Hatena::ブログ(Diary)

西野神社 社務日誌

2015-11-07 「ちえりあ」で2時間、神道についての講義をしてきました

札幌市民に対して様々な分野での高度で継続的且つ体系的な学習機会を提供する事を目的に、平成12年、公益財団法人札幌市生涯学習振興財団により「さっぽろ市民カレッジ」が開設され、市民カレッジでは年間300以上にも及ぶ数の各種様々な講座を開講しております。

各講座は、札幌市西区宮の沢にある複合公共施設「札幌市生涯学習総合センター ちえりあ」を主な会場として開講される事が多いのですが(直ぐ下の写真が、今朝私が撮影したその「ちえりあ」です)、この度、それら各種講座のひとつとして、「憧れの御朱印デビュー♪ 〜これであなたも神社ガール!?〜」というタイトルの、神道・神社関係についての講座が開講され、僭越ながら私が同講座の講師を務めさせて頂く事となりました。

札幌市生涯学習総合センター ちえりあ

この講座の概要は以下の通りで、日程としては今日(7日・土曜日)と、その次の土曜日(14日)の2回に分けての開講となります。時間は両日とも午前10時から正午までの2時間で、2回合わせて合計4時間の講座です。
2回目となる次回は西野神社が会場となりますが、まず1回目の本日の講座は、午前10時から「ちえりあ」の3階にある教室で開講されました。

講座「憧れの御朱印デビュー♪」企画書(その1)

講座「憧れの御朱印デビュー♪」企画書(その2)

講座「憧れの御朱印デビュー♪」企画書(その3)


当社には、総合学習等(昔で云う社会科見学)の一環として、担任の先生もしくは父兄に引率されて地元の小学生達が見学にやって来る事がよくあり、そういった際には私が応対する事も多いため、私としても子供達にお話しをする事には一応慣れているのですが、今回のように公的機関が公共施設で開催する講座(「さっぽろ市民カレッジ」の単位も認定される講座)の講師として、大人の方々を対象にお話しする機会というのは全くの未経験で、また、2時間という長丁場(次週も含めると計4時間)の講座で講師を務めさせて頂くというのも初めての経験で、そのため時間配分(2時間という長時間のどの辺りに具体的にどのお話しをするのか、という計画や配分)に自信がなく、もし、話したい事が前半の1時間で終わってしまい残りの1時間丸々余ってしまったらどうしよう、などと当初は不安に思っていました。
しかし、実際に本日講師として講義をさせて頂くと、それが良かったのか悪かったのかは分かりませんが、時間は余るどころか逆にむしろ足りなかったくらいで、あと15分あれば今日話したかった事は全て話せたのに、と感じた程でした。

平成27年11月7日 講座「憧れの御朱印デビュー♪」

平成27年11月7日 講座「憧れの御朱印デビュー♪」


神社での参拝作法や、神社の境内にある各施設について、御朱印についての解説など、2回に亘って開催されるこの度の講座でメインとなるであろう内容については、次回西野神社で具体的且つ詳細に解説させて頂く事とし、今回はその前段階(イントロダクション)として、主に神様についてのお話や、受講生の皆さん方(30〜70代にかけての女性)が関心を抱いているであろうと思われるスピリチュアルに関するお話しなどをさせて頂きました。
具体的には、今日は以下の内容を中心にお話しさせて頂きました。

【1】 自己紹介と、神社神道の神職について。
【2】 昨今のパワースポットやスピリチュアル等のブームについて。神社神道の神職という立場からみたパワースポットやスピリチュアルに対しての考え。神社の境内にあるパワースポットと称される場所と、その神社の本殿にお祀りされている神様について。
【3】 神様に対しての礼儀(敬意・態度・服装)や、御朱印を受ける際の心構えについて。
【4】 神仏に対してのお礼参りについて。
【5】 幽霊について。伝統宗教の宗教者としての立場から語る、幽霊を見た時の具体的な対処の仕方。震災の被災地で語られる幽霊談についてなど。
【6】 神様とは何か。そもそも神様とは如何なる存在なのか江戸時代中期の国学者本居宣長による日本の神様の定義。神道の神様と、ユダヤ教・キリスト教・イスラームなどの一神教の神様の違い。
【7】 神社とお寺の違いや、神様と仏様の違いについて。仏とは何なのか。
【8】 神仏習合について。(←神様と仏様の違いを語る上では避けて通れない話題です)
【9】 日本の神話が詳細に記されている「古事記」と「日本書紀」について。古事記と日本書紀はそれぞれどういった性格の書物で、両者は何が違うのか。
【10】 古事記に基づく神代の系譜(神様の系図)から読み解く、それぞれの神様の具体的な紹介。

今日の講座では、前半の1時間は主に上記の【1】〜【9】までの内容をお話しさせて頂き、そして約5分の休憩を挟んだ後の後半の1時間では主に【10】について、具体的には、天地開闢と別天津神、伊邪那岐命と伊邪那美命による国生み・神生み、伊邪那岐命による黄泉国探訪、三貴子誕生、天照大御神と須佐之男命による誓約、天岩戸開き、ヤマタノオロチ征伐、出雲の国譲りという順に解説をしながら、それぞれの神様のプロフィールを紹介させて頂きました。

2時間という長時間の講座での講師は初体験という事もあり、やはり緊張はしましたが、その割には意外(?)と楽しくもあり、とても良い経験になりました。来週の講座も頑張ります!


(田頭)

人気blogランキングへ