Hatena::ブログ(Diary)

美味しい、楽しい、嬉しい日記 (ワイン、ドイツワイン、料理、旅、日々の生活) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-08-18

  ワインクイーンの交代

f:id:noblin:20090818084614g:image

ヤコブスタークは土曜日から始まり月曜日までの3日間続きます。

f:id:noblin:20090818084619g:image

土曜日はパレード、日曜日には1年間が任期ワインクイーンの交代式が行われます。

司会はアクセル・エーマートさんです。

f:id:noblin:20090818084615g:image



彼は10年近く組合会長さんを務めています。

1年間クイーンを勤めた労をねぎらい

f:id:noblin:20090818084616g:image

新しいクイーンを迎えます

f:id:noblin:20090818084617g:image


1988年生まれの21歳だそうで私が初めてモーゼルを訪ねた年に生まれたお嬢さんでした

f:id:noblin:20090818084618g:image



さいごのさいごまで楽しくすごしたワインの旅でしたがいよいよ帰国です。

ホテルのオーナーマダムペーターたちとモーゼル最後のショットです

f:id:noblin:20090818084620g:image

そして無事日本

f:id:noblin:20090818084621g:image

またご一緒しましょうね〜(^o^)

2009-08-17

 ヤコブスターク

f:id:noblin:20090817065636g:image



7月25日午後、フランツェンさんのところからとてもいい気分でトラーベン・トラーバッハまで戻ってくると街は華やいだ雰囲気に溢れていました。

f:id:noblin:20090817065637g:image



毎年7月の最終週末に「ヤコブスターク」というお祭りがあります。

これは中世からのワイン仕事にまつわる職人組合の行事で「樽を作る人」や「農耕機具を作る人」などの職人さんが中世衣装パレードを行うというものです。

f:id:noblin:20090817065638g:image

f:id:noblin:20090817065639g:image

駅前のエーマートさんの藏元前から出発して街を練り歩きます。

沿道沿いのワイングート(醸造所)では道行く人たちにワインが振る舞われるのです。

f:id:noblin:20090817065640g:image


ワインツアーのみなさんとこのお祭りを体験するのは初めてで楽しかったです。

2009-08-16

 フランツェンさんを訪ねる」

7月25日土曜日、ヨーロッパ一の急斜面にぶどうを栽培して造っているフランツェンさんを訪ねました。

トラーベン・トラーバッハからブーライまで2両編成のかわいらしい列車に乗ります。

車窓からはクノッドさんとハイキングした景色がみえてちょっと懐かしい(^o^)

f:id:noblin:20090803162239g:image

f:id:noblin:20090816085932g:image

ブーライの駅にはフランツェンさんがお迎えに来てくれていました。

車に乗ってカールモントの頂上まで連れて行ってくれました。


f:id:noblin:20090816085933g:image


絶景を見ながら「カールモント」を頂きました!

おいしかった〜(^o^)

f:id:noblin:20090816085934g:image



醸造所のあるブレム村に戻りワインプローベです。

奥さんのイリスさんが用意してくださったご馳走に高貴な滴を合わせてブンダバーな時間となりました(^o^)

いろいろなお塩とオリーブ油

f:id:noblin:20090816085935g:image

f:id:noblin:20090816085936g:image




牛肉とお野菜サラダ

f:id:noblin:20090816085937g:image





お手製ローズマリーパン

f:id:noblin:20090816085938g:image





いろいろサラダ

f:id:noblin:20090816085939g:image

しか肉のハム

f:id:noblin:20090816085940g:image



緑のスープ

f:id:noblin:20090816085941g:image

いちごチョコファオンデュ

f:id:noblin:20090816085942g:image

しあわせなわたしたち

最後に記念撮影

f:id:noblin:20090816085943g:image

2009-08-15

 シュトーク家でのワインプローベ




モーゼルクルーズからトラーベン・トラーバッハに戻り夕方からシュトーク醸造所でのワインプローベです。

まずは地下室(ワインケラー)で乾杯

f:id:noblin:20090815055342g:image

その後ハム、ソーセージの盛り合わせや美味しいパンでの楽しいワインプローベ。

ペーターとコニーの温かいおもてなしでとてもリラックスできました。

f:id:noblin:20090815055343g:image

ワインプローベが終わった後は宿泊したホテルレストランで2次会?


f:id:noblin:20090815055344g:image


ワインのあとはビールです(^o^)

f:id:noblin:20090815055345g:image

2009-08-14

 ベルンカステルへハイキング

f:id:noblin:20090814092116g:image


モーゼルに帰ってきての最初の朝、朝食が終わると隣町のベルンカステルまでハイキングをしました。




国民スポーツの「ヴァンデルン」標識も整っています。

f:id:noblin:20090814092117g:image



森歩きにはちょうどよい薄曇りで皆さんの足取りも軽く途中で見つけたブラックベリーの試食をしている人もいました

f:id:noblin:20090814092118g:image




やがて到着した山の休憩所でビール休憩

f:id:noblin:20090814092119g:image


ここではヴァイツェンビアーの中で私が一番好きな「エディンガー」の生が飲めるんですね(^o^)

f:id:noblin:20090814092120g:image

といっても500ミリリットルのグラスを全部は飲み干せないわたしですが他のみなさんはおのおの2杯はたしなまれたかなあ・・・・

わたしはといえば持参したミックスナッツの小袋にアーモンドが2個入っていたと喜び。普通は1個しか入っていないんです(^o^)



きれいに空いたグラスを後に出発

f:id:noblin:20090814092121g:image



エネルギー補給をすませた私たちはブドウ畑の中を気持ちよく歩きました

f:id:noblin:20090814092122g:image



やがてみえてきました、ベルンカステルの街並みが

f:id:noblin:20090814092123g:image

17,8世紀に建てられた木組みの家がたくさん残るかわいらしい街並みです

f:id:noblin:20090814092124g:image



しかしここでもみなさんの関心をもっとも引きつけたのは美味しそうなビールの看板

f:id:noblin:20090814092125g:image




全員一致でお店に吸い込まれていきました。

親切なサービス係のお兄さんが美味しいビールを運んでくれました

f:id:noblin:20090814092126g:image



ベルンカステルからトラーベン・トラーバッハまでの往路はモーゼルクルーズです。

直線距離では5キロの道のりを大きく蛇行しながら22キロかけて流れるモーゼル河を2時間かけて船旅でした。

見渡すかぎりの両者面はブドウ畑。

f:id:noblin:20090814092127g:image

2009-08-13

ギゼラさんとリヒャルトさんのおもてなし

トラーベン・トラーバッハに到着した夜は4月に来日したオックスご夫妻宅にお呼ばれしました。

街を一望できる小高い丘の上にあるお宅はゆったりと広く、ギゼラさんとリヒャルトさんの手料理で迎えてもらいました。

f:id:noblin:20090813091413g:image


リヒャルトさんお手製のブラート・カルトッフェル


f:id:noblin:20090813091414g:image




数々のごちそうに目移りします

f:id:noblin:20090813091415g:image



ビッフェ形式に好きなものをお皿に盛り合わせていただきます

f:id:noblin:20090813091416g:image



きょうも充実した1日でした。

2009-08-12

 ファルツからモーゼルヘ帰る」

カステルペーター&ヘンゼル合同プローベの後、列車を乗り継いでモーゼルに帰ります。

列車の中でももちろん「学習」は続きます。

ドイツと北ドイツビールの味はどう違うか、というテーマ

ミュンヘンブレーメンビールの飲み比べをしてみました

f:id:noblin:20090811202740g:image



乗り換えた駅のひとつ「カイザースラウタン」は駅から2006ワールドカップ舞台となったサッカースタジアムが垣間見えました

f:id:noblin:20090811202741g:image

モーゼルまでは4時間半と結構遠かったのですがのんびりと楽しみました。

ようやく辿り着いたモーゼルトラーベン・トラーバッハの駅にはアクセル・エーマートさんが農作業用のトラクターで迎えに来てくださいました。

ちょうどバンが使用中で「これしかなかったんだ、さぁ乗って、乗って。」と貴重な体験

f:id:noblin:20090811202742g:image

お庭でキリッと冷えたリースリングゼクト

f:id:noblin:20090811202743g:image

f:id:noblin:20090811202744g:image

このキレのよいおいしさ、あぁ、モーゼルに戻ってきたなぁ。。。と実感。

地下室にはまもなく日本に旅立つワインたち

f:id:noblin:20090811202745g:image

ギャラリーにはリッヒムートさんの描いた水彩画の数々

f:id:noblin:20090811202746g:image

モーゼル景色ワインの味にほっとしました。