Hatena::ブログ(Diary)

nishimotzの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-07-21

1998年とニコニコ動画 13:59  1998年とニコニコ動画を含むブックマーク  1998年とニコニコ動画のブックマークコメント

「あの仕事はむかし誰々がやった仕事の真似だ」みたいな話はよく出てきます。あまり好きではないのですが、あえて私もそういうスタンスであの「ニコニコ動画」について考察してみることにしました。

1998年のはじめごろ、電話の自動応答サービスで音声を録音して、ウェブサーバからそれを聴取できる、というサービスを知り、そのころ私が主宰していたメーリングリストのメンバーたちと「どんな遊びに使えるのか」と試していました。その途中でこんなことに気づきました。

ある人によって録音された音声を別の人が再生しながら、それに「うん」「そうだね」などとコメントをする。そのやりとりを録音して、さらに別の人に聞いてもらう。そうすると、なんとなく「時間と空間を超えて会話が成り立った」ような感じがしたのです。

その「感じ」を追い求めて、私は「非同期音声会議」の研究・開発を始めました。

この仕事については続きがあり、特許(特願2000-37349 特開2001−230773 会議システム)も出願したのですが、審査請求に至りませんでした。システムも継続運用するには至りませんでした。

その後、やっぱり「ウェブのフォームを埋めたりメールで連絡するよりも音声の方が手っ取り早いなあ」と思うことはますます多くなる今日この頃。

そして、私が1998年に発表した「時間と空間を超える疑似リアルタイム性」は「ニコニコ動画」の字幕機能として世に受けいられていることを思い、今こそ「非同期通信+音声入力」で面白いことができる&便利なものが作れるのではないかなあ、と思っています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nishimotz/20080721/1216616370