NKの研究室

2013-08-15

[]フォルダ内の画像をブラウズする

ここを参考にして、index.phpとしてコピペ

XREA.COMなのでphpcgiとして使えるように.htaccessを作成。

index.phpをindex.cgiリネーム

php5.3以降だと使えない関数があった(eregi)のでphp5.2で動くようにindex.cgiに記載。

画像フォルダの設定と、デフォルトで背景が白になるように修正。

2013-02-26

[]iPhone4をベースバンドを維持しながら6.1.2へアップしてjailbreak

・上記と同じ段取りで「iPhone3,1_6.0_10A403_Restore.ipsw」と「iPhone3,1_6.1.2_10B146_Restore.ipsw」を使って6.1.2にアップ。

iTunesに繋いで新規iPhoneとして設定。

・Evasi0nでjailbreak

[]脱獄アンロックしたiPhone3Gをベースバンドを維持しながら6.1.2へ?

・とりあえずiTunes暗号バックアップ

iTunesを終了。

ここを参考にしてiOS6.0と6.1.2のファームウェアダウンロード

・Redsn0w0.9.15b3で「Extra」→「EvenMore」→「Restore」→「IPSW」→「iPhone2,1_6.1.2_10B146_Restore.ipsw」を選択→「『ベースバンドを維持するか?(Prevent baseband update?)』でYes」(SHSHについては聞かれず)

・自動的に3GSでリカバリー開始。→Restore Successでリカバリーモードに

・Redsn0wで2回backして、「SelectIPSW」→「iPhone2,1_6.0_10A403_Restore.ipsw」を選択→「is this newer(fixed) model?」にはよくわからないがとりあえずNoで答える。→「RecoveryFix」

・DFUモードに入ると自動的にRedsn0wが進む。

・Redsn0wがDone!になって、3GSが再起動

iTunesにつなげてもactivateできないので、softbankSIMに差し替えてからiTunesにつないでバックアップから復元。

・続いてここを参考にEvasi0nでjailbreakへ。

iTunesバックアップ暗号化を外す。→自動的にバックアップ開始。

・Evasi0nでjailbreak開始。

・Evasi0nの表示に従って、3GSのスリープを解除し、Evasi0nのアイコンをタップ。→Evasi0n終了し3GS上で作業進行しjailbreak終了。

・Redsn0wの「ticket」で保存していたactivation ticketを書き戻し、電源オフ。

・docomoSIMに差し替えて電源オン。

・キャリアはDOCOMOで出るが、圏外のままでネットワークに繋ごうとすると「POP認証に失敗しました」

・APNの設定が空欄になっていたのでbmobileの設定にすることで、圏外表示のままだがネットワーク接続可能となった。

2012-08-28

[]脱獄アンロックしたiPhone3GSiOS5.1から5.1.1にアップデート

redsn0wが5.1.1に対応したというので、試してみた。

2012-04-26

[]iPhone3GSを脱獄→アンロック

"http://jailbreakers.info/iphone脱獄の方法/ios5-1を搭載したiphone4iphone3gsを紐付き脱獄する方法/"を参考にしてredsn0wで脱獄。

DFUモードへうまく入れず、リカバリモードになってしまう。何度かやっているうちにDFUモードに入ることができた。

念のためにCustumIPSWを作成する方法を選ぶ。

iTunesからCustumIPSWでの復元をやったが、Cydiaインストールされてなかったので失敗した模様。

再びDFUモードに入り、今度はCustumIPSWを使わない方法でやってみる。

最初の画面で先に進まなくなったので、一旦あきらめCustumIPSWを使って復元しようとしたらiTunesでエラー。

サイドCustumIPSWを使わない方法にチャレンジ。

今度は先に進み、Cydiaインストールされていることを確認。

続いて、ここを参考にしてアンロック。

リポジストリ http://repo.bingner.comCydiaに登録。

SAMをインストール

WiFiをオフにしてSAMPref。

SIMのIMSIをコピーしてもだめで、SAMのIMSIをコピーすることでアンロック成功。

Redsn0wで/var/root/Library/Lockdown/をバックアップ

APNをb-mobile基本料0円SIM用に設定。

2011-10-23

[][]EeePC901 16Gにubunto11.10をインストールしてみる。

以前にインストールしたubuntuが古いため新しいバージョンにアップデートしようとしたら空きメモリが足りないと言われて出来ませんでした。ということで、もう一度1からubuntoをインストールすることにしました。

前回と同じ段取りでディストリビューションは最新であろうubunto11.10Liveを選び、カードリーダーに刺した16Gの新しいmicroSDHCを右のUSBに刺して(今回はD:\になってました)ダウンロード開始。

前回インストールしたmicroSDが8Gだと思っていたら2Gだったのでインストールできず、他に使っていた8GのmicroSDのデータをこの2Gに移動して、8GのmicroSDインストールし直し。

バージョンが新しくなってインストール画面もだいぶ変わっているのでちょっととまどう。起動時にInstall ubuntoを選んでみた。

とりあえずここを参考にして先に進んでみる。日本語が出てこないので英語のままなのでちょっと面倒。

インストール先のUSB(というかmicroSDHC)のファイルシステムを以前のext2にしたのだがもしかしてext4の方が良かったのか?

マウントポイントの設定をせずに進もうとしたのでエラーで進めず、マウントポイントはルートにしてみた。swapも作らず全部ext2で良かったのだろうか。

ユーザーのアイコンを設定する画面でボタンが画面の下に切れてしまっていて少しつまずいたが、workspace Switcherで回避。

とりあえずインストールも完了し、再起動してみたところなんとか動く模様。