Hatena::ブログ(Diary)

メンデルスゾーンのはなうた

2018-02-23

今更の韓国映画とtvドラマ雑感10

ずっと気になっていた作品↓とうとう観てしまった。こんな末路が実際にあっていいのだろうか・・・と、映画中盤以降からラストにかけて、どえらい衝撃
金☆成暗殺のために集められた、韓国特殊部隊(684部隊)の末路を描いた(何ともやりきれない)実話。→軍事政権下での《実尾島事件》
制作を邪魔する動きもあったらしい。一千万人観客動員という反響を受けて、政府が事件の真相究明に乗り出したそう。
「映画が国を動かした」というと、コン・ユ主演のあの陰惨な映画《トガニ》を思い起こさずにはいられない
韓国映画には実話がもとになっているものが多くて、映画が庶民の怒りを代弁して国を動かさんとする役割もになっているかのよう。見ごたえある俳優陣(アン・ジュンギやホ・ジュノほか)

シルミド / SILMIDO [DVD]

シルミド / SILMIDO [DVD]



朝鮮戦争とセウォル号沈没事件などの隠喩を思いながら観る↓



二枚目も三枚目も演じられるイ・ジュンギ
パクシフが出てくる場面が、どれもこれも一枚の絵画のように美しい・・・(ため息)シフシフ、もっと時代劇やればいいのに。





パク・ソジュン(ため息出るほどの完璧9等身の素晴らしさ!)を観るために借りてきましたが、スーパー・ジュニアのチェ・シウォンファンジョンウムの漫才のような掛け合いにずっと爆笑!じぇんじぇんドロドロ要素のない(韓流とは思えん)ラブ・コメ。
チェ・シウォンの顔面が濃いうえに、面白いほど眉毛がピクピク動きま。表情を観ているだけでも笑えた。チエ・シウォン(←実生活でも御曹司です)の笑った時の口角の上がり具合(と薄い唇)が素敵すぎる・・・どうも私は素敵な口角の上がり具合をもつ男性に弱いらしいです^^;;

2018-02-22

寒い日のvnレッスンにもかかわらず、妙に汗だく

vnレッスン。
カールフレッシュで汗だくに。これは暖房によるものと「冷や汗」の入り混じったもの。カールフレッシュは、時に泣きたくなるね^^;今日は音階だけで、体力半分くらい使ってしまったような気がする。ぶはっ。

クライスラー無伴奏、1ページ目はほぼ暗譜完了。2、3ページ目は7割程度の暗譜。まだ先生の前では弾いておりませんが。かっこつけて激しく弾いても、力んで音が汚くなるだけなので(笑)現時点では「丁寧に」弾くことを心掛けて練習しています。

レッスンの詳細は逐一記しませんが、いちアマチュアとして、諦めるべきは諦めつつも、毎回毎回、刺激を受けています。ピアノ伴奏に依るところのない、ヴァイオリンの演奏を目標に。

みぞれが降りそうで寒かったので、さっさと帰宅して、ピアノ練習
ピアノヴァイオリンとは、いろんな意味で「別腹」な感じがしているので、ヴァイオリンでヘロヘロになって帰宅しても、ピアノ練習を始めると、意外にヴァイオリンでの疲れがほぐれたりもする。(今のところは)

ショパン ワルツ7番。3部形式(主題中間部ー主題の再現部)のうち、今日は主題部分の譜読み。一応、発表会までは、時間短くても、毎日、ピアノに触ることにした。(去年と同じ)

2018-02-20

7月発表会の曲(ピアノ)決まった

初CHOPINになりま↓
D

前回レッスンで、先生に勧められたのが
・メンデ無言歌から《プレスト アジタート》
ショパン ワルツ7番 
どちらの曲も左手が面倒そうで、練習する時、自分の左手にイラッときそう(笑)
迷ってショパンのほうにしました。
3拍子ワルツ、左手重音(飛ぶ)ブンチャッッチャは、これを機にtryしておこうかと。
ピアノ発表会まで4か月あるけど、間にあうかなぁ。
ヴァイオリンのほうは絶対に手ぇ抜けないし。(せんせぇ〜)
発表会どうか重なりませんように--;

今日のレッスンでベト・ソナ19番(2楽章)あがり。
ソナチネ・アルバムは13番(ハイドン)と17番(DUSSEK)の二曲が残っているけれど、さすがにもう飽きたわソナチネ・・・ここで離れよう。
バッハのインベンションは、2声3声→シンフォニアと、ねちっこく続けていこう(笑)

アンサンブルのシューベルト《ROZAMUNDE》は来月本番だし、ピアノバッハショパンヴァイオリンクライスラー無伴奏&プロコと音楽漬けで立て込んできた〜!イイネイイネ\(^o^)/

明日はこの前の日曜に5時間にわたって酷使した左上腕を、整骨院の先生に施術してもらわねば・・・

2018-02-18

弦を弾く幸せ

アンサンブル・レッスン。本番まで数回になってきたので、今日はレッスン終了後もそのまま居残り、1st2ndvn5名で自主的にあわせた。私はレッスン前にスタジオ練習もしているので、合計で5時間弾いていたことになる。オケやアンサンブルなら、これくらい多分普通か。自宅で一人だけの練習だと、休憩入れないときついかな、だれてw。さすがに最後30分くらいで、左上腕が張り(痛みは出なかったけれど)辛くなった。今日は帰宅前、珈琲を飲んで休む時間もなかった。残念。でも、休日にvn5時間も弾いていられることは、(しかも好きな曲を弦の人たちと共に)幸せなことです。

今日はチェロの方がレッスン見学にいらした。大学オケ経験者で、30年ぶりに去年からのチェロ復活。初見で1楽章途中まで音だししていかれたが、深い響きと余韻残る良い音を出されていた。何よりも音程が初見でも入っていた。楽器も良いものとお見受け。あの音の響き方、大学オケ以前からの経験者ではないか、とふと思ったりした。おそらく私より10位年上で、介護もなさっているとのこと。

そうだよね・・・、この年代になれば、みんな、なにかしら事情背負いながらの。だからこそ、弦を弾くときが、自分本来の姿に解放され、戻って。ここから先に残された、貴重で愛おしい時間。

2018-02-14