Hatena::ブログ(Diary)

西野神社 社務日誌

2018-06-01 平成の御代も残る所11ヶ月となりました

天皇陛下御即位三十年

今日から6月になりました。
平成30年の本年は、畏くも今上陛下が御即位遊ばされてから30年目という意義深い佳節でありますが、平成31年4月30日に今上陛下が御譲位される事が閣議により既に決定しているため、長く続いたこの平成の御代も、ついに来年の4月末日を以て幕を閉じる事となります。

平成の御代は来年(平成31年)まで続くため本年が平成最後の年になるわけではありませんが、今上陛下の御譲位に伴い来年の5月1日からは新帝陛下(現在の皇太子殿下)の御代が始まるため、昨日で“平成最後の5月”は終わった事になります。
言い換えるなら、先月(平成30年5月)1日から来年4月30日までの間は、毎日が「平成最後の◯月◯日」と言えます。

残り11ヶ月となりついに1年を切ったこの平成の御代の平安と、そして、今上陛下が御譲位される平成31年4月30日の翌日から新たに始まる新帝陛下の御代の繁栄を、改めて心より祈念申し上げます。

ちなみに、今月札幌では、メイン会場となる大通公園の他市内各所で行われる「YOSAKOIソーラン祭り」(6月6〜10日まで)や、北海道神宮の例祭とそれに伴う神事・諸行事から成る「札幌まつり」(6月14〜16日まで)など、札幌の初夏を代表する風物詩としても知られる大規模な行事が続けて行われます。
また、当社の行事としては、6月30日に「夏越の大祓」が執り行われます。


(田頭)

人気blogランキングへ

中村中村 2018/06/05 11:16 突然のコメント失礼します。趣味で写真を撮っているものです。
アジサイが大好きで手見舎の中に、切ったアジサイを入れている神社があり
とても涼しげで写真に撮りたいと思っているのですが
札幌にはなかなかそれをされているところがなく、こちらの神社でそういったことを
していただけないかなと思いコメントさせていただきました。
お手入れ等で管理や手間がかかるのかなと思うのですが、一度SNS等で
お写真みていただければ、ステキだと思っていただけるかなと。
ご検討よろしくお願いします!

田頭田頭 2018/06/08 12:23 >中村様

御提案ありがとうございます。
綺麗な水が満たされている、手水舎の水盤の水面に、紫陽花の花を一輪(もしくはもっと沢山)浮かせる、という事でしょうか。
もしそれが出来たら、初夏らしい風情が出て、なかなか素敵な光景になるのではないかなと、確かに私も思います。

ただ、神社は単なる公園や緑地ではなく、多くの氏子・崇敬者の皆様方から信仰や崇敬を受ける、純然たる宗教施設なので、神職である私としては、それは信仰的にどういった意味を持つのか、御神威の発揚にどういった意義や必要性があるのか、といった事を考えてしまいます。
それを実行している神社さんには、恐らく、宗教的に「それをしたほうが良い理由」や「それをしたほうが望ましい理由」があるのでしょうから、それに対しては勿論、私は批判は一切しませんが。

あと、まだ完全には実態は解明されておりませんが、紫陽花には、一部毒のある個体が確認されています(品種や個体によって、毒の有無・成分・含有量は違うとされています)。
当社での手水は、栓を開けると龍の口から出てくる流水を直接柄杓に注いで使って戴く事をお勧めしていますが、中には、水盤に溜まった止水を柄杓で汲んで使う方もおられます。
その場合、もしかしたら毒が含まれているかもしれない花が入っていた水を使って、口の中を濯いだり、手を洗ったりする事にも成りかねません。

以上の理由から、御提案は大変有り難いのですが、当社に於いてそれを実行するのは、私としてはやや困難かなと思います。御了承下さい。

中村中村 2018/06/08 13:20 ご丁寧な回答どうもありがとうございます。
毒があるとは知りませんでした。宗教的な理由…なるほど、色々な見方をしないといけないのですね、勉強になります。ありがとうございました。