Hatena::ブログ(Diary)

西野神社 社務日誌

2013-06-30 夏越の大祓

夏越の大祓式

今日は午後3時から、当社拝殿前で、毎年恒例の神事「夏越の大祓式」が執り行われました。
一年を前半と後半の二期に分けると6月晦日(末日)は前半期の最終日に当たり、そのため古来より、12月末の大晦日が新年を迎えるための大切な日であるのと同様、6月の晦日もまた、神様に一年の前半の無事を感謝し後半の無事を祈るための大切な物忌みの日、祓いの日とされてきました。

こういった事から、夏越の大祓は、「その年の、元日から6月末日までの半年間の罪穢れを祓うと共に、残りの半年間の無病息災を願う神事」として、全国各地の神社で厳粛に斎行されており、当社で行う大祓式は、氏子・崇敬者の皆様方各自がこの半年間の日常生活において知らず知らずのうちに起こしたり犯したりしてしまった過ち・罪・穢れを人形(ひとがた)という人間の形をした形代(かたしろ)に移して清々しく祓い清め、併せて、普段運転したり乗ったりしている車にもしかするとこれから降りかかってしまうかもしれない災難を車の形をした形代に移して交通安全を願う神事として、毎年執り行っております。

大祓式は、各地域や神社によって執り行う日時・場所などが異なり、神事の内容にもかなりの差異が見られますが、当社の場合、日時は毎年6月末日と12月末日の年2回、共に午後3時から斎行しており、場所については、6月の大祓式(夏越の大祓)は、雨天でない限りは屋外(拝殿前)で、12月の大祓式(師走の大祓)は拝殿内でそれぞれ斎行しています。なお、当社の場合、茅の輪(ちのわ)を舗設するのは6月末の大祓だけです。

今日の大祓式は、斎主(須浪宮司)以下祭員(松澤権禰宜、私、越川権禰宜)計4名の奉仕により、以下の次第で執り行われました。
【1】修祓、 【2】宮司一拝、 【3】大祓詞を宣る、 【4】切麻(きりぬさ)を執りて祓う、 【5】茅の輪をくぐる、 【6】宮司祝詞奏上、 【7】斎主以下祭員玉串拝礼(列拝)、 【8】参列者玉串拝礼(代表者のみ)、 【9】宮司一拝


平成25年 夏越の大祓

▲ 修祓。 夏越の大祓式を始めるに当たり、まず祓主兼大麻所役の松澤権禰宜が、祓戸で祓詞を奏上してから、大麻を執り修祓(お祓い)を行いました。ちなみに、私は今日の大祓式では、後取、斎主玉串後取、典儀(司会)の各所役を奉仕致しました。


平成25年 夏越の大祓

▲ 宮司が大祓詞を宣読。 宮司が、神様の鎮まっておられる本殿に向ってではなく参列者と対面しているのは、通常の祝詞が人から神様に対して感謝やお願い事を申し上げる「奏上」という形を採るのに対し、大祓詞は、神様が人の口を使って人に対して述べられる「宣読」(宣る、宣う)という形を採っているためです。大祓詞は、神様をまつったり神威発動を期待する祝詞ではなく、唱える事に重きを置き、それによって清浄さを招いて、ひいては良い結果をもたらそうとする、祝詞・祭詞等の中では実はかなり例外的で特異な祝詞なのです。なお、大祓詞は、参列者の皆様方にも一緒に唱えて戴きました。


切麻(きりぬさ)を執りて祓う

▲ 切麻を執りて祓う。 大祓詞宣読の後、参列者の皆様方には、それぞれその場(参道)にて、切麻で自己祓いをして戴きました。具体的には、まず包み紙を開けて、その中に入っている切麻を自分自身にかけて自己祓いをして、それから包み紙で自身の体を撫で、その後で包み紙に息を吹きかける、という所作です。


平成25年 夏越の大祓

▲ 茅の輪をくぐる。 宮司を先頭に一列に並んで、拝殿向拝に舗設されている茅の輪を全員でくぐりました。この写真で私(左から3人目)が奉持しているのは、人形(ひとがた)や車の形代を載せた三方で、越川権禰宜(左から4人目)が奉持しているのは、茅の輪をくぐる直前に参列者全員から回収した切麻の包み紙を載せた三方です。この2台の三方に載っている物は、いずれも大祓式の後に忌火にてお焚き上げ致します。


平成25年 夏越の大祓

▲ 茅の輪をくぐる。 茅の輪は、左回り・右回り・左回りの順に3回くぐり、1回目は「水無月の 夏越の祓ひ する人は 千歳の命 延ぶといふなり」と、2回目は「思ふ事 みなつきねとて 麻の葉を きりにきりても 祓ひつるかな」と、3回目は「蘇民将来 蘇民将来」と、それぞれ唱え言葉を誦してくぐります。


平成25年 夏越の大祓

▲ 祝詞奏上。 茅の輪をくぐり終えた後、宮司が、「今日参列された皆様方や、事前に人形(ひとがた)を納められた方々の、この半年間の諸々の罪穢れが祓い清められますように。そして、明日から始まる今年の残り半年間も、神様の御加護を戴いて事故や災い等に遭う事なく日々平穏に過ごす事ができますように」という趣旨の祝詞を奏上しました。前出の大祓詞とは違い、この祝詞の奏上対象は神様なので、当然、この時は神様の鎮まっておられる本殿に向かって奏上されました。


平成25年 夏越の大祓

▲ 参列者玉串拝礼。 斎主(宮司)が玉串を奉り拝礼した後は、参列者代表者の方(当社元副総代長の大熊さん)に玉串を奉り拝礼して戴き、参列者の皆様方には、代表者に合わせてその場にて御拝礼戴きました。


今日の大祓式の様子を写した写真は、「西野神社アルバム」の平成25年6月「夏越の大祓式」のページ(下記URL)にも多数掲載させて頂きましたので、是非こちらも御覧下さい。
http://f.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/250630%20%E5%A4%8F%E8%B6%8A%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%A5%93/?sort=old


なお、今日の大祓式に参列して下さった方や、事前に人形(ひとがた)を納められた方には、明日、当社から授与品のセットを発送させて頂きます。このセットには、茅の輪型のお守り、招福のキーホルダー、交通安全ステッカー、夏越湯(入浴剤)などが入っております。


(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-29 秋まつりに向けて総代会が開かれました

今日は、橋本総代長代行以下約30名の総代さん達が当社参集殿に集まり、午後1時から、総代会が開催されました。
今日の総代会は、本年の9月14〜15日にかけて2日間に亘って行われる、西野神社に於ける年間最大の行事「秋まつり」について話し合われるために開催され、秋まつり全体の流れについて、祭典や奉納行事について、神輿渡御の順路について、神輿渡御各地域分担割当について、祭典業務分担について、祭典関係収支予算案についてなどの、それぞれの報告・連絡や意見交換等が行われました。

平成25年6月 総代会

平成25年6月 総代会

また、当社は平成27年に創祀130年を迎えるのですが、秋まつり関係の議題の後は、その記念事業の内容等についての説明も行われました。事業内容の詳細については今後具体的に煮詰めていく事になるものの、大まかな概要や方向性については、総代会からも満場一致で承認を戴く事ができました。

平成25年6月 総代会

約1ヵ月後の7月下旬には、秋まつりに向けての、当社崇敬4団体(総代会、萬燈保存会神力會敬神婦人会)と当社氏子区域内各地域代表者との合同会議が開かれ、更にその約1ヵ月後の8月中旬からは、各単位町内区域で当社総代や協力員の皆さん方により、秋まつりのための勧募活動が始まります。

約3ヵ月後の秋まつりに向けて、様々な準備や活動が、本格的に始動しつつあります。今年の秋まつりも、かなり盛り上がりそうな感じです!

(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-28 夏越大祓の茅の輪を舗設しました

明後日は、半年間(1〜6月までの今年上半期)の罪・穢れを祓い清め、残り半年間(7〜12月までの今年下半期)の無病息災を祈願する恒例行事「夏越の大祓」の神事が執り行われます。
その神事で使われる、当社拝殿の向拝に舗設する茅の輪(ちのわ)を作るため、今日の午前中、私と越川権禰宜の2人で近くの山に茅(かや)を刈り取りに行き、その後、宮司を含めた3人で、刈り取ってきた茅で大きな茅の輪を作成し、それを拝殿に取り付けました。


平成25年 茅採り作業

▲ 山で茅を刈り取っている越川権禰宜。茅の輪に適した、特に形の良さそうな立派な茅を選んで鎌で刈り取ります。


平成25年 茅採り作業

▲ 刈り取った茅は車に積んで神社に運びました。当社で舗設する茅の輪には、少なくともこれだけの量の茅が必要になります。


平成25年 茅の輪作成作業

▲ 茅の輪を作成する前に、まずは茅を梳いて整え、それから茅を大凡の長さ毎に分けて置きます。


平成25年 茅の輪作成作業

神楽殿地下の車庫で、茅の輪を作成しました。直径約185cmのドーナツ型の輪の芯棒を、大量の茅で覆って縛ります。


平成25年 茅の輪舗設

▲ 完成した茅の輪を、拝殿向拝に取り付けました。この茅の輪は、夏越の大祓式(30日の午後3時から斎行)を行う今月末日までここに設置しておりますので、大祓式に参列できない方は、事前に茅の輪をくぐりにお越し下さい。なお、茅の輪の由来については、平成19年6月27日付の記事を御参照下さい。


拝殿向拝に取り付けた看板

▲ 茅の輪のくぐり方を説明した看板も取り付けました。この看板に記されているとなえ言葉(和歌)を唱えながら茅の輪をくぐって下さい。


(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-25 北海道神社庁関連動画の紹介

北海道神社庁及び北海道神社庁札幌支部作成の動画4本を、以下に紹介致します。この4本のうち、北海道神宮境内で撮影された札幌支部作成の動画2本には、当時はまだ知事に就任していなかった、現千葉県知事森田健作さんが特別に出演して下さいました。


▼ 北海道神社庁 TVCM 神宮大麻篇

D


▼ 北海道神社庁 TVCM 初詣篇

D


▼ 北海道神社庁札幌支部 TVCM 森田健作「お札を受ける篇」

D


▼ 北海道神社庁札幌支部 TVCM 森田健作「剣道場篇」

D


(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-22 今年初めての御神輿は小樽で担いできました!

昨日は、札幌の西隣に位置する小樽市の、ほぼ中心部(小樽市稲穂)に鎮座するR神社で御神輿の渡御が行われ、当社からは、西野神社神輿会神力會の会員さん達や、宮司・私・越川権禰宜など6名が、御神輿の担ぎ手として助勢に行かせて頂きました。
詳しくは下記URLの記事で紹介させて頂きましたので(写真も沢山アップしています)、詳細はこちらを御覧下さい。

http://blog.goo.ne.jp/nishino-mikoshi/e/b69db879feb4ad41a3fdba6a1ff55dbd


以下に、昨日のR神社の神輿渡御で私が撮影した写真の一部を貼付致します。
1枚目と2枚目の写真は、「昼の渡御」での宮出しの様子、3枚目の写真は、この度の神輿渡御の主管である龍祭会や、当社の神輿会・神力會など、各神輿会の会員さん達、4枚目の写真は、「夜の渡御」でR神社の御神輿を担ぐ西野神社の須浪宮司(右肩で担いでいる3人の担ぎ手のうちの左側)です。

平成25年 龍宮神社神輿渡御

平成25年 龍宮神社神輿渡御

平成25年 龍宮神社神輿渡御

平成25年 龍宮神社神輿渡御


以下の動画は、いずれも私が昨日撮影し、動画投稿サイトの「YouTube」にアップロードした、R神社神輿渡御の動画です。特に2本目と3本目の動画からは、勇壮で華々しい神輿渡御の雰囲気が伝わってくるかと思います。

D

D

D


(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-20 今週は鎮魂と鳥船を行っています

今月末に斎行される「夏越の大祓」の神事を迎えるに当たっての斎戒を兼ねて、また、今一度心身をスッキリさせたい、常に適度な緊張感を持続させたいという思いもあって、今週は(毎日ではありませんが)社務を終えてから、夕拝行事と組み合わせての鎮魂や、鳥船(とりふね)・雄健(おたけび)・雄詰(おころび)・気吹(いぶき)などの神道行法を行っています。
下の写真2枚は、当社の参集殿で鎮魂(石上鎮魂法)を行っている私です。この時の鎮魂は、トータルで50分かかりました。

平成25年6月 鎮魂行法

平成25年6月 鎮魂行法

ちなみに、鎮魂の意味や概要については、平成18年3月28日付の記事昨年4月9日付の記事その翌日付の記事などで詳しく解説させて頂きましたので、「そもそも鎮魂って何ですか?何をやるものなんですか?」という疑問をお持ちの方は、これらの各記事を御一読下さい。神道行法の鎮魂とは、一般の人が鎮魂と聞いてまず思い浮かぶであろう“亡くなった人の魂を鎮める”とか“レクイエム”とは全く別のものです。


下の写真は、当社の参集殿で鳥船を行っている私です。鳥船・雄健・雄詰・気吹は、定められた作法と言霊と呼吸法により心身と霊魂を浄化統一する所作であり、禊を行うに当っての準備運動も兼ねて行われ事が多いため、大抵は禊とセットで行われます。

平成25年6月 鳥船行事


ちなみに、以下の動画3本は、今まで私が行った神道行法の禊の中でも、特に印象に残っている禊です。
1本目の動画は函館市内で行われた海水に浸っての禊で、2本目の動画は豪雨の中当社境内で行われた禊で、3本目の動画は積雪期に当社境内で行われた禊です。

D

D

D

こういう事を言うと一般の人からは奇人扱いされる事が少なくはないのですが(笑)、個人的には、鎮魂や禊は結構好きです!


(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-17 少年団

全国には、集団的な諸活動(集団的訓練・社会参加・社会奉仕等)を通して少年・少女達を育成・訓練する、学校外教育活動のための様々な少年団があります。今回は、それら各地の少年団の中でも、特に私が個人的に興味や関心を抱いている少年団のサイトを、自分自身の備忘録も兼ねて、以下に紹介させて頂きます。
これらの少年団はいずれも、健全で公共的な性格を有する、私個人としては優良な団体と認識している少年団ではありますが、必ずしも神社界や当社が特に積極的にお勧めしている団体であるとは限らないので、その点は予め御了承下さい。


◆スカウト関係

◎ボーイスカウト日本連盟 (公益財団法人)
http://www.scout.or.jp/

◎ボーイスカウト北海道連盟
http://www.bs-douren.org/

◎ボーイスカウト北海道連盟札幌地区
http://bs-sapporo.boy.jp/

◎ガールスカウト日本連盟 (公益社団法人)
http://www.girlscout.or.jp/

◎ガールスカウト北海道連盟 (一般社団法人)
http://gs-hokkaido.com/

◎ガールスカウト北海道連盟札幌地区協議会
http://www.city.sapporo.jp/kodomo/ikusei/l01_4_girl.html

◎ボーイスカウト札幌第1団・ガールスカウト北海道第8団 (北海道神宮)
http://www.hokkaidojingu.or.jp/kids/


◆救急・消防関係

◎青少年赤十字 (日本赤十字社)
http://www.jrc.or.jp/youth/

◎青少年赤十字 (日本赤十字社北海道支部)
http://www.hokkaido.jrc.or.jp/m2_05sesyonen.html

◎少年消防クラブ (一般財団法人日本防火・防災協会、財団法人日本消防協会)
http://www.n-bouka.or.jp/club/
http://www.nissho.or.jp/2010/06/shounenshobo-mokuteki.html

◎少年消防クラブ (札幌市消防局)
http://www.city.sapporo.jp/shobo/yobo/oshirase/kids/bfc.html

◎消防少年団 (東京消防庁)
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/inf/201301/bfc/


◆鉄道関係

◎鉄道少年団 (公益財団法人交通道徳協会)
http://www.doutoku.or.jp/boyscout.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E9%81%93%E5%B0%91%E5%B9%B4%E5%9B%A3

◎札幌鉄道少年団 (公益財団法人交通道徳協会札幌支部)
http://www.city.sapporo.jp/kodomo/ikusei/l01_4_tetsudou.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E9%89%84%E9%81%93%E5%B0%91%E5%B9%B4%E5%9B%A3


◆海洋関係

◎海洋少年団 (公益社団法人日本海洋少年団連盟)
http://www.jsf-japan.or.jp/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E5%B0%91%E5%B9%B4%E5%9B%A3

◎札幌海洋少年団
http://www.plaza-sapporo.or.jp/citizen/meikan/150.html
http://www.g-linknet.co.jp/gli/education/index.php?content_id=16


◆航空・宇宙関係

◎航空少年団 (一般財団法人航空振興財団)
http://www6.ocn.ne.jp/~ksyounen/

◎千歳航空少年団
http://www.sfa-chitose.com/
https://www.facebook.com/pages/%E5%8D%83%E6%AD%B3%E8%88%AA%E7%A9%BA%E5%B0%91%E5%B9%B4%E5%9B%A3/207320752677896

◎日本宇宙少年団 (公益財団法人)
http://www.yac-j.or.jp/
http://www.yac-j.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%B0%91%E5%B9%B4%E5%9B%A3

◎日本宇宙少年団札幌分団
http://yac-sapporo.cocolog-nifty.com/blog/


◆その他

◎緑の少年団 (公益社団法人国土緑化推進機構)
http://www.green.or.jp/fukyu/kids/youth/

◎交通少年団 (警視庁、東京都交通安全協会)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kodomo/syounendan.htm
http://www.tou-an-kyo.or.jp/katsudou_shousai/2_list_detail.html


(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-14 今日から札幌まつりです

今日(14日)から明後日(16日)にかけての3日間、札幌の初夏を代表する風物詩として昔から市民に広く定着している、札幌市中央区に鎮座する北海道神宮お祭り札幌まつり」が開催されます。

北海道神宮拝殿(札幌まつり)

北海道神宮御祭神4柱を奉斎した鳳輦4基

北海道神宮例祭(舞楽奉納)

今月10日に終了したばかりの、今ではさっぽろ雪まつりと並ぶ札幌の大規模イベントとなった「YOSAKOIソーラン祭り」は、祭りと名乗ってはいても、実際には神社や神事とは何の関係も無い単なるイベントに過ぎませんが(それはさっぽろ雪まつりも同じですが)、それに対して札幌まつりは、15日の北海道神宮例祭を中心とした、言葉通り“本来のお祭り”で、14日に宵宮祭、15日に例祭、そして16日には、午前9時から午後4時50分にかけて約15kmの距離を、北海道神宮の御祭神4柱を奉斎した鳳輦4基を中心とした総勢約1,200人から成る神幸行列が市内を神幸します。

北海道神宮神幸行列

北海道神宮 鳳輦

第1本府祭典区 山車

平成24年 北海道神宮 神幸行列(宮司と巫女)

D

また、札幌まつり期間中の3日間は、中島公園には約500店の露店が出店され、中島公園も大変な賑わいを見せます(私が小学生だった当時はその倍近くの数の露店が出ていて、中島公園前の行啓通も一部が歩行者天国となり、道路上にも露店が出ていました)。そのため、札幌まつりと聞くと、神事や奉納行事、鳳輦・山車等の神幸よりも、まず中島公園の露店のほうを連想する、という札幌市民も少なくはありません。
近隣の子供達はみんな、中島公園に出店される露店(お化け屋敷やオートバイサーカスなどもあります)を毎年楽しみにしていますし、私も小学生だった頃は、当時中島公園がウチから徒歩圏内だった事もあり、中島公園の露店はとても楽しみにしていました。

平成25年札幌まつり 中島公園露店

平成25年札幌まつり 中島公園露店

平成25年札幌まつり 中島公園露店

平成25年札幌まつり 中島公園露店


札幌まつりの歴史については、以下の記事で解説させて頂きました。
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20060615


札幌まつりの山車(だし)と祭典区については、以下の記事で解説させて頂きました。
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20070905


札幌まつりの1日目の奉納行事については、以下の記事でその一部を紹介させて頂きました。
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20110614


札幌まつりの2日目に斎行される「北海道神宮例祭」に私が参列した時の事については、以下の記事に詳しく書かせて頂きました。
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20090615


札幌まつり3日目の渡御で神幸行列の中心となる鳳輦については、以下の記事で解説させて頂きました。(ちなみに、北海道神宮では単に「鳳輦」と称しているようですが、私が以前実習していたお宮では「御鳳輦」と称していたので、以下の記事ではその慣例に倣って御鳳輦と表記しています。但し、鳳輦に「御」を付けるのは二重敬語になるので適切ではないという指摘もあります。)
http://blog.goo.ne.jp/nishino-mikoshi/e/e4b856776500757fe52876412986af1d


札幌まつり3日目の渡御での駐輦祭については、以下の各記事に書かせて頂きました。
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20100616
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20110617
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20120616


平成17年の札幌まつりでは、北海道神宮の崇敬団体のひとつ「さざれ石会」の会員枠で私も神幸行列に参列し、16km(当時)の順路を歩いてきました。その時の様子については以下の記事に書かせて頂きました。(ちなみに、当時の私はさざれ石会の会員でしたが、諸事情によりその後更新手続き等をしていないので、今は同会の会員扱いとはなっていません。)
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20050616


(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-12 快晴!

先月の札幌は雨や曇りの日が多く(先月は地鎮祭でも雨に当る事が度々ありました)、気温も例年より低く、意外と寒い日が少なくはなかったですが、一転して今月は晴天に恵まれ、ここ数日間はずっと、ほぼ「快晴」といってもよい好天が続いています。ちなみに、気象用語としての「快晴」の定義は、空全体に対して雲の占める割合(雲量)が1割以下で、視程が1km以上の状態の天気の事です。

気温も、今月7日から昨日までの5日間、札幌では最高気温が25℃を上回る「夏日」を記録しており、札幌管区気象台によると、13日までは、7月中旬並みの暑い日が続くとの事です。今シーズンは、春になってもあまり暖かくならず、4月以降も一時的に雪が降る事もあり、桜の開花も大幅に遅れたため、感覚としては、春をスキップして冬から一気に夏が来たような感じです(笑)。
下の写真はいずれも、今日の午前中撮影した、当社境内から望んだ札幌の「快晴」です。本当に、雲ひとつありません!

6月の快晴!

6月の快晴!

6月の快晴!

6月の快晴!


(田頭)

人気blogランキングへ

和田 和田  2013/06/14 04:18 突然のコメント申し訳ありません
今高校の卒業研究で「神社の現代社会での役割を考える」というテーマで論文を書いています。そこで調べ物をしていたらこのブログを発見しました。
現在、このようにブログやSNSなどを用いている神社は増えているのでしょうか?
また、ブログを開設した理由は何でしょうか?良かったら教えてください。

田頭田頭 2013/06/18 10:16 >和田様

返信が遅れてしまい、申し訳ありません。
ブログやSNSなどを用いている神社は増えているのでしょうか、との事ですが、他所の神社の事情までは知らないので何とも言えませんが、やはり増えてきているとは思います。
ただ、神社のブログに関しては、開設はしたものの、その後更新されなくなり、今では事実上放置状態になってしまっているブログも少なくはないようです。北海道内に関していえば、まだホームページやブログ等を開設している神社自体少ないですが。

ブログを開設した理由は、一言で言えば宮司からの指示によりますが(当時の私は、まだブログの存在も、その言葉の意味も知りませんでした)、宮司が神社のブログを開設しようと思った理由は、恐らく、神道教化のためと思われます。
ブログ担当の私のいい加減な性格等もあって、このブログがその目的達成にどれ程貢献できたかは、ちょっと微妙な所ですが(笑)。

和田和田 2013/07/09 23:51 確かに放置されているようなブログを何件も見かけた記憶がありますね
とても参考になりました。本当にありがとうございます。

2013-06-10 夏越の大祓の御案内

当社では毎年6月(夏越)30日と12月(師走)31日の年2回、氏子・崇敬者の皆様方が日常生活において知らず知らずのうちに起こしたり犯したりしてしまった過ち・罪・穢れを人形(ひとがた)という人間の形をした形代(かたしろ)に移して祓い清め、併せて、普段運転したり乗ったりしている車にもしかすると今後降りかかってしまうかもしれない災難を車の形をした形代に移して交通安全を願う、「大祓」(おおはらい)という神事を斎行しています。

今年も、「夏越の大祓」は例年通り6月30日、午後3時から拝殿前(但し雨天時は拝殿内)で斎行致します。当日御都合の良い方は是非御参列下さい。下の写真2枚は、昨年の「夏越の大祓」の様子です。

平成24年 夏越大祓式(茅の輪をくぐる)

平成24年 夏越大祓式(斎主以下祭員玉串拝礼)

昨年度から先月頃まで当社にて家内安全等の御祈祷を受けられた方には、「夏越の大祓」の御案内や人形(ひとがた)・車の形代等を発送させて頂きますが、それ以外の方で、形代を当社に納めて過ち・罪・穢れ等を祓い清めたいという方は、恐れ入りますが今月30日(夏越の大祓当日)の午前中までに、当社の社務所まで人形や車の形代を受けに来て下さいますようお願い致します。
なお、未使用の人形と車の形代は、拝殿向拝の賽銭箱のすぐ隣に置いてある箱の中にも入っております。この箱の中に入っている人形、車の形代については、御自由にお持ち帰り下さい。

人形には、人形一体毎にお一人の「お名前」と「年齢」を記入し、名前が記された当人の身体をその人形で撫で清め、息を三度吹きかけ、そして車の形代には車のナンバーを記入して、それぞれ当社にお納め下さい。
「このように書かなくてはいけない」という厳密な決まりはありませんが、書き方の一例として、形代の実物の写真を以下に貼付させて頂きます。年齢は、満年齢ではなく数え年で御記入下さい。もし自分の数え年が分からない場合は、年齢ではなく生年月日をお書き戴いても構いません。
書き終えた形代は、郵送でも、直接当社に持って来られても、納め方はどちらでも構いませんが、必ず今月中にお納め下さいますようお願い致します。

大祓の人形(ひとがた)と車の形代

なお、当日(今月30日)「夏越の大祓」に参列された方や、当日参列はできなかったものの事前に当社に人形を納められた方には、7月1日以降に当社から茅輪(ちのわ)の輪守りをお送り致します。御不明な点は当社までお問い合わせ下さい。

拝殿前の茅輪(ちのわ)

上の写真は「夏越の大祓」を象徴する、当社拝殿の向拝に舗設される大きな茅輪(ちのわ)です。
当日は、大祓詞を奏上し、人形と切麻で身体を祓い清めた後、茅の輪をくぐる事により悪疫を免れるという古事に倣って、夏越の大祓が執り行われます。具体的には、「水無月の 夏越の祓ひ する人は 千歳の命 延ぶといふなり」という和歌を唱えて茅輪を正面からくぐって左へ廻り、再び正面に至り、次に「思ふ事 みなつきねとて 麻の葉を きりにきりても 祓ひつるかな」という和歌を唱えて輪をくぐって右へ廻り、再々度正面に至り、最後に「蘇民将来 蘇民将来」と唱えて輪をくぐり左へ廻ります。この茅輪は今月28日から30日までの3日間、拝殿の向拝に舗設されます。

(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-06 中央区の伏見で文月会の花見が開催されました

昨日は午後5時から、札幌市中央区伏見に鎮座するF神社の境内で、青年神職文月会の事業(六月例会)として「花見」が開催され、当社からは私と越川権禰宜の二人が参加させて頂きました。

この「花見」は、毎年6月に行われる文月会恒例の行事で、北海道神社庁札幌支部管内の各神社で奉仕する神職(文月会の会員・特別会員等)とその家族の皆さん方が一同に集まって、当年の会場となる神社の境内で肉・野菜魚介類などを焼いて食べたり飲んだりしながら親睦を深め合うという行事です。
例年ですと、桜の開花が全国的に遅い北海道でもさすがに6月は桜が散っている事が多いため、「花見」というのはどちらかというと建前で(笑)、実際に桜の花を見ながら食べたり飲んだりするという状況にはなかなかならないのですが、今年の北海道は例年になく開花が遅かったため、散りかけとはいえ実際に八重桜の花を愛でながら、言葉通りの「花見」を楽しむ事ができました。

今年の花見が開催されたF神社が鎮座する伏見地区は、私の母校・札幌市立伏見中学校の校区である事から、私にとっては昔から馴染みが深い、いろいろと思い入れのある地域であり、また、F神社は、平成20年4月3日付の記事平成22年11月10日付の記事で紹介したように境内地(本殿裏の雑木林)に当社所縁の遺構がある事などから、現在は兎も角過去には当社とも浅からぬ関係があり、そういった事情から、私としても今回の花見は個人的にも楽しみにしていました。

下の写真5枚は、いずれも私が昨日撮影した、今年の花見の様子です。今年は約60人の方々が集まり、午後5時から9時頃まで、約4時間に亘って皆で楽しい一時を過ごしました。
花見を企画・主催して下さった文月会の会長以下役員の皆様方、会場を提供して下さったF神社様、どうもありがとうございました!

平成25年 文月会花見(伏見稲荷神社)

平成25年 文月会花見(伏見稲荷神社)

平成25年 文月会花見(伏見稲荷神社)

平成25年 文月会花見(伏見稲荷神社)

平成25年 文月会花見(伏見稲荷神社)

ちなみに、文月会の花見は、私が同会に入会した平成16年は豊平区に鎮座するT神社で開催され、以降、翌17年は清田区に鎮座するA神社で、18年は南区に鎮座するI神社で、19年は西区に鎮座するK神社で、20年は東区に鎮座するS神社で、21年は東区に鎮座するS神社(前年のS神社とは別の神社です)で、22年は江別市に鎮座するN天満宮で、そして一昨年・23年は厚別区に鎮座するS神社で開催され、昨年は事情により初めて花見が中止されたため、今年は2年ぶりの開催となりました。
私は、平成16年から22年までの7年間は毎年欠かさず花見に参加していましたが、一昨年は初めて欠席したため、私にとっては3年ぶりの参加となりました。

(田頭)

人気blogランキングへ

同 2013/06/10 11:51 山口くんが張り切ってますね。牧さんは?

田頭田頭 2013/06/13 14:00 >同様

こんにちは。
山口さんという方は札幌支部管内に複数在籍しているのですが、この写真に写っている山口さんだと、T神社禰宜の山口さんの事でしょうか? T神社禰宜の山口さんは、札幌支部の副支部長として多忙な毎日を過されているようです。

牧さんとは、K神社宮司のMさんの事でしょうか?
Mさんは既に神青を卒業されたため、神青の行事等でお会いする機会はほとんど無くなってしまい、この時の花見にも来てはおりませんでしたが、多分元気に活躍されている事と思います。

2013-06-05 ヨーロッパトウヒ伐採

西野神社の土俵と第二駐車場との間に聳え立っている、ヨーロッパトウヒという針葉樹の巨木3本が、暴風大地震時に倒木の危険性があった事などから、境内や隣接地等の安全確保のため、本日伐採されました。
ヨーロッパトウヒは、アルプスなどの山岳地帯やスカンジナビア半島など、主にヨーロッパの北・中部に分布する北方針葉樹林で、日本では北海道東北に限って見る事ができ、道内では線路沿線に植樹され「鉄道防雪林」としても活用されています。

下の写真は、本日のヨーロッパトウヒ伐採作業の様子です。
今まで長い間、ずっと当社を見守って下さり、お疲れ様でした!

ヨーロッパトウヒ伐採

ヨーロッパトウヒ伐採

ヨーロッパトウヒ伐採

ヨーロッパトウヒ伐採

ヨーロッパトウヒ伐採

ヨーロッパトウヒ伐採

ヨーロッパトウヒ伐採

ヨーロッパトウヒ伐採

ヨーロッパトウヒ伐採


(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-03 私が書いた記事を要約したものが中外日報に掲載されました

以下のツイートでも報告させて頂きましたが、私は、京都に総本社を置く中外日報社より、同社が毎週3回(火・木・土曜日)発行している明治30年創刊の宗教専門紙「中外日報」のコメンテーターを委嘱されています。

https://twitter.com/h_tagashira/status/285484718475079681/photo/1
https://twitter.com/h_tagashira/status/285485632556523520/photo/1


その「中外日報」の今月1日号第9面の「けさのひと言」のコーナーに、私が先月3日にこのブログにアップした記事「宗教者としての聖と俗のバランス」の内容を要約した文章が掲載されました。
私がブログにアップした元々の記事は、原稿用紙に換算すると約8枚分の文章量があるのですが、それが、紙面の都合により原稿用紙1枚分以下の330文字に要約されているので、元の記事に比べると大幅に省略された内容となってはいますが、私が記事中で言いたかった要点は上手くまとめてくれた文章になっております。

「中外日報」平成25年6月1号 けさのひと言

けさのひと言 聖と俗のバランス

今まで50件ほど神職志望の方々の相談に応じてきましたが、社家でない人たちは概ね理想が高い傾向にあります。
理想と現実の違いに勝手に落胆。衝突・孤立し、辞めていく事例を何度も見ました。
宗教者に憧れる人たちは厳しい求道者のイメージを持っておられる方が多いようですが、神社の経営や実務、氏子さんとの親しい交流など「俗」の部分に抵抗を感じ、失望するようです。
私たち宗教者は「聖」を重視しますが、世俗との断絶はできませんし、する必要もありません。宗教者は「俗」である社会と深く関わりながら、その上で確固たる信仰心を基に人々の生活向上や福祉に貢献することが期待されているからです。
宗教者は聖と俗とのバランスを上手に保てるかが極めて重要なのです。


ちなみに、前回の「けさのひと言」には、真言宗豊山派悉地院・安田住職の「公共心の欠如」と題した文章が、前々回の「けさのひと言」には、浄土真宗本願寺派総合研究所・金澤研究員の「共に悩み語る僧侶に」と題した文章が、それぞれ掲載されておりました。


(田頭)

人気blogランキングへ

2013-06-01 今日は安産祈願の御祈祷が多かったです

よく言われているように、犬は、沢山の赤ちゃんを産む割にはお産がとても軽いため昔から安産の象徴とされており、そのため、犬にあやかってお産が軽く済むようにという願いから、特に「戌の日」を選んで神社に安産祈願の御祈祷を受けに来られる方が多いのですが、今日は「戌の日」に加え、朔日(月始めの日)で、しかも土曜日だった事から、いつもの「戌の日」以上に安産祈願の御祈祷を受けに来られる方が多かったです。

今日は、地鎮祭など神社の外で行われる神事も何件かあり、午後からは私も地鎮祭の奉仕に行って参りましたが、午前中は私が神社で留守番をしていたので、午前中はほぼずっと、私が安産祈願の御祈祷を奉仕しておりました。逆に、私は午後からの御祈祷は奉仕しておりませんが。
下の写真6枚は、いずれも今日撮ったものではありませんが、当社の神職達が、それぞれ拝殿・弊殿にて御祈祷等をしている様子です。当社では、概ねこのような感じで御祈祷を行っております。

20090113133154

平成23年元旦 宮司による御祈祷

幣殿にて御祈祷中

社殿での御祈祷

平成25年正月 御祈祷中

参集殿増築工事 安全祈願祭

私の場合、大前で御祈祷・その他の神事を斎主もしくは祭員として御奉仕していると、いつも(例えば社務所で机に向かって事務仕事をしている時など)以上に「自分は神様にお仕えする神職である」という当たり前の事を改めて強く自覚させられ、かつて漠然と「神主になりたいな」と思って一般の社会からこの世界に入った自分が今本職の神職として御奉仕させて頂いているという事に神様のお導きや幸せを感じ、それと同時に、神職としての原点に立ち返ったような気がして、襟を正されるような思いをひしひしと感じます。

(田頭)

人気blogランキングへ