Hatena::ブログ(Diary)

美味しい、楽しい、嬉しい日記 (ワイン、ドイツワイン、料理、旅、日々の生活) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-04-18

旅の記憶;デュッセルドルフの地ビール「アルト」;シューマッハ醸造所

デュッセルドルフ旧市街アルトビアーの自家醸造所&レストランが連なる「世界で一番長いカウンターバー」と呼ばれる通りがあります。

ハインリッヒハイネアレー」駅をおりてライン河に向かって南下していく通りで最初に右手に出会うのが「シューマッハー

1838年創業の老舗です。数年前にここの外の机?なんと呼ぶのでしょう、折りたたみ式の大きなテーブルでビールのみを美味しそうに飲んでいる様子にみとれつつ

f:id:noblin:20130728152955j:image

どうやって注文したらよいのかもわからず常連ぽいおじさんたちの間にに混じり近くを通りがかったケルナー(サービスする人のことをこう呼びます)に合図をしても「ここは僕の担当じゃないから」と素通りされ、ようやく運ばれて来た液体は琥珀色をしていてよい香りがするものでした。

「こんな味わいのビールもあるのだなぁ」とちょっと感動したのです。

f:id:noblin:20130728130618j:image

今回も1杯だけ飲んで別のお店をはしごするつもりでいたのですが最初の1杯があまりに美味しかったので奥のレストランで食事をすることにしました。

レストランに入るのは初めてです。

f:id:noblin:20130728133551j:image

折しも2013年、開業175周年でこの1年は記念ビールがあるそうです。ケルナー(給仕のお兄さん)に「どうちがうの?」と尋ねると「使っているポップがちがうんです」とのこと。

これは比較試飲するしかないですよね。で飲み比べてみました。記念ビールラベンダーレモンの皮のような香りがしてワイングラス出されたらカクテルと間違えてしまうかもしれない不思議な味わいでした。

f:id:noblin:20130728133403j:image

注文したお料理もとても美味しかったです。

f:id:noblin:20130728141626j:image

化粧室に行くとドアノブがビア樽のモチーフでその遊び心に嬉しくなりました。

f:id:noblin:20130728132506j:image

きびきびと働くケルナーさんたち

デュッセルドルフを訪れる機会があったらぜひ立ち寄っていただきたいお店です。

2014-04-17

旅の記憶;デュッセルドルフのビール「アルト」

2007年の3月にワイン見本市「プロワイン」を訪ねたのがこの街に来た最初でした。

f:id:noblin:20130812112110j:image

最近は「アルト」と呼ばれるこのエリアで造られているビール魅せられています。

まずはスーパーマーケットで瓶ビールを調達。広い売り場にたくさんの銘柄(しかしもちろんこの街周辺でしか購入でいない地ビールです)が並んでいます。何本か抱えレジに並んでいると前のおじさんが覗き込んで色々解説してくれました。彼の一押しは「ディーベルス」のようでした。

f:id:noblin:20130727115932j:image

よくわからないのでラベルで選んでいたら「これよりあっちがいい」などなどアドバイスをいただいて3本購入。

f:id:noblin:20130726224233j:image

f:id:noblin:20130324105624j:image

「フレンスハイム」これはシェアが大きいのでしょうか、街のあちこちで看板もよくみかけました。

f:id:noblin:20130728173407j:image

f:id:noblin:20130324105640j:image

ガッツ」あれ?看板は「ガッツヴァイラー」色もちがいます。でもマークは一緒です。ひょっとして名前が長いので改名したのでしょうか???

この3本を飲み比べてみました。

「フレンスハイム」は優しい飲み口で疲れているときには美味しく感じますがアルトの特徴である普通のビールより苦みの利いた味わいを期待すると少し物足りないかもしれません。

「ディーベルス」は男性好みなのかなぁ、キリッとしていますがもう少しふくよかさがほしいかも。。。いつか樽ビールで試してみたいです。

ガッツ」一番バランスがよく飲みやすい味わいでした。

王冠もキレイです。

f:id:noblin:20130729072135j:image

2013-07-25

インチョン空港のドイツビール

今回のドイツへの旅はインチョン空港経由でした。フランクフルト行きの10番ゲートと9番ゲートの間にドイツビールの生を飲ませてくれるバーカウンターがあります。

f:id:noblin:20130723053822j:image

2007年の夏ツアーのみなさんと帰国の乗り継ぎ待ちの間中(3時間以上!)ずっと飲み続けた思い出があります。

500MLグラスを5杯、なんて方もいらっしゃり驚きました。今も記憶に鮮やかです(笑)

今回はすぐに飛行機に乗り込まなくてはならないので300MLを一気に飲み干しました。するとこのビールにあるいつものふくよかさを感じることができないんですよね、冷えすぎていた感じもするし、ドイツビールはたくさんおしゃべりしながら味わって飲まないと美味しさ半減なのかなぁ、味ってその時々の体調、気温、雰囲気などなどで変化しますね。

でも心地よい余韻は飛行機に乗り込むとじんわりと旅の楽しい予感を膨らませてくれました😊

f:id:noblin:20130723053551j:image

2010-08-25

シュヴァルツリースリングのゼクト

f:id:noblin:20100825124048g:image

昨年ごく少量輸入したシュヴァルツリースリングのロゼゼクト。

思いがけず大好評で発売から2週間で完売、ほとんど幻アイテムでした。。。

時間の経過とともに記憶が美化&拡大されることも手伝ってか購入してくださった方々が

「あれは美味しかった」と伝説となりつつあります(^_^;)

もちろん実際美味しいので今年はたくさん輸入します。全ての方に楽しんでいただかなくては!

昨年、このゼクトを手打ちそばにあわせていただく機会がありました。

とても素敵なマリアージュでした(^_^)次回入荷したら「お蕎麦とゼクトの会」を

企画したいと思っているのでご興味がある方はご連絡くださいね。

ちなみに手打ちそばを打ってくださるのはワイン教室歴4年目のムッシュ・ヒロシさまです(*^_^*)

原料葡萄の「シュヴァルツリースリング」フランスでは「ピノ・ムニエ」と呼ばれ、シャンパンの重要な原料葡萄です。

「シュヴァルツ」は黒い、「リースリング」は世界を代表する葡萄の女王様。

リースリングと何か関係があるのかと思い調べたら何の関係もないようです、紛らわしいですね。。。

ただドイツの重要な葡萄品種であるリースリングのように「重要な黒葡萄ですよ」ということでこの名前になったようです。

きっと最初に紹介した方の思い入れが大きかったのですね。

近年あちこちの藏元でこの品種で造ったワインに出会うようになりました。

15年くらい前は聞き慣れない品種名でしたが、現在はたくさんの人に愛されているようです。

2009-10-12

モズの声とキンモクセイ

f:id:noblin:20091012091804g:image

この3連休はお天気に恵まれて爽やかな毎日です。

ワインフォーラムのワイン教室は第2週末の土日はお昼と夜の両方のクラスがありました。

みなさんいつも以上にリラックスされて新着ワインを堪能してくださいました。

お向かいのキンモクセイがようやく香り始めました。

今年は少しゆっくりめのようです。

例年9月29日から10月3日の間に最初のキンモクセイを感じるのですが今年は1週間遅めでした。

この香りがしてくると秋の深まりを実感します。そしてモズの甲高いなき声、これから寒くなるなぁ、と

身体の記憶が呼び覚まされるようです。

2009-09-22

キュベ アウフヴィント

f:id:noblin:20090922131758g:image

先週末から新着ワインのお披露目会にたくさんの方が集ってくださりワインの無事の到着を一緒に祝ってくださっています。

「年度が変わるとワイン雰囲気もかわりますね〜」とワインフォーラムにとっては新しい年の始まりのような毎年恒例の嬉しい行事です。

今年は140アイテム近くのワインがリストにラインナップされていて番号を覚えるのも一苦労・・・いえいえ早くもみなさん

自力でワインの味を想像しながらたくさんご注文をくださったおかげでこの週末にほぼ頭に入りました!

土曜日の夜2006年春にドイツにご一緒した方々が集まりました。

「あの時にファルツのヘンゼルさんのところで買って帰ったワインがすごく美味しかったよね〜」という話題で盛り上がりましたが

果たしてそれが何だったのかは誰もわからずヒントは「2006年にドイツで開催されたワールドカップの貴賓席で饗されるワイン

ということでみなさんお求めになったとか。わたしたちがヘンゼルさんのところを訪ねたのはそのワールドカップひと月前のことでした(^o^)

そのワイン、今朝、几帳面に記録をとっているよしこさんがラベルの写真をわざわざメールしてくださりアイテムが判明(^o^)

f:id:noblin:20090922133631g:image

なんと今年初めて輸入した「キュベ・アウフヴィント」(09−86番)でした。カベルネ・ソーヴィニヨンとザンクト・ローレントの力強いキュベです。

みなさんの記録と記憶に支えられて益々ワインが美味しくなりそうです。

2009-08-23

朝からゼクト

f:id:noblin:20090823085000g:image

今、9月に到着する新着ワインの準備をしています。

5月のゴールデンウィーク明けから買い付けにドイツに出かけ毎日藏元さんを1件ずつ訪ねてテイスティングした中から選りすぐったワインたち。

でも3ヶ月もするとどんな味だったか記憶が薄れてしまいます。特にここ1,2年忘れるのが早くなりました(^o^)

で、役に立つのがテイスティングノート。

藏元さんでワインをテイスティングするのはかなり真剣な作業なのですが気分にぴったりな美味しいワインに出会った時のコメントは自分で読み返すとその瞬間が蘇ります。

きょうは日曜日ですが例えばモーゼルのエーマートさんを訪ねた時に飲んだ「リースリングのゼクト」そのテイスティングコメントは、

日曜日の朝にぴったり(^o^)(^o^)(^o^)みんな飲んで〜!!!

はなはだ一般的ではありませんが読み返すと口の中にリースリングのほどよい酸味と甘みがじわ〜っと蘇って胃が刺激されるほどに鮮明に思い出すのですから不思議です(^o^)