ライトブルーの

2018-01-14

nised2018-01-14

[] 23:58

新入団選手歓迎式典を観に、5年ぶり の鎌ケ谷に行ってきました。あの頃 東海大相模相手に投げていた 宮台が今回歓迎される側になったと思うと、とても感慨深いものがあります。

室内練習場に入って後方のスペースに陣取ると、間もなく新入団選手が入場。来賓の方々が同席して締まった雰囲気の歓迎式典、反社会的勢力DJチャス。が登場して一気に砕けた雰囲気になった交流会と、とても楽しい1時間半でした。今回作成した手形は新鎌ヶ谷駅に、カビーの似顔絵は鎌スタのラウンジにそれぞれ飾られるとのことで、近いうちにまた訪れることになるでしょう。とは言え鎌ケ谷で出迎えてくれる必要は無いわけで、一刻も早く北海道で活躍する姿が観たいですね!

2018-01-07

nised2018-01-07

[] ぼーしぱんさん、賢竜おめでとうございます! 00:08

賢竜杯本戦(or2日目)に出るのは QMA5 以来。その時は 団体戦の仲間に助けられて の出場でしたが、今回は曲がりなりにも自力で勝ち取ったもの。受付を済ませ、名札の紐を緑のリボンに換えたときは身が引き締まる思いでした。

1回戦(上位2名は2回戦、下位2名は敗者復活戦へ)

私 (野球

バーバラさん (漫ノベ)

なぎいおりんさん (文エフェ)

さくらうちリコさん (ライキュ)

前日のうちに抽選で決まった席番はA1-1。なんと開幕戦、さらには配信晒し台という大役を仰せつかることになりました。しかし相手は全員赤枠、しかもバーバラさんとは レジャラン杯、なぎいおりんさんとは 賢央杯 で当たっており、さくらうちリコさんに対してもとあるヤクルトファンの方から正体をリーク(されたことで、完全に丸裸な状態で戦いに挑むことに。とは言え野球を投げるしかないのですが、ボンズHR記録を落として1ミス。続く漫ノベは3ミス、文エフェは削られつつも全答で乗り切りましたが、ライキュで八面体の文字が追えずに再び引き離され、2位と16.71点差の4位。仮に野球を全答していても届いていなかったということで尾を引く負けではないものの、敗者復活戦に回ることになりました。

敗者復活戦(上位2名は2回戦へ)

ボクはロボットさん (芸連)

ちくわぶさん (理グル)

私 (野球

KATSUさん (サッカー

芸連で3ミス、理グルは温そうな感じも単独不正解含む2ミス。この時点で勝負は決してしまいました。せめて野球は全答して終わりたいところでしたがまたエフェを落として1ミス、そして最後のサッカーでとどめを刺され、3位と40点差の4位で終戦。本戦は甘くなかったとしか言いようのない結果でしたが、それでも2日間戦えたこと自体予想外のことで悔しさは全く無く、疲れも心地良いものでした。

その後も熱戦は続き、決勝に残ったのはおうさかひめのさん、ぼーしぱんさん、オタクさん、わさムーチョさん。誰が勝っても初戴冠となる戦いは1試合目をぼーしぱんさんが取るも、2試合目はスポ連で1問差を捲るどころか逆に15点差をつけてオタクさん。そして3試合目を殴り合いの末におうさかひめのさんが制し、勝負の行方は4試合目へ。3Qまで接戦が続くも、4Qわさムーチョさんの選択は何とノンラン!これで場が乱れておうさかひめのさんが抜け出し、最終問の○×も正解して逃げ切り…と思いきやまさかの誤答、結果ぼーしぱんさんが3点差で勝利!前回に続きまたも24問目の逆転劇で、ぼーしぱんさんが新賢竜に輝きました。

そして舞台は賢竜盃へ。佐川様が頑張ってくださったお蔭で無事 昨年の公約 を果たして臨むことができ、あっという間の楽しい3時間でした。皆様お疲れさまでした&ありがとうございました!

2018-01-06

nised2018-01-06

2年ぶりに合成数の年となりました。今年もよろしくお願いします。

[] 23:30

ついにゲーセンを飛び出し大田区産業プラザPiOで行われることになった賢竜杯Xiiの前日予選に参加してきました。まずは団体戦、配属された関東Aのチームメイトはアラジンさん、ビューティーたむらさん、みだれせつげっかさん、ひとみさん、KARLAさん、わらいさん。今回は1チーム7人ということでジャンル被りの懸念が増していましたが、真っ先にスポーツを使わせていただけることになりました。有難いことです。

地域対抗団体戦 予選(1位勝ち点10、2位勝ち点6、3位勝ち点4)

私 (野球

カーバ21さん (アニ多答)

マオさん (物理・化学

もえさん (文四択)

とにかく最下位を取らないことが重要な今回のポイント設定。まずは自選で波に乗りたいところでしたが、初っ端から小鶴の「月間」最多打点数のスロット。シーズン記録から概算して惜しいところまで迫ったものの3点違いで誤答、さらにエフェで1問落として計2ミスと前途多難な出だしとなります。気持ちを切り替えてアニ多・物化を2ミスずつで凌ぎ、荒れた文四択も3ミスで抑えて3位。最低限の役目は果たしたものの、チーム全体では勝ち点24に留まり、惜しくも決勝には残れず。勲章0個のまま早抜けローリングに挑むことになりました。

早抜けローリングバトル ラウンド1(1位勲章60個、2位勲章40個、3位勲章20個)

はつこいノオトさん (文エフェ)

私 (野球

DARWINさん (理○×)

メガミュウツーYさん (アニ並)

1Qの文エフェは盛大に削られつつも、単独正解含む全答と理想的なスタート。そして野球が猛威を振るい、単独正解の嵐…どころかあまりに猛威を振るいすぎて自分まで単独不正解してしまいました。それでも多少の余裕は生まれ、理○×・アニ並を1ミスずつに留めて2位と16点差で逃げ切り。今作の大会で初めての1位を取れました。

早抜けローリングバトル ラウンド2(1位勲章60個、2位勲章40個、3位勲章20個)

なんのありすさん (文キュ)

のーさん (芸四択)

私 (ノン○×)

ログさん (芸多答)

ラウンド1の途中で時間の都合上ラウンド3は行わない旨のアナウンスがされていたため、これが最後のチャンス。2位以内に入れば通過の望みがある状況でしたが、野球はもう出せないため、制御不能のノン○×にすべてを託すことに。文キュでは文字をよく見ずに濁点を付けてしまい単独不正解で頭を抱えるも、芸四択を奇跡的に2ミスで乗り切ると、ノン○×は期待値通りの3ミスも全員に刺さり、場を荒らすという目的は達成。そして運命の4Q、芸能一問多答という表示に絶望しかけたものの、幸運にも馴染みのある問題に寄り、極めつけはaikoの曲を選ぶ問題で流石に分かるさくらんぼ以外をとりあえず全押ししたところまさかの単独正解。まるで生粋の翡翠賢者のような指捌きでなんと1ミスで済み、結果は1位と20点差の2位。順位による勲章に加え、健闘ボーナスも手に入りました。

これですべての戦いが終わり、自分の勲章数は103個。ラウンド1の野球をちゃんと答えていれば大勝ボーナスも入っていただけに、ボーダーが105個とかだとネタ的に美味しいなあ、と思いつつあまり期待せずに発表を聞いていると、ギリギリ30位で滑り込み!自分のCNが聞こえた瞬間は嬉しいというよりも爆笑したというのが率直な反応でしたが、ともかく予選突破を果たし、戦いは明日へと続くことになりました。

2017-12-31

nised2017-12-31

[] 21:43

100回目の献血を済ませ、DP三段に合格し、年越し蕎麦をいただいてほっと一息。今年は15年ぶりの勝ち点・20年ぶりの5位、ベイスターズも19年ぶりの日本シリーズ進出と、野球関係で非常に充実した1年となりました。どちらもこの日記を始めてから初のことで、ほぼ自己満足のような日記でも書き続けていればそのうち良いことがあるんだなあ、と改めて実感した次第です。

さて来年は宮台・柴田が新たな野球の舞台へ。宮台には松家の果たせなかった一軍での勝ち星を、柴田には鈴木の果たせなかった二大大会登板を、それぞれ期待したいですね!

2017-12-25

[] 歴代勝利ホームラン一覧2017 23:24

昨年この表を作成したときに「近頃は毎節のように出てスペースを取ってしまう状況になったため」と大見得を切っておきながら春は2発のみで終わったときはどうなるかと思いましたが、秋は一転、3勝に8発のお祭り騒ぎ!もし従来の更新を続けていたならページが縦に長く伸びてとても見づらくなっていたはずで、手前味噌ですみませんが先見の明を示した格好になりました。

入学勝利投手ホームラン
1925年以前東(16) 内田(2)東(5) 清水(2) 矢田(1)
1926年野本(2)野本(1)
1927年遠藤(3)なし
1928年なしなし
1929年木越(2) 古舘(1)広岡(1)
1930年高橋(7) 笠間(1)なし
1931年なしなし
1932年梶原(5)梶原(1)
1933年篠原(3)なし
1934年なしなし
1935年久保田(6)津田(1)
1936年なし野村(2)
1937年由谷(5)なし
1938年なしなし
1939年佐藤(3)なし
1940年岡本(1)なし
1941年なし樋口(1)
1942〜46年山崎諭(12) 岩佐(6) 山崎喜(1)澤田(1) 木暮(1)
1947年なし加賀山(4) 伊藤(3) 佐藤(1)
1948年島村(7) 後藤(2)なし
1949年由良(2)岡部(1)
1950年蒲池(6)なし
1951年三笠(3)なし
1952年なしなし
1953年なしなし
1954年吉田(7)なし
1955年なし矢部(1)
1956年なし渡辺克(1)
1957年岡村(17) 樋爪(1)片桐(1)
1958年なしなし
1959年なしなし
1960年なし安部(1)
1961年新治(8)なし
1962年なしなし
1963年井手(4)なし
1964年柳町(2)なし
1965年橘谷(3)小笠原(1)
1966年石渡(1)早川(1) 渡辺(1) 小林(1)
1967年門松(4)橋本(2)
1968年岩城(1)なし
1969年入試中止入試中止
1970年早川(3)喜多村(1) 相川(1)
1971年御手洗(4) 山本(3)河野(2)
1972年なし平尾(4) 渋沢(2) 遠藤(1) 春日井(1)
1973年大浦(1)なし
1974年西山(8) 中澤(3)なし
1975年なし野村(1)
1976年なし大石(1) 福山(1)
1977年なし榊田(1)
1978年大山(10) 国友(2) 水原(1)下嶋(6) 中野(2) 大久保(1) 国友(1) 石井(1)
1979年なし中村(1) 小田口(1)
1980年大小田(3)なし
1981年大越(8)朝木(4) 八重樫(3) 大越(1) 立迫(1)
1982年市川(7) 中村(1)草刈(6) 桜井(2)
1983年なし浜田(5)
1984年大澤(1)石竹(2) 岩本(2) 笠間(1)
1985年なしなし
1986年なし石井(1) 斎藤(1)
1987年なし青野(2) 小林実(1)
1988年なし吉江(1)
1989年今西(1)礒根(2)
1990年松本(2)肥田(2) 古川(1)
1991年尾崎(3) 黒川(2)濤岡(4) 北村(3) 石田(2) 片山(1)
1992年高橋(7) 佐治(1)沢田(3) 間宮(2)
1993年なし小原(3) 大山(1)
1994年岡(1) 林(1)丸山(3) 村田(2) 濱田(1) 佐藤(1)
1995年氏家(3)なし
1996年遠藤(8)須貝(2) 伊藤(1) 仲戸川(1)
1997年井上(1)酒井(1) 武藤(1)
1998年児矢野(1)児玉(5) 山口(1)
1999年浅岡(2)なし
2000年なし河原(1)
2001年松家(3)木曽(3) 杉岡(2)
2002年木村(2) 松岡(1)北野(1)
2003年升岡(1)升岡(1) 富田(1)
2004年楠井(1) 重信(1)なし
2005年なし大坪(1)
2006年鈴木(2)高橋(1) 鈴木(1)
2007年なし鬼原(1)
2008年なし岩崎(1) 田中(1)
2009年なし舘(1)
2010年鈴木(1)なし
2011年なし有井(2)
2012年なし白砂(1)
2013年なし山本克(2) 喜入(1)
2014年(現4年)宮台(6) 柴田(1)田口(4) 楠田(4) 山田(3)
2015年(現3年)有坂(1)竹中(1) 宇佐美(1)
2016年(現2年)宮本(1)新堀(2) 辻居(1) 宮本(1)
2017年(現1年)現時点でなし現時点でなし

田口・楠田・山田による同一学年11発はあの東大旋風の中心となった1978年入学組と並ぶ最多タイ。3発トリオでも史上初のところ、山田が 社会人対抗戦 で放った決勝ソロを加えればなんと4発トリオ。同じく社会人対抗戦での完封を加えることで宮台・柴田の勝ち星は平成最多タイの8勝となり、まさに投打ともに歴史に残る学年となりました。

そして現2年生も早々と結果を出したことで、次は現1年生の番。秋にフェンス直撃の2ベースを放った岡の一発による達成が本命視される中で、投手陣の急成長にも期待したいですね!