Hatena::ブログ(Diary)

美味しい、楽しい、嬉しい日記 (ワイン、ドイツワイン、料理、旅、日々の生活) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-05-13 レシピ「空豆のサラダ」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:noblin:20140510135716j:image

5月の八百屋さんには「新」がつく野菜目白押し。なかでも豆類の豊富さ、この時期だけといってもいいくらいですね。

今月のワイン教室では「空豆のサラダ」をお出ししています。4月12日付け朝日新聞に掲載されていた「ワインに合う和レシピ」です。

おろしたてのパルミジャーノレッジャーノチーズをたっぷり使うのでこくのある辛口白ワインがよく合うと思います。

今月はシュトークさんのリースリング(9番)と合わせています。

材料(4人前)空豆(さやをむいて200グラム)、新タマネギ2分の1個、木綿豆腐1丁、おろしニンニク小さじ2分の1、イタリアンパセリ2枝、塩小さじ2分の1、パルミジャーノレッジャーノ30グラムオリーブ油大さじ1

作り方;

1)木綿豆腐は水切りしておく。空豆はさやをむく。新タマネギは1センチ角に切る。

2)ボウルに豆腐を手で握りつぶしながらいれる。おろしたニンニクと半量のパルミジャーノレッジャーノを混ぜておく。

3)鍋に湯を沸かし、1%(1リットルに対して10グラム)の塩を加え、空豆を入れる。2分ほどして豆がぷっくりふくれてからさらに1分ゆでる『柔らかめがよい」新タマネギを加えて30秒したら一緒にざるにあげて広げる。

4)空豆の薄皮をむく。温かいうちに粗みじんに切り、タマネギをともに2)を加える。

5)塩を振り入れて混ぜ、刻んだパセリも加える。塩味をみてからチーズの残りを加減して混ぜる。オリーブオイルを全体にからめるように混ぜる。

2014-04-20 レシピ「春野菜の豆乳バーニャカウダソースがけ』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:noblin:20140419092213j:image


きょうはイースター、そして24節気の「穀雨」百穀を潤す雨の通り昨夜からしとしと雨が降りました。お昼過ぎから晴れるらしいです。

ワイン教室が始まる13時には雨があがると言いなぁ。。。

今月のメニューは春野菜をふんだんに使ったヘルシーメニュー。

なかでも「豆乳バーニャカウダソース」は大好評です。

f:id:noblin:20140419185931j:image

材料(作りやすい分量)

玉ねぎ中くらいを4分の1&ニンニク2片(みじん切り)オリーブ油大さじ2、豆乳300ML、チーズ(ゴーダやエメンタールなどいろいろ取り混ぜ)70グラム、白みそ大さじ2と2分の1、白こしょう適宜

作り方

1)玉ねぎとニンニクをみじん切りにしてオリーブ油でゆっくりと炒めます。

2)しんなりしてきたら豆乳チーズ、白みそを加えゆっくりと溶かします。

3)最後に白こしょうで味を整えます。

バーニャカウダソースはもともと北イタリアピエモンテ地方の郷土料理アンチョビニンニクオリーブオイルに溶かし込んで新鮮な生野菜やパンを浸していただくものですがこれはベジタリアンの方用にアレンジしてアンチョビを使わずに作ったソースですがベジタリアンでなくてもチーズと隠し味の白みそが作り出す独特のコクで美味しくいただけます。

4月のワイン教室では果実味が一段とまろやかになり華やかな香りと深みある味わいが心地よいクノッドさんのピノノアール(22番)とのマリアージュを楽しんでいただいています。

2013-12-28 レシピ「ポークとプラムの赤ワイン煮』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

クリスマスワイン会のメインディッシュ、煮るだけの簡単レシピですが美味しい赤ワインを使うと素敵なご馳走になります。

バーバラさんのデァ ローテ(66番)やヘンゼルさんのドルンフェルダー(53番)でぜひ作ってみてください。

使ったワインとのマリアージュはもちろんのことヴァーゼムさんのピノノワールのブランデノアール(114番)とも絶妙なコンビネーションで大好評でした。ワインとのマリアージュでお料理もワンランクアップ😊 

ソースが残ったらカレーに加えると深みが出て美味しくなるそうです。


材料(作りやすい分量)

豚ロースかたまり肉400グラム、ドライプラム10個、赤ワイン1カップ、しょうゆ4分の1カップ、にんにく1片、塩少々、粒黒こしょう7〜8粒、砂糖50グラム、ローリエ2枚、

作り方

1)厚手の鍋に豚肉以外の材料を入れよく混ぜ砂糖をしっかり溶かす。

2)豚肉は凧糸でしばって形を整える。1)の鍋に加えてふたをし強火で煮、沸騰したら中火から弱火で2時間くらい煮る。

2013-12-26 レシピ「かぶ、しめじ、ポークのトマト鍋」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

レシピのアップをお約束していたみなさまお待たせいたしました!

11月のメインディッシュ「カブ&しめじ、ポークのトマト鍋」はクルンプさんのオクセロワ(82番)とのマリアージュが絶妙で大好評でした。

スープを残してご飯を足してチーズを加えてリゾット風にしたものにはリースリングの中辛口、ロゼなどと抜群の相性で1品で2度楽しめる、簡単美味しい冬の定番になりそうです。



材料(3人分)

豚薄切り肉300グラム、カブ(葉つき)4〜5個、しめじ1パック、

A{牛乳大さじ2、にんにく(みじん切り)1片}

B{トマト水煮缶(カットタイプ)1缶、水2カップ、固形コンソメ1〜2個、トマトケチャップ大さじ2、赤唐辛子(小口切り)2本、塩少々

作り方;

1)豚肉にAをからめて10分おく。しめじは小房にわける。

2)かぶは皮をむいて4〜8つ割にする。かぶの葉はよく洗い、4センチ長さに切る。かぶを鍋にいれてかぶるくらいの水を加えて火にかけ10分ほど下茹でする。ゆであがる2、3分前にかぶの葉も入れ、ともにざるに揚げる。

3)鍋にBを合わせ、20分ほど煮込む。1)2)を加えさらに10分ほど煮る。

最初に具をいただきスープになったところでご飯とチーズを加えてリゾットでいただく。

2013-07-05

レシピ「トマトといんげんのサラダ』

f:id:noblin:20130630102105j:image

トマトが美味しい季節ですね。

今月は完熟トマトを使った「トマトといんげんのサラダ」をお出ししています。

作り方

1)トマト(よく熟したもの)ひとり約100グラムは湯むきして種をとり水切りする。

インゲンはゆでて4〜5センチに切る。

2)オリーブオイルワインビネガーは3対1の割合で混ぜ塩こしょうで味を整える。

3)1)と2)を混ぜよく冷やしていただく。

ドレッシングは市販のフレンチまたはイタリアンドレッシングでもよいでしょう。

合わせるワインはシルヴァーナー種やリヴァーナー種の辛口白ワイン、スパークリングワインが好相性です。

2013-07-01

レシピ「お豆とタコの温製サラダ」7月のワイン教室

7月のワイン教室が始まりました。

最初の乾杯はクノッドさんのグラウブルグンダーのゼクト(23番)です。

グラウブルグンダーはガーリックやハーブとの相性がとてもよくこれからの季節のお食事にとてもよく合います。

高橋雅子さんのレシピ「お豆とタコの温製サラダ」と合わせてみました。

シンプルな味付けでもうまみたっぷり。たこは温める程度にしてやわらかく仕上げます。

材料;ひよこ豆100グラム(水煮)ゆでだこ100グラム、にんにく1片、オリーブオル大さじ1、イタリアンパセリ適量、塩適量

1)たこは乱切り、にんにくはつぶす。パセリはみじん切り。

2)鍋にオリーブオイルニンニクを入れて火にかけ香りがたつまで炒める。ひよこ豆を加えてさっと炒め、水50mlと塩少々を加え5分ほど煮る。

3)たこを加えてさっと煮、塩少々で味を整えて火を止める。イタリアンパセリを加え混ぜる。



f:id:noblin:20120423175529j:image

2013-06-30

レシピ「挽肉とアスパラのカレー風味炒め」

6月のワイン教室で大好評だった「挽肉とアスパラのカレー風味炒め」のレシピです。

材料;お米3合、合い挽き肉250グラム、アスパラ1束、ニンニク、しょうが各1片(みじん切り)、ごま油、カレー粉各大さじ1

作り方

1)フライパンに大さじ1のごま油を熱し、ニンニクとしょうがを炒め香りがでたら挽肉を加えよく炒める。

2)色が変わったら1センチ長さに切ったアスパラを加える。

3)軽く火が通ったらカレー粉を加え炒め、炊きあがったお米3合を加え、お米がパラパラになってきたら塩こしょうで味をととのえる。

6月のワイン教室ではモーゼルのシュトーク醸造所のヴァイスブルグンダー(2番)とのマリアージュを楽しんでいただきました。

造り手のペーターとコニー、シュトーク夫妻です。

f:id:noblin:20120422203109j:image