Hatena::ブログ(Diary)

Rails etc... Memo

2015-01-09

[][]PySideインストール on Windows

PySideのインストール手順

1.Pythonインストール(割愛)

今回はPython2.7を入れてある環境でやってる。

2.pipのインストール

このファイルダウンロードする。

コマンドラインから、pythonインタープリタダウンロードしたpyを実行する。

python get-pip.py

f:id:noazoh:20150108200242p:image

pipは、Pythonインストールディレクトリ配下のScriptsフォルダに配置される。今後のために、この場所を環境変数PATHに追加しておく。

3.pip経由でPySideをインストール

コマンドラインから次を実行

pip install -U PySide

f:id:noazoh:20150108201841p:image

Pythonインタープリタ

import PySide

とやってエラーにならなければOK。

4.パッチ当てる

http://textmagic.dip.jp/trac/pyside/wiki/WikiStart/intro03

のページの、「7.パッチを当てる。(PySide1.2.xxの場合、py2exeで作成した実行形式が起動時にエラーで落ちるので、それを回避する。」にあるようにやる。

(実際エラーで落ちるのかどうか試してはいない)

----

IDEインストール

ここまでの手順で、QtDesignerとQtLinguistはインストールされるが英語版だった。

場所はここ

C:\Python27\Lib\site-packages\PySide\designer.exe
C:\Python27\Lib\site-packages\PySide\linguist.exe

これでもいいんだけど、QtCreatorを入れて日本語化することにした。

http://www.qt.io/download-open-source/#section-6

ここからインストーラダウンロードして実行。日本語化されたものがインストールされる。

ここで、自分の環境が仮想デスクトップだからだと思うが、ディスプレイドライバOpenGLに対応していない旨のエラーメッセージが出る。全体的に挙動不審なので使用を断念。制約の少ない環境で別途試す時が来たら試してみようと思う。

QtDesignerに戻る。これを単体で日本語化する方法がわからず。いつも、こういう事に長時間時間を食ってしまうタチなので、今はあきらめることにする。

結局、PyQt4に同梱されているQtDesignerが日本語化されていたので、PyQt4も入れて、そちらでインストールされたexeを使っている。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/noazoh/20150109/1420795831
リンク元
Connection: close