ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

美味しい、楽しい、嬉しい日記 (ワイン、ドイツワイン、料理、旅、日々の生活) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-05-23

5月のワイン教室 2013

5月のワイン教室

ゴールデンウィーク明けの5月10日金曜日から22日水曜日まで13回。


今年はバラの開花が早くちょうどワイン教室の日程と満開のバラが重なりみなさまに楽しんでいただけました(^o^)

f:id:noblin:20130514131913j:image

料理ワインは「初夏の爽やかな風」を感じていただける組み合わせを考えてみました。

最初のワインは、ファルツ地方バーバラさんの造ったシルヴァーナー(93番)合わせたお料理は「春キャベツスープ

じつはこのスープ、どなたも「キャベツ」とわかりませんでした。泉シェフの絶品スープです。

(すみません「春キャベツスープ」の写真を撮ってませんでした(^_^;)

じつはこのスープ、どなたも「キャベツ」とわかりませんでした。

泉シェフの絶品スープです。


2番目のワインは同じシルヴァーナー種で造られたワインですが産地ちがいのフランケン地方のライスさん(118番)

f:id:noblin:20130523215636j:image

そして「そら豆とドライトマトのアーリオ・オーリオ」をパールワインロゼッコ」(42番)とあわせます。

f:id:noblin:20130519103055j:image


↓トライスさんのロゼッコ 42番

f:id:noblin:20130523220226j:image

このロゼッコはワイン教室でも登場回数が多いワインのひとつですが今月は特に好評でした。お料理との組み合わも幸いしたのでしょうがカラッとした今の気候にもよく合ってさらに美味しく感じられたのでしょう。




お次は、湿度の低さに加え室温が18度から20度くらいというフルボディの赤を楽しむのに最適な条件が整っている5月にぴったりの飲み頃を迎えたヘンゼルさんの「ザンクト・ローレント2009」(76番)は開けたてからまろやかで美味しく大好評!!

f:id:noblin:20130524102243j:image

しっかり赤は冬、と思っている方が多いのですが

実は「風薫る5月から梅雨が明けるまでの6月」「秋本番の10月後半から暖炉までの11月」が温度設定がしやすく美味しく召し上がっていただける時期なのです。


料理は「新じゃがとチキンローズマリー焼き」と合わせて楽しんでいただきました。ローズマリー香りスパイシーなザンクト・ローレントの美味しさをよく引き立てて元気がでる組み合わせです。

f:id:noblin:20130519110139j:image

白、スパークリング、赤の後に続くのはクルンプさんの「オクセロワ」(112番)


すっきりと爽やかでコクもある魅力的な白ワインです。

オクセロワは、一般的にはバター 生クリームなど乳製品との相性がよいと言われている品種ですが、爽やかな今の季節に単独でゆっくりと味わうのにも向いているワインだと思います。

ワイン教室では「マカロニサラダ」と合わせてみました。


最後はクノッドさんのリースリング(27番)

f:id:noblin:20130524102950j:image

カビネットクラスなので食中酒としても最適なのですが

今月はスッキリとしたタイプのワインが多かったので充分デザートワインとして楽しんでいただけたようです。

2011-09-05

ワインツアーの報告;8月23日火曜日・その1

滞在3日めの朝、朝食の盛りつけはみなさんがかわりばんこで担当してくださり毎日それぞれのセンスが光っていました。

f:id:noblin:20110905201413g:image

テラスから眺めた1階の窓の様子

f:id:noblin:20110905201414g:image

みんなで朝食をとっているところに新聞社女性カメラマンさんが写真撮影に。写真と記事は8月25日の朝刊に掲載、すでにブログにて紹介しています。

観光地巡りだけでないワインを軸としたドイツでの暮らしや人に触れる旅を企画している私を取材してくださるとのこと、ならばみなさんと一緒のショットを、ということになりました。

この日8月23日は私が30年前にはじめてヨーロッパに旅だった日でもあり、個人的記念日(*^_^*)素晴らしい体験ができた最初の旅でのご縁が今日に繋がっていることに改めて感謝したのでした。


きょうの目的地はバーデン地方、クライヒガウ地域にてオーガニックワインを手がけているクルンプ醸造所です。ノイシュタット・アン・デア・ワインシュトラーセから列車で1時間半。

私たちをブルッフサール駅に10時半に迎えに来てくださりまずは畑に連れて行ってもらいました。朝から気温がぐんぐん上がります。今年最高の暑さで日中は34度まで上昇。

「あと2時間したら暑すぎて畑にいけなくなるので早く来てもらってよかった」とクルンプさん。

畑に向かう途中、新しくこの春に植えたまだ背丈50センチくらいの葡萄の樹が目に入ります。「この畑は同僚の畑で、あの樹はこの5月に植えたものです、覚えておいてくださいね」

そしてしばらくいくと車を止めて下車「ここは私たちの畑でやはり今年の5月に植えた葡萄ですがこんなに大きく育っています」みると4ヶ月とは思えないほど空に向かってぐんぐん伸びています。

「通常、植え替えをするとワインを造るための葡萄を収穫するのに3年くらいかかるのですが手をかけて育てると翌年から収穫が可能になります」

葡萄の木に注ぐクルンプさんの眼差しは愛おしさに満ちていました。

f:id:noblin:20110905201415g:image

今年の5月に植えたクルンプさんの畑の葡萄の樹。普通の状態の写真を撮っていないのでよくわからないかもしれませんが驚異的といっていい状態です。

再び車に乗り葡萄畑の中を走ります。次に降りたのはゲブルツトラミナーの畑でした。

淡いレーズン色に色づいている葡萄たちがお行儀よく並んでいます。「葡萄日光がよく当たるように随時手作業で葉を落とします。この畑は4日前に作業をしたたばかりです。葡萄を食べてみてください」「あま〜い!」すでに食べて美味しい甘さでした。さらに3週間くらい葡萄が熟すのを待って収穫しデザートワインに仕上げるそうです。

f:id:noblin:20110905201416g:image

さらに車に乗ってようやく「キルヒベルク」に辿り着きました。

美味しそうに黄色みを帯びた白葡萄がまるまると実っていました。

1990年に植えたヴァイスブルグンダーだそうで樹齢21年とのこと。

クルンプさんは「これからがようやくこの葡萄の樹の本領発揮です。樹齢20年くらいまでは準備段階ですからね」と嬉しそうに話していました。

慣習的には葡萄の樹はほぼ25年ごとに植え替えが行われるようです。樹齢を重ねると葡萄の樹につく房が減っていくので生産効率を考えて次の世代のために植え替えをするとのこと。

しかしここ20年くらい前から世界的に古木にこだわり50年、なかには80年を超える古木からあえてワイン造りをすることによってより複雑な味わいのワインを造ろうとする傾向があります。

もちろん日常気軽に飲むクラスワインではありませんがそうしたものをたまには口にすることでワイン世界の奥深さ、素晴らしさにより深く触れることもできるわけでいろんな楽しみに出会いたいものですね(*^_^*)

「私たちのワイン葡萄香りが高くその葡萄の持つ果実味の豊かさが特徴ですがそれを実現するためには絶え間ない畑の手入れはもちろんのこと注意深い葡萄の収穫も重要です。全てが手作業で行われるのはもちろんですが収穫も同一の畑で3回から4回に分けて行います。毎回よく熟した葡萄のみを目で確認して最良のものを手摘みし別々に仕込むのです」

そういえば2年前の買い付けの際、ソーヴィニヨン・ブラン香りのよさに驚いて「通常のソーヴィニヨン・ブランにはあまり感じられないトロピカルフルーツのような芳醇な香りはどこからくるのですか?」と尋ねると「通常の摘み取り時期とさらに熟すまで待って再度収穫したものを最終的に合わせて仕上げています」と教えてもらったことを思い出しました。

これまでのドイツワインは摘み取りの時のオクスレ度によって等級分けされて摘み取り時期の遅い、いわゆる糖度の高いものが上等、といった概念がありましたがクルンプ醸造所では新しい感覚ワイン造りをしていることになります。ドイツワイン法上のカテゴリーにこだわらずそうして造られたワインを自らの判断で3ッ星、2ツ星、1ッ星に分け、3ッ星は全生産量の10%前後のハイレベルのもののみとしているようです。

日本でのクラッシックなワイン愛好家の方の中には「アウスレーゼの方がカビネットより上等」といったドイツワインを等級別にとらえようとする方には理解しにくい世界となります。

飲まなきゃわからない、世界です。基本的にはすべてのワインにいえることなのですが。。。


今回みせていただいた畑は1978年にクルンプさんが最初に小区画購入した「キルヒベルク」でした。当時公務員として働きながら趣味葡萄栽培から醸造にチャレンジしていたクルンプさんが独立して醸造家となるまでには数年の歳月が必要だったようですがその勤勉で研究熱心な才能を生かしてワインの造り手になってくれたことは私たちにとっても幸運なことだったといえると思います。

そして年々買い足して今では総面積30ヘクタールを所有しているそうでこの「キルヒベルク」にはカベルネ・ソーヴィニヨンメルローシラーカベルネ・フランシャルドネといったフランスの代表的な品種も植えられています。

畑で聞く彼の話からは「ワイン造りの最も重要な要素は畑でいかに葡萄理想的な状態で育てるかにかかっているということを実際に見て理解して欲しい」という情熱が伝わってきます。


畑を回った後、眺めのよいバルコニーのようなところで一休み、持参してくれたリースリングゼクトを開栓してくれました。香りが素晴らしく、切れのよい味わいのリースリングゼクト、私が個人的に大好きなゼクトです。味ももちろんですがよく冷やしてあってこの暑さの中でいただくのになんと美味しいのでしょう。みなさんの間からも「私たちのためにこんな風に準備してくださって有り難いですね〜」という声を伝えると、「準備をしてくれたのは妻のマリエッタ。僕は10時まで畑で作業をしていて大急ぎでシャワーを浴びてみなさんを駅にお迎えにいったのですから」と奥様とのチームプレーのよさを話してくれました。

f:id:noblin:20110905201417g:image

「これまで畑での葡萄についてお話ししてきましたがみなさんにはこの葡萄畑全体の美しい景観も同時に楽しんでいただきたいと思います。そしてワインを飲むときにぜひこの景色を思い出していただきたいものです」とクルンプさん。

「ではそろそろ戻りましょう、お昼ご飯の支度が出来た頃でしょう。」つづく・・

f:id:noblin:20110905201418g:image

キルヒベルクの畑で。

2009-06-23

白アスパラの季節に訪ねるドイツワインの旅

f:id:noblin:20090623161555g:image

5月下旬から6月はじめにかけての1週間、ワイン教室のみなさんとワインの造り手さんを訪ねる旅をしました。今回は列車やバスを使っての旅でしたが事前の打ち合わせ会を約1年かけてしっかりと準備したおかげで参加者の方々のチームワークも最高、みんな元気に飲んで食べて笑っての楽しい旅になりました(^o^)きのうはその同窓会。まだドイツを旅している途中のような楽しい時間となりました。

kaorinnkaorinn 2009/06/23 23:39 久しぶりに皆さんに会えて楽しかったです!旅行を思い出しました。。。

kaorinnkaorinn 2009/06/23 23:39 久しぶりに皆さんに会えて楽しかったです!旅行を思い出しました。。。