しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳

2017-05-29 自民党議員は安倍さんの私兵か(朝日新聞「声」)

 今日の朝日新聞東京版の「声」に、私の投稿が掲載されたので転載する。投稿した原文と多少異なっている点もあるが、ここでは掲載されたものをそのまま記載する。


     自民党議員安倍さんの私兵か

             無職 西中眞二郎東京都 79)

 憲法改正を巡り、「総理」と「総裁」の立場を恣意的に使い分ける安倍晋三首相のやり方は目に余る。だが、それにも増して腑に落ちないのは、自民党議員の対応だ。

 仮に自民党総裁としての発言と認めるにしても、伝統ある公党の自民党には、歴史の積み重ねがあるはずだ。それを無視し、党内の議論も経ずに思いつきとも思える軽さで総裁としての見解を示し、改憲議論の加速を党内に指示する安倍さんの姿勢を、どう考えるべきなのだろうか。

 内容の是非はともかく、少なくとも総裁の独断による提言に、反論や抵抗が党内で起きても不思議はないが、一部の議員が懸念を述べただけ。むしろ、総裁の指示に従い、改憲の動きを具体化する流れのように見受けられる。

 自民党は、いったいどうなってしまったのか。この改憲に限らず、党内の十分な議論もないまま、総裁の意向に追随し、あるいはそれを忖度して、安倍さんの私兵たる独裁政党と化しているのが現状のように思えてならない。

 心ある議員は、国民の信託を受けているという自覚を持って、それぞれの見識に基づいて、行動して欲しいものだ。

[] 13:14 を含むブックマーク

[] 13:14 を含むブックマーク

[] 13:14 を含むブックマーク