Hatena::ブログ(Diary)

東京西村塾BLOG このページをアンテナに追加 RSSフィード




2010/07/23 (金)

[] 西村塾ホームページ復活  西村塾ホームページ復活を含むブックマーク  西村塾ホームページ復活のブックマークコメント

いつも「東京西村塾BLOG」をご覧頂いている皆様にお知らせがございます

  

ここ数年の間、弊塾の活動について、このはてなダイアリーで告知等を行って参りましたが、新たにホームページ作成致しました。

 

西村塾 --- 西村真悟塾長とともに集い、語り、行動する

http://nishimurajuku.cixx6.com/wp/

 

また、それに合わせて新しいブログを立ち上げております

 

西村塾ブログ

http://ameblo.jp/nishimura-juku/

 

今後、弊塾における活動記録やイベント情報などは、こちらで行いますので、お手数ですがブックマークなどの変更をお願い申し上げます

 

こちらの旧ブログは資料として、しばらく保存して参りたいと存じます

 

 

幹事 安部

2010/04/27 (火) 西村塾総会と西村塾長講話 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:njt:20100505234506j:image

f:id:njt:20100505234505j:image

今日憲政記念館で「西村塾総会と西村塾長講和」が行われました。

会場には60名以上の方がいらして下さいました。

西村先生の講演では「日本人精神宗教政治アイデンティティ天皇陛下を戴くことと神道を基に生活することである」

という話が印象に残りました。

f:id:njt:20100505234503j:image

今期から西村塾の代表となった渡辺幹事長より冒頭の挨拶を申し上げました。

f:id:njt:20100506000535j:image

取手市議会議員小嶋吉浩先生より活動報告をしていただきました。

小嶋吉浩先生ホームページ

http://www.y-kojima.jp/

f:id:njt:20100506000534j:image

自民党都議会議員野田かずさ先生より同じく活動報告をしていただきました。

野田かずさ先生ホームページ

http://www.kazusa-noda.com/

f:id:njt:20100506000532j:image

民主党都議会議員のかみの吉弘先生より同じく活動報告をしていただきました。

【かみの吉弘先生ホームページ

http://www.ykamino.org/

ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました

渡辺

2010/04/25 (日) 西村塾総会、塾長講和のご案内 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:njt:20091217190948j:image

西村眞悟講演会のお知らせ

いつも西村眞悟にご支援賜り、誠にありがとうございます。  

西村眞悟講演会を開催致します。

事前予約不要です。どなたでもご参加いただけます

何卒ご参集いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

西村塾 平成22年総会、西村眞悟塾長による講話

●日時:平成22年4月27日(火)

時間:18:30〜20:00(18:00開場)

●場所:憲政記念館 第1会議室 千代田区永田町1-1-1

    TEL:03-3581-1651

   東京メトロ永田町駅下車2番出口より徒歩3分

    憲政記念館URL

    http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/kensei/kensei.htm#chapter5 

●参加費:1000円(塾生・塾了生・同志の会会員)、

     1500円(一般、*但しその場で入塾の場合は1000円)

●お申し込み:下記連絡先に、いずれかの方法でご連絡下さい。

      西村眞悟事務所 TEL:072−277−4140

              FAX:072−277−4309

              Eメール:tokyooffice@n-shingo.com

           渡辺

2010/02/19 (金) 特別講演会のご案内 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

特別講演会のご案内

f:id:njt:20100219175248j:image

東京西村塾ではアサヒビール(株)名誉顧問の中條高先生をお招きして講演会を行います。「あの戦争とは何だったのか?」と題し先の大戦についてお話して頂きます。多くの方々にお越しいただけたらと思っております。

事前申し込みは不要です。どなたでもご参加いただけます。

 

 

以下、中條先生の著作を紹介致します。

おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 (小学館文庫)

おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 (小学館文庫)

小が大に勝つ兵法の実践

小が大に勝つ兵法の実践

子々孫々に語りつぎたい日本の歴史

子々孫々に語りつぎたい日本の歴史

誇れる国 (WAC BUNKO)

誇れる国 (WAC BUNKO)

だから日本人よ、靖国へ行こう

だから日本人よ、靖国へ行こう

 

2010/02/01 (月) 祖父たちの戦争を聞く孫の会 第一弾 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

皆様ご無沙汰してます。

まずは記事のアップが遅れましたこと誠に申し訳ありませんでした。

早速ですが1月17日に開かれました『祖父たちの戦争を聞く孫の会』の模様を写真

交えながらお話します。

今回お話をして頂いた方は、ソロモン諸島の戦いに参戦された安田藤一郎さんでした。

f:id:njt:20100117184305j:image

ソロモン諸島の戦いがいかに壮絶な戦いだったか。

wikipediaでは決して知ることのできない、安田さんの『体験』をここで紹介します。

安田さんはソロモン諸島派遣されるまでは中支の第六師団に所属していました。

この第六師団は当時『赤鬼の第六師団』という異名がつくほどの精強な部隊だったと聞きます。

その頃は中支も安全で鉄帽をかぶることもなかったそうです。

しかし、その後昭和17年に第六師団ソロモン諸島方面の部隊に編入され安田さんも同じくソロモン

派遣されました。

ソロモンではこれまでほとんど被る機会のなかった鉄帽を被ったことで九死に一生を得たそうです。

それは塹壕の上を銃弾が低空で飛び交うなか、ふと気づくと首筋に生ぬるい感触があったそうです。

その感触に触った手を見ると鮮血だったそうです。

急激な痛みがあったというわけではなかったそうですが、銃弾が鉄帽を貫通し首にめり込んでいたのです。

他にも同様の銃創を受けた戦友がいたそうですが、ほとんどが銃創を受けてから一時間以内に亡くなっていたそうで安田さんもこの時は死を覚悟したとのことでした。

総じてソロモンではほとんど良い思い出はなかったとのことでしたが、一方で中支にいた頃は色々と羽目を外すような笑い話になるような経験もあったとのことです。上官から酒を注がれ飲んでは注がれ、最後は一升瓶ごと飲み干したら上官もびっくりした話など、まるで今でも大学飲み会などで見られるような光景が戦場の中にもあったことに驚きました。

まだまだ自分には戦争の体験を聞く機会が足りない。もっと聞かせてほしい。そんな思いを今回の安田さんの話を聞いて強く感じました。

祖父たちから戦争を聞く機会は『今』しかないことを肝に銘じてこれからもっともっとこの会の回数を増やしていけたらと思います。


PS

当日は寒風の中、日曜日の夜にも関わらず足を運んで頂いた方、本当に有難うございました。

会場では机などが不足してたりと不手際な面もありましたこと深くお詫びします。

文責 塾生 小芝 新




f:id:njt:20100117203023j:imagef:id:njt:20100117184353j:image

2010/01/07 (木) このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 f:id:njt:20100107165603j:image

この度、西村塾では『祖父たちの戦争体験をお聞きする孫の会』を開催することとなりました。

 この会は、先の大戦を戦い抜かれた元日本将兵の方々のお話をお聞きして、日本軍の方々が何を守るために戦われたのか、実際はどのような壮絶な戦火をくぐられたのかを学びたいという目的で開催いたします。

 ●日時:平成22年1月17日(日曜日)

 ●時間:18:00 会場

     18:30 開演

           ご挨拶

           ソロモン諸島の戦いの概要

           安田さんのご講演

           質疑応答(20:00終了予定です)

●場所:星陵会館(東京メトロ有楽町線半蔵門線南北線 

        永田町駅5番出口 徒歩3分)

        http://www.seiryokai.org/kaikan.html

●会費:1500円です。(塾生、同士の会の方、学生さんは1000円です)

 

 まだ始めたばかりの手作りの小さな会ではありますが、小さな会だからこそ皆で輪になって質疑応答を交えながらゆっくりお話が伺える、そんな会にしたいと思っています。

 参加される方は初参加の方が多くいらっしゃいます。どうぞお気軽にご参加頂けたらと思っております。

 講師は、ソロモン諸島作戦に参加されました安田藤一郎さんです。安田さんとは筆者も平成14年に一緒にソロモン諸島の遺骨収集に参加してから交流させて頂いています。とてもお優しく柔和な方です。

 【安田藤一郎さん 軍歴】

昭和14年8月  鹿児島歩兵第四十五連隊入隊

昭和18年1月  ブーゲンビル上陸

          ソロモン諸島作戦に参加

昭和20年8月  終戦を迎える

 皆様のご参加をお待ちしております。

 どうぞ宜しくお願い致します。

2009/12/19 (土) 日本再生同志の会 全国総会 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

12月19(土)西村眞悟後援会、「日本再生同志の会 全国総会」に会場スタッフとして参加致しました。

場所は靖国神社靖国会館2階偕行の間。

第一部:国政に関する報告と決意

f:id:njt:20091220172605j:image


第二部:懇親会

f:id:njt:20091220182520j:image


f:id:njt:20091220172907j:image


特定失踪者問題調査会 荒木和博代表

f:id:njt:20091220172906j:image


三宅博先生 http://www.m-hiroshi.com/

f:id:njt:20091220172905j:image


かみの吉弘都議品川区

f:id:njt:20091220173622j:image


いぬぶしひでかず大田区

f:id:njt:20091220172902j:image


結束塾生。夏の選挙では堺に常駐して闘いました。

f:id:njt:20091220172903j:image


笠原

2009/12/17 (木) 西村塾拡大塾長講話 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

12月17日(木)憲政記念館にて今年最後の塾行事、「西村塾拡大塾長講話」を開催致しました。

多くの皆様にお集まり頂き誠にありがとうございました。

来年はより多くの皆様にご参加頂ける行事を開催したいと思います。

引き続きご支援、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。


f:id:njt:20091220165122j:image


f:id:njt:20091220165120j:image


笠原

2009/12/16 (水) 西村眞悟講演会のお知らせ<東京> このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

西村塾拡大塾長講話のご案内


どなたでもご参加いただけます!!

事前予約不要です!


講   師 : 西村眞悟

演   題 : 「今年一年を振り返って」

日   時 : 12月17日(木)19:00〜20:30(18:30開場)

場   所 : 憲政記念館 東京都千代田区永田町1-1-1

       東京メトロ永田町駅下車2番出口より徒歩3分

         http://www.tokyoguide.net/spot/189/map/

入 場 料 : 塾生:1000円(日本再生同志の会会員&学生も塾生扱い)

       一般:2000円(但し、その場で入塾頂ければ塾生扱い)

問い合わせ : 090-8080-3773(渡辺)、090-3061-7556(笠原)

   


笠原

2009/12/13 (日) 西村眞悟講演会のお知らせ<大阪> このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

西村眞悟時局講演会


日  時 : 12月13日(日)14:00〜

場  所 : 泉ヶ丘センタービル 3階大集会室 大阪府堺市南区茶山台1−2−1

        泉北高速鉄道泉ヶ丘駅下車徒歩1分(1階がりそな銀行です)

入 場 料 : 無料

主  催 : 真悟の会・堺 TEL072-277-4140

2009/11/08 (日) 「二宮報徳会」 西村眞悟講演会 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

本日二宮報徳会 会長小林幸子主催西村眞悟講演会に参加致しました。

場所は靖国神社内の靖国会館偕行の間。


演題:日本再生させる!

f:id:njt:20091108134005j:image

f:id:njt:20091108142559j:image

f:id:njt:20091108135453j:image


会場は満席で運営スタッフの方々が予備の椅子を出し対応してくれました。ありがとうございました。

f:id:njt:20091108200955j:image


休憩時間はちょっとしたサイン会

f:id:njt:20091108201122j:image

f:id:njt:20091108201119j:image


最後に質疑応答。

3時間講演会でしたがあっという間に時間が過ぎてしまいました。

f:id:njt:20091108153932j:image



笠原

2009/10/21 (水) 「正論を聞く集い」 西村眞悟講演会 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

三輪和雄氏が主催する「正論を聞く集い」にて西村眞悟講演会が開催されました。

10月21日産経新聞本社ビルサンケイプラザにて。


f:id:njt:20091021202132j:image


f:id:njt:20091021202522j:image


f:id:njt:20091021202933j:image


笠原

2009/08/16 (日) 靖国神社参拝 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

8月15日は恒例の靖国神社参拝を行いました。

西村眞悟塾長は午前8時に同志と共に昇殿参拝を済ませ、直後に大阪17区の堺に戻りました。

選挙区事情により午後1時からの集団参拝を欠席致しました事をお詫び申し上げます。



参集殿にて左から塾長の盟友三宅博氏・都議会議員かみの吉弘・塾長西村眞悟大田区議会議員いぬぶし秀一・塾幹事長和田憲昭

f:id:njt:20090815084437j:image




昇殿参拝前後に取材や支援者のサインに応じる塾長

f:id:njt:20090816193707j:image

f:id:njt:20090816193351j:image

f:id:njt:20090816193350j:image



田母神俊雄航空幕僚長

f:id:njt:20090816193348j:image



午後1時、参集殿へ向かう。

西村眞悟塾長が不参加にもかかわらず、多くの日本再生同志の会・一般参加の方々にお集まり頂き誠にありがとうございました。

f:id:njt:20090816193340j:image



塾長代理は初代西村塾東京部長現在品川選出都議会議員 かみの吉弘が務めさせて頂きました。

f:id:njt:20090816193329j:image


笠原

2009/08/13 (木)

[] 東京西村塾 入塾申し込みフォームを更新しました  東京西村塾 入塾申し込みフォームを更新しましたを含むブックマーク  東京西村塾 入塾申し込みフォームを更新しましたのブックマークコメント

この度「東京西村塾 入塾申し込みメールフォーム」を更新し、会費振り込みをクレジット決済で行える様に致しました。銀行郵便局が開いている時間になかなか足を運ぶ時間が無く、入塾を躊躇されていた方の為に導入を始めてみました。

 

東京西村塾 入塾申し込みフォーム

 

是非ご活用下さい。なお、これまでの銀行振込・郵便振替もこれまで通り可能です。

 

 

東京西村塾事務局

2009/08/12 (水) 靖国神社昇殿参拝と都議会選挙報告会 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

靖国神社昇殿参拝

例年通り8月15日靖国神社参拝を開催致します。

靖国英霊を思う方であればどなたでも参加できます。是非ご参集ください。

大変申し訳ございませんが諸般の事情により今回西村眞悟塾長は参加致しません。


日  時 : 8月15日(土)受付時間 12:30〜13:00

集合場所 : 靖国神社境内 大村益次郎銅像下

参加費 : 500円(玉ぐし料として)


おつりの無いようにお願い致します。

事前予約は不要です。直接集合場所にお越しください。

尚、昇殿参拝致しますので、それに見合った服装でお越し下さい。





都議会選挙報告会


大変申し訳ございませんが8月15日に予定しておりました選挙報告会は諸般の事情により中止に致しました。



笠原

2009/07/28 (火) 西村眞悟のポスター このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:njt:20090725175612j:image


 これが、西村眞悟改革クラブポスターであります。

 この数日私もポスターのお願いに、堺を歩かせて頂きました。

 貼って頂けた際の喜びはひとしおであります。

 平沼氏との提携も目立ちますが、

真ん中に「拉致被害者を救出しよう」と

書いてあるのも見えますでしょうか?

 こう書いてあるポスターなのでと説明すると、お願いがし易いです。


 ちなみに先日は、活動中に二度のゲリラ豪雨に襲われました。

小規模でしたが、雨量がハンパではないです。30分も降っていないのに、

普通の通り雨の量や、「バケツをひっくり返したような」と表現されうる量を、

はるかに超えていました。

 傘がなく15秒浴びていたら、まるでプールに放り込まれたように濡れ鼠になりました。

 この三日ぐらいそういう天気がつづいています。

 くしくも山口では、集中豪雨による悲惨な土砂災害が起きていた時です。

 なくなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 先週のニュースTBS安住アナウンサーが、

日本は温帯ではなく熱帯になりつつあるのではないかという意見も聞きますが‥、

と言っていましたが、私も去年からそう思っていましたよ。スコールみたいになっているのではと‥。


 このポスター、雨が滲みて壁が濡れていると貼れませんので、

だいぶ厄介ですな。

 中には壁面が乾かないために、許可を頂いているのに貼れないでいる状況もありますし、

一過性のものであってほしいと思います。

 もちろん日本四季が守られるためにも、

あんまり異常気象がつづくと心配だなと思う、本日この頃でございました。

 だいぶ余談になりましたが皆様ごきげんよう


幹事 長澤

2009/07/24 (金) 西村塾長の街宣活動 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 本日、私長澤は、堺東駅頭にて行われた改革クラブ衆議院代表、西村眞悟塾長の街宣活動に参加しました。

 私の実家大阪市住吉区から、堺東駅前は川向こうの市街地の中心地です。堺市役所もここに所在します。

 いよいよ衆議院が解散され、総選挙も迫っています。


f:id:njt:20090724173904j:image

駅前商店街入り口交差点


f:id:njt:20090724174731j:image

演説する西村塾長


 私は党名入りのブルーシャツを着てビラくばりをしていた為、あまり良い写真が撮れませんでした。すみません。


 堺市民はおおむねビラを受け取ってくれました。

 塾生の都議選民主党名のビラで配った時よりも、

反応がよかったかも知れません。

 西村ファン、やっぱり多いです。


 保守層も受け取りやすいのと、何より有名で、皆が「あ、西村さんか」という感じで、

とりあえずどんなことを言っているか知りたいという感じでした。


 次は民主党で決まりじゃないのと思っている若いめの無党派層風の人には、

なかなか受け取っていただけませんでしたが‥。

でもこういう人は、「受け取ってもどうせ捨てるだけだし」という感覚政党ビラはもともと受け取られにくいです。


 公明共産の支持層も当然歩いてるので、この方々にも受け取ってもらえません。


 話がそれましたすみません。


 ビラの内容は、たかじんテレビ太田総理でも今や有名な、

台湾人評論家金美齢さんとの演説会の告知が、カラー写真で品良く載っているものでした。

裏側には平沼さんや田母神さんや横田さんご夫妻の写真も載っていました。


 塾長の演説は、北朝鮮の核、中国の核の問題を無視して選挙が行われようとしていること、

田母神前空幕長よりも村山談話を更迭せよということ、そこから教育の問題、

そして民主党海賊対策法案の審議を拒否した問題、麻生総理を支持し8月15日の靖国参拝希望するということ、

既存政党は政争に明け暮れ国家がどこにもないということ、

14歳の時にさらわれた横田めぐみさんは30年以上を経た今さらわれたままであること、そのほか縦横に語られ続けました。


 私にその内容や言葉が、少しでも再現できて伝えうる能力がないことが悔やまれてなりません。


 西村塾生の選挙を何度も手伝って、行き掛かりでいろいろな国会議員の演説を聴いていて今日思ったことですが、

このような演説は、他に類を見ませんから。


 だれしも皆当選するためには、世論に迎合するものです。世論に応えることは大事なことですが、

それに汲々とするがゆえに忘れられ見失われてしまっていることも多くあります。


 そのような日本選挙で、忘れられ見失われたことだけを訴えつづけるということは、

ひとつのもっとも称賛さるべき勇気ではないか。あるいは勇気なんてもの以上の、信念というものではないか。


 なんだ、お前はそんなこともわからずに西村塾にいたのか、と言われてしまいそうです。


 ですがまあ自分は本当にあらためて、数奇な体験をしていると思いました。

 いつのまにか二大政党の枠組みの中にいて、民主党選挙風土に慣れてしまっていた自分にとっては、奇跡を見る思いでした。


 ネット上でもなく、書籍上でもなく、議員さん(解散してバッヂは外れてます)が、

こうして街頭で、「皆さん、日本という国が今どうなっているか」見てください!知ってください!と訴えつづけているんですよ。


 それをみんな、堺の人は聴いている。

握手をしてゆく人の数は、民主党にも引けをとっていないと思います。


 ともすれば二大政党の狭間に埋没しかねない、本当にきびしい戦いのなかで、

一条の光が既に射している、と実感しました。


 5000万件もの年金記録が紛失や欠損により宙に浮いた問題、後期高齢者負担増の問題、

生活が苦しくなりつつある事態は、私たち日本人のほとんど大多数が共有しています。

 ですが、14歳の少女をはじめ数百名の日本人がさらわれたまま救出することができないでいる問題、ともすれば忘れがちなこの問題は、私たち日本人良心の問題ではないでしょうか。


 生活が苦しくとも、17区の堺市民だけは、この良心の行く先を選ぶことができるのだから、きっと道は開かれると思います。


 なんだか報告のような作文のようなぐだぐだな文章になってしまいましたこと御許しください。


 では、東京西村塾生の皆さん!このブログをご覧のすべての皆さん!

 堺に行きましょう!あるいは持てる力のすべてを、堺(中区西区南区)に結集しましょう。

 

 乱筆乱文にて失礼致しました。


 追記.

 近畿圏にお住まいかご友人がいらっしゃる方も、改革クラブポスターにご協力いただけます。



 幹事 長澤

2009/07/20 (月) みたままつり このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

7月16日(木)に西村塾塾生の皆さんと「みたままつり」へ行って参りました。

最終日ということもあって大変な賑わいでした。

何で毎年こんなに賑わっているのにニュースにならないんでしょうね。



f:id:njt:20090716192941j:image




毎年西村塾でも献灯させて頂いてます。




f:id:njt:20090716193032j:image



塾生のみんなで記念撮影です。

今回は自民党大逆風の中、当選を果たした

野田かずさ都議会議員や西村塾顧問である

取手市議会議員の小島さんも遊びに来てくれました。




f:id:njt:20090716195006j:image



この後は居酒屋へ移動して終電近くまで盛り上がっていました。

同じ思想信条を持っている人達との飲み会楽しいですよね。

皆さん、普段なかなか喋る機会がない政治の話を熱く語っておりました。



来月は8月15日(土)に毎年恒例の「靖国集団参拝」と

東京都議選報告会」を行います。



そしていよいよ8月30日(日)投開票に向けた国政選挙が始まります。

西村塾塾生も塾長のために一生懸命応援していきます!



ブログをご覧頂いてる皆様におかれましても多大なるご支援の程

よろしくお願い致します。


渡辺

2009/07/13 (月) 塾生当選のご報告 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 昨日12日に開票が行なわれた東京都議会議員選挙におきまして、

立候補していた塾生二名が、当選を果たすことができました。

 皆様より頂いたご期待とご支援に報いるために、しっかりと働いてまいります。

 これからが本番です。

 今後ともどうぞ西村塾と両名にご期待をお寄せ下さいますよう、

よろしくお願い申し上げます。


選挙法の制約により御礼の言葉が述べられないことをどうぞお許し下さい


かみの吉弘 http://www.ykamino.org/

f:id:njt:20090713090632j:image

品川区選挙区 当選42221票


野田かずさ http://www.kazusa-noda.com/

f:id:njt:20090713090617j:image

多摩第一選挙区 当選30005票


幹事 長澤

2009/06/08 (月) 田母神講演会のご案内 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

田母神講演会 IN 埼玉


 我が国を覆う自虐歴史観を払拭し、栄光ある祖国歴史を私達の手に取り戻す端緒と位置づけ、

意義ある講演会としたいと思いますので皆様方におきましては万障お繰り合わせの上ご参集いただきますよう

お願い申し上げます。


            記

日時:平成21年7月5日(日)14:00〜16:40 (13:30開場)

場所:埼玉会館小ホールJR浦和西口 徒歩7分)

   TEL048-829-2471

   http://www.saf.or.jp/saitama/guide/access.html


主催村山談話の破棄を求める埼玉県民の会

後援:日本世論の会 埼玉県の会


演題:第一部 基調講演 講師 田母神俊雄 前空幕長

         「日本は侵略国家ではない!」


   第二部 シンポジウム

      パネリスト 田母神俊雄 空幕長

            増本照明 拉致家族会事務局長

            岡 重夫 埼玉県議(防衛大OB

            三輪和雄 日本世論の会会長 


会長分担金:千円

事務局連絡先:070-5585-5646

2009/06/07 (日) シンポジウムのご案内 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:njt:20090508224646j:image



日時:平成21年6月26日 (金)

開場午後6時 開始午後6時30分

会場:ハリウッド大学院大学 ハリウッドホール 

住所:港区六本木6−4−1

六本木ヒルズ ハリウッドプラザ5階 TEL03-3408-5020        

http://www.roppongihills.com/jp/shops_restaurants/map/mh_1f.html

        

入場料:1000円


第一部:対談  

テーマ:「教育における体罰について」

東京都知事   石原慎太郎

ジャーナリスト  櫻井よしこ




第二部:パネルディスカッション     

テーマ:「教育体罰は必要か?」

パネリスト 

小林正(元参議院議員教育評論家

高橋史朗 (明星大学教授

田久保忠衛外交評論家

南出喜久治(弁護士

村松英子 (女優

佐山サトル初代タイガーマスク 興義館 総監)

鈴木信行 (維新政党・新風 幹事長

光永勇  (全国勝手連合会 会長

西村幸祐 (作家評論家ジャーナリスト

総合司会 水島総 (チャンネル桜 代表取締役社長

日本国歌独唱MASAMI (ソプラノ歌手藤原歌劇団

2009/04/21 (火) 拉致被害者の早期救出を求める国民大集会

<お知らせ>連休最終日の国民集会 <お知らせ>連休最終日の国民集会を含むブックマーク <お知らせ>連休最終日の国民集会のブックマークコメント


日 時:平成21年5月6日(水)午後2時から5時まで

開 場:午後1時(先着順)

場 所:日比谷公会堂(100-0012千代田区日比谷公園1-3 03-3591-6388)

    地下鉄霞が関駅B2・C4出口、内幸町駅A7出口、日比谷駅徒歩3分

司 会:櫻井よしこ

登壇者:家族会会員・救う会役員・拉致議連役員

参加費:無料(会場カンパ歓迎)


西村眞悟塾長も、救出議連幹事長として登壇予定です。

西村塾生は運営ボランティアとしてお手伝い致します。

皆さまふるってご参加下さい!


笠原

2009/04/08 (水) 沖縄戦戦没者遺骨収集、帰還報告会 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2009年3月8日の日曜日に、「沖縄戦戦没者遺骨収集、帰還報告会」を行いました。


この勉強会は先月の2月に私たち西村塾の塾生が参加した「沖縄戦戦没者遺骨収集」についての発表会です。

今回の遺骨収集は、NPO法人JYMA(旧・日本青年遺骨収集団)の社会人枠のメンバーとして参加させて頂きましたので、JYMA学生さん達にも参加して頂きました。

遺骨収集について詳しく学びたい、またJYMAの皆さんと交流を深めていきたい、と言う趣旨本日の会を開催致しました。

最初の発表は、今回の「沖縄戦戦没者遺骨収集」の派遣についての発表です。

隊長として活躍された、拓殖大学3年・森啓太さんに発表して頂きました。

f:id:njt:20090308183616j:image



西村塾幹事長和田憲昭からは「沖縄遺骨収集に参加しての感想沖縄戦について」の発表をさせて頂きました。

f:id:njt:20090308182707j:image


塾生・水野からは、今回私達が遺骨収集を行いました真嘉比で行われた「シュガーローフの戦い」、また荒崎海岸の戦史についての発表をさせて頂きました。

f:id:njt:20090308184932j:image



硫黄島遺骨収集に行かれた方にも、派遣について発表をして頂きました。

f:id:njt:20090408191705j:image



ソ連抑留経験者の遠藤尚次さんには抑留経験お話をして頂きました。

遠藤さんは、北支派遣軍衣3042部隊に配属し満州派遣されました。終戦の年、部隊が満州から撤退する際にソ連軍に追いつかれ捕虜となり、シベリアに抑留され、昭和23年5月に帰国されました。

現在シベリアでの遺骨収集活動、またシベリア抑留の語り部として活躍していらっしゃいます。

f:id:njt:20090308194619j:image


最後にJYMA理事長赤木衛さんより、遺骨収集についてお話して頂きました。


懇親会では

茨木治人さんにご挨拶をして頂きました。

茨木さんは満州仕官学校七期生として昭和19年12月に渡満され、満州で終戦を迎えた後シベリア各地で抑留され昭和22年5月に帰国されました。

現在東京ヤゴダ会の副会長に就任され、JYMAの学生さんたちにもロシア派遣のご指導をしてくださっています。

茨木さんにはシベリア抑留についての資料を配って頂き、深い勉強をすることができました。

f:id:njt:20090308205613j:image



そして最後は濱田儀一さんにお話して頂きました。

濱田さんは山口県ご出身の方で、防衛大学校卒業された後江田島海上自衛隊幹部候補生学校ジョージア州アセンス市の海軍経理補給士官学校を出られて、海上自衛隊1等海佐海軍大佐〜Navy Captain)として勤められた方です。

濱田さんからは遺骨収集についてまた歴史認識について重要お話をして頂きました。

f:id:njt:20090308213417j:image




遺骨収集団の学生さん戦争経験者の方々、そして私達塾生で語り、遺骨収集についての知識と交流を深めることが出来ました。

f:id:njt:20090308211320j:image


f:id:njt:20090308211151j:image

当日20歳のお誕生日を迎えられた学生さんサプライズケーキもありました。

f:id:njt:20090308214817j:image



西村塾ではこれからも、戦没者の遺骨収集事業への参加や、大東亜戦争についての様々な活動を行って参ります。

2009/04/07 (火) お知らせ

西村塾 平成21年総会のご案内 西村塾 平成21年総会のご案内を含むブックマーク 西村塾 平成21年総会のご案内のブックマークコメント


  平成21年度の総会のご案内を申し上げます。

 本年は広く一般に公開しておりますので、ぜひとも皆様のご参加をお待ち申し上げております。




日  時 : 平成21年4月9日(木) 17:30〜開場 18:00〜20:00

総会 18:00〜18:50 懇親会 19:00〜20:00

場  所 : 衆議院第2議員会館第1会議室

東京都千代田区永田町2-1-1)

東京メトロ国会議事堂前駅または永田町駅より徒歩2分

議員会館1階の受附で、係員が案内板にて会場を案内)

総会 第1会議室(1階) 懇親会 議員食堂(地下2階)

会  費 : 塾生・塾了生・賛助塾生:3000円

非塾生:4000円 (懇親会費含む)

申し込み : 次項連絡先のいずれかの方法で4月7日(火)までにご連絡下さい。FAXの場合は本状下部分の所要事項記入の上、お送り下さい。

連 絡 先 : 西村真悟事務所

〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2

衆議院第2議員会館417号室

TEL:03-3508-7417 FAX:03-3508-3897

E-mail:tokyooffice@n-shingo.com

*総会のみのご出席でも会費は頂戴致します。

*どなたをご同伴されても構いませんが、会費につきましては同伴者分も頂戴致しますので御了承ください。

2009/03/23 (月) いせだ幸正 選挙結果のご報告

いせだ幸正 選挙結果のご報告 いせだ幸正 選挙結果のご報告を含むブックマーク いせだ幸正 選挙結果のご報告のブックマークコメント

 塾生、いせだ幸正が立候補しておりました、富士見市議会議員選挙は、昨日3月22日に投開票の日を迎え、無事終了いたしました。


 いせだ幸正は、630票27位という結果に終わり、当選には後一歩届きませんでした。

 多くの皆様のご支援を頂戴したにもかかわらず、このような結果に終わりましたことを、ここに深くお詫び申し上げます。


 また、皆様から頂いたお気持ちに感謝申し上げますとともに、けっしてこれを無駄にしてしまわないように心に刻み、いせだ幸正と西村塾は、これからも挑戦をつづけて参ります。

 このたびは誠にありがとうございました。



○結果の詳細はこちらです→富士見市選挙管理委員会http://www.city.fujimi.saitama.jp/senkyo/index.html



以下に、選挙戦中の活動をご紹介致します。



f:id:njt:20090315120432j:image

3月15日11:30 出陣式の模様



 ロータリー中央は日影になっておりますが、快晴。

 西村塾からは、犬伏秀一大田区議会)、小嶋吉浩(取手市議会)が駆けつけました。


 また、いせだ君の関係から、各地から錚々たる議員有識者の方々にお集まり頂きました。

 上田ゆきこ先生文京区)、稲垣じゅんこ先生中野区)、のづたけし先生新宿区)、河野よしとく先生志木市)、伊藤玲子先生鎌倉市議)、かみはし先生柏市)、岩堀けんし先生松戸市議)、石井伸之先生国立市)、三輪和雄先生日本世論の会)が、応援の弁をふるって下さいました。



f:id:njt:20090315115444j:image

増元照明さん



 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の事務局長、増元照明さんも、いせだの応援に駆けつけて下さいました。

 西村塾では、拉致救出活動や、増元さんが出馬された平成16年の参議院選挙を支援してまいりました。



f:id:njt:20090315113733j:image

やや右は、司会もして頂いた上田ゆき子先生



f:id:njt:20090315113806j:image

鎌倉市議の、伊藤玲子先生



f:id:njt:20090315115957j:image

塾生が西村塾長からのメッセージを代読



f:id:njt:20090315120138j:image

富士見市政への思いを演説するいせだ幸正



f:id:njt:20090315120506j:image

出陣式のしめはがんばろうコール



f:id:njt:20090315120629j:image

f:id:njt:20090315120643j:image

みずほ台駅前に集まって頂いた支援者、塾生、足を止めて聴いて下さった市民有権者の皆様と、握手握手



f:id:njt:20090315112653j:image

出陣する直前のいせだ



f:id:njt:20090315112709j:image

笑顔で、行ってまいります



f:id:njt:20090315121232j:image

宣伝カーのうしろを自転車にて走り、選挙戦のアピールを開始!



期間中は、なかまえ由紀先生港区議会)、同じ志をもついせだの先輩、つは高久さんも応援に駆けつけてくださいました。



f:id:njt:20090321191123j:image

最終日、ご帰宅の方々に向けて。ご挨拶とお願い



f:id:njt:20090321191150j:image

握手。多くの方々から、声援を賜りました



f:id:njt:20090321195125j:image

3月22日19:50 最後のご訴え



f:id:njt:20090321195427j:image





 昨年晩秋、「いせだ幸正を応援する会」の発足から始まった、約4ヶ月。いせだの戦いは終わりました。

 この間、早朝や夜の駅頭に、市内の隅々にいたる路地の裏まで、富士見市からの教育再生市民の福祉と財政拉致問題北朝鮮に拉致された日本人を救出する地方議員の会への思い、これらすべての思いを実現すべく、活動をつづけて参りました。


 至らぬ点も、多々ございました。反省すべき課題も、いくつも見つけることができました。 


 敗れは致しましたが、このたび630票もの得票を頂いたことで、いせだ幸正の政治家としての第一歩は始まりました。


 ここにあらためて御礼申し上げますとともに、ひきつづき伊勢田幸正に温かいご指導とご鞭撻を、そしてまた、変わらぬご厚情を賜れますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。



 いせだ幸正を応援する会担当幹事 ながさわ

津覇 高久津覇 高久 2009/04/19 03:05 『伊勢やん』こと伊勢田くんの 同志として 『必ずや 次回こそ』の心境です。 地元出身でなく 中央政党や 労働組合などの 支援がない中、 伊勢やんは 熱い情熱で 確かに頑張っていました。 私自身、落選を経験した人間だからこそ、4年間、色々大変だけど 『変わらぬ熱い伊勢やん』で いて下さいね!

2009/03/14 (土)

[] 3月15日富士見市市議会選挙告示日です  3月15日は富士見市市議会選挙の告示日ですを含むブックマーク  3月15日は富士見市市議会選挙の告示日ですのブックマークコメント

西村塾幹事の安部です。本日は、富士見市市政に挑戦する同志「いせだ幸正」の応援の為に、埼玉県にやって参りました。

 

いせだのプロフィールマニフェストについては、こちらをクリックして、リンク先をご参照下さい。→◆いせだ幸正の情報

 

f:id:njt:20090301170127j:image

地元みずほ台駅で街頭演説を行う、いせだ。

 

f:id:njt:20090314173111j:image

ハンドマイクを片手に、市政の改革を訴えながら街を歩くいせだと、そのスタッフ達。いよいよ明日、本当の戦いが始まります。

 

 

以下は、我らが西村塾塾長、西村眞悟の応援メッセージです。いせだに代わりまして、ご紹介させて頂きます。

祈必勝

 

本日、戦いの火ぶたはついに切って落とされました。

 

いせだ幸正君は、私が塾長を務める私塾「西村塾」の前事務局長として、会のために汗をかいてくれました。そのひたむきな献身さと人柄の誠実さは、他の塾生たちの信頼も集め、まさにこれからの時代を担っていく政治家として最適な人材と言えるでしょう。

 

ご参集の皆さん、一丸となっていせだ君を富士見市市政の壇上へとおし上げて頂けますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

若さとパワーで必ずや厳しい戦いに勝ち抜かれますよう、衷心より祈念しております。

 

平成二十一年三月十五日

西村塾塾長 衆議院議員 西村眞悟

15日の出陣式は、東武東上線みずほ台」駅前にて10時半開始予定です。皆様お誘い合わせの上、是非ともご来場頂けます様、お願い申し上げます。

2009/02/25 (水) 神風特別攻撃隊の貴重映像

神風特別攻撃隊の貴重映像 神風特別攻撃隊の貴重映像を含むブックマーク 神風特別攻撃隊の貴重映像のブックマークコメント



 いきなり本題からそれてしまうのですが、yahooニュースを見ておりましたら、今年の国公立大学の2次試験が始まったというニュースがありました。

 この年に一度の機会、受験生の方々が悔いのないように受験できるよう、お祈りしたいと思います。

 

大学入試 国公立大2次試験の前期日程、149大学で開始

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000002-maip-soci

 

 というのも、昨年の受験シーズンに東京で、JR山手線新宿駅渋谷駅で、通勤ラッシュの波に飲み込まれた、受験生らしき若者を見たことがあったからです。

 

 いつも通勤している人々は、新宿駅渋谷駅では下車する波と乗車する波が入れ替わるタイミングがあることを知っているはずなのですが、受験のために初めて上京した受験生にはそれがわかるはずもなく、その彼らは降りるタイミングを逃し、乗車する人々の大波に飲み込まれてしまっていたのでした。

 

 渋谷駅では、「降ります。降ります」と声をあげて、受験生はなんとか降りられたらしいものの、カバンを取られてしまったようで、ドアが閉まるまでカバンが。カバンが」と狼狽していました。

 

 駅員さんも大丈夫ですか?」と駆けつけましたが、すぐにドアは閉まり‥。

 カバンをすでに車内に落としていたのか、それとも引っ張りだそうとしてがんばっていたのか、そして、無事に取り戻せたのか、ぎゅうぎゅうづめの車内からは全く確認できませんでしたが、なんとも心配な出来事でした。

 

 似たことが、同じ電車新宿渋谷で、立て続けに二回起こったのですから、東京ラッシュアワー恐るべしです。

 

 私も大阪人間ですが、東京に来る受験生が身近にいらっしゃる方々は、ぜひともこの点を注意して頂ければと思います。

 

 

  

f:id:njt:20090225221551j:image

 

 

  

神風特別攻撃隊の貴重映像

 

  前置きが長くなってしまいましたが、今日特攻隊映像編集した、とてもよくできた動画があったので、ご紹介したくて書くつもりでした。

 先日、塾生が沖縄戦没者遺骨収集に参加した旨をご報告しましたが、それ以来、沖縄戦のことを少し勉強しており、その際に見つけました。

 

 

 長渕剛 - Close Your Eyes (貴重映像を収録)

http://www.youtube.com/watch?v=KuaEbT2_QEQ

 

 

 公開されてからすでに半年以上経っているようで、既に100件以上のコメントが寄せられています。

 

 歌は、映画男たちの大和』の主題歌ですが、戦艦大和英霊に捧げられた歌としてあるだけでなく、特攻隊英霊にもそのまま通じるものが感じられました。

 

 どんなNHKの特集や、民放の特集よりも、短くてよくまとめられてあるなあと思いました。

 

 隊員たちが敬礼をして、盃を受け取る映像や、帽子を振って皆で見送っている映像などを見ると、無性に泣けてきました。

 

 それから個人的にですが相花信夫少尉のご遺書にも共感するところがあり、人生上の感動に揺さぶられました。

 

 それから沖縄の米艦隊体当たりする特攻機映像では、もう駄目でした。自分はこんなに涙してしまった事は今までになかったかも知れないと思う位大いに涙が出ました。

 

 熾烈な対空砲火をかいくぐりながら、必死に米艦船に食らいつく映像の数々は、彼らの使命と戦いそのものでした。

 

 武運尽きて、弾幕のなか火を噴きながら墜とされる機もありました(特攻機の命中率は一割ほどだったと言われています)。

 

 旗艦空母バンカー・ヒルへと真っすぐに向かってくる特攻機映像は、ずっとまぶたの裏に焼きついて離れません。

 

 

 小島襄氏の著作によると、沖縄洋上に集結したアメリカ艦隊は、艦艇約1500隻、輸送船約450隻、兵員約54万8000名と、空前の大艦隊でした。

 

(食料や武器弾薬のほかに、雑誌やカミソリやチューインガムなど膨大な生活物資も積載していたそうです)

 

 ちなみに、日本が最盛期のミッドウェー作戦に動員した兵員が10万名でした。なんという戦いでしょうか‥。

 

 沖縄特攻は、菊水作戦の名の下に約二ヶ月半の期間、十次に渡り行われ、ウィキペディアによると、海軍機は940機、陸軍機は887機が特攻を実施。海軍では2045名、陸軍では1022名が特攻により戦死。また、133機が命中、122機が至近弾であったとのことです。

 

 その当時の沖縄の海と空を想うと、胸がしめ付けられるような思いが致します。

 

 

 この映像を見てどのような感想をもって、そして何を考えるかという事は、人により様々だと思いますが、私がひとつ思ったことは、やはり本当に尊い先人がいらっしゃったのだなということでした。

 この方々のことを忘れてしまっては今の日本はないだろうと、あらためて思った次第です。

 

 当時の隊員の方々のお気持ちも、もちろん通りいっぺんではなかったそうでありますが、皆自らに使命を課してゆかれたのだと思います。

 私事になりますが、私はそのお姿に、不遜ではありますが、憧れに似た気持ちを覚えました。

 

 我々も、今後さらに西村塾の活動に、この先人に報いる使命をもって行ってゆきたい。

 教育や、社会を、変えてゆきたい。

 

と同時に、日々の仕事の中にも、使命感を見出して生きてみたいと思いました。

 

 個人的な話ですが、私はずっと、サービス業にあたる職種に従事して来ましたが、組織のために働くだけでなく、日本人全体が明るく強くなることに、ほんの少しでも貢献できたらなと思います。

 

 「照一隅者 是国士」

 とは、「一隅を照らす者、これ国士」と読み、かつてのマツダ社長松田恒次氏の言葉だそうですが、どんな些細な持ち場でも一生懸命取り組んでいる人は、国の宝であるという意味だそうです。

 

 私も何か明確な使命を持って生きたいと考えた時に、この言葉を思い出したことは、有難いことでした。

 

 より積極的に西村塾の活動によって、一人でも多くの日本人が、この歴史をわかっている世の中にしたいという事ももちろんです。

 そして、どのような方法にせよ、自ら自覚をもって日本の歴史に連なること、これが、特攻隊英霊に報いる事ができる、一つのあり方ではないかなと思いました。

 

 幹事 ながさわ

 

 

 

f:id:njt:20090225221649j:image

 

 

 

2009/02/11 (水)

建国記念の日紀元節)に。紀元節の歌 建国記念の日(紀元節)に。紀元節の歌を含むブックマーク 建国記念の日(紀元節)に。紀元節の歌のブックマークコメント

 みなさん!

 今年も建国記念の日がやって参りました。


 その由来も出来事も、現代日本人にはほとんどなじみがなくなってしまいましたが、このブログをお読み頂いている皆様は、きっとご承知の事だと思います。


 明治時代に、日本の紀元を祝う日、紀元節として制定され、戦後占領軍のため一時期途絶えておりましたが、民間の多くの方々の努力により、昭和41年に建国記念の日として再制定されたそうです。


 2669年前、神武天皇が橿原宮に於いて即位された本日を起点として、日本の歴史が書き起こされたのでした。


 それは、日本が独自の文化を育んでゆく歴史の始まりでもあり、大陸中国からの独立の起点ともいえるでしょう。



f:id:njt:20090211164709j:image

青木繁 画 東征を考える神武天皇



 実際には天皇号が成立したのは、推古朝以降との学説が主流を成していますが、ここではそういった議論は、本題でない為措きます。


 ただ、建国記念日フィクションであるという説を、仮にもしかしたら十分に有り得べき説だと容認したとしても、では、建国記念日紀元節)などいらないのか、それとも推古朝時代のいずれかの年に紀元を定め直すのか、と突き詰めたさいに、そのどちらも否であろう、とだけ納得できればいいのではないでしょうか。


 もちろん私は、建国神話と、神勅に発する日本の大理想を信じております。


 ちなみに西村塾ではかつてこの日、橿原神宮ツアーを組んで参拝したこともありました。勅使が毎年宮中から派遣されて来るそうです。ぜひもう一度行ってみたいものです。

 

 

f:id:njt:20080723184411j:image

橿原神宮:外拝殿



 私、幹事ながさわ建国記念日の思い出といえば、二年前に明治神宮で、日本の建国を祝う会主催の奉祝記念行事に参列したことです。

 そこで、紀元節の歌を唄ったのです。参加者皆で歌ったこの歌が、私は好きでなりませんでした。



(ちなみに明治神宮へ行くと、神輿が列をなしてわっしょいわっしょいどっこいどっこいと、掛け声も様々に、各地の神輿が本殿に向かっていました。

聞くと、都内・近県からたくさんの神輿が集まっているとのこと‥。式典では冒頭、御年83歳〔当時〕の拓殖大学名誉総長、小田村四郎氏〔曾祖母の兄上が吉田松陰西村眞悟日本再生同志の会々長〕が、朗々と主催挨拶を述べられていました。

 声のはりといい、内外情勢への見解を盛り込んで推敲が尽くされた原稿といい、とても立派なものでした。めでたき日の式典にふさわしいハリがあったとでもいいましょうか。)



 以下にその歌の詞をコピーします(著作権は消滅しています)。


紀元節

                高崎正風

一、

  雲に聳ゆる高千穂

  高ねおろしに艸も木も

  なびきふしけん大御世を

  仰ぐ今日こそ楽しけれ

二、

  海原なせる埴安の

  池のおもより猶ひろき

  めぐみの波に浴みし世を

  仰ぐ今日こそ楽しけれ

三、

  天津ひつぎの高みくら、

  千代万代に動きなき

  もとゐ定めしそのかみを

  仰ぐ今日こそたのしけれ

四、

  空にかがやく日の本の

  萬の國にたぐひなき

  國のみはしらたてし世を

  仰ぐけふこそ楽しけれ


読み‥聳ゆる(そびゆる)艸(くさ)猶(なほ)動き(ゆるぎ)



 どうでしょうか?万葉調で朗々と謳われている、と感動される方が多いようです。

 そしてそれだけではなく、どこか正岡子規短歌のような、無垢で気宇壮大で、希望に満ちた、明治の気風も感ぜられるように思います。

 いずれにしましても、大変な風格と親しみやすさを備えた歌だと思います。


 以下に、youtubeに投稿されている、東京音楽学校生徒による合唱動画の、URLを貼らせて頂きます。

 http://www.youtube.com/watch?v=2UvYla-aZzc


 私はもっと、一人でも雄雄しくテノールで独唱してみたいです。


 とても清々しい気持ちになれますので、皆様もためしてみられてはいかがでしょうか。



f:id:njt:20090210235854g:image

作詞高崎正風

天保7年7月28日明治45年2月28日


f:id:njt:20090211000043g:image

作曲伊沢修二

嘉永4年6月29日大正6年5月3日


幹事 ながさわ

2009/02/10 (火) 西村塾遺骨収集団、帰還す!

西村塾遺骨収集団、帰還す! 西村塾遺骨収集団、帰還す!を含むブックマーク 西村塾遺骨収集団、帰還す!のブックマークコメント

皆様。


去る2月7日から9日までの三日間、沖縄戦没者遺骨収集に行っていた塾メンバーが帰って参りました。

大東亜戦争での戦没者遺骨収集は、厚生労働省の支援のもと広く世界で行われております。

今回は、参加した事務局長から報告を受けたものを、ここにお伝えいたします。



7日、朝

お疲れ様です。

この度幹事長、塾生男女二名と共に、沖縄遺骨収集へ参加することになり先程無事、那覇空港に到着致しました。


とりあえず今、空港から宿へ車で向かっていますがとにかく暑い

…すでに汗だくです。


f:id:njt:20090207100848j:image



7日、昼

陸軍の第一外科壕跡の見学に来ています。

f:id:njt:20090207140554j:image



ジャングルを切り開きながらご遺骨を探しましたが、残念ながらこの日はお迎えできませんでした。

f:id:njt:20090207160723j:image




遺骨収集2日目です。

今日沖縄県遺族連合会の方々と遺骨収集をします。

今日も頑張ります!

f:id:njt:20090207124446j:image



右の方は、沖縄でずっと遺骨収集をされていて、今回も学生さんたちの指導をされている国吉さんです。

f:id:njt:20090208083656j:image



これから作業します!

f:id:njt:20090208095014j:image





ご遺骨をお迎え出来ました。

私たちでお骨上げをとり行いました。

f:id:njt:20090208145841j:image




さて、この日は沖縄県遺族会他の皆様と、合同で遺骨収集に当たりました。

11柱をお迎え出来ました。我々も各3班に分かれ、皆がご遺骨を上げることが出来ました。

実際ご遺骨を発見した時は、一言では言えない想いが交錯しました。認識票も発見され、軍人のご遺骨も収集できました。

記憶に残る一日となりました。



沖縄第32軍司令官であらせられた牛島中将と、長勇参謀長自決された壕です。

f:id:njt:20090210231426j:image




9日

今日は真嘉比で遺骨収集をしました。

シュガーローフの戦いで亡くなられた方のご遺骨も無事にお迎え出来ました。


お昼休憩しているところを撮られてしまいました(笑)

f:id:njt:20090208120310j:image





以上、いかがでしたでしょうか?

事務局長は羽田への帰着後、うっかり沖縄と同じ服装でいて、大変だったようです。


この収集団の報告は、後日改めて行いたいと思います。

今回のことで興味を持たれた方は、ぜひ当塾までお問い合わせください!


幹事 ながさわ

2009/02/03 (火)

[] 田母神航空幕僚長講演会の内容について  田母神前航空幕僚長講演会の内容についてを含むブックマーク  田母神前航空幕僚長講演会の内容についてのブックマークコメント

平成21年1月26日憲政記念館にて開催致しました「田母神俊雄VS西村眞悟講演会」の動画を公開しております(1時間22分50秒)。

 

田母神俊雄VS西村眞悟講演会

 

こちらをクリックして下さい。ご覧になる為には、お使いのPCマイクロソフトの「Windows Media Player」がインストールされている必要があります。

 

インストールされていない場合は、→こちらサイトからダウンロードして下さい。