Hatena::ブログ(Diary)

西野神社 社務日誌

2012-06-16 札幌まつりの神幸行列と駐輦祭

札幌まつり

今日(6月16日)は、3日間に亘って開催される札幌まつり北海道神宮例祭)の最終日で、午前9時30分から午後後4時40分まで、北海道神宮の鳳輦(ほうれん)や山車(だし)を中心とする神幸行列が、豊平地区や市内中心部などの約13kmの行程を神幸しました。

北海道神宮では毎年、例祭の神事が行なわれる日の翌日(札幌まつりの最終日)に、同神宮本殿でお祀りしている大国魂神(おおくにたまのかみ)、大那牟遅神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)、明治天皇の四柱の御祭神を、一柱ずつ鳳輦と称される輿にお載せして、神様達に市内を神幸(渡御)して戴いているのです。普段は本殿の奥深くに御鎮座されている神様達が、年に一度の渡御の日だけは、本殿の御神座を出て、鳳輦に載って市内を廻られるのです。

西野神社神職のみこしブログ」の今日の記事に詳しく書かせて頂いたように、私は今日、狸小路5丁目に鎮座する本陣狸大名神社の御神輿を担いできたのですが、この神輿渡御は、「北海道神宮例祭奉納神輿渡御」として、毎年日時や場所を北海道神宮の渡御に合わせて行っているため、私は今回、北海道神宮の神幸行列に参列・奉仕した訳ではなかったのですが、午後2時半頃から四丁目プラザや三越前スクランブル交差点市電の「西4丁目」電停のすぐ前)で斎行された北海道神宮の駐輦祭(ちゅうれんさい)を見学する事ができました。

以下の写真は、今日私が見学・撮影した、駐輦祭の斎場に到着する直前の、北海道神宮神幸行列の様子です。


平成24年 北海道神宮 神幸行列(第8豊平祭典区役員)

▲ 今年の年番である第8豊平祭典区の役員さん達

平成24年 北海道神宮 神幸行列(万灯)

▲ 北海道神宮萬燈保存会の方々

平成24年 北海道神宮 神幸行列(各祭典区代表者)

▲ 各祭典区の代表者の皆さん方

平成24年 北海道神宮 神幸行列(お稚児さん)

▲ お母さんと一緒に人力車に乗っているお稚児さん達

平成24年 北海道神宮 神幸行列(維新勤皇隊)

▲ 北海道神宮維新勤王隊保存会の方々

平成24年 北海道神宮 神幸行列(維新勤皇隊)

▲ 北海道神宮維新勤王隊保存会の方々

平成24年 北海道神宮 神幸行列(維新勤皇隊隊長)

▲ 維新勤皇隊の隊長

平成24年 北海道神宮 神幸行列(明治天皇鳳輦)

▲ 明治天皇の御霊が奉安されている鳳輦

平成24年 北海道神宮 神幸行列(宮司と巫女)

▲ 宮司と巫女2人が乗っている宮司車


以下の写真は、今日の午後2時半過ぎ頃から斎行された駐輦祭の様子です。駐輦祭では、四基の鳳輦の御前にて、祓主による修祓、宮司による祝詞奏上、巫女による舞の奉納、斎主以下祭員や参列者による玉串拝礼などが、大勢の市民や観光客などが見学する中、厳かに執り行われました。

平成24年 北海道神宮 駐輦祭

平成24年 北海道神宮 駐輦祭

平成24年 北海道神宮 駐輦祭


(田頭)

人気blogランキングへ