアルを充実させるために、メディア情報

摂取した方が良いと思っています。

あんまり単純な感動が苦手な私は

ショウタイムでもあんまりわかりやすいことは

しないようにしています。

お客様がバカになるから。

そう、安易な感動を求め続けるとバカになります。

これも連載ではキツイ表現になるから書けなかったこと。

私、キツイ女(装)なのかしら。ほほほ。

よろしければご覧ください。

http://am-our.com/love/321/13503/

mactinmactin 2016/09/13 18:28 おっかないおっかない。(笑)

熊五郎熊五郎 2016/09/17 17:15 肉乃小路ニクヨさま。ごきげんよう。

そうですわね。わたくしは、「リテラシー」とおっしゃっている

文脈に共感致しました。

五感が正常に働いているかどうか、自分をときどきメンテして

あげなきゃ、と思っております。

そろそろ季節の変わり目・・・。お体お労りくださいませ。

ばったばった 2016/09/18 07:02 ニクヨさん、おはようございます。
かんどうこじき。。そういえば
少し前に『るいかつ(涙活)』なるものが
はやっていたのを思い出しました。
皆で感動を誘う映像を一緒に観て、
泣く。。という様子をテレビで観ていて
わたしは異様に感じました。
もし泣けなかったら「お金返して」って
言わはるんやろうか?それとも無理やり
泣くのかしら?と不思議に思っていました。

nikuyonikuyo 2016/09/20 19:59 Mactinさま

はい。では40歳以上でおっかなくない人って
いるんでしょうかねほほほ。

熊五郎さま

リテラシーって
そういう感動ポルノの罠を避けて
役立つ情報を見つけることだと
最近は思っています。

ばったさま

涙活は私も苦手です。
あれ、下品ですよね。
公言してやるなんて。
こっそりやる分には良いんですけどね。
ほほほ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nikuyo/20160913

2016-09-06 20周年、日程変更です。

私の女装20周年のイベント。

諸々の事情により

11月23日(水・祝日)に変更になりました。

既に宿や移動手段の確保をしていた皆様、

大変申し訳ございません。

急いでご予約と休暇の変更をお願いいたします。

その代わり、私の20周年に

私の女装の産みの親のブルボンヌ先輩が

ゲストで来てくださることになりました。

ドリューさんも手伝ってくれます。

しかも11月23日は勤労感謝の日。

働き者のニクヨちゃんにふさわしい日になりました。

会場は正式契約したので発表ですが

新宿二丁目 Aisotope Loungeさんです。

いつもQueen's Lounge -THE SHOW- でお馴染ですね。

会場が大きいので、沢山の方に来ていただけると嬉しいです。

料金も決めました。

2940円/1D です。

リーズナブル!

なお、お釣りの60円は募金箱を置いておくので、

Tシャツの収益と合わせて寄付をさせていただきます

よろしければご協力ください。

後は今月の予定を書いておきます。

毎週土曜日

Campy!bar にて生きる花として存在

http://campy.jp/campy_bar.html

今月は人手不足のようで16日(金)もお手伝いします。

毎週火曜日

女性のためのWeb マガジン「AM」連載掲載日

http://am-our.com/author/89/article/

9/22(祝) 畑中葉子スペシャル GET BACK

http://aliving.net/schedule_detail.php?date=2016-09-22

です。

で、申し訳ございませんが、

9/26(月)のQueen's Lounge -THE SHOW- には

急な用事が入ってしまったため、私はあいにく出演しません。

でも豪華な出演陣がおりますので、

皆様どうぞ足をお運びくださいませ。

今月もよろしくお願いいたします。

ばったばった 2016/09/06 21:16 ニクヨさん、こんばんは。
勤労感謝の日、了解です。
手配諸々しますー。
手配諸々もお楽しみの
ひとつです。

nikuyonikuyo 2016/09/20 19:55 ばったさま

すみません。
お手数おかけします
よろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nikuyo/20160906

2016-08-30 言葉遣いいろいろ

言葉遣いで身分差ができることを知ったのは

小さい頃見た「ワーキング・ガール」という映画でした。

主人公のテスが下町なまりの英語を一生懸命に直して、

上流社会に切り込むというのを見て、

言葉遣いでクラス(階級)が変わるんだと強く心に刻みました。

  

実際、私の経験した中でもそうです。

言葉遣いは配慮すれば良縁が舞い込みますし

配慮しなければいつまでも停滞します。

  

もちろん例外はあるけど、

それは飛びぬけた才能の持ち主のお話で

そうでない人が上昇するには言葉遣いは必須です。

  

少し強い口調で言ってしまったところもあるのですが

もしよければご覧ください。

http://am-our.com/love/321/13454/

トクメイトクメイ 2016/09/04 00:02 慇懃無礼...面白い言葉です。
読んで、自分はどうなんだろうと考えてみました。
私は知り合いや友達になった人と、敬語からタメ口にシフトチェンジするのが苦手です。
そしてなぜか年下とか後輩のような関係の人と特に、タメ口で話すことができません。
今まで自分のことを、目下の人との上下関係なんか気にしない、誰にでもフレンドリーでオープンな性格だと考えていたのですが、
もしかしたら全部逆なのかもしれない...と思いました。

nikuyonikuyo 2016/09/06 18:04 トクメイさま

コミュニケーションはある程度技術でカバー出来ます。
客観視して、足りない要素を補って、
自分がこうでありたいと思うようには近づけます。
これ以上言うと自己啓発セミナーみたくなってしまいますからね。
ほほほ。
意識的に行ってクセづけをするというのも一つの方法です。

ばったばった 2016/09/06 21:12 ニクヨさんこんばんは。
言葉遣い、、エレガント。
フワッと「マイフェアレディ」を
思い出しました。

nikuyonikuyo 2016/09/20 19:51 ばったさま

マイフェアレディーはヘップバーンさんのが
可愛くて好きです。
大地真央さんは堂々としていますね。
ほほほ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nikuyo/20160830