ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

美味しい、楽しい、嬉しい日記 (ワイン、ドイツワイン、料理、旅、日々の生活) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-04-18

旅の記憶;デュッセルドルフの地ビール「アルト」;シューマッハ醸造所

デュッセルドルフ旧市街アルトビアーの自家醸造所&レストランが連なる「世界で一番長いカウンターバー」と呼ばれる通りがあります。

ハインリッヒハイネアレー」駅をおりてライン河に向かって南下していく通りで最初に右手に出会うのが「シューマッハー

1838年創業の老舗です。数年前にここの外の机?なんと呼ぶのでしょう、折りたたみ式の大きなテーブルでビールのみを美味しそうに飲んでいる様子にみとれつつ

f:id:noblin:20130728152955j:image

どうやって注文したらよいのかもわからず常連ぽいおじさんたちの間にに混じり近くを通りがかったケルナー(サービスする人のことをこう呼びます)に合図をしても「ここは僕の担当じゃないから」と素通りされ、ようやく運ばれて来た液体は琥珀色をしていてよい香りがするものでした。

「こんな味わいのビールもあるのだなぁ」とちょっと感動したのです。

f:id:noblin:20130728130618j:image

今回も1杯だけ飲んで別のお店をはしごするつもりでいたのですが最初の1杯があまりに美味しかったので奥のレストランで食事をすることにしました。

レストランに入るのは初めてです。

f:id:noblin:20130728133551j:image

折しも2013年、開業175周年でこの1年は記念ビールがあるそうです。ケルナー(給仕のお兄さん)に「どうちがうの?」と尋ねると「使っているポップがちがうんです」とのこと。

これは比較試飲するしかないですよね。で飲み比べてみました。記念ビールラベンダーレモンの皮のような香りがしてワイングラス出されたらカクテルと間違えてしまうかもしれない不思議な味わいでした。

f:id:noblin:20130728133403j:image

注文したお料理もとても美味しかったです。

f:id:noblin:20130728141626j:image

化粧室に行くとドアノブがビア樽のモチーフでその遊び心に嬉しくなりました。

f:id:noblin:20130728132506j:image

きびきびと働くケルナーさんたち

デュッセルドルフを訪れる機会があったらぜひ立ち寄っていただきたいお店です。

2014-04-17

旅の記憶;デュッセルドルフのビール「アルト」

2007年の3月にワイン見本市「プロワイン」を訪ねたのがこの街に来た最初でした。

f:id:noblin:20130812112110j:image

最近は「アルト」と呼ばれるこのエリアで造られているビール魅せられています。

まずはスーパーマーケットで瓶ビールを調達。広い売り場にたくさんの銘柄(しかしもちろんこの街周辺でしか購入でいないビールです)が並んでいます。何本か抱えレジに並んでいると前のおじさんが覗き込んで色々解説してくれました。彼の一押しは「ディーベルス」のようでした。

f:id:noblin:20130727115932j:image

よくわからないのでラベルで選んでいたら「これよりあっちがいい」などなどアドバイスをいただいて3本購入。

f:id:noblin:20130726224233j:image

f:id:noblin:20130324105624j:image

「フレンスハイム」これはシェアが大きいのでしょうか、街のあちこちで看板もよくみかけました。

f:id:noblin:20130728173407j:image

f:id:noblin:20130324105640j:image

ガッツ」あれ?看板は「ガッツヴァイラー」色もちがいます。でもマークは一緒です。ひょっとして名前が長いので改名したのでしょうか???

この3本を飲み比べてみました。

「フレンスハイム」は優しい飲み口で疲れているときには美味しく感じますがアルトの特徴である普通のビールより苦みの利いた味わいを期待すると少し物足りないかもしれません。

「ディーベルス」は男性好みなのかなぁ、キリッとしていますがもう少しふくよかさがほしいかも。。。いつか樽ビールで試してみたいです。

ガッツ」一番バランスがよく飲みやすい味わいでした。

王冠もキレイです。

f:id:noblin:20130729072135j:image

2013-08-28

夏のワインツアー(カステルペーター醸造所続き)

眺めの良い「フックスマンテル」の丘から再び醸造所へ戻りました。

待っていたのは元気な猫のマックス、3年前からバーバラさんとトニーの愛猫です。

f:id:noblin:20130818134204j:image

やんちゃなマックスはいつも広い庭を走り回っています。

f:id:noblin:20130818134036j:image

葡萄畑の一見雑草に見える草花は実は有機肥料、土にいろいろなミネラル分を補給する為に様々な性質の草の種をまき、それを耕して土作りをするのだそうです。

f:id:noblin:20130818135820j:image

f:id:noblin:20130818135825j:image

熱心に説明してくれるバーバラさんとトニー

f:id:noblin:20130827002611j:image

f:id:noblin:20130818135732j:image

市販の草の種に加え自分たちで育て増やした種も混ぜる力の入れよう、

葡萄畑に対する愛情をひしひしと感じました。

再びプローベルームで赤ワインテイスティング

f:id:noblin:20130827003207j:image

その後ケラーワインが樽貯蔵してある地下室)に連れて行ってもらい瓶詰め前のワインの試飲もさせていただきましたがなぜか映像が残っていません。

夢中で楽しんで撮影を忘れていたのでしょうか、、、ツアー参加者の皆様からの写真に期待いたしましょう。

その後プローベルームに戻りお土産をお渡ししました。

まゆみさんはバーバラさんとトニーのお名前を筆ペンで書いてあげ喜ばれました。

f:id:noblin:20130818174152j:image

以前のワインツアーでも毛筆での漢字表記は大好評。

よしこさんはユニークなおせんべい、バーバラさん、「これはきっとデァローテに合うわ」

f:id:noblin:20130818171434j:image

バーバラさんは20代の頃、サックス奏者として活躍していたそうでその頃の録音を聞かせてもらいました。

思わず踊りだすよし子さんとバーバラさん。

f:id:noblin:20130818173044j:image

f:id:noblin:20130818172510j:image

その後「お魚まつり」に一緒にいき川魚をいただきましたがビールが美味しかったのが印象に残っています。

ファルツのビールだそうです。

f:id:noblin:20130818154432j:image

朝から夕方まで長時間にわたっておもてなしいただきました。

バーバラさんトニーさん、どうもありがとうございました!

2013-08-27 夏のワインツアー このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

8月17日から25日日曜日にかけての7泊9日「ドイツワイン文化を訪ねる旅」に参加してくださったみなさんと無事帰国しました!

f:id:noblin:20130817110752j:image

日中の気温が24、5度、夜は18度と日本の10月半ばのような爽やかな毎日で日頃ワイン教室でご紹介しているワイン蔵元さんを訪問し、じっくりとお話を伺いながら楽しい交流、たくさんのワインテイスティング、と充実した毎日をすごすことができました。

旅の始まりは8月17日土曜日、フランクフルト空港からスタート。

f:id:noblin:20130817194719j:image

ドイツ新幹線で最初の目的地「ノイシュタット アン デア ワインシュトラーセ」へ。

f:id:noblin:20130812120038j:image

現地への到着は21時すぎでしたがまだうっすらと明るく宿に荷物を降ろした足で軽食乾杯ビールですっかりドイツモード!

f:id:noblin:20130814202624j:image

今回は長期滞在者用のアパートメントに滞在

8月18日日曜日、土曜日の朝市で準備した果物、ハム、チーズ、パンで朝食です。

f:id:noblin:20130817112448j:image

f:id:noblin:20130818074744j:image

朝食の後、10時すぎノイシュタットから列車で20分のバード デュリュクハイムにカステルペーター醸造所を訪ねます。

f:id:noblin:20130827004057j:image

バーバラさんとトニーが迎えてくれました。

ウェルカムに「シャルドネゼクト」を開けてくれましたが、写真がありません。。。

この日お昼から天気が崩れるとの予報で晴れているうちに葡萄畑にご案内しましょう、と自家製の幌馬車で葡萄畑に向かいます。

f:id:noblin:20130818131806j:image

みなさん一面の葡萄畑に魅せられ一斉にシヤッターを

f:id:noblin:20130818112106j:image

農道だけでなくベンツフォルクスワーゲンも走っている道路も通りながら葡萄畑へ。

たくさんの品種を植えている「フックスマンテル」の畑の頂に石のテーブルとベンチの特等席が

f:id:noblin:20130818114612j:image

f:id:noblin:20130818115047j:image

しかしまもなく雨が降り出しました。

普通だったら「じゃあ、帰りましょう」となるところですが雨よけシートをかけてワインプローベ続行です。

f:id:noblin:20130818120817j:image

みんなもシートがけのお手伝いをしました。

葡萄畑の中でのワインプローベは最高!年々美味しさが増すバーバラさんの白ワインリースリングヴァイスブルグンダー&オクセロワ、ソーヴィニヨンブラン、カベルネブラン)を楽しみました。

f:id:noblin:20130818114823j:image

バターが塗ってある外はカリッと中はモッチリの「プレッツェル」と

ワインがとっても合っていてついつい手が伸びてしまいます。

2013-08-16

ベルリン;レムケ醸造所

f:id:noblin:20130807174452j:image

ベルリンテーゲル空港からベルリンに市内に向かうまたはその逆のルートの109番バスの中から「アレ、ココも醸造所?」と気になりつつもこれまで機会がなかった「ブラウハウス レムケ」 今回ベルクグリューン美術館を訪問したついでに訪ねることができました。気温の高い夏の日の夕方でしたので迷ったあげく「ヴァイスビアー」(白ビール)を注文しました。

f:id:noblin:20130807175241j:image

スッキリした飲み口で後口もよく何も食せずともじんわりと空腹感が満たされました。

ドイツビール不思議なところは食欲を刺激されることもありますが単独でも満たされるまるでパンを食べているような味わいがあることです。

f:id:noblin:20130807174436j:image

「オリジナル」というのがここの定番なのでしょう、他にもピルスがありました。

またいつか数名で訪ねていろいろ試してみたいと思いました。

2013-08-13

ケルンの地ビールKoelsch「ケルシュ」を比較試飲

「ケルシュを研究?😊している友人が滞在しているからあなたのオススメをセレクトして遊びに来て」とケルン育ちですがビールを一切飲まない友人が幼馴染に電話をしてくれました。翌日の夕方親切なお友達がケルシュを抱えて登場。

f:id:noblin:20130731210740j:image

「どの順番で飲めばいい?」と尋ねると「お好きにどうぞ」。。。

すでに飲んだことがある銘柄もいくつかあったので勘を頼りに並べてみました。

f:id:noblin:20130731212703j:image

最初はGaffel「ガッフェル」少し苦みがあるケルシュです。直営醸造所で飲んだときは苦みの中にもっと爽やかさを感じましたが瓶だとこんな感じなんだなぁと学習。

f:id:noblin:20130731212714j:image

次はRichmodis「リヒモディス」聞いたことのない名前です。とても小さな醸造所だそうで彼女が好きなので探して買って来てくれました。私も一番美味しく感じました。

ガッフェルの次に飲んだ影響もあるかもしれませんがフルーティで優しい飲み口でした。

f:id:noblin:20130731212727j:image

3番目はMuehlen「ミューレン」風車のマークが印象的なラベルです。ケルシュの中では唯一モルトを使っているそうで色も濃くコクがあります。ここの直営醸造所を以前訪ねたことがありますが数十年来の常連さんだろうおじさまがたがカウンターバーを陣取っていました。個性的な味なので一度好きになるとやみつきなのかも。。。

f:id:noblin:20130731212740j:image

4番目は「ライスドルフ」ケルシュのメーカーとしてメジャーなブランドです。バランスのよい味わいで飲み飽きせず万人向けといえるでしょう。安心感がある味わいです。

Koelsch「ケルシュ」にもいろいろあるんだなぁ、と改めてドイツビールの奥深さに感心したのでした。

ケルシュを選んでくれたハンネさんありがとうございました!

2013-08-12

ケルンの地ビール「ケルシュ」中央駅編

f:id:noblin:20120731172700j:image

ケルンはドイツで4番目に大きな都市で2000年前にローマ人の残した遺跡が街のあちこちに。ドイツのほぼ中央、そしてヨーロッパの交通の要です。国際新幹線を使えばケルンからベルギーの首都ブリュッセルへ2時間、オランダの首都アムステムダムへも3時間弱です。中央駅をでると大きく聳える「ドーム」(大聖堂)があります。

f:id:noblin:20120731173145j:image

この街に滞在、立ち寄る楽しみのひとつに「ケルシュ」と呼ばれるケルンで造られるビールがあります。醸造所は大小含めて17くらいあるらしく共通するのは200MLのシュタンゲと呼ばれるグラスでサービスされること。醸造所により個性のちがいを楽しむことができます。ドイツビール好きのの方にはぜひ立ち寄って飲み比べをしていただきたいところです。

f:id:noblin:20120731173033j:image

もし街をゆっくり巡る時間がない場合は駅構内のビアカウンターで楽しむこともできます。「ドームケルシュ」爽やかで心地よいふくよかさもあり喉の乾きを癒してくれます。