Hatena::ブログ(Diary)

ニッポニカ・ビオラ弾きのブログ

オーケストラ・ニッポニカ第32回演奏会:コラージュ・秋山邦晴
2017年12月17日(日)14:30紀尾井ホール 指揮:野平一郎、Pf:長尾洋史
E.サティ:パラード(1916)、伊藤昇:マドロスの悲哀への感覚(1930)、武満徹・芥川也寸志:太平洋ひとりぼっち(1963/96)、湯浅譲二:ピアノ・コンチェルティーノ(1994)、早坂文雄:管弦楽のための変容(1953)

2017年10月21日(土)

nipponica-vla32017-10-21

ベルク年報第9号「秋山邦晴特集」

書誌事項

ベルク年報. 第9号 / 日本アルバン・ベルク協会

 東京 : 日本アルバン・ベルク協会, 2002

 133p ; 26cm

目次(特集のみ、太字は秋山著作

  • 秋山邦晴の活動 / 石田一志 …5
  • 文献解題 / 石田一志 …11
  • 未来派 / 秋山邦晴 …15
  • ハンス・リヒター―あるいは動きのオーケストレーション / 秋山邦晴 …22
  • ベルギーシュルレアリスム・グループ運動の展開 / 秋山邦晴 …29
  • コロンブスの魚―バウハウスのなかの音楽 / 秋山邦晴 …41
  • シェーンベルク表現主義 音楽と美術の出遭い / 秋山邦晴 …55
  • アラン・カプロー―行為の芸術学か,行為の政治学 / 秋山邦晴 …64
  • 高橋アキ・インタヴュー / 聞き手:佐藤聡明、石田一志 …75
  • 伝統の冒険 銅鐸に秘められた謎 / 秋山邦晴 …79
  • 芭蕉俳句私鈔覚書 / 秋山邦晴 …86
  • 黒い絵画 / 秋山邦晴 …90
  • 秋山邦晴・略年譜 …92
  • 秋山邦晴・書誌 …95
  • 弔辞 …106
  • 秋山邦晴追悼演奏会記録 …111

解題

 詩人音楽評論家の秋山邦晴(1929-1996)を特集した、日本アルバン・ベルク協会の年報第9号。秋山の活動を概観した石田一志の記事に続き、掲載した秋山の論考6本の解題を石田が執筆している。論考に続く秋山夫人のピアニスト高橋アキのインタビューの後は、銅鐸と俳句についての秋山の記事と、「黒い絵画」と題する秋山の詩を掲載。この詩は武満徹が作曲し、1958年NHKで放送された。
 秋山の略年譜(1929-1996)に続く書誌は、秋山が1947年以降執筆した雑誌等への寄稿や、単行本の目次、作詞した楽譜等を年代順にまとめたもの。没後1998年に刊行された『シネ・ミュージック講座:映画音楽の100年を聴く』(フィルム・アート社)までを含む。弔辞は1996年8月19日付で海老塚耕一、山口勝弘奥野健男一柳慧から寄せられたもの。追悼演奏会は没後1年の1997年8月17日に神奈川県立音楽堂で開催され、秋山が生涯追い続けたサティに因み「本日休演・秋山邦晴」と題されている。記録には演奏会プログラムと関係者の言葉、そして秋山の詩「さようなら」を掲載。
 このベルク年報の記事のうちインタビュー、年譜、書誌は、秋山邦晴のウェブサイトに編集の上掲載されている。

参考