2次Sym

 

2014-11-29

lenteと何かやろうかと

どうもnakari 改め 楠原冬人です。


lenteと色々と話を進めていまして、

「lenteメイン」で初音ミクのMMD紙芝居をまたやろうか、という話をしてます。

まだ詳細が決まってないのと、時期も未定ですけど。


多分、1話で止まってしまっている下記の続編を書いていくのかな、と思っています。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19851409


lenteは恐ろしく遅筆らしくて、このままだと何もできないから、

前に何回かやったみたいに原案を僕が書いて、それをlenteが直す、という形で進めるんじゃないかと。

僕の原案といっても、最終的にlenteの方で必要に応じて書き直すので、ご安心ください。


(というか原案自体も、アイデアはlenteからもらって、僕がそれに沿って数パターン書いて、

 それのどれかを採用、lenteが書き直し、をしています)


僕自身、lenteの初めての動画である下記からの視聴者、ファンで、

lenteには何かしら作っていて欲しいと思っているので、役に立てるように頑張ります。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1588988


lenteとは学生時代からのリア友ですが、僕の周りには、

口で「何か作る」と言いながら何にもしない人(僕も含めて)ばかりでした。

学生時代に、僕がある時lenteを誘って、同人ゲームを作ろうと企画したのですが、

僕がふがいないばっかりに、結局のところ自然消滅してしまいました。


そんな中、lenteは一人で黙々と上記の動画を作っていて、出来上がったものを僕に見せてくれました。

気恥ずかしがあったのだと思いますけど、照れくさそうに自信がなさそうにしていました。

自分の近くにそういう人がいなかったので、ただただ感動して、おまけに動画としても凄く良かった。


あの時の感動というか、尊敬が今でも忘れられません。

今では、僕一人で小説とか書いたりもしますけど、lenteにはやっぱり何か作っててほしいです。


僕が知る限り(といっても狭い世界ですが)、lenteより初音ミクのことを愛してる人を知りません。

世の中には、そういう人もいると思いますけど、でも、多くはないと思います。

特に、隠れた(?)名曲をよく知っていて、ほとんどの時間をボカロにかけているのではないかと思います。


生憎、曲は作れないみたいですけど。

新曲をたくさんチェックして、ただ有名なだけじゃない良い曲をよく知っています。

僕は結構極端な人間なので、Packagedをを聞いた時に、「ボカロとしての最高峰はもう決まった」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1136355?ref=mylist_s1_p1_n13

とか変なことを言って、積極的な良曲探しをやめてしまったんですが、lenteはまだ続けてます。


(「DTMという存在としての初音ミク」にとって、最高峰の歌詞が生まれた、という意味で言いました。

 もっと簡単に言えば、初音ミクの気持ちをPackagedが全て表現し終えた、という意味になります)


ボカロ界隈について、かつてとは異なる風潮があるとか何とかで、色々と不満があるらしいんですが、

それでもずっと初音ミクが生まれた初期の頃から、ずっと初音ミクが好きで、それを表現するのが好きで。


ミクの新しい一面を見つけたと言って、たまに喜んでいるlenteが、何か作りたいとは思っていても、

時間やモチベをどうにかしたいともがいているらしいです。

その支えになれれば、僕は友人として嬉しいなと思います。


僕もシナリオを書くのが好きなんですが、同じように飽きっぽかったりして、

ずっと(10年くらい)二次創作以外は何もできていませんでした。

ようやく自分の物語が書けたのは、lenteのおかげでした。


リアルな友人が頑張っていて、物事を表現しているのを見て、自分にもできるかもと思いました。

今続けているのもlenteの存在が大きいからだと思います。

かつて貰って、今なお息づいているlenteからもらった推進力を、今度は僕の方でお返しできればな、と。

思っています。


早ければ、次のMMD杯でお会い出来たらな、と思います。


//


個人的にやっている活動。


ブログ : http://ch.nicovideo.jp/nizihito

小説家になろう : http://ncode.syosetu.com/n1116cj/

2014-11-01 何か色々やろうかと このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

どうもnakariです。

社畜にも時間が出てきたので、シナリオでもつらつらと書いていこうかと。

勢い余って下記を始めてみました。お時間があれば是非よろしくお願いいたします。

楠原冬人

twitter : https://twitter.com/nizihito

ブログ : http://ch.nicovideo.jp/nizihito

小説家になろう : http://ncode.syosetu.com/n1116cj/

lenteと色々話しをしたりはしてますが、今のところ特に書けることはありません。

2011-12-25 『フタリの軌跡』(ミク視点)

『フタリの軌跡』(ミク視点)

nakari (http://gplus.to/nakari) です。


『冬の日、ミク、クリスマス』(http://www.nicovideo.jp/watch/sm13112015)のミク視点バージョンです。

動画の原文(分量が2倍程度)はこちら(http://d.hatena.ne.jp/nizisym/20111224/1324727588)。


こちらは、ゲーム化や「僕視点」が前提として書いてある為、状況の描写が非常に甘ったれています。

動画or僕視点を読み進めた上で、読んでいただけるようお願いいたします。


以下、続きを読むへ。

続きを読む

2011-12-24

『アイの軌跡』(僕視点)

nakari (http://gplus.to/nakari) です。


『冬の日、ミク、クリスマス』(http://www.nicovideo.jp/watch/sm13112015)の原文になります。

動画を15分以内に収めたかったの関係で、動画版は原文の半分程度の分量まで削りました。

大本の文章と動画を比べてみたりしても面白いかも知れません。


ただ、動画やゲーム(つまり、ミクそのものや背景や音楽)を前提に書いたものなので、

文章単体として読むに耐えうるモノなのか、自分では判断つきません。


何分、そこそこの分量がありますので休憩をはさみつつ気楽に読んでいただければ幸いです。


以下、続きを読むへ

続きを読む

初音ミク2次創作のゲーム化について

nakari (http://gplus.to/nakari) です。


1年前から考えていた『冬の日、ミク、クリスマス

(http://www.nicovideo.jp/watch/sm13112015)

動画のゲーム化の計画の件ですが、nakari, lente共に多忙で時間を割くことができませんでした。

今後の予定も不透明であり、明確な区切りもなく伸び伸びになってしまっても仕方がないだろう

と言う事でゲーム化の件は、活動停止、という扱いにさせていただきます。


ある程度、形になっている部分はありますが、1年という長い時間の中で成果物を

あげることが出来ませんでしたので、もう引き延ばすのもどうかと考えました。

そもそも、MMDという媒体を使っているので、ゲーム中で動きを入れていきたいと考えていた

のですが、開発ツールの吉里吉里2では意図通りに動作しないこと分かっており、当初の企画とは

異なり立ち絵が静止画のみになってしまい、想定していたゲームと

まったく別のモノになってしまっており、中途半端なものを出すよりは・・・という判断を下しました。


なお、ゲーム化の基になった『アイの軌跡』(動画化する前の文章。2倍程度の分量がある)と

ゲーム化に際して、書き下ろした『アイの軌跡』のミク視点である

『フタリの軌跡』を単なるテキストベースではありますが、ブログに投稿します。

この投稿にて、『冬の日、ミク、クリスマス』のゲーム化企画は活動停止とさせていただきます。


大変申し訳なく心苦しい限りですが、なにとぞご容赦ください。

2011-10-24

『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』

nakari (http://gplus.to/nakari) です。


素晴らしい本を見つけたので、紹介がてらブログに記そうと思います。

余り当ブログのコンテンツと異なるもので、申し訳ありません。

ただ、僕は単にゲーム等のコンテンツを作るだけでなく、

それを如何に作るかという事を勉強するのが好きなのです。その一環みたいなものです。

今後も自分が行っていく活動を通じて、見たもの聞いたもの、得たもの等を

ご紹介し、創作する人々が沢山増えたらいいなと考えています。


ゲーム作成が停滞しているくせに、ふざけたことを言ってすみません。

現在、クリスマスに配布を予定しています。

また、同時投稿で動画作成, ボカロ曲作成(こっちは未経験なので保証できませんが)も予定しています。


閑話休題

本の紹介は続きを読むから、どうぞ。


以下、続きを読むへ。

続きを読む

 
Connection: close