Hatena::ブログ(Diary)

nk2nk2の日記

2014-06-17 【小沢一郎氏も同様。 完全な検察の犠牲者である。

小沢一郎氏も同様。 完全な検察の犠牲者である。

しかし、国民は彼らに貼った悪者のレッテルを今も外さない。】

【】「小沢一郎氏語る:どうなっているんだ、日本は! 僕の息の根は止められなかったけれど「彼ら」の企みは成功」

http://sun.ap.teacup.com/souun/9999.html

2013/2/11 晴耕雨読

 hasebe氏のツイートより。

 https://twitter.com/lovematers

【「日中が軍事衝突すれば、米国軍需産業の株価が上がる」と株式投資家たちが大喜びしているという。 本当にそうなのかは、個別企業の株価動向をよく調べてみないと分からないが、大喜びしていることは確からしい。】板垣英憲http://t.co/XlxDokiP

 やっぱり・・・【円安でも戻らぬ国内生産】〜各社は為替の影響を極力減らすため、国内生産を縮小し、”需要のある地域で現地生産する体制” を築いてきた。

今後、円安が進んでも国内に生産拠点を戻す動きは広がりそうに無い。】東京新聞2/9

 女性ばかりの20名の集まりに、秋田の前衆議院議員京野きみ子さんが参加。

 静かに、一人一人の目を見て本音で語りかけてくれました。

 小柄な体に目一杯の闘志。

こんな政治家を何故、私たちは国会に送り出せなかったのか!悔しい! pic.twitter.com/IEPhylfq

https://twitter.com/lovematers/status/300429408488026112/photo/1

小沢一郎氏語る:

 【外需頼みの経済成長は非常に危うい。〜日本は内需中心で成長できます。

 1%か2%か、低いながらも成長していくことは出来ます。

 早くその仕組みを確立しなければならない。

 その前提として中央集権体制を変えて地方に権限とカネを渡し地方の活性化を図らねば〜

 政権交代すると見られていた野党の代表を、衆院選挙前になんの証拠もなしに強制捜査するなんて後進国独裁国家です。

 民主主義を否定する人達の所業です。

 メディアも平気でそれに乗り、僕を犯罪者扱いしました。

 しかも証拠が挙げられないとなったら証拠の偽造までした。

 その結果、3年半、僕は政治活動を制限され, 結局は無罪になったけれど、同じ党の人にまで攻撃され、一方で有印公文書まで偽造した検察官は刑事責任を問われない。

どうなっているんだ、日本は! 

 僕の息の根は止められなかったけれど「彼ら」の企みは成功した。

 3年半、僕の行動の自由を奪って,政権交代民主党を破壊したんだから、100点じゃないが90点くらい取れたと思っているよ「彼ら」は・・・・。」】サンデー毎日2/24

> 江副浩正氏が亡くなった。江副氏の手記を精読したが、あのリクルート事件が検察による完全なデッチアゲであったことがよくわかる。 そのときの主任検事は今でも法律の専門家として活躍している。 小沢一郎氏も同様。 完全な検察の犠牲者である。

しかし、国民は彼らに貼った悪者のレッテルを今も外さない。

http://www.asyura2.com/13/senkyo143/msg/720.html   さん より

【この後に就任する法王をもって、バチカンは終了になるはずです。

今度はエリザベス女王退位などの展開になるのかもしれません。】

【】【驚】ローマ法王退位

 ローマ法王が28日に退位 高齢を理由に 3月末までに新法王選出へ

 イタリアからの報道によると、ローマ法王ベネディクト16世(85)は11日、

枢機卿会議で今月28日で法王を退位する意向を表明した。

 高齢で法王の職務の重責を果たせなくなったことが理由としている。

法王は事実上の終身職であり、存命中の退位は極めて異例。「自己の意思による退位」

は1415年のグレゴリウス12世以来、約600年ぶりとみられる。

 ローマ法王庁バチカン)報道官は3月末の復活祭までに新法王が選出されるとの

見通しを示した。

ベネディクト16世はこの日の枢機卿会議で、「神の前で繰り返し検討したが、高齢により、私の力は職務遂行にふさわしくないとの確信を得た」と述べ、

退位の意向を伝達。 後任選出のための法王選挙(コンクラーベ)の開催を要請した。

 ベネディクト16世はドイツバイエルン州出身。 ミュンヘン大などで哲学や神学を修めた。

1977年に枢機卿、81年に法王庁教理省長官に。2005年4月2日、先代のヨハネ・パウロ2世が死去した後、同19日、コンクラーベで第265代の法王に選出された。  法王はローマ・カトリック教会の最高位者であり、バチカン市国の元首でもある。

 ベネディクト16世の法王就位後の法王庁をめぐっては、2012年1月以降、公共事業をめぐる不正などを示す内部文書が相次いでメディアに漏洩(ろうえい)し、

「バチリークス」と呼ばれた。 法王の身の回りの世話をしてきた男が昨年5月、機密書類を盗んだ容疑で 逮捕され、10月に禁錮18月の判決を受けた。

一連の騒動は、法王庁内部の権力闘争 の結果との臆測を呼んでいた。

 先ほど、「報道ステーション」を見て、驚き・桃の木・山椒の木!でございます。

 いよいよ闇の勢力たちが追いつめられてまいりましたよ。ひゃっほー!

この影響は計り知れないですね。世界中に波及するかも?です。

高齢を理由にするのはカモフラージュそのものですよ。

バチカンの詳しいことを調べている暇はないですが、みなさんもすでにご存じでしょう。 バチカンは金融にもかかわっています。資金洗浄マネーロンダリング)です。

 この後に就任する法王をもって、バチカンは終了になるはずです。

今度はエリザベス女王退位などの展開になるのかもしれません。

11日の大ニュースとはこれかもね〜?取り急ぎの記事でした。いやぁ〜びっくり!

さん より

【】 ローマ法王の退位・・・バチカンの実力  時事/金融危機

 

■ 大変不謹慎ではありますが・・・ ■

大変不謹慎ではありますが、

googleの写真検索で「ローマ法王」で検索すると

最初に表示されるのが上の画像。

・・・スミマセン、仰け反って大笑いしてしまいました!!

他にも国内、国外問わず様々な同様な画像があり、

ベネディクト16世は、カトリック信者だけでなく、

ネットの世界でも人気絶大?であった事が実感されます・・・。

(人相で人は判断できませんが、思わずイジリたくなる気持は良く分かります・・・)

■ バチカンは単なる宗教団体では無い ■

多くの方が、今回のベネディクト16世の突然に退位に驚かれた事でしょう。

しかし、ネット世界では、バチカンの内紛が2年程前から囁かれています。

バチカンカトリックの総本山として絶大な威信を誇っています。

日本人では、「政教分離」が建前となっているので、

バチカンも「宗教的象徴」と捉えている人がほとんどでしょう。

しかしバチカンの力は日本人が考えているよりもずっと巨大です。

全世界のカトリック信者の数は、12億人と言われています。

南欧や中南米など、カトリック信者が多い国では

当然、カトリックの政治的影響力も強くなります。

一方、カトリックを一般的な宗教団体と捉えると愕然とします。

例えば、信徒が12億人の創価学会を想像してみて下さい。

その資金力と影響力が小さく無い事は容易に想像出来ます。

キリスト教は、発生当時こそローマに迫害されましたが、

4世紀にコンスタンティヌス帝がローマの国教に採用して以来、

バチカンヨーロッパの政治は切っても切れない関係でした。

・・・

http://green.ap.teacup.com/pekepon/1031.html   さん より

【米国は、「敗北を認めなければ、米軍将兵すべてを生きて帰国させない」と断言してきたタリバンに、一体どんな条件を提示して、交渉しているのか?】

【】 中国北京政府首脳陣は、小沢一郎代表をないがしろにしている日本政府とはまともに付き合わない      2013年02月12日

◆日本と中国の上層部、すなわち、首脳陣は事実上の「国交断絶」状態にある。

 このような最悪事態に陥らせたのは、菅と野田である。 これはまぎれもない事実だ。この延長線上に、安倍晋三がいる。誠 に気の毒な限りである。

 読売は2月11日付朝刊「1面」で、「内閣支持率上昇71%」という見出しをつけて、全国世論調査の結果を報じているけれど、中国から「猛毒襲来」という非常事態が生じているのに対して、全くお手上げ状態では、安閑とはしていられない。

 こんな「日中外交無能力」な安倍内閣に高支持率を与えている日本国民は、どうかしている。 外務省は、「チャイナスクール」という高級外務官僚を多数抱えていながら、これもまた、「無限外交官」ばかりである。 中国にゴマをすってきたツケが、こんな非常事態に露呈している。

◆しかし、日中関係をこんなにも最悪事態に陥らせた最大責任者は、米国CIA対日工作者(ハーバード大学ジョセフ・ナイ教授、リチャード・アーミテージ元米国務副長官、マイケル・グリーンCSIS日本部長ら)である。「日中離間工作」を最も熱心に行ってきた策士たちだ。

 日中関係をこじらせて「戦争の危機」を煽り、日本の防衛予算を増額させようと策動して、まんまと実現させてきたのである。日本は「憲法9条」により戦争できない国であるのを知っているのであるから、そんなに戦争したければ「米中戦争」でも勃発させればよいのである。 だが、軍事関係は、「日中戦争」に突入させる前に「寸止め」させれば、回避できるけれど、「猛毒襲来」は、そう簡単にはいかない。

◆米国CIA対日工作者たちは、「日中外交」まで自分たちが仕切ることができるように画策、田中角栄元首相と大平正芳元外相(後に首相)が最初に井戸を掘って、国交正常化を実現し、いまは生活の党小沢一郎代表にまで続いている「友好関係」に茶々を入れて、妨害してきた。

 小沢一郎代表は2009年12月に「長城計画」の名の下に国会議員をはじめ支持者ら600人を率いて訪中した。 このことに米国CIA対日工作者たちは、激しく不快感と危機感を抱いたのである。

 2010年7月18日、八丈島に最新鋭原子力潜水艦オハイオ」でやってきたマイケル・グリーン日本部長は、小沢一郎代表に開口一番「間違わんでくれ、日米中は正三角形の関係ではない。日米同盟が基軸だ。中国とあまり親密になるな」と厳しく忠告した。この時、小沢一郎代表は、「軍門に下った」と言われたものである。

それでも米国CIA対日工作者たちは、小沢一郎代表を「暗黒人民裁判」の刑事被告人に仕立てて、マスメディアから猛烈に批判と非難の矢を浴びさせたのである。

◆だが、「信義に厚い中国」の胡錦濤国家主席温家宝首相、習近平副主席李克強副首相ら首脳陣は、小沢一郎代表を排除して、追いつめていた菅や野田に対して、露骨に嫌味な外交姿勢をとり続けて、小沢一郎代表を側面から暗に援護射撃してきた。

それが菅と小沢一郎代表の「民主党代表選挙」の最中に、中国漁船海上保安庁巡視船に激突してきた事件であった。 その後も、胡錦濤国家主席温家宝首相は、菅首相とまともに会談しようとせず、ついに、目も合わせなくなった。

野田は、小沢一郎代表を民主党から追い出し、「政党助成金」まで分配を拒否した。 これに対する中国側の反応は、痛烈だった。 尖閣諸島に公船を派遣して露骨に嫌がらせを始めたばかりか、野田との首脳会談にも応じず、温家宝首相は国際会議の場で目も合わせなかったのである。

中国は、米国CIA対日工作者たちの言いなりになり、「対日友好関係」を悪化させ、さらに「信頼厚き」小沢一郎代表までないがしろにしてきた菅、野田とは親しくつき合おうとは思わず、むしろ、関係改善を拒否してきた。 安倍の「日中外交」はこの延長線にあり、このまま放置しておくと、中国からの「猛毒襲来」に全く立ち向かえなくなり、内閣支持率にも悪影響を及ぼすハメになるのは確実である。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

米国が、アフガニスタン武装勢力タリバンと苦渋の「和平交渉」、その交渉条件と結末は?

◆〔特別情報?〕

アフガニスタンに駐留する国際部隊を指揮する米軍の司令官の交代式が2月10日、首都カブールで行われた。 アフガニスタンパキスタンの軍事情勢に詳しい筋の情報によると、米軍将兵の多くはタリバンのテロ戦術や猛攻撃にさらされて、いまや精神状態がおかしくなっている。 司令官も例外ではなく、おかしくなる度に交代せられているという。 この一方で、米国は、カタールの首都ドーハで、「駐留米軍の全滅」を叫ぶアフガニスタン武装勢力タリバンと苦渋の「和平交渉」を進めている。

 米国は、「敗北を認めなければ、米軍将兵すべてを生きて帰国させない」と断言してきたタリバンに、一体どんな条件を提示して、交渉しているのか?

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/591050f65487c0cfee3ab2f04a8569b1?fm=rssさん より

【 今回は、安倍工作員に50兆円貢がせて、借り倒しって感じのようです(笑)

 ネット上では、すでに為替介入米国債買い=米国への献金

というのが常識になっていますので、大っぴらに書けないためか、】

【】米国のデフォルト安倍首相の50兆円献金

アメリカ

米国の借金、来月2月の半ばには、ついに打つ手がなくなるそうです。

デフォルト回避に米国が取れる措置、2月半ばにも尽きる=調査

ワシントン 7日 ロイター] ワシントンに拠点を置くシンクタンク超党派政策センター(BPC)は7日、米国がデフォルト債務不履行)回避に向け講じることができる措置は早くて2月半ばに尽きる、との調査結果を公表した。

財務省は12月31日、政府の債務残高が同日中に法律で定める16兆4000億ドルの上限に達するとして、デフォルト債務不履行を回避するための措置を開始する方針を示した。ガイトナー財務長官は、公務員の一部年金基金などへの投資凍結などの措置により、政府資金の枯渇には2カ月あまりの猶予があるとの見通しを示した。

一方、BPCは、2月15─3月1日の間に財務省の資金は枯渇するとの分析結果を公表。連邦債務上限の引き上げをめぐり与野党の協議が難航し、米国がデフォルトに陥る危機に直面した2011年夏と比べ、デフォルトを回避するため財務省が取れる手段は限られているとの見方を示した。

BPCの経済政策見通しを担当する部門のシニアディレクター、スティーブ・ベル氏は、3月1日以降の資金の確保は財務省にとり難しいだろう、との考えを示した。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE90700J20130108?rpc=188

財政の崖だのデフォルトだのと、格好つけた事を言っていますが、

要は、借金でニッチもサッチも行かなくなっただけ。

これは、公表されている数字で、アメリカは、実際には

官民合わせて1京円以上の借金があるというのが通説になっています。

 1京円って、どんな数字???(笑)

 そんなこんなで、実情を知ってしまったアメリカの議員達も頭がおかしくなって、

「議会の承認ナシでガンガン借金できるシステムにしよう」だとか、

「1兆ドル硬貨を作ろう!」だとか、狂った事を言い出す始末(笑)

「議会承認なしで債務引き上げる用意を」、米民主幹部が大統領

ワシントン 11日 ロイター] 米民主党の上院指導部は11日、米国の債務不履行デフォルト)を回避するため、オバマ大統領は議会の承認なしで法定債務上限を引き上げる用意を整えるべきとの考えを示した。

リード院内総務をはじめとする民主党上院指導部は大統領への書簡で、米国がデフォルトし、世界経済の危機を引き起こすことがないよう、大統領は権限上認められている「あらゆる合法的手段」を講じるべきだと訴えた。

債務上限引き上げをめぐる議会の協議難航が予想される中、大統領が議会の承認を得ずに上限を引き上げる構えを示せば2011年のような混乱を回避できるとの狙いがある。

書簡ではまた「米国の経済や信用が人質にされるような状況は決して容認しないという姿勢を明確に示さなければならない」と主張した。

一部のアナリスト民主党議員の間では、米政府債務の有効性が問題にされることはないとする合衆国憲法修正第14条の下で、大統領には独断で債務上限を引き上げる権限があるとの見解が出ている。 しかし、ホワイトハウスは今のところこの選択肢に否定的な見方を示しており、ある上院民主党関係者によると、別の法的な選択肢が模索されている。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE90B00Q20130112

米、1兆ドルコイン発行? 債務不履行回避へ奇策浮上

ワシントン=山川一基】「政府債務上限」の引き上げを巡って米与野党の協議が難航すると予想されるなか、米政府が額面1兆ドル(約88兆円)のプラチナ硬貨を発行し、予算を水増ししてデフォルト債務不履行)を回避しようという奇策が浮上している。

米国の国債発行残高は昨年末、現在法律で定められている上限の約16兆4千億ドルに達してしまった。

米議会が速やかに上限を引き上げなければ、米国がデフォルトに陥る恐れがある。

紙幣の発行は連邦準備制度理事会(FRB)が独占しているが、記念硬貨に関する法律によると、財務省は適切な額面と量のプラチナ硬貨を発行できる。 ならば額面1兆ドルの硬貨を発行してFRBに預け、財務省の口座に計上して決済に使ってしまおうという案だ。

朝日新聞デジタル 1月11日(金)0時19分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130111-00000001-asahi-bus_all

で、最終的にどうなったのか?

もちろん、いつものように日本からカツ上げして、しのぐそうです(笑)

またまた、いつものようにユダヤ米国工作員政治家米国債を購入させるパターン!

為替介入外国為替平衡操作)の本当の意味とは?

http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20111206/1323132634

▼ドルの没落と為替介入外国為替平衡操作

http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120601/1338510601

今回は、安倍工作員に50兆円貢がせて、借り倒しって感じのようです(笑)

 ネット上では、すでに為替介入米国債買い=米国への献金

というのが常識になっていますので、大っぴらに書けないためか、

日本語での情報は、まだないようです。

 Abe Aids Bernanke as Japan Seen Buying Foreign Debt

http://www.bloomberg.com/news/2013-01-13/abe-aids-bernanke-as-japan-seen-buying-558-billion-foreign-debt.html

えーと、誰だっけ?安倍晋三とか言ったっけ?

 消費税で10兆円を日本の国民から絞り取って、

アメリカに50兆円あげちゃうんだ?

 さすが、ユダ米工作員! 太っ腹だね?(笑)

  ↓

http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20130114/1358161143   さん より

【かく屁理屈を並べ立てるが、自己チュー極まりない世界観こそが超自己チューな作風を生み出すことになる。 やはり問題は彼らの超尊大な世界観であるといっておきたい。】

【】 日米はASEAN重視に舵取りを変えた

  ◎

 二月下旬に安倍首相が訪米し、日米同盟の絆の深さを確認することになっている。

 消息筋はTPP参加の明言ができないためF35次期ステルス戦闘機など一千億円程度の武器購入が安倍訪米時の手土産だろうと勝手な推測をしている。

 巨大な手土産は安倍新外交の成果である。

 これは新兵器システムなど金額ではかれるものではない。

 一年前、オバマ大統領はAPECハワイ会談で対中囲い込み政策を示唆し、訪豪しギラード豪首相とダーウィン基地へ飛んだ。米海兵隊の駐留予定基地でアジアへの安全保障の濃厚な関与を宣言した。同時にクリントン国務長官ミャンマーへ飛び、制裁をやめ大々的梃子入れを約束した。ベトナムには米空母が寄港し、アジア各国は米国の本格的アジア復帰を歓迎した。

 このままでは東シナ海から南シナ海が海洋覇権を求める中国の海と化け、海洋の法の支配は存在しなくなるところだった。

 イラクから撤退完了した米国はアフガニスタンからも2014年を目処に撤収し、次はアジア関与戦略が本格化する。補完の役目を日本が担うことになり、辺野古オスプレイなど前民主党政権が悪化させた日米関係悪化の材料は消えつつある。

 安倍政権発足直後、麻生財務大臣ミャンマーへ飛んだ。そこで過去累積の五千億円借款を事実上帳消しにし、新しく五百億円を供与して工業団地を建設する。ミャンマーを経済影響下においてきた中国としては不愉快な出来事である。

岸田外相はフィリピンなどを訪問したが、とくにマニラ政府に対して巡視船十隻の供与を約束した。フィリピンは中国に領海を侵犯され岩礁の帰属をめぐって軍事的対立を続けてきた。フィリピンはこうした文脈から「日本の防衛力拡大を歓迎する」とイの一番で支援声明をだした。

 そのうえで安部晋三首相はベトナム、タイ、インドネシアを歴訪した。

 ベトナムには巡視艇を新造し供与するほか原子炉建設、新幹線建設への協力が謳われた。

 インドネシアではユドヨノ大統領と会見し「価値観外交」を前面に出し「言論自由という価値観」「自由な市場」、そして「海洋の法の支配」などの五原則を謳った。

 これは日本外交の基本が中国を牽制しているばかりか、中国の全体主義路線や国家資本主義経済、海洋における覇権追求と対峙することを意味する。日中は明確に利益を異にして対立していく構造が外交的に確認されたのである。

 ところが日本のマスコミアルジェリアにおける過激派の日本人人質殺害事件に目がいきすぎて安倍外交アジア重視五原則を軽視した。英誌『エコノミスト』は「米国関与の時代が来た」と書いて、オバマ政権アジア回帰を特集し、「中国封じ込めがアジアを舞台に行われるだろう」とした。

 世の中がめまぐるしく変貌し、企業も置いてきぼりされる前に「チャイナ・プラス・ワン」(中国の他にも拠点)を早急に模索し始める情勢である。

 (本稿は『北国新聞』コラム「北風抄」、2月4日付けの再録です)

              ◎◎ ◎○

 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム

  ♪

樋泉克夫のコラム  @@@@@@@@

【知道中国 860回】      

   ―――嗚呼、文革精神は永遠に不滅です・・・ヤレヤレ

        『総結加強党的領導的経験』(人民出版社 1971年)    

 ▽

わが自衛隊艦船への攻撃用レーダー照射問題に対し、中国側は得意中の得意ワザである屁理屈を持ち出した。日本側による「無中生有(デッチあげ)」とは、いくらなんでもムチャクチャだろう。だが、そんなことは承知のうえ。自分のデッチあげなどは一向に気にしない。さもそれらしく日本側の「非」を捏造し論い、休む間もなくガナリ立てることで敵を脅し沈黙させ、やがて籠絡し、中国の側に「理」があると思い込ませてしまう。

中国では昔から槍桿子と筆桿子の2つの兵器があった。今風に表現するなら後者はソフト・パワーということになる。つまりペン、写真、映像などのメディアだ。歴史的を振り返ると、敵を攻撃する場合は槍桿子、つまり軍事兵器よりは筆桿子の方が威力を発揮したように思える。 近現代中国において筆桿子の威力を知り尽くしていたがゆえに最も効率的に駆使したのが、じつは「政権は鉄砲から生まれる」との名言を吐いた毛沢東だった。

 その毛沢東の“最も忠実な弟子“たちが、セッセセッセと書き紡ぎだした屁理屈の極みとも言える文革理論の数々だが、この本は毛沢東の権威を最高潮に持ち上げようとしていた当時、「人民日報」「紅旗」「解放軍報」などの理論紙誌の社説や、北京、雲南省山東省遼寧省江蘇省河南省などの共産党委員会が発表した論文を集めたものである。

 文革理論とはいうものの、現時点で読み返せば噴飯モノのお笑い種。なかでも江蘇省委員会名で発表された「党の優良な作風を発揚しよう」はおススメの爆笑モノだ。

「党の作風問題は重大な原則問題であり、路線と密接な関係を持つ。路線には路線の作風があり、とどのつまり作風は定められた路線に服務するものである。党の優良な作風に注意することによって、はじめて毛主席プロレタリア階級革命路線を貫徹することが保証できるのである。これに対しマルクス主義に反対する一切の悪い作風は、凡て毛主席の革命路線貫徹にとって極めて重大な障害となるのだ。だが、この認識が不足している同志にあっては、往々にして作風を小事と思い込み、作風が悪かろうが路線との関係は大きくはないと看做しているが、これは完全な誤りである」

これだけでは何を言いたいのか隔靴掻痒で莫明其妙(チンプンカンプン)だが、我慢しつつ次に読み進めば、彼らの意図が浮かんでこようというものだ。

「人びとの作風というものは、定まった世界観によって決定される。 プロレタリア階級の世界観はプロレタリア階級の作風を生み、ブルジョワ階級の世界観は必然的にブルジョワ階級の作風を表すことになる。 我われはブルジョワ階級の世界観を大いに打ち破ることで、唯心精神をサッパリと洗い流し、弁証法的唯物主義と史的唯物主義によって構成されたプロレタリア階級の世界観を樹立してこそ、我われの作風を徹底的に改め、党と人民の求めに応ずることができるのである」

 かくて最後は、「偉大なる社会主義の祖国は日々に発展している。 偉大なる毛主席を頭とする中国共産党の導きがあり、偉大なる中国人民解放軍プロレタリア独裁の強い支えとし、偉大なる中国人民の英雄的戦いがあってこそ、我われは必ずや前進勝利し、未来への道を妨げる一切の障害物を取り除き、社会主義革命と社会主義建設においてさらに大きな勝利を奪取することができるのだ!」と結ばれている。

かく屁理屈を並べ立てるが、自己チュー極まりない世界観こそが超自己チューな作風を生み出すことになる。 やはり問題は彼らの超尊大な世界観であるといっておきたい。

《QED》 ・・・

http://melma.com/backnumber_45206_5759223/   さん より

【TPP問題。

本質は、非関税障壁の分野の各種の制度、規制のルールの統一も宣言しなければならない点。 オバマ大統領に確認するならば、非関税障壁の分野の聖域無きルールの統一の宣言もしない、ということも関税分野と合わせて聞いてもらわなければならない。】

福島第一原発、非常用復水器問題。

 大きなニュースになってきた。  現場が確認できるにもかかわらず、それを拒む為にウソの説明をした東電。  まだ他にもあるのではないか?福島第一原発事故

 地震で配管損傷があったのか、それとも、津波が原因なのか?まだ、事故原因は解明されていない。  以前から、主張している通り、地震から津波までは非常用電源が動くので、プラントパラメ−タは記録されていなければならない。

非常用復水器が、どう動いたのかを含めて、その記録が鍵。】

【】 「TPP問題。本質は、非関税障壁の分野の各種の制度、規制のルールの統一も宣言しなければならない点」  TPP/WTO/グローバリズム

川内 博史氏のツイートより。https://twitter.com/kawauchihiroshi

 昨日の予算委員会

TPPについて「聖域無き関税撤廃が参加の前提か否か、日米首脳会談で確認する」と、安倍総理

 前提では無い。

 撤廃を宣言することが、参加のルール。

従って「宣言しなければならないのか」と、確認しなければならない。

さっきは、少し言葉足らずだったかもしれない。

 TPPとは「聖域無き関税撤廃が前提」ではなく、「聖域無き関税撤廃を宣言することが前提」なのだから、正確にオバマ大統領に聞かなければ、正確な回答にはならないのではないか、という趣旨。

「日本は、宣言しないけど、それでも、良いか」と。

TPP問題。

本質は、非関税障壁の分野の各種の制度、規制のルールの統一も宣言しなければならない点。

オバマ大統領に確認するならば、非関税障壁の分野の聖域無きルールの統一の宣言もしない、ということも関税分野と合わせて聞いてもらわなければならない。

福島第一原発、非常用復水器問題。

 大きなニュースになってきた。

 現場が確認できるにもかかわらず、それを拒む為にウソの説明をした東電。

 まだ他にもあるのではないか?福島第一原発事故

 地震で配管損傷があったのか、それとも、津波が原因なのか?まだ、事故原因は解明されていない。

 以前から、主張している通り、地震から津波までは非常用電源が動くので、プラントパラメ−タは記録されていなければならない。

非常用復水器が、どう動いたのかを含めて、その記録が鍵。

 しかし、地震から津波までの間の記録がない。

 東電の説明は、記録をプリントアウトするアラ−ムタイパという機会が「紙詰まり」だったから、という信じがたい理由。

 しかし、どんなレガシィシステムであっても、システムログが残っていて、ある程度のことは解る筈。

総選挙直前、東電に調査を要請した。

 総選挙後、私が落選してしまった為に、調査は進んでいない。

 国会事故調の調査をウソの説明で拒んだ今回の件といい、まだまだ明らかにしなければならないことが、たくさんある。

http://sun.ap.teacup.com/souun/9998.html   さん より

【日本の統計もあてにならないのは昔から言われていることで、特にGDPや消費者物価指数などは架空の数字であり、それをベースに経済成長目標を言うのは本来なら架空の数字を言い合いしているのと同じであり、意味のない

話になります。】

【】 水増しGDP(中国)

・・・ このような事例をすべて計算しなおせば、中国のGDPは少なくとも30%以上水増しされているとも言われており、

中にはどの数字が本当か、皆目見当もつかないという専門家もいます。

・・・

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4398595.html

さん より

【】

【】

さん より

【】

【】+

さん より

【】

【】

さん より

【】

【】

さん より




【 ドイツでは体全体の放射能汚染を測定してくれるが、日本政府医師会が禁じているという。 恐ろしい政府と東電の罪は計り知れない。】

【】 <福島・放射能症候群>

どうもおかしい。 体調が狂い始める隣人が増えている。・・・

 ドイツでは体全体の放射能汚染を測定してくれるが、日本政府医師会が禁じているという。 恐ろしい政府と東電の罪は計り知れない。

2013年2月11日6時45分記 本澤二郎の「日本の風景」(1276)

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52020950.html  さん より

【 米戦争屋ネオコンは常に、一石二鳥、一石三鳥を狙います。 北朝鮮核実験させる秘密作戦の費用対効果とは、

(1)米国内で不可能な本格的核実験のデータが収集できる。】

【】 貧乏国・北朝鮮が単独で核実験できるほど核技術開発は甘くない:その背後関係を読まないとわれら国民は大損する!

1.核廃絶宣言でノーベル平和賞をもらったオバマは4回も核実験を行っている

・・・

4.核実験北朝鮮が単独でできるほど簡単ではない

軍事用核技術の開発は各国軍事勢力にとってもっとも関心の高い軍事技術開発ですが、軍事用核技術開発に核実験は必須です、核実験なしの核技術開発はあり得ません。

しかも、核実験を実行するには高度の技術開発力が求められます、その意味で、あの貧乏国・北朝鮮が単独で核実験できると考えるには無理があります。 この素朴な疑問を日本のマスコミは決して取り上げず、ただひたすら、北朝鮮核危機を煽るのみです。

つまり、北の核実験は高度の核技術を有する勢力の協力が不可欠です。 本ブログでは、その協力者こそ、米戦争屋ネオコン(イスラエル軍部やモサドや英国MI6を含む)ではないかと考えます(注12)。 ちなみに、北朝鮮はMI6をもつ英国と国交チャネルを開いていますから、そのルートでいくらでも核技術協力を得られるのです。

米戦争屋ネオコンは常に、一石二鳥、一石三鳥を狙います。 北朝鮮核実験させる秘密作戦の費用対効果とは、

(1)米国内で不可能な本格的核実験のデータが収集できる。

(2)北朝鮮脅威を米国民に訴求して極東米軍予算リストラが回避できる。

(3)北朝鮮脅威を煽り、日韓に迎撃ミサイル他、さまざまなハイテク兵器を高値で売り付け、米軍事産業を潤すことができる。

上記の見方は、本ブログの大胆な推理に基づいていますが、われら国民は、昨今の

極東危機の背後に潜む米戦争屋ネオコンの極東戦略を見抜く必要に迫られています、

さもないと、彼らにとことん振り回されて大損することになります。

・・・

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/31428203.html   さん より

【 これを回避すべく国内にきちんとした職を求めるべきと判断するのである。

これが難しければ、将来が期待出来るベトナムミャンマーインド市場などに職を求め移転収支拡大に貢献すべきと思う。

 将来有望な若者を、中国市場の様な将来の期待出来ない市場で無駄使いすべきではない。本人に取っても日本経済に取っても良くない】

【】中国市場が日本の若者に取って「ハイリスク ローリターン」の市場に成り下が

ってしまったという理由が全てであると思う。着の身着のまま帰国する可能性も高い。

   2013年2月11日 月曜日

◆未来ある若者は決して中国とは関与すべきでない 2月10日 山口厳

・・・ マスコミは危機を煽って視聴率を稼ぐことばかりで、そんな内情にはちっとも触れませんね。 今回のレアアースについても、日本の商社マンや技術者なら、中国の輸出規制の問題など乗り越えてしまいますよ。

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/9ead10f206b967b746c7de1e3d56dcbd?fm=rss

 さん より

【「ムサシ」は得票の管理・保管場所を全国に確保しているのだろうか。 清き1票が民間会社の倉庫に保管される?こんな日本でいいのだろうか。

【】<霞が関・驚愕の噂話> <勝英二郎の華麗な天下り先>

 <不正選挙の黒幕説?>本澤二郎の「日本の風景」(1275)  

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52020791.html

2013年02月10日 「ジャーナリスト同盟」通信

 <霞が関・驚愕の噂話>

 今日2月10日は春節。お目出度い日だが、テーマは厳しい。振り返ると、現役時代の筆者は、永田町の権力闘争にばかりに目を向けていた。個人的に、それは実に楽しい年月を過ごしてきたことになる。ただし、ジャーナリストとしては十分ではなかった。取材の宝庫は、大手町霞が関もそうだったのだ。地底・闇の蠢きを知るには、財閥と霞が関の官僚の懐に入る必要があった。そこが欠けており、現在は大いに反省している。若い記者諸君は、この3角形にバランスよく入り込むよう忠告したい。先頃、事情通が驚愕すべき霞が関の情報を提供してくれた。野田内閣で消費増税を強行した主犯格で有名になった勝英二郎・財務事務次官のことである。

<勝英二郎の華麗な天下り先>

 ・・・

<不正選挙の黒幕説?>

「ムサシ」への司令塔ではなかったのか、というすごい見方も。ネット情報にも出ている、と事情通はメール配信してきた。

消費増税の強行に対して民主党は分裂した。小沢の決起に多くの市民が賛同した。「小沢党が勝つ」と信じた筆者である。それは小沢と勝の決戦でもあった。

軍配は勝に上がった。

 消費増税を覆させるという小沢党にマスコミは味方しなかった。勝に味方したことになろう。官界と言論界の談合である。それにしても官界と言論界と財界に戦いを挑んだ小沢は、破れたとはいえども立派だ。ドンキホーテ人気が衰えない理由であろう。

 問題は、そうした小沢ドンキホーテを受け入れなかった有権者・市民に責任があるのである。12・16総選挙は勝にとっても正念場だったのだ。

<電通・CIA説も>

 不正疑惑の犯人を電通だ、CIAだとする見方もネット情報に流れている。そこに多少の因果関係を認めることが可能だからだ。

 マスコミの不公正な報道に電通が関与してることは、マスコミ人間の全てが理解している。広告を牛耳る電通が新聞テレビをコントロールすることは、もはや常識の部類にはいる。

 こんなことさえ知らないで、日本に「言論の自由がある」と言い張るおバカさんは、外国の日本研究者の中にもいる。

 自公政権の復活に財閥・官閥・CIAが狂奔したであろうことは、現場を見ていなくても、誰でも想像できる。「証拠を見せろ」とわめく輩がいるかもしれないが、少しの教養さえあれば誰でも見抜くことが出来る。

 安倍内閣は国民の思いに反して、原発の再稼働はおろか新増設や原発輸出に突き進んでいる。既に明白なことである。原発ゼロとか脱原発の声が、列島から消えてしまっている。不思議に思わないのか。

<米国の手口そっくり?>

・・・

<操作不能のプログラムは簡単>

 事情通は「不正選挙を止めるプログラムは簡単に出来る」と断言する。 なぜ、そうしないのか、と怒っている。

 プログラム開発会社の富士通に対して、国民の意思として指示すれば、それで十分というのだ。

 余談だが、小沢と菅が争った民主党代表選挙の党員票開票でも不正が行われたという。「党員票の3割がムサシの筑波倉庫で処分された」と具体的な場所まで指摘されている。これに民主党は2億円を支払ったという。この疑惑解明に同党は、公正な第3者に調査を依頼してはどうか。 市民派菅直人の疑惑は3・11の対応ばかりではないのか。市川房江イメージに毒されてきたジャーナリストにとって、頭が混乱してしまう。

 「ムサシ」は得票の管理・保管場所を全国に確保しているのだろうか。 清き1票が民間会社の倉庫に保管される?こんな日本でいいのだろうか。

・・・ http://www.asyura2.com/13/senkyo143/msg/684.html  さん より

Connection: close