Hatena::ブログ(Diary)

美味しい、楽しい、嬉しい日記 (ワイン、ドイツワイン、料理、旅、日々の生活) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-05-13 レシピ「空豆のサラダ」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:noblin:20140510135716j:image

5月の八百屋さんには「新」がつく野菜目白押し。なかでも豆類の豊富さ、この時期だけといってもいいくらいですね。

今月のワイン教室では「空豆のサラダ」をお出ししています。4月12日付け朝日新聞に掲載されていた「ワインに合う和レシピ」です。

おろしたてのパルミジャーノレッジャーノチーズをたっぷり使うのでこくのある辛口白ワインがよく合うと思います。

今月はシュトークさんのリースリング(9番)と合わせています。

材料(4人前)空豆(さやをむいて200グラム)、新タマネギ2分の1個、木綿豆腐1丁、おろしニンニク小さじ2分の1、イタリアンパセリ2枝、塩小さじ2分の1、パルミジャーノレッジャーノ30グラムオリーブ油大さじ1

作り方;

1)木綿豆腐は水切りしておく。空豆はさやをむく。新タマネギは1センチ角に切る。

2)ボウルに豆腐を手で握りつぶしながらいれる。おろしたニンニクと半量のパルミジャーノレッジャーノを混ぜておく。

3)鍋に湯を沸かし、1%(1リットルに対して10グラム)の塩を加え、空豆を入れる。2分ほどして豆がぷっくりふくれてからさらに1分ゆでる『柔らかめがよい」新タマネギを加えて30秒したら一緒にざるにあげて広げる。

4)空豆の薄皮をむく。温かいうちに粗みじんに切り、タマネギをともに2)を加える。

5)塩を振り入れて混ぜ、刻んだパセリも加える。塩味をみてからチーズの残りを加減して混ぜる。オリーブオイルを全体にからめるように混ぜる。

2014-04-24

レシピ「クレソンとシーチキンの洋風寿司」

f:id:noblin:20140302141842j:image

3月のワイン教室で大好評だった洋風寿司です。

クレソンのかわりに三つ葉で作っても美味しく出来ます。

ロゼリースリングの白と好相性、ぜひお試しください。

材料;お米540ml、水540ml、お酢70ml, 砂糖大さじ2、塩小さじ2、シーチキン缶詰小1缶、クレソンセロリ適量

作り方

1)お米をといで同量の水を加える。炊飯器でお米を炊いてすし酢を加える。

2)すしめしの粗熱がとれたらシーチキンクレソンセロリを加える。

クルンプさんのキュベロゼ(93番)と合わせてマリアージュを楽しみました。

2013-12-27 レシピ「手羽元のワインビネガー煮」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

12月のメインディッシュ「手羽元のワインビネガー煮」

ルクルーゼのお鍋など厚手の鍋でビネガーと煮ると骨つき肉も柔らかくなりピクリングスパイスの複雑な香りと相まって「冬のご馳走」になりました。合わせるワインは4つの葡萄のキュベ「ディア ローテ」(66番)ブランデノアール(114番)リースリング(37番)といろいろなワインと楽しめます。


材料;鶏手羽元6本、塩(適量)、黒こしょう(少々)エリンギ2本、レーズン大さじ2、オリーブオイル大さじ1、にんにく1片、

A{赤ワインビネガー、水、各4分の1カップ、砂糖大さじ1、ピクリングスパイス大さじ1、塩少々} ピンクペパー少々

作り方;

1)鶏肉に塩小さじ4分の1とこしょうをふる。エリンギは4つわりにしてから3センチ長さに切る。

2)鍋にオリーブオイルとつぶしたにんにくを入れて中火にかけ、香りがたつまで炒める。鶏肉を並べいれ、表面にこんがりと焼き色がついたらエリンギを加え、さっと炒める。レーズンとAも加え、15分ほど煮込む。

3)2)を器にもりつけ好みで粗くつぶしたピンクペパーをちらす。

2013-12-26 レシピ「かぶ、しめじ、ポークのトマト鍋」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

レシピのアップをお約束していたみなさまお待たせいたしました!

11月のメインディッシュ「カブ&しめじ、ポークのトマト鍋」はクルンプさんのオクセロワ(82番)とのマリアージュが絶妙で大好評でした。

スープを残してご飯を足してチーズを加えてリゾット風にしたものにはリースリングの中辛口ロゼなどと抜群の相性で1品で2度楽しめる、簡単美味しい冬の定番になりそうです。



材料(3人分)

豚薄切り肉300グラム、カブ(葉つき)4〜5個、しめじ1パック、

A{牛乳大さじ2、にんにく(みじん切り)1片}

B{トマト水煮缶(カットタイプ)1缶、水2カップ、固形コンソメ1〜2個、トマトケチャップ大さじ2、赤唐辛子(小口切り)2本、塩少々

作り方;

1)豚肉にAをからめて10分おく。しめじは小房にわける。

2)かぶは皮をむいて4〜8つ割にする。かぶの葉はよく洗い、4センチ長さに切る。かぶを鍋にいれてかぶるくらいの水を加えて火にかけ10分ほど下茹でする。ゆであがる2、3分前にかぶの葉も入れ、ともにざるに揚げる。

3)鍋にBを合わせ、20分ほど煮込む。1)2)を加えさらに10分ほど煮る。

最初に具をいただきスープになったところでご飯とチーズを加えてリゾットでいただく。

2013-08-27 夏のワインツアー このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

8月17日から25日日曜日にかけての7泊9日「ドイツワイン文化を訪ねる旅」に参加してくださったみなさんと無事帰国しました!

f:id:noblin:20130817110752j:image

日中の気温が24、5度、夜は18度と日本の10月半ばのような爽やかな毎日で日頃ワイン教室でご紹介しているワインの蔵元さんを訪問し、じっくりとお話を伺いながら楽しい交流、たくさんのワインのテイスティング、と充実した毎日をすごすことができました。

旅の始まりは8月17日土曜日、フランクフルト空港からスタート。

f:id:noblin:20130817194719j:image

ドイツ新幹線で最初の目的地「ノイシュタット アン デア ワインシュトラーセ」へ。

f:id:noblin:20130812120038j:image

現地への到着は21時すぎでしたがまだうっすらと明るく宿に荷物を降ろした足で軽食と乾杯のビールですっかりドイツモード!

f:id:noblin:20130814202624j:image

今回は長期滞在者用のアパートメントに滞在

8月18日日曜日、土曜日の朝市で準備した果物、ハム、チーズ、パンで朝食です。

f:id:noblin:20130817112448j:image

f:id:noblin:20130818074744j:image

朝食の後、10時すぎノイシュタットから列車で20分のバード デュリュクハイムにカステルペーター醸造所を訪ねます。

f:id:noblin:20130827004057j:image

バーバラさんとトニーが迎えてくれました。

ウェルカムに「シャルドネのゼクト」を開けてくれましたが、写真がありません。。。

この日お昼から天気が崩れるとの予報で晴れているうちに葡萄畑にご案内しましょう、と自家製の幌馬車で葡萄畑に向かいます。

f:id:noblin:20130818131806j:image

みなさん一面の葡萄畑に魅せられ一斉にシヤッターを

f:id:noblin:20130818112106j:image

農道だけでなくベンツやフォルクスワーゲンも走っている道路も通りながら葡萄畑へ。

たくさんの品種を植えている「フックスマンテル」の畑の頂に石のテーブルとベンチの特等席が

f:id:noblin:20130818114612j:image

f:id:noblin:20130818115047j:image

しかしまもなく雨が降り出しました。

普通だったら「じゃあ、帰りましょう」となるところですが雨よけシートをかけてワインプローベ続行です。

f:id:noblin:20130818120817j:image

みんなもシートがけのお手伝いをしました。

葡萄畑の中でのワインプローベは最高!年々美味しさが増すバーバラさんの白ワインリースリング、ヴァイスブルグンダー&オクセロワ、ソーヴィニヨンブラン、カベルネブラン)を楽しみました。

f:id:noblin:20130818114823j:image

バターが塗ってある外はカリッと中はモッチリの「プレッツェル」と

ワインがとっても合っていてついつい手が伸びてしまいます。

2013-07-27

ドイツの朝は鐘の音で始まります

3月の最後の日曜日から10月の最後の日曜日までは夏時間で日本との時差は7時間です。

日本の自宅を出てドイツの目的地にたどり着くにはほぼ1日がかり。重いトランクを持っての移動と到着の安堵感から友人宅に着いたらベットに吸い込まれるように眠りました。

おかげで翌朝は爽やかに目覚めることができました。

f:id:noblin:20130724075538j:image

5時すぎには小鳥たちのさえずりも大きくなり7時になると教会の鐘の音が盛大に鳴り響きます。

朝ごはん用のパンを買いに近くのパン屋さんへ。食事パンの種類が多さと美味しさはドイツは世界一かも。

f:id:noblin:20130724085646j:image

ジャム作りが趣味のひとつのヘルガが新作のジャムの試食をさせてくれました。

黄色のビンから時計回りに1)ホルンダーとリンゴ、2)グレープフルーツといちご、3)アンズとブラックベリー、4)南アメリカ産の梅、5)ホルンダーとブルーベリーとラズベリー、

f:id:noblin:20130724091205j:image

普段は好んで食べませんが彼女の創作ジャムは甘さ控えめでワインとのマリアージュが浮かぶ美味しさです。

4)は美しいルビー色で酸味もしっかりしているのでジビエ料理のソースにしてシュトルツニコラウスさんのシラー(100番)と

3)や5)は18ヶ月以上熟成させてゴーダチーズのスライスと一緒にリースリングのデザートワイン(21番や29番)と合わせてみたいなぁと朝からワインとのマリアージュも浮かびます

2013-07-02 葡萄畑で乾杯! このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

蒸し暑くなってきましたね。よ〜く冷えたスパークリングワインが恋しい季節到来です。

2012年のワインツアーの写真を整理していたら葡萄畑の中でゼクトを乾杯している幸せそうな写真がでてきました。

「葡萄畑に案内しましょう」とシュトーク醸造所のオーナー、ペーターさんがワイン教室のみなさんがたくさんオーナー制度に登録している「タウベンハウス」に連れて行ってくださり

サプライズでリースリングのゼクトを開けてくださいました。

みんなでハッピーになったひとときでした。

f:id:noblin:20120425111854j:image

f:id:noblin:20120425111427j:image