ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

美味しい、楽しい、嬉しい日記 (ワイン、ドイツワイン、料理、旅、日々の生活) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-05-13 レシピ「空豆のサラダ」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:noblin:20140510135716j:image

5月の八百屋さんには「新」がつく野菜目白押し。なかでも豆類の豊富さ、この時期だけといってもいいくらいですね。

今月のワイン教室では「空豆のサラダ」をお出ししています。4月12日付け朝日新聞に掲載されていた「ワインに合う和レシピ」です。

おろしたてのパルミジャーノレッジャーノチーズをたっぷり使うのでこくのある辛口白ワインがよく合うと思います。

今月はシュトークさんのリースリング(9番)と合わせています。

材料(4人前)空豆(さやをむいて200グラム)、新タマネギ2分の1個、木綿豆腐1丁、おろしニンニク小さじ2分の1、イタリアンパセリ2枝、塩小さじ2分の1、パルミジャーノレッジャーノ30グラムオリーブ油大さじ1

作り方;

1)木綿豆腐は水切りしておく。空豆はさやをむく。新タマネギは1センチ角に切る。

2)ボウルに豆腐を手で握りつぶしながらいれる。おろしたニンニクと半量のパルミジャーノレッジャーノを混ぜておく。

3)鍋に湯を沸かし、1%(1リットルに対して10グラム)の塩を加え、空豆を入れる。2分ほどして豆がぷっくりふくれてからさらに1分ゆでる『柔らかめがよい」新タマネギを加えて30秒したら一緒にざるにあげて広げる。

4)空豆の薄皮をむく。温かいうちに粗みじんに切り、タマネギをともに2)を加える。

5)塩を振り入れて混ぜ、刻んだパセリも加える。塩味をみてからチーズの残りを加減して混ぜる。オリーブオイルを全体にからめるように混ぜる。

2014-04-20 レシピ「春野菜の豆乳バーニャカウダソースがけ』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:noblin:20140419092213j:image


きょうはイースター、そして24節気の「穀雨」百穀を潤す雨の通り昨夜からしとしと雨が降りました。お昼過ぎから晴れるらしいです。

ワイン教室が始まる13時には雨があがると言いなぁ。。。

今月のメニューは春野菜をふんだんに使ったヘルシーメニュー。

なかでも「豆乳バーニャカウダソース」は大好評です。

f:id:noblin:20140419185931j:image

材料(作りやすい分量)

玉ねぎ中くらいを4分の1&ニンニク2片(みじん切り)オリーブ油大さじ2、豆乳300ML、チーズ(ゴーダやエメンタールなどいろいろ取り混ぜ)70グラム、白みそ大さじ2と2分の1、白こしょう適宜

作り方

1)玉ねぎとニンニクをみじん切りにしてオリーブ油でゆっくりと炒めます。

2)しんなりしてきたら豆乳チーズ、白みそを加えゆっくりと溶かします。

3)最後に白こしょうで味を整えます。

バーニャカウダソースはもともと北イタリアピエモンテ地方の郷土料理アンチョビニンニクオリーブオイルに溶かし込んで新鮮な生野菜やパンを浸していただくものですがこれはベジタリアンの方用にアレンジしてアンチョビを使わずに作ったソースですがベジタリアンでなくてもチーズと隠し味の白みそが作り出す独特のコクで美味しくいただけます。

4月のワイン教室では果実味が一段とまろやかになり華やかな香りと深みある味わいが心地よいクノッドさんのピノノアール(22番)とのマリアージュを楽しんでいただいています。

2013-07-07

レシピ「タンドリーチキン」

f:id:noblin:20130630105051j:image

7月のワイン教室の定番メニュー「タンドリーチキン」

いろいろなレシピがありますが10年以上前に購入した「オレンジページ」に掲載されていたレシピが簡単で美味しくできるようです。合わせるワインはスパイシーな香りのザンクトローレントで造った赤(62番、76番)やキュベ(102番)フルーティーな白(97番)などいろいろな組み合わせが楽しめます。

材料】4人分

・鳥モモ肉 2枚(200g)

ソース

プレーンヨーグルト 1と1/2カップ、タマネギ1/4個、ニンニク1かけ、オリーブ油 大さじ2、カレー粉 大さじ2

醤油、レモンの絞り汁 各大さじ1、塩 小さじ 1/4、赤唐辛子 1

作り方


(1)ソースを作る。

 赤唐辛子は、水につけて柔らかく戻し、ヘタと種をとって小口切りにする。ローリエは3〜4つに手でちぎる。ボールにタマネギニンニク以外のソース材料を入れ、タマネギニンニクを摺り下ろしながら加えて混ぜる

(2)鶏肉は、余分な脂肪の塊を取り除き、1枚を2つに切り、ソースに加えて絡め30分〜1時間おく(ソースは、とっておく)

【作り方】

(1)オーブンを240度に温めておく。天板に鶏肉の皮を上にして重ならない様に並べ、残りのソースをまんべんなく鶏肉を覆う様にして回しかける。

(2)天板をオーブンの上段に入れ、焼き色がついてカリッとするまで40分ほど焼く。

2013-06-06

6月の教室〜トマトのブルスケッタ


例年より10日以上早い梅雨入りでしたがお天気が続いていますね(^_^)

気温も湿度も上がり夏本番にどんどん近づいているのを感じます。

さて今月のワイン教室も6月1日からスタートしました。

最初はシュトークさんの

パールワイン(9番)で乾杯!

f:id:noblin:20130606183101j:image

合わせたのは完熟トマトで作る

「トマトのブルスケッタ」

f:id:noblin:20130602043717j:image


トマトのジューシーな甘さと

バルサミコ酢の心地よい酸味、

そして爽やかなシソの香りワインの美味しさを引き立ててくれます。


夏の間の定番オードブルですね。


スパークリングワインはもちろんのこと

リヴァーナーやリースリングとも好相性です。



材料


トマト 大2個、 おろしニンニク 2分の1片分、バルサミコ酢 大さじ1, オリーブ油 大さじ2,しその葉 6枚、塩・こしょう 少々

作り方;

1)トマトは湯むきして、横半分に切る。種を取り出し内側に塩をして、ひっくり返ししばらくおいておく。

2)(1)をざく切りにし、しその葉は千切りにし、ほかの材料とあわせる。

3)食べる直前に(2)をガーリックトーストの上にのせる。

2011-11-07

さんまのバルサミコ煮

すっかりご無沙汰していました<(_ _)>

きのうのワイン教室

10月にお出しした「s="deco" style="font-size:x-large;">さんまのバルサミコ煮が美味しかったので何度も作ってみたのですがあの味が再現できません、レシピをアップしてください!」

と、いうお声をいただきましたので

慌てて載せることにいたします(^_^;)

まだまにまに合いますね、秋刀魚

新鮮な秋刀魚はお刺身や塩焼きで充分に美味しいのですが

たまには目先を変えて「バルサミコ煮」にして

10月のワイン教室ではみなさんに楽しんでいただきました。

今年輸入したヘンゼルさんのザンクト・ローレントと素晴らしいマリアージュとなり大好評。簡単ですのでぜひお試しくださいね(*^_^*)

試した方、ぜひ感想の書き込みをお願いしま〜す。

f:id:noblin:20111107105353j:image

材料(4人分) 

さんま3尾、にんにく(薄切り)1かけ分、生ローズマリー1枝、小麦粉少々、オリーブ油大さじ2、白ワイン大さじ2,レモン汁大さじ2,白バルサミコ酢大さじ2,しょうゆ大さじ1,塩、

こしょう、各適宜

作り方

1)さんまは頭を落とし、4〜5センチの筒切りし、塩、こしょうをして小麦粉をまぶす。

2)フライパンにオリーブ油を熱し、にんにく、ローズマリーと1のさんまを入れ、両面に焼き色がついたらレモン汁、バルサミコ酢、白ワインをかけてさらに焼き、最後にしょうゆをさっとかける。

f:id:noblin:20111107105256j:image

f:id:noblin:20111107105246j:image

f:id:noblin:20111107105316j:image

f:id:noblin:20111107105332j:image

f:id:noblin:20111107105409j:image

f:id:noblin:20111107105426j:image

f:id:noblin:20111107105451j:image

2010-04-23

絹さやえんどう



実家の父から絹さやえんどうがどっさり届きました。

スジ取りに30分以上かかり右手の親指の爪が緑色に染まってしまいました(>_<)

f:id:noblin:20100423095332g:image

五層鍋にお水と少しのお塩とオリーブ油を入れて蒸すと鮮やかなグリーンに。

何もつけなくてもお野菜の甘みが引き立ってそのままでも美味しくいただけます。




タマネギのスライスと混ぜて寿司酢で和えたものも美味しく、

f:id:noblin:20100423095333g:image


ポークのもも肉をナンプラーで和えたものとのソテーもなかなかでした。

f:id:noblin:20100423095334g:image

晩ご飯ではカステルベーターさんのシルヴァーナー(97番)とよく合わせましたがよく合っていました(^_^)

f:id:noblin:20100423095335g:image

2010-04-10

タケノコとイカのサラダ

f:id:noblin:20100410075139g:image

4月のワイン教室のスターターです。

旬のタケノコをイカと一緒にオリーブ油とお塩のドレッシングで和えるだけ。今ならではの素材の美味しさをワインとともに味わってください(^_^)

ワインは気温が上がってくると美味しさ倍増のリヴァーナー。

今回はクノッドさん(31番)とヴァーゼムさん(71番)のワインと合わせてみました。

材料;タケノコ お一人分50グラム人数分、イカ(お刺身用)適量 オリーブ油・塩・黒こしょう(挽き立て)各適量、 好みで山椒の葉 

作り方;

1)イカは沸騰したお湯にワインを少量入れたものにさっとくぐらせます。

2)タケノコは食べやすい大きさにスライス

3)オリーブ油と塩、黒こしょうでドレッシングを作りイカとタケノコを和えます。

f:id:noblin:20100410075140g:image