Hatena::ブログ(Diary)

西尾泰和のはてなダイアリー

2007-12-24

僕のサイボウズラボでの仕事について

よく質問されるけども、いつもうまく答えられない。

今回、ちょっといい説明方法が思いついたのでメモしておく。

僕のサイボウズラボでの仕事は、3年で1個の「イノベーティブななにか」を作ること。そして、そのために3年で10個の「リリースできるサービス/利用できる技術」を作ること。そしてそのために3年で100個の「プロトタイプ」を作ること。そしてそのために3年で1000個の「新しいアイデア」を思いつくこと。

逆に言えば、3年で1000個思いつき、100個作り、10個リリースして、1個のイノベーションを起こすこと。

イノベーションは狙って起こすことができないので、こうやるしかないのだと思う。本当は、1000個の「新しいアイデア」を出すために10000個の「既存のアイデア」を学ぶべきなのだけど、そこはまだまだ追いついていない。

-----

あ、なんかブックマークがいっぱいついてる…。誤解がないように補足しておくと、こういうノルマがあるわけではないです。4月に入社してから今まで「あなたの仕事は○○です」とは一度も言われてなくて、8ヶ月間自分の仕事が何なのか考えて上のような結論にたどり着いたということです。

MiCHiLUMiCHiLU 2007/12/24 22:53 わかりやすい!

TnzkTnzk 2007/12/25 18:20 明確でわかりやすいので、私も真似させて頂こうと思います。
ところでどうして3年なのでしょうか?

nobsunnobsun 2007/12/26 11:28 「素見千人、客百人、間夫十人、戀一つ」ですなぁ

reggaepunchreggaepunch 2009/08/06 02:14 こういうふうに考えているんですね。参考になります。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証