しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳

2018-02-01 酒折連歌

湯山昌樹湯山昌樹 2018/08/14 11:33 お暑うございます。お元気でいらっしゃいますか。
今年の暑さは格別ですので、ご機嫌うかがいをと思いつきました。
私の方は、幸い順調です。短歌の話ですが。リアル歌会のよさが分かってきたところです。
ただ、5月から体調がすぐれず、仕事を休みこそしていませんが、なかなか苦しい状況です。それだけに、この暑さはこたえます。
55歳になりますので、少し趣味の方にシフトしながら、人生を組み立てたいと思っております。
西中様も、お身体に気をつけて、またブログ更新してください。

湯山様 西中湯山様 西中 2018/08/14 15:37  ご丁寧なコメントありがとうございます。年齢相応に、まずは元気にこの夏を過ごしております。もっとも、何やかや物事が億劫になり、短歌の方も、ブログの方も、不精を決め込んでおります。
 湯山さんも、もうあまりお若くもないようで(と申しても、ほとんど私の息子の世代ですが・・・)、どうかご無理をなさらずに、くれぐれもご自愛下さい。

2018-01-01 平成30年年賀状

湯山昌樹湯山昌樹 2018/01/02 19:16 あけましておめでとうございます。
お元気の様子、安心しております。私も、何とかやっております。
私も、昨年の「題詠」にエントリーはしたものの休眠状態で、高校の同級生に誘われたこともあり、9月から沼津の「東海短歌会」に入れていただき、そちらで研鑽を積んでおります。両方、というのはとても無理ですので、題詠からは離れることにしました。
また、時々このブログは見させていただきますので、無理のないペースでお書きくだされば、楽しみが増えます。
近況報告がてら、勝手なことを書きました。どうぞお元気で、ご活躍ください。

湯山様 西中湯山様 西中 2018/01/02 22:50 あけましておめでとうございます。久々のコメント、ありがとうございます。私の近況は以上の通りです。湯山さんは、いよいよお忙しい、充実した生活をお過ごしのことと思います。どうかお元気で、一層のご活躍をなさいますようお祈り致します。

2017-05-15 ご無沙汰しました

2017-01-01 平成29年年賀状

櫻井 真理子櫻井 真理子 2017/02/03 08:49 題詠がフェイスブックで開催されることになった違和感は私も感じます。まず、FBは登録時に個人情報を要求されるので、登録自体をためらう人も少なくありません。また、投稿が時系列で並ぶため、歌題別に見るには検索しなくてはならないこと、ブログと連動させられなくなったことも、参加者の少ない一因かと思います。「いいね」は気づいたときにすぐ対応できる反面、煩わしいと感じることもありますし、誰がどの歌を評価したか一目瞭然なのもどうかと思います。

櫻井 真理子 様 西中櫻井 真理子 様 西中 2017/02/03 16:52  コメントありがとうございます。本文に書いた理由に加え、ご指摘のような理由もあり、今年は、目下のところ参加を見合わせています。2月になりましたが、どうかお元気でこの年をお過ごし下さい。

湯山昌樹湯山昌樹 2017/02/05 10:42 すっかりご無沙汰をしております。
昨年の題詠は、諸々の事情で途中リタイヤとなりました。その中に、FB化もあることは否めません。
ただ、唯一の歌の発表の場である題詠は、やはりやるべきものかな、と思い直し、先程1番歌を投稿したところです。
また、拙歌を見てやってくだされば、幸いです。

湯山昌樹様 西中湯山昌樹様 西中 2017/02/05 16:18  コメントありがとうございます。お元気でご活躍のご様子何よりです。
 このブログの本文にも書きましたように、引退の潮時かとも思っております。お馴染みの方々の御作品を拝見したいという気持もありますが、目下のところ後ろ向きの心境です。どうか、ますますお元気でこの年をお過ごし下さい。

2016-01-30 語彙・読解力検定

2015-06-22 憲法遵守は責任放棄ではない

2015-01-01 平成27年年賀状

湯山昌樹湯山昌樹 2015/01/01 19:10  あけましておめでとうございます。また本年も、ネット上ではありますが、おつき合いの程、よろしくお願いします。

湯山昌樹様 西中湯山昌樹様 西中 2015/01/01 22:04 明けましておめでとうございます。責任の重い、ご多忙なお年頃かと思いますが、どうかお元気で御活躍、ご発展のほどお祈り致します。l

映子映子 2015/01/03 15:46 あけましておめでとうございます(..)
ねりま演劇を見る会 練馬文化センター との記述に飛び上がってしまいました!(^^)!
ただ私も練馬区に住んでいるというだけなのですが ・・ お近づきに成れたようで(..)嬉しいです。今年もビシビシ短歌批評よろしくお願い申し上げます(..)映子

映子様 西中映子様 西中 2015/01/03 17:13 明けましておめでとうございます。今年も素敵な短歌を読ませて頂きますこと、楽しみにしております。どうかお元気で。

2014-01-01 平成26年年賀状

[] 11:23 平成26年年賀状 - しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳 を含むブックマーク

[年賀状]

2013-01-01 平成25年年賀状

[] 09:37 平成25年年賀状 - しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳 を含むブックマーク

[年賀状]

[NHKホールドオン]

蓮野 唯蓮野 唯 2013/01/01 12:24  新年、あけましておめでとうございます。
 昨年は題詠短歌の選歌お疲れ様でした。いつも楽しくブログ読ませていただいてます。
 100首に私の歌を入れていただき、ありがとうございます。
 何事もないのは確かに一番いいと、波乱万丈只中の私は痛感しております(苦笑)。
 今年も、楽しくいきましょう!

湯山昌樹湯山昌樹 2013/01/01 18:01  あけましておめでとうございます。
 今年も、確実に行われるであろう題詠blogにて、たびたびお目にかかることになろうかと存じます。よろしくお願いします。
 教員生活も25年を過ぎ、ますます忙しさを増しております。年齢と共に仕事量もどんどん増えるのが教員でして。その中でも、自分らしくありたい、その一つが短歌ではなかろうか、と思っております。
 昨年のような「急性肺炎」などということにならぬよう、健康管理に留意しながら、がんばってまいります。西中様も、健康第一で、ご活躍ください。

蓮野 唯 様 西中蓮野 唯 様 西中 2013/01/01 21:46 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。今年はどのような趣向の御作を拝見できるのか楽しみにしております。(もちろん、「趣向」を無理強いするわけではありませんから御心配なく。)

湯山昌樹様 西中湯山昌樹様 西中 2013/01/01 21:55 明けましておめでとうございます。一番脂の乗り切ったご年輩かと存じますし、それだけにご苦労の多いことかと思います。他方、次第に無理の利かない年齢になりつつあるのかも知れません。どうかお体にも御留意の上、お仕事の上でも短歌の上でも、ますますの御発展をお祈り致します。今年もよろしくお願い致します。

蓮野 唯蓮野 唯 2013/01/03 17:34 西中様  今年は優しい夫婦愛をテーマにできたらいいなと考えています。
オリジナルですが、ネットの友達と鳥(ハシビロコウ)と人間が夫婦として過ごすというファンタジーなお話を書いて遊んでおりまして、それを使おうかと。
私はもう今年の題詠に参加表明してきましたよw 一番乗りでしたwww

蓮野 唯 様 西中蓮野 唯 様 西中 2013/01/03 17:44 趣向を凝らした御作、楽しみにしております。
私も近々参加表明の積りですが、元来せっかちの方ですから、少しブレーキをかけようかとも思っております。

2011-12-31 平成24年年賀状

[] 00:31 平成24年年賀状 - しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳 を含むブックマーク

[年賀状]

湯山昌樹湯山昌樹 2012/01/01 09:25 あけましておめでとうございます。最近、短歌が生活の一部になってきたな、と感じることがあります。今年も「題詠blog」は開催されそうですので、またがんばりたいと思います。本年も、よろしくお願いいたします。

湯山昌樹様 西中湯山昌樹様 西中 2012/01/01 12:24 明けましておめでとうございます。今年も御作品にお目に掛かれますことを楽しみにしております。

2011-04-02 さまざまな岐路(大学クラス会雑誌より)

2011-03-13 地震の御報告など

2011-01-01 平成23年年賀状

[] 12:48 平成23年年賀状 - しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳 を含むブックマーク

[年賀状]

アンタレスアンタレス 2011/02/16 00:21 西中様 遅まきながら今年も宜敷くお願い致します、今こち等に参りましてもうお忙しい生活を始められて居られるのを知りました。本当に日々充実した、現役に勝るとも劣る事の無い後半の人生を送られておられますね。どれ一つをもお手を抜かれる事無く。囲碁4段はお強いですね。そのお相手をなさる奥様もすばらしいですね。西中様の故郷が山口との事何か頷けます。多くの人傑を生み出された所ですね。萩に旅行で参り色々学んで帰りましたがもう一度行きたい所です。素晴らしい故郷でいいですね。此れからも楽しい記事が楽しみです。不順な気候故お体をお大切になさって下さい。今頃失礼致しました。

アンタレス様 西中アンタレス様 西中 2011/02/16 11:16  コメントありがとうございます。私の故郷は、山口県とは言っても東端の周防大島というところであり、山口県の「本流」ではありません。そのせいもあってか、いわゆる「長州」や「人傑」には、いささか違和感を持っているのが正直なところです。
 至って勝手気ままなブログですが、これからもよろしくお願い致します。

2010-11-08 北原白秋顕彰短歌大会

2010-11-07 第三歌集を刊行しました

2010-07-17 3泊4日中国小紀行

2010-05-07 編集後記(大学クラス会誌より)

アンタレすアンタレす 2010/05/11 17:48 今回はおもわず私ごとき我流の拙い歌を取り上げて頂まして本当に強い生き甲斐を頂き有難う御座いました。実は西中様の経歴を拝見致しまして、若ししたら同じ東大から三井物産で活躍され退社後新しい短歌の分野の改革をなさって居られ、泉の中川菊司さんをご存知無いかしらと思い失礼ですがコメント欄に書かせて頂きました。穂村さんのお名前が出て居りましたので。私には兄の様な存在で何時も歌についてあれこれ怒られてばかり居りましたので、文法に悩む私に口語体にしなさいと。三月に題詠100を印刷して送り少し良くなったと褒めて下さったばかりでしたが4月9日に亡くなられて気落ちして居りまして、西中様の記事を讀ませて頂き同じ歌人でしたからと。若しご存知なかったら本当にご免なさい。お体をお大事に色々お活躍心から応援致して居ります。

アンタレス様 西中アンタレス様 西中 2010/05/11 23:26  コメントありがとうございます。アンタレスさんの御作は、かなり選ばせて頂いておりますし、これからも拝読できることを楽しみにしております。ところで、中川菊司さんという方は、残念ながら全く存じ上げておりません。
 ご闘病中のご様子、くれぐれもご自愛下さい。

アンタレス アンタレス  2010/05/12 19:26 お忙しい所御丁寧にお返事下さいましてあるがとう御座居ました。

アンタレス様 西中アンタレス様 西中 2010/05/13 00:26  ご丁寧なご挨拶恐れ入ります。先日のコメントの補足ですが、私の場合、歌歴は長いものの、どこにも所属せず無手勝流を通しておりますので、「歌人」については、素人の常識程度のことしか知らないというのが正直なところです。
 重ねてご健勝のほどお祈り致します。

2010-05-05 「歌人・評論家」の弁(大学クラス会誌より)  

今泉洋子今泉洋子 2010/05/07 07:26 「覚めてより、、、」の御作品は、穂村弘さんの「短歌の友人」にもなるほど短歌として掲載されています。2008年の「ひとさらい」の批評会で穂村さんとお会いした時に、西中さまのこのお歌の事をお話したのを懐かしく思い出しました。

今泉様 西中今泉様 西中 2010/05/07 12:25  ご親切なコメント、ありがとうございます。穂村さんの本は、以前購入致しました。たしか今泉さんにお教え頂いたのではなかったかと思います。

2010-01-31 一時閉店のお知らせ

2010-01-01 平成22年年賀状

[] 10:55 平成22年年賀状 - しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳 を含むブックマーク

[年賀状]

湯山昌樹湯山昌樹 2010/01/02 19:55 あけましておめでとうございます。今年も「題詠」の会場設定が進んでいるようですので、またがんばりたいと思います。本年も、よろしくお願いします。

湯山様 西中湯山様 西中 2010/01/02 22:35  明けましておめでとうございます。湯山さんにとって今年が良い一年になりますよう祈念致します。こちらこそよろしくお願い致します。

2009-10-24 NHK/BS短歌(御報告兼PR)

今泉洋子今泉洋子 2009/10/25 09:31  十八選、ご入選おめでとうございます。昨日は午後から出かけていて、今し方ビデオを見終えたところです。それにしても素晴らしいですね。たいへん刺激をいただきました。益々のご活躍をお祈りいたします。

近藤かすみ近藤かすみ 2009/10/25 10:29 私も見ました。ご入選おめでとうございます。番組の中で読まれた歌が、最後に残るのかと思っていたら、突然西中さんの歌が出たので、びっくりしました。やはりここで題詠ブログの鑑賞をして、たくさん歌を読まれている経験が生きたのだと思います。ますますのご活躍を。

今泉様 西中今泉様 西中 2009/10/25 10:41 コメントありがとうございます。後で全体のビデオを見て、今泉さんの御作も番組のはじめの方で紹介されているのを拝見しました。私のものより、ずっと味のある御作のように感じました。

近藤様 西中近藤様 西中 2009/10/25 10:46 コメントありがとうございます。私も、近藤さんと同じ理由でびっくりしました。御指摘の題詠ブログとの関係ですが、さまざまなタイプの、しかもさまざまなレベルの作品に目を通していますと、かえって歌心が散漫になり、集中できないマイナスがあるような気もしていますが、たしかに「経験」になっている点もあるのかも知れませんね。どうもありがとうございました。

高羽佐兎子高羽佐兎子 2009/10/27 11:25 こんにちは。何回か歌を取り上げていただいた羽うさぎです。
短歌日和で西中さんの歌が紹介された時、すぐに気づきました。
のびやかで明るい良い歌だなぁと思いました。
入選おめでとうございます。
実は私も思いがけず俵万智さんの選で「飲む」に選んでいただきました。
身に余る受賞で実力ある方に申し訳ない気もするのですが、これを励みにして歌を続けていこうと思っています。
初心者ながら西中さんの選に励まされて題詠を完走できた事を感謝しています。

高羽佐兎子様 西中高羽佐兎子様 西中 2009/10/27 15:52 コメントありがとうございます。ビデオを見直してみたのですが、お名前を発見できませんでした。あるいは別のお名前(例えば、高松佐知子さん)で出しておられたのでしょうか。いずれにせよ、「初心者」とは思えぬ実力と感性をお持ちと、かねがね敬服しておりました。今後ともよろしくお願い致します。

羽うさぎ羽うさぎ 2009/10/29 16:29 西中様。度々失礼いたします。お手数をおかけした上に分かりにくい事をしてしまって申し訳ありませんでした。お察しの通りです。ふだん使っているハンドルネームでコメントを寄せてしまいました。番組投稿名とは異なっていると申し添えるべきでした。もったいないお言葉をありがとうございます!本日、番組ホームページにて入選歌100首が追加発表されておりますね。

羽うさぎ 様 西中羽うさぎ 様 西中 2009/10/29 17:05  たびたびの御訪問ありがとうございます。お名前との関連から見ても、多分高松佐知子さんだろうと思いましたが、やはりそうでしたか。選者賞とは素晴らしいですね。おめでとうございます。入選100首も拝見しました。これからますますの御発展をお祈り致します。
 私の場合、歌歴が長いとは言え、古希過ぎた身ともなると、やはり若々しい感受性に乏しくなっていることを痛感しています。

2009-02-24 二つのふるさと(呉市と周防大島)

2009-01-01 平成21年年賀状

[] 14:15 平成21年年賀状 - しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳 を含むブックマーク

[年賀状]

蓮野 唯蓮野 唯 2009/01/02 14:53  あけましておめでとうございます。
 今年も題詠ブログに参加します。今年は一番乗りに参加表明してきました!
 また一緒に楽しく走れるといいなと思っています。
 今年もよろしくお願いします☆

蓮野唯様 西中蓮野唯様 西中 2009/01/02 15:07 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。去年は蓮野さんのお蔭で、「オノマトベ」という言葉を一つ覚えました。お子さんもいよいよ大きくなられ、うがいも上手におできになるようになるのだと思います。
 今年は受付が早いということは知っていましたが、もうはじまっているとは気付きませんでした。私も早速参加表明をしようと思っております。
(ところで、参加表明の欄を見ましたら、蓮野さんのブログ名は出ていますが、お名前が出ていません。お節介までにお知らせします。)

蓮野 唯蓮野 唯 2009/01/02 15:19  そうなんですよ! 記名忘れてしまって、トラバやり直しました。正月からトホホな奴です(苦笑)。
 年末から家族全員風邪で倒れてまして、元旦もどこにも行かず、今日もおこもり状態なんですよ。こんなの始めてです。まあ、いろんな年があるわけで仕方ないとは言え、氏神さんへ初詣が出来ない年が来るとは思ってませんでしたよー。出ないお陰で、財布の中身は守られてますんで、これは「体力も金もムダ使いするな」ということだと思うことにして、寝正月に徹しようと思っています。
 西中さんもお体にはお気をつけて〜〜〜。

蓮野唯様  西中蓮野唯様  西中 2009/01/02 17:19 私もただいま参加申込して参りました。蓮野さんのコメントがなければ、後しばらくの間は申込をしないままで日を送っていたと思います。どうもありがとうございました。私は昨日、近所の氏神様に初詣に行って参りました。皆様お風邪を早くお治しになって下さい。

2008-11-09 北原白秋顕彰短歌大会

一夜一夜 2008/11/10 14:46 おめでとうございます。
普段の生活がさり気なく垣間見えて素敵な歌ですね。
地賞と言う事は、銀メダルですね。凄いです!
私も来年は投稿の分野へ足を踏み入れてみようか…と思案中です。

一夜様 西中一夜様 西中 2008/11/10 19:44 どうもありがとうございます。お褒めにあずかって恐縮です。もしこの大会にご関心がおありなら、窓口の柳川市教育委員会教育部生涯学習課内北原白秋顕彰短歌大会事務局(電話0944−73−8111(内線223)、ファックス0944−74−2707)にお問合せになればと思います。寒くなりました。どうかお元気でお過し下さい。

蓮野 唯蓮野 唯 2008/11/13 17:02  おめでとうございます。
 私はとても温かい感じの夫婦の歌だなと思いました。
 私が見えた風景は、「奥さんが風邪で寝込んで、その看病をして、夕食を終え薬も飲んだ奥さんが寝るのを確認してから居間にもどって、一人でお茶を入れて飲んでいるご主人。ご主人は、奥さんを心配しながら、でも寝入った奥さんを見て安心もしてゆっくりとお茶を飲んでいる」っていうものです。
 場面が見える歌って大好きです。こんな優しい感情が見える歌は特に好きです。
 長々と失礼しました。

蓮野唯様 西中蓮野唯様 西中 2008/11/13 17:32 温かいお心のこもったメッセージありがとうございました。「実景」は、家内の風邪は鼻風邪程度であり、看病をするほどのものではありませんでした。家内が寝てしまって、少し寂しい気持があったことは事実だったと思いますが、どうもご想像されているほど「優しい亭主」でもないようです。重ねて、コメントに厚く御礼申し上げます。

FOXYFOXY 2008/11/25 09:29  西中様
久々に投稿させていただきます。御受賞の御作「風邪引きて妻寝し後の茶を飲めば深夜の如き九時十五分」は、久保田万太郎氏の句でも読んでいるような気分で味わい深く拝見させていただきました。
 特に二句目の末尾の「の」には感服。これを「の」ではなく、「に」や「は」にしてしまいますと、この句がただの説明句になってしまい、一首全体も死んでしまうような気がしまう。お茶にもさまざまあり、「風邪引きて妻寝し後の茶」を飲んだから、作中主体は未だ九時十五分なのに、「深夜の如き」気分におちいったのでありましょう。
 一読した直後は、五句目の「九時十五分」を、「九時十五分とはは巧みに字数合せをしたものだ。さすが西中さん」と思いましたが、間もなく、「この九時十五分は、単なる字数合せの九時十五分ではない。ここは、九時であっても、九時三十分もいけないのだ。この句も動かない」と思うようになりました。

FOXY 様 西中FOXY 様 西中 2008/11/25 11:37 御丁寧なコメントありがとうございます。その上過分なお褒めにあずかり恐縮です。大分前に作った歌ですので、そのときの状況を正確には覚えておりませんが、あまり深く考えずに自然に生まれた歌だったように記憶しております。時間が正確に9時15分だったかどうかの記憶も定かではないのですが(そのくらいの時間だったことは確かですが)、多分字数の関係での言葉の選択という要素もあったような気がします。どうもありがとうございました。

2008-05-10 叙勲式典御報告

はこべはこべ 2008/05/11 23:43 叙勲の日のご様子を教えていただきありがとうございます。生存者叙勲ではなかった我が家では 勲章も棚の奥に締まったままで あまり思い出すこともなかったのですが感慨深いものを感じております。本当にありがとうございました。

はこべ様 西中はこべ様 西中 2008/05/12 10:56 御丁寧なコメント恐れ入ります。駄文に御関心お持ち頂き幸甚です。お父上の御冥福をお祈り致します。

あおゆきあおゆき 2008/05/24 07:33 こんにちわ。西中さま。歌を選んでいただいてありがとうございます。また叙勲おめでとうございます。一般市民からみると、めったに聞ける内容でないものですから、興味深く拝見しました。むかし知り合いが叙勲のお祝いにと、金の菊の御紋入りの春慶塗りのお盆をくださいました。意匠がすぐれていて、ものもいいものですから、すでに20年近く使ってマス。塗りが剥げてきたので、塗り直しがきくならしたいなあ、、、なんて。そんな叙勲記念品?宮内庁特製品?も注文できたりするのでしょうか。

あおゆき様 西中あおゆき様 西中 2008/05/24 11:33 コメントありがとうございます。お盆のことは良く知りません。叙勲の際頂けるものは、勲章と勲記(大判の卒業証書のようなもので、卒業証書同様丸い筒に入っています)それに記念のお菓子と記念写真(これはまだ受領していません。)くらいのもので、お盆は多分、そのご当人が記念品として「記念品業者」に発注したものだろうと思います。私の場合、特に記念品をお配りする積りもありませんので、調べてもいないというのが正直なところです。
 短歌の方、全く勝手な選歌で御不満もあろうかと思いますが、これからも御作を拝見できるのを楽しみにしております。

2008-05-01 叙勲の弁

はこべはこべ 2008/05/04 21:55 叙勲おめでとうございます。私の父も数年前に瑞宝章をいただいておりますが 位記の最初のことばが「日本国天皇は・・・」となっておりますのが なんとも言い難い気がいたしました。父は64歳で他界しましたので 生存者叙勲ではなかったこと残念だったようにも思います。ですので 西中様のご感想をたのしみにしています。是非お聞かせくださいませ。

はこべ様 西中はこべ様 西中 2008/05/04 23:34 ありがとうございます。いろいろ余計なことを書きましたけれど、やはり素直に喜んでお受けすべきだとも思っております。特に、納税者の方々には、感謝しなければならないと思っております。どうもありがとうございました。

今泉洋子今泉洋子 2008/05/05 22:11  おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。話は前後いたしますが、なるほど短歌の件2006年の9月6日のブログ掲載の文と同じ内容でした。素晴らしいですね。出版社を書くのを忘れていましたが、河出書房新社です。益々のご健詠をお祈り
いたします。

今泉様 西中今泉様 西中 2008/05/05 23:46 ありがとうございます。正直に言っていささか屈折した気持も残りますが、素直に喜ぼうという気持になりつつあります。また、掲載誌お教え頂き、ありがとうございました。

2008-01-25 旅行地理検定(自慢話?)

今泉洋子今泉洋子 2008/01/29 09:42  寒中お見舞い申しあげます。旅行地理検定2級に合格されたそうでおめでとうございます。いつもながら西中様のチャレンジ精神に感服いたします。1級もきっと大丈夫ですよ。ご健闘をお祈りいたします。寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ。

今泉様 西中今泉様 西中 2008/01/29 10:07 コメントありがとうございます。「チャレンジ精神」と言えば聞こえが良いのですが、要するに「野次馬根性」であり、「ミーハー気質」です。次の試験は6月頃のようですから、1級を受験してみるかどうかはこれからの宿題です。どちらにしても、「受験勉強」をする意欲は全くありませんので困ったものです。

2008-01-01 平成二十年年賀状

nishinaka2008-01-01

[] 14:34 平成二十年年賀状 - しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳 を含むブックマーク

[年賀状]

以前の者以前の者 2008/01/02 12:17 新風舎文庫、休刊になるそうですね。西山先生の本の書店注文も困難になることでしょう。残念です。

「以前の者」様 西中「以前の者」様 西中 2008/01/02 14:56 休刊の件、ちっとも知りませんでした。先般の訴訟騒ぎと関連があるのでしょうか。私は比較的良い出版社だと思っておりましたので、少々残念です。御親切な御教示、ありがとうございました。

今泉洋子今泉洋子 2008/01/03 14:50  明けましておめでとうございます。昨年も「題詠100首Blog」ご一緒させて頂き大変お世話になりました。本年も宜しくお願い申し上げます。西中様の益々のご健詠をお祈り致します。今年も「題詠100首blog2008」開催されるといいですね。

今泉様 西中今泉様 西中 2008/01/03 17:45 明けましておめでとうございます。新年早々、御丁寧な御挨拶ありがとうございます。今年も是非御一緒させて頂きたいものです。よろしくお願い致します。どうかお元気で、引き続き良い歌をお詠みになりますよう、お祈り致します。

2007-12-05 元気でやっております

T.MT.M 2007/12/09 10:11 ブログするのも大変だね。書かないと心配されるとあっては絶えず書き続けなくてはならないし・・。筆不精の僕にはとても出来ない芸当です。

T.M 様 西中T.M 様 西中 2007/12/09 23:28 コメントありがとうございます。筆不精では人後に落ちない方なのですが、ブログやメールは手紙とは少し感覚が違うような気もします。むしろ電話に近い感覚なのでしょうか。とは言いつつ、ブログの方も不精しているのは同様です。(T.Mさんがどなたなのかの見当は付いているつもりですが、あえて詮索はしないことに致します。どうかお元気でお過し下さい。)