Hatena::ブログ(Diary)

北海道大学大学院理学院 科学技術コミュニケーション研究室

2016-07-11

雑誌『科学技術コミュニケーション』合評会のご案内(7月26日)

第6回目となる「JJSCを読む会」(雑誌『科学技術コミュニケーション』の合評会)を下記の通り開催します。今回は、先月発行された第19号の中から、3本をとりあげます。

第6回「JJSCを読む会」

日時

2016年7月26日(火)18:30〜20:30

会場

北海道大学情報教育館4階 共用多目的教室(1)
札幌市北区北17条西8丁目(北図書館の隣の建物です)
地下鉄南北線北18条」駅から徒歩10分/JR札幌」駅北口から徒歩25分
▼地図 http://d.hatena.ne.jp/nmikami/00000003

参加費など

参加無料。事前申込み不要。当日直接会場へお越しください。

とりあげる論考と評者
  1. 科学コミュニケーション入門としての大学公開講座の可能性:「高校生のための金曜特別講座」参加者のセグメンテーション分析」『科学技術コミュニケーション』第19号:17-29頁.(http://hdl.handle.net/2115/62310)【評者:小坂有史】
  2. 「市民参加による生物モニタリングが参加者の学びと地域への関心に及ぼす影響:チノービオトープフォレストにおける事例紹介」『科学技術コミュニケーション』第19号:43-56頁.(http://hdl.handle.net/2115/62312)【評者:岡崎朱実】
  3. 東日本大震災後、科学コミュニケーターは何ができたのか」『科学技術コミュニケーション』第19号:57-70頁.(http://hdl.handle.net/2115/62313)【評者:杉田恵子】
主催

「JJSCを読む会」実行委員会

共催

北海道大学大学院理学院自然史科学専攻科学コミュニケーション講座

協力

北海道大学CoSTEP

その他
  • 今回取り上げる論考のほか、『科学技術コミュニケーション』の掲載記事は、すべて同誌のウェブサイトhttp://costep.hucc.hokudai.ac.jp/jjsc/)から無料でダウンロードできます。
  • 「JJSCを読む会」実行委員会は、上記の共催・協力組織の教員や大学院生、受講生など有志若干名で構成します。今回の実行委員(*印=責任者)は、川本思心、種村剛、三上直之*です。
問い合わせ先

「JJSCを読む会」についてのお問い合わせは、次のアドレスまでメールでお願いします。rjjsc[a]high.hokudai.ac.jp([a]を@に変えてください)

2016-06-16

大学院入試の募集要項配布が始まりました

今年の夏に行われる平成29年度理学院入試の募集要項の配布が始まりました。配布は理学院の窓口及び郵送で行っています。また下記の所からダウンロードも可能です。

日本語版募集要項 http://www.sci.hokudai.ac.jp/graduateschool/entrance/recruitment

英語版募集要項  http://www.sci.hokudai.ac.jp/english/index.html

2016-06-02

北海道大学公開講座(全学企画)の受講者を募集中

http://educate.academic.hokudai.ac.jp/center/koukaikouza_2016/h28_koukai.files/image003.gif

恒例の北海道大学公開講座(全学企画)が、今年は7月4日(月)〜25日(月)の日程で開かれます。今年のテーマは「「国のかたち」を案ずる時代の知恵」。下記の8人の北大の研究者がお話しします。

受講には事前申込が必要で、6月24日(金)まで受け付けています。受講料は8回分で5000 円。興味やご都合に合わせて一部の回だけを受講していただくこともでき、その場合1回1500円となります。

問い合わせ・申し込み

北海道大学学務部学務企画課(教育支援担当)、電話 011-706-5567(直通)

詳細はリーフレット(PDF)をご覧ください。

平成28年度 北海道大学公開講座 (全学企画)「「国のかたち」を案ずる時代の知恵」

講座内容

戦後70年の節目を機に、「国のかたち」が多くの人の思案と議論の的となる時代を迎えています。安全保障や憲法の問題はとくにホットな論点ですが、大事な話はそれだけではありません。超高齢社会における医療。経済格差と教育。技術革新が生み出す新しい食料生産。観光立国の可能性と課題。真に持続可能な循環型社会のしくみづくり。そして、この国土に生きる私たちの自然災害への向き合い方。本講座では、こうしたトピックに関する最新の研究について北海道大学の8人の研究者がお話しし、幅広い視点から「国のかたち」について考えます。

日程

2016年7月4日(月)〜25日(月) 18:30〜20:30
(但し7月18日(月・祝)のみ13:00〜14:45及び15:15〜17:00)

定員

100名程度

受講料

5000円(全8回の講義のうち、定員に余裕がある場合は、特定回のみ単発で受講することが可能です。希望される講義の開催3日前までに問い合わせ先までご連絡ください。なお,特定回の受講料は1回あたり1500円です。)

会場

北海道大学情報教育館3階 スタジオ型多目的中講義室(札幌市北区北17条西8丁目)
(但し、7月18日のみ北海道大学学術交流会館小講堂(札幌市北区北8条西5丁目))

各回の講義題目と講師
  • 第1回(7月4日)「自然災害は予測できるか」(農学研究院 丸谷知己 特任教授)
  • 第2回(7月7日)「高齢化社会と創薬」(薬学研究院 堺谷政弘 准教授)
  • 第3回(7月11日)「現代日本における子育てとお金」(教育学研究院 鳥山まどか 准教授)
  • 第4回(7月14日)「戦後民主主義の思想と冷戦終焉後の変容」(法学研究科 権左武志 教授)
  • 第5回(7月18日)「ITロボット技術が支える新しい農業の姿」(農学研究院 野口伸 教授)
  • 第6回(7月18日)「海洋生物資源を理解して上手につきあう」(北方生物圏フィールド科学センター 宮下和士 教授)
  • 第7回(7月21日)「観光がつくり変えるこの国のかたち」(メディア・コミュニケーション研究院 岡本亮輔 准教授)
  • 第8回(7月25日)「よいリサイクルかどうかの見分け方」(工学研究院 松藤敏彦 教授)
修了証書など

6回以上受講した方には、最終講義終了時に修了証書を交付します。また本講座は道民カレッジ連携講座として指定されています(教養コース16単位。6回以上の出席が必要)。

2016-06-01

2017年度大学院入試情報

f:id:nmikami:20151018180236j:image:w360

当研究室で大学院生(修士・博士後期課程)として学びたい方は、北海道大学大学院理学院自然史科学専攻科学コミュニケーション講座を受験し、合格する必要があります。

出身学部は問いません。文系学部出身の方も受験できます。

入試は例年8月と2月に行われます(2月は二次募集で、8月の入試の状況によっては行われない可能性もあります)。

入試説明会情報

募集要項は6月中旬に発表予定

今年8月に実施される入試(2017年4月入学)の募集要項は、6月中旬頃に下記の理学院のウェブサイトで発表される予定です。

北海道大学大学院理学院募集要項
http://www.sci.hokudai.ac.jp/graduateschool/entrance/recruitment

過去の入試問題はウェブで公開しています

科学コミュニケーション講座の過去の入試問題は、下記のサイトで公開しています。合わせてご覧ください。

科学コミュニケーション講座の過去の入試問題
http://sc.sci.hokudai.ac.jp/examination/past_exams

研究室への訪問・見学

研究室への訪問・見学などは、いつでも受け付けています。早めの相談をお勧めします。連絡先からメールなどでお申し込みください。

大学院進学については、過去にこのブログで下記のような連載記事を掲載しました。少し情報が古いところもありますが、進学をお考えの方はこちらも参考にしてください。

シリーズ進学案内(1)北大キャンパスへようこそ
シリーズ進学案内(2)研究室生活の環境
シリーズ進学案内(3)科学コミュニケーション講座について
シリーズ進学案内(4)修士課程のカリキュラム(上)
シリーズ進学案内(5)修士課程のカリキュラム(下)
シリーズ進学案内(6)CoSTEPでも並行して学ぶ、という選択肢
シリーズ進学案内(7)修了後の進路について
シリーズ進学案内(8)修論の作成を通じて身につくこと

2016-05-27

大学院 科学コミュニケーション講座の入試説明会

2017年度(平成29年度)大学院入試に向けた理学科学コミュニケーション講座の説明会を、下記の通り開きます。講座の教員が出席し、講座の概要や各研究室の教育・研究内容を紹介するほか、出願に際しての質問なども受け付けます。大学院受験を検討されている方は、この機会をぜひご活用ください。

科学コミュニケーション講座 入試説明会

日時:2016年6月26日(日)13:00〜14:00

場所:北海道大学総合博物館(理学部本館)北側3階 N308教室

募集要項は6月中旬から配布

2017年度(平成29年度)入試の募集要項は、理学院のウエブサイトで、6月中旬から配布予定です。

理学院全体の東京説明会

6月18日には東京で、理学院全体の説明会が開かれます。時間や会場などの詳細は、理学院のウエブサイトでご覧ください。

科学コミュニケーション講座について

科学コミュニケーション講座は、科学技術コミュニケーションや科学技術社会論、科学基礎論、博物館学、科学教育など、科学コミュニケーションや関連する諸分野について専門的に学び、修士・博士の学位を取得できるプログラム(修士課程・博士後期課程)を提供しています。

大学院と並行して科学技術コミュニケーター養成プログラム(CoSTEP)を受講し、実践的なスキルを高めることもできます。

研究室訪問、進学のご相談などは随時受け付けています。こちらからどうぞ。