Hatena::ブログ(Diary)

メンデルスゾーンのはなうた

2017-03-21

壮絶!聞きしに勝る!

テンシュテット マラ6!『悲劇的』
4楽章ラストのラスト、あの一撃音、いったい何なんだーーー!脳みそに直撃してきた。
聴き終わっても、まだドキドキしている・・・

この演奏を、当時生で聴いていたら、自分はどうなっていただろう。テンシュテットにはまりそう。いや、すでにはまっているヨ。ヴァントのブル9を聴いた時と同じような状態。

どうやら、自分の場合、心底凄味ある音に接した時、「耳」や「心」を通り越して「脳」にダイレクトに激震がくるようだ(単純な性格だなぁ^^;;

この箱は素晴らしいっ↓買った自分を誉めたげたいっ!
f:id:nino41:20170303160337j:image:w360

ところで、この前、吉☆寺unionで、何気なく手に入れた↑二つの箱↑(左)コンドラシンと(右)テンシュテット

八重洲ブックセンターで購入した『指揮者列伝』を読んでいて、興味深い記述を目にした。↓

急病のテンシュテットの指揮代役を行ったのがコンドラシン。ほとんど練習できずに指揮したため、演奏の細部は粗いが、熱気は凄い(EMI盤)

コンドラシンは、テンシュテットの代役を務めあげた翌朝、ホテルで死去していたという。(←!!!)

コンドラシンは、旧ソ連から西側に亡命しているからな、、苦労や疲れもあったのだろうか・・・

コンドラシンが、テンシュテットの代役で振った交響曲こそが、マーラー1番『巨人だったという、「ウワーッ」な話

2017-03-20

お彼岸3連休(最終日)

三日間、暖かなお彼岸になった。この天気のよさにつられ、最終日も外出してしまった。明日から寒さが戻るというので、今のうち。

今日は、毎週通う楽器店(ヴァイオリン教室)ロビーで、講師の方々のカルテット弦楽四重奏)演奏がある(しかも無料)というので、見学に行った。

演目は、アニメ系や国営放送大河ドラマ系中心、クラシックもアイネ☆クライネとライト系。このラインナップ、いかにも普段クラシックを聴かない&弦楽器を弾いたことのない人向け&「新規生徒募集」向けといったところか。老人ホームや小学校出張演奏もこんな感じの演目が多い。30分ずつ、全4回。「いづれの回も満席でした。」と受付のかた。

私の習う先生は出演していないし、本来ならば、わざわざ出向くこともなかったのだが、ヴァイオリン演奏する講師のかたが、どのような感じなのかを見たかった。
今習っている先生が、5月に「出産退職」するので、この教室の、他のヴァイオリンの先生も一応見ておいて、先生探しの参考にしようと思ったのだ。

結論を先に言えば、今日のカルテットの先生に体験レッスン希望をすることはない。

今後2年間で、私は、あと協奏曲をふたつ習うと決めている。自分の年齢を考えると、協奏曲をふたつというのが、ギリギリ限界だろう。

自分で自分の限界を決めるのは、本来好きではないが、こればかりは避けられない現実的問題。私の年代になってくると、もはや、技術力・気力・体力・精神力と、「自分のことだけ」では語れない。ヴァイオリン習うにも、自分取り巻く(家族の)状況が密に関係してくる。

そんなこんなで、やはり、せめて協奏曲だけは、20代前半までに習っておくべきだったと思う。自分のことだけに没頭して練習できるのは、学生の身分の時だけだ。

そんな「ギリギリの私」に、協奏曲を「みっちり」教えてくださる先生を探している。

ちなみに、協奏曲とは別視点で、ヴァイオリンソナタを習ってみたい先生&ピアノ伴奏の先生が、実は現時点でいて、こちらはすでに(こっそり)見学済み。

ここまできたら、「ずっと同じ一人の先生に習いたい」とは、もう思わなくなっている。

自分を取り巻く環境・状況、弾きたいタイプの曲にあわせて臨機応変に。自分で自分をがんじがらめにしないよう。

私にとって一番大事なことは、長い期間空けることなく、辞めずに(ヴァイオリンを)続けていくことだから。

2017-03-19

お彼岸3連休(二日目)

今日は、夫の家のほうのお墓参り。例年よりも暖かなお彼岸。
上野の桜、現在↓チョロっと咲き。

f:id:nino41:20170319123935j:image:w360
正岡子規☆記念野球場』の入り口付近でみかけたポスター。
ブリュー ゲル!キターーー\(^o^)/
絶対、観に行くもんねっ♪
おっと、その前に、ミュシャ展の『スラヴ叙事詩』を観たい。

f:id:nino41:20170319124328j:image:w360
今回は上野から、八重洲ブックセンターへ移動。
レジ横にあったクリュイタンス(箪笥^^;)のワーグナーCD10枚。
そして、インパクトある表紙だったので、つい購入『図説 指揮者列伝』。
執筆者の指揮者に対する好き嫌いはともかく、指揮者に詳しくない私には、とっつきやすい図説だった。

f:id:nino41:20170319163450j:image:w360

Wagner: Bayreuth Live

Wagner: Bayreuth Live

パラパラ頁をめくっていたら、ちょうど写真が載っていたクリュイタンス。
白黒写真だというのに、ダンディでエレガントな雰囲気が、こうもビンビン伝わってくるとは。

f:id:nino41:20170319163559j:image:w360

2017-03-18

お彼岸3連休(一日目)

午前中、母の墓参り。その後、K王線に乗って初台へ。
オペラシティ内↓近江楽堂。古典四重奏団による
ショスタコーヴィチの自画像 第4回1968年まで』

f:id:nino41:20170318140240j:image:w360
ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲 全曲演奏会(2014年〜2018年)5年間かけて、ショスタコ弦楽四重奏曲、全15曲を演奏するというシリーズもの。

私は第3回目から足を運んでいる。
今回は第4回で、第10番、第11番、第12番が演奏される。
前回(第3回)、ショスタコ弦楽四重奏最高傑作と言われる第8番を体験。古典四重奏団の演奏の凄味を堪能した。

このカルテットは、どの作曲家弦楽四重奏曲も、すべて暗譜で!演奏することで知られる。今日の舞台にも、↓譜面台はなかった。本日の座席から。右端1stvn→チェロヴィオラ→2ndvnの順。

ところで、私の座席から通路挟んで左に4席目に、なんとなんと!作家の島田雅彦氏と奥様(美人)が!

十代の終わりに、『優しいサヨクのための嬉遊曲』を読んで以来のファン島田雅彦氏が、外語大ロシア語学科卒というのも、当時、ソフィアの露語を落ちた私には眩しかった^^;

ロシア(語)好き」「ショスタコ好き」「クラシック好き」は、集まってくる場所も限られるということか(笑)
少女時代の憧れの作家」に、共通項「ショスタコ」の場で遭遇できるとはね☆

f:id:nino41:20170318141541j:image:w360
今日のお目当ての演目は12番。
説得力ある見事な演奏に、「ブラァボ!」がとんだ。演奏も見事だが、やはり曲そのものが見事なつくりなんだなぁ。

四挺の弦楽器のみで、ショスタコーヴィチの「内声(省)」が、「モノローグ(独白)」が露わにされていく。

交響曲は、当時のソ連という「社会体制」に向けてのものだが、弦楽四重奏曲では、ショスタコーヴィチその人自身の在り様や苦悩、思想(のようなもの)を感じとることができる。

終演後、受付で一冊購入。全6巻+1巻。
興味が湧いたら、全巻揃えるかも。

f:id:nino41:20170318162336j:image:w360

2017-03-17

『池☆大橋にいったい何があるというんですか?』

ある事情により、昨日は池☆大橋におりました。来月半ばから、少しの間ですが、この地に通うことになります。

今日は、あまり書きたいこともないので、ご報告まで。(いったい誰に)

そういえば、昨日、大学時代の友人から、久しぶりにメールが入りました。

「これから内視鏡検査を受けるんだけど、、、」と、送信されてきて、「近々会おうよ。」と、珍しく向こうから誘ってきたので、具体的に、私の都合つく日程を知らせ、「いつでも会えるよー」と、すぐ返信しておいたのですが、以後、連絡が入りません。

検診結果、大丈夫だったのでしょうか。心配してますが、「検査結果、どうだった?」と、こちらからは、さすがに聞けない、ので、返事を待っているところです。
忙しい友人が、滅多にないことに、向こうから会いたい、といってきたことが気になります。前回会ったのは、もう十年くらい前になります。

私たちの年代は、健康面において、今までツッパシッテキタ疲れやらが、ぼちぼち出始めるあたり。心して日々過ごしていかねば・・。