Hatena::ブログ(Diary)

西野神社 社務日誌

2010-11-02 手水及び拝礼作法の動画を撮影しました

先日、当社の手水舎拝殿向拝・拝殿内の各所で、手水の作法及び拝礼作法を紹介・説明するための動画の撮影を行いました。私が撮影したその3本の動画を、先程、動画投稿サイトの「YouTube」にアップロードしましたので、以下にそれらの動画を貼らせて頂きます。宜しければ御覧下さい。


≪手水の作法≫

D

http://www.youtube.com/watch?v=-omlG4JBuOw

【1】 右手で柄杓を持って、柄杓に水を溜めます。

【2】 その水を左手に注ぎ流して、左手を清めます。

【3】 柄杓を左手に持ち替え、今度は柄杓の水を右手に注ぎ流して右手を清めます。

【4】 柄杓を再び右手に持ち替えて、左手の掌に水を注いで掌に水を溜め、その水で口を濯ぎます(柄杓に直接口を付けてはいけません)。

【5】 口を濯ぎ終わった後、もう一度左手に水を注いで左手を清めます。

【6】 最後に柄杓を立て、残った水で柄の部分を流して清め、柄杓を元の位置に伏せて置きます。

当社の手水舎の場合、蛇口をひねると龍の口から清浄地下水が出てきます。水盤に溜まっている水よりも流水のほうがより清浄で綺麗なので、龍の口から出てくる流水を直接柄杓に溜めて御使用下さい。なお、御使用の後は必ず蛇口を閉めて下さい。

白い玉砂利の上に水が落ちるようにして、左手・右手・口・柄杓の柄などを清めて下さい。水盤の上で手や柄杓を洗ったり、口を濯いだ水を水盤に吐き出したりはしないで下さい。


≪拝殿前での拝礼作法≫

D

http://www.youtube.com/watch?v=YDlPj0B5Opk

【1】 姿勢を正してから、まず軽く一礼します。

【2】 賽銭箱の前へ進み、賽銭箱ににお賽銭を入れます。

【3】 鈴緒を左右に振り動かして鈴を鳴らします。

【4】 腰を90度に折り曲げて深々と頭を下げ、これを2回繰り返します(二拝)。

【5】 両手を胸の高さで合わせ、右手を少し引き下げてから2回拍手を打ちます(二拍手)。

【6】 再び両手の指先を揃えて合わせ、祈念を込めます。

【7】 手を下ろして、再び腰を90度に折り曲げて深々と頭を下げます(一拝)。

【8】 最後に軽く一礼してから下がります。

たまに帽子を被ったまま拝礼している方を見かけますが、拝礼の際は必ず脱帽して下さい。また、肩からカバン等を吊り下げている場合はそれも下ろしてから拝礼しましょう。

この映像では、鈴緒を振った直後、後ろに大きく一歩下がっていますが、これは、そのままの位置では腰を90度に折り曲げて頭を下げた際、鈴緒に頭が接触し、また、半歩もしくは小さく一歩下がると、頭上の注連縄(しめなわ)から垂れ下がっている紙垂(しで)に頭が接触するためです。何もぶつかるものがなければ、ここで一歩下がる必要はありません。


≪玉串拝礼の作法≫

D

http://www.youtube.com/watch?v=EvDiFeOgWVg

【1】 神職から受け取った玉串を胸の高さに持ちます(右手は玉串の根元のほうを上から握り、左手は玉串の中程より少し上を下から添えます)。

【2】 玉串を持ったまま軽く一礼します。

【3】 玉串を時計まわりに廻して立て、左手を下げ、祈念を込めます。

【4】 左手で玉串の根元を時計まわりに廻し、右手は玉串の真下に添えて、玉串を玉串案(台)の上に捧げます。

【5】 腰を90度に折り曲げて深々と頭を下げ、これを2回繰り返します(二拝)。

【6】 両手を胸の高さで合わせ、右手を少し引き下げてから2回拍手を打ちます(二拍手)。

【7】 再び両手の指先を揃えて合わせ、再び祈念を込めます。

【8】 手を下ろして、再び腰を90度に折り曲げて深々と頭を下げます(一拝)。

【9】 最後に軽く一礼してから下がります。

拝殿に昇殿して参拝する場合、あまりラフ過ぎる格好は好ましくありません。たまに、靴下を履かないで裸足のまま昇殿する人もいますが、それも好ましくはありません。この件に関しては、昨年5月27日付の記事で詳しく解説させて頂きましたので、そちらの記事を御参照下さい。


(田頭)

人気blogランキングへ

まさかずまさかず 2010/11/08 15:48 早速拝見しました。百聞は一見に如かずの様に、文章から諸作法を体得しようとしても、中々難しいものがあると思います。正しい作法にて参拝する姿に、大神様もお喜びになるでしょう。

田頭田頭 2010/11/10 16:05 >まさかず様

御覧戴きありがとうございます。
これらの動画は、神社のホームページにも貼らせて頂きました。
http://nishinojinja.or.jp/map/temizu.html
http://nishinojinja.or.jp/map/shaden.html