Hatena::ブログ(Diary)

N子の想い出日記

2012-12-30

四国八十八ヶ所 参拝 ( 2011-06-12〜2012-08-14 )

| 16:21

     四国八十八ヶ所参拝  ( 2011年6月12日〜2012年8月14日 )

番号 寺院名    御本尊         所在地             参拝日

      阿波の国 ( 発心の道場 )  1番霊山寺〜23番薬王寺 

01  霊山寺  釈迦如来       鳴門市大麻町板東126       

02  極楽寺  阿弥陀如来    鳴門市大麻町檜ダンの上12   

03  金泉寺  釈迦如来       板野郡板野町亀山下66     

04  大日寺  大日如来       板野郡板野町黒谷5         

05  地蔵寺  勝郡地蔵菩薩  板野郡板野町羅漢字林東5    

06  安楽寺  薬師如来       板野郡板野町引野寺西北8  

07  十楽寺  阿弥陀如来    板野郡土成町字法教田58    

08  熊谷寺  千手観世音    板野郡土成町字前田185

09  法輪寺  釈迦如来     板野郡土成町土成田中195-2

10  切幡寺  千手観世音    阿波郡市場町切幡字観音129

11  藤井寺  薬師如来     麻植郡鴨島町飯尾1225

12  焼山寺  虚空蔵菩薩    名西郡神山町下分字地中318

   四国霊験場 杖杉庵   名西郡神山町下分字地中     

13  大日寺  十一面観世音   徳島市一宮町西町376

14  常楽寺  弥勒菩薩      徳島市国分町延命606 

15  国分寺  薬師如来      徳島市国分町矢野218の1

16  観音寺  千手観世音    徳島市国分町観音寺49 

17  井戸寺  七仏薬師如来   徳島市国分町井戸80の1

18  恩山寺  薬師如来     小松島市田野町恩山寺谷41

19  立江寺  延命地蔵菩薩   小松島市立江町若松13

20  鶴林寺  地蔵菩薩     勝浦群勝浦町

21  太龍寺  虚空蔵菩薩    阿南市加茂町円生谷

22  平等寺   薬師如来     阿南市新野町秋山177

23  薬王寺   薬師如来    海部郡日和佐町寺町前285-1

     土佐の国 ( 修行の道場)   24番御前崎寺〜39番延光寺

24  最御岬寺 虚空蔵菩薩    室戸市室戸岬町4058-1

25  津照寺  楫取地蔵菩薩   室戸市室津2644

26  金剛頂寺  薬師如来     室戸市室戸元2523 

27  神峯寺  十一面観世音   安芸郡安田町唐ノ浜竹林山2594

28  大日寺  大日如来      香美郡野市町母代寺476      

29  土佐国分寺 千手観世音  南国市国分546

30  善楽寺  阿弥陀如来    高知市一宮本村2501

31  竹林寺  文殊菩薩     高知市五台山3577

32  禅師峰寺 十一面観世音  南国市十市3084 

33  雪蹊寺  薬師如来     高知市長浜町857-3

34  種間寺  薬師如来     吾川郡春野町秋山73  

35  清滝寺  薬師如来     土佐市高岡町清滝5681

36  青龍寺  不動明王     土佐市宇佐町龍旧寺山601

37  岩本寺  不動明王     高岡郡窪川町茂串3-13

38  金剛福寺 千手観世音   土佐清水市足摺岬214-1

        民宿西田屋     

39  延光寺  薬師如来    宿毛市平田町寺山390

     伊予の国 ( 菩提の道場 ) 40番観自在寺〜65番三角寺

40  観自在寺 薬師如来    愛媛県南宇和郡御荘平城2622

41  龍光寺  十一面観世音  愛媛県北宇和郡三間町戸雁583

42  仏木寺  大日如来    愛媛県北宇和郡三間町字則273

43  明石寺  千手観世音   東宇和郡宇和町字明石104

44  大宝寺  十一面観世音 上浮穴郡久万町菅生二番耕地1173

45  岩屋寺  不動明王    上浮穴郡美川村四番耕地386

46  浄瑠璃寺 薬師如来    松山市浄瑠璃町327

46  浄瑠璃寺 薬師如来    松山市浄瑠璃町327

47  八坂寺  阿弥陀如来   松山市浄瑠璃町八坂773

48  西林寺  十一面観世音  松山市大字高井841

       西林寺奥ノ院 杖ヶ淵公園

49  浄土寺  釈迦如来    松山市

50  繁多寺  薬師如来    松山市畑寺町32

51  石手寺  薬師如来    松山市石手2丁目9-1

52  太山寺  十一面観世音  松山市太山寺町1730

53  円明寺  阿弥陀如来    松山市和気町1-182

54  延命寺  不動明王    今治市阿方636

55  南光坊  大通智勝仏   今治市別宮町3-1       

56  泰山寺  地蔵菩薩    今治市小泉645甲

57  栄福寺  阿弥陀如来   今治市玉川町八幡200

58  仙遊寺  千手観世音   今治市玉川町別所甲483

59  国分寺  薬師如来    今治市国分寺甲520

60  横峯寺  大日如来    西条市小松町石鎚甲2253

   横峯寺 奥の院 星ヶ森   西条市小松町石鎚甲2253

61  香園寺  大日如来    西条市小松町南川甲19

   香園寺 奥の院       西条市小松町南川

62  宝寿寺 十一面観世音菩  西条市小松町新屋敷甲428

63  吉祥寺  毘沙門天    西条市氷見乙1048

64  前神寺  阿弥陀如来   西条市州之内甲1426

65  三角寺  十一面観世音  四国中央市金田町三角寺75

     讃岐の国 ( 涅槃の道場 ) 66 雲辺寺 〜 88 大久保寺

66  雲辺寺  千手観世音   徳島県三好市池田町白池763

67  大興寺  薬師如来    三豊市山本町辻4209

68  神恵寺  阿弥陀如来   観音寺市八幡町1丁目2-7

69  観音寺  聖観世音    観音寺市八幡町1丁目2-7

70  本山寺  馬頭観世音   三豊市豊中町本山甲1445

71  弥谷寺  千手観世音   三豊市三野町大字大見乙71

72  曼荼羅寺 大日如来    善通寺市吉原町1380-1

73  出釈迦寺 釈迦如来    善通寺市吉原町1091

        出釈迦寺 奥の院

74  甲山寺  薬師如来    善通寺市弘田町1765-1

75  善通寺  薬師如来    善通寺市善通寺町3丁目3-1

76  金倉寺  薬師如来    善通寺市金蔵町1160

77  道隆寺  薬師如来    仲多度郡多度津町北鴨1-3-30

78  郷照寺  阿弥陀如来   綾歌郡宇多津町1435

79  天皇寺  十一面観世音   坂出市西庄町1713-2 

80  国分寺  千手観世音菩薩  高松市国分寺町国分2065

81  白峯寺  千手観世音菩薩  坂出市青海町2635

82  根香寺  千手観世音菩薩  高松市中山町1509

83  一宮寺  聖観世音菩薩    高松市一宮町607

84  屋島寺  十一面観世音菩薩  高松市屋島東町1808

85  八栗寺  聖観世音菩薩    高松市牟礼町牟礼3416

86  志度寺  十一面観世音菩薩 さぬき市志度1102

87  長尾寺  聖観世音菩薩    さぬき市長尾西653

88  大窪寺  薬師如来       さぬき市多和兼割96

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

高野山〜京都 一日目 ⇒ 高野山へ ( 奥の院・金剛峯寺・根本大塔・金堂 )

高野山〜京都 二日目 ⇒ 金剛三昧院〜大門  

           ⇒ 教王護国寺 ( 東寺 )     ⇒ 西本願寺

           ⇒ 納経帳   


 

2012-12-25

四国八十八ヶ所 第八十四番 屋島寺 ( 2012-07-10 )

| 20:47

     四国八十八ヶ所 第八十四番 南面山 千手院 屋島寺


 f:id:nobubachanpart3:20121217150035j:image

略縁起 屋島は高松市の東、標高293メートルの溶岩台地で屋根の様な形を元は

島だった事から屋島といわれています。 那須与一の扇の的や義経の弓流しなどで

有名な源平合戦古戦場史跡で知られています。

天平勝宝5年 ( 753 ) 唐から来られた鑑真和尚が奈良へ向かう途中屋島に立ち寄り

普賢堂を建立し、その後、恵雲律師が堂宇を建立し初代の住職になりました。

弘仁6年 ( 815 ) 嵯峨天皇 ( 在位809-823 ) の勅願により、この地を訪れた

弘法大師が北嶺から南嶺に寺を移し本堂を建立、十一面面千手観世音菩薩を刻み

本尊として安置、第八十四番札所として定められました。


     f:id:nobubachanpart3:20121217162155j:image

午前6時17分、お世話になった Takata 家を後に、屋島寺へ。

高松東ICから高速に入る心算でいましたがカーナビは、さぬき三木ICへ誘導、

高松中央ICで降り、国道11号を屋島方面へ、6時43分 屋島ドライブウェイ

( 有料道路 610円 ) を走る。


     f:id:nobubachanpart3:20121217162136j:image

午前6時50分、まだ人影のない駐車場に着く。


     f:id:nobubachanpart3:20121217162122j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121217164229j:image

東大門


 f:id:nobubachanpart3:20121217172109j:image   f:id:nobubachanpart3:20121217172046j:image


            f:id:nobubachanpart3:20121217171737j:image

             五重塔


 f:id:nobubachanpart3:20121217145628j:image

境内


     f:id:nobubachanpart3:20121218041851j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218041827j:image

仁王門。参道をぐるりっとまわり仁王門下まで下りる。


 f:id:nobubachanpart3:20121218041808j:image

四天門正面。


 f:id:nobubachanpart3:20121218041755j:image   f:id:nobubachanpart3:20121218041739j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121218042442j:image

四天門裏側


 f:id:nobubachanpart3:20121218041728j:image   f:id:nobubachanpart3:20121218041719j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218045037j:image

本堂


 f:id:nobubachanpart3:20121218044954j:image

 大師堂


     f:id:nobubachanpart3:20121218044931j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121218044908j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218044850j:image

納経所


       f:id:nobubachanpart3:20121218044838j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218044833j:image


f:id:nobubachanpart3:20121218055721j:image   f:id:nobubachanpart3:20121218055717j:image


f:id:nobubachanpart3:20121218050237j:image  f:id:nobubachanpart3:20121218050222j:image  f:id:nobubachanpart3:20121218050205j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121218052741j:image  f:id:nobubachanpart3:20121218052719j:image  f:id:nobubachanpart3:20121218052659j:image

 屋島寺 御詠歌        ( 1991年4月5日 )       ( 2009年6月14日 )   

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121226065918j:image:left  本尊御真言・・・・・おん ばざら たらま きりく

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第八十四番札所

  名称・・・・・・南面山 千光院 屋島寺

  本尊・・・・・・十一面千手観世音菩薩

  宗派・・・・・・真言宗御室派

  開基・・・・・・鑑真和尚

  所在地・・・・・〒761-0111 香川県高松市屋島東町1808

  ☎・・・・・・・087-841-9418


     f:id:nobubachanpart3:20121218072644j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218045058j:image

宝物館


     f:id:nobubachanpart3:20121218080229j:image

蓑山大明神


 f:id:nobubachanpart3:20121218080207j:image

熊野大権現


     f:id:nobubachanpart3:20121218080144j:image

三躰堂


     f:id:nobubachanpart3:20121218080122j:image

千躰堂


     f:id:nobubachanpart3:20121218080036j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218084143j:image

血の池    瑠璃宝の池 ( 血の池 )


     f:id:nobubachanpart3:20121218083205j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121218083143j:image

橋を渡ると、小さな祠がありました。


     f:id:nobubachanpart3:20121218083116j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218090747j:image

屋島ドライブウェイより。


 f:id:nobubachanpart3:20121218090713j:image

八栗寺へ向かう途中自動車からの眺め。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。        

四国八十八ヶ所 第八十五番 八栗寺 ( 2012-07-10 )

| 20:48

    四国八十八ヶ所 第八十五番 五剣山 観自在院 八栗寺


 f:id:nobubachanpart3:20121207120958j:image

略縁起 八栗寺は、屋島の東にそびえる五剣山の中腹に位置し、

現在はケーブルカーで登ることができます。  

天長六年 ( 829 ) 大師がこの山に登り求聞持法を修めている時、

五振りの剣が降って来ました、その時鎮守金剛蔵王が現れ山の鎮守を告げられ、

大師はこの五つの剣を山中に埋め 鎮護とし観世音菩薩を刻み堂宇を建立し、

五剣山と名付けられました。 山頂からは、讃岐・阿波・備前などの四方八方が

見渡すことが出来たので、もともと八国寺という寺名でした。   

その後唐から帰国した大師は、唐に渡る前に八個の焼栗を埋めたのが立派に

育っていたので、寺号を八栗寺と改名し、第八十五番札所にさだめられました。


     f:id:nobubachanpart3:20121218215402j:image

ケーブルカーに乗る予定だったのですが、カーナビ裏参道へと・・・・・・・・・・。


     f:id:nobubachanpart3:20121218094723j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121218220723j:image

八栗寺本坊


     f:id:nobubachanpart3:20121225111831j:image

本坊から五剣山を望む。


     f:id:nobubachanpart3:20121225121450j:image

五剣山上の祠


     f:id:nobubachanpart3:20121218094340j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218094318j:image

境内


       f:id:nobubachanpart3:20121218094259j:image

多宝塔


 f:id:nobubachanpart3:20121218100107j:image

左から地蔵堂・大師堂・多宝塔。

 f:id:nobubachanpart3:20121218100456j:image

大師堂

     f:id:nobubachanpart3:20121218100055j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121218100034j:image

地蔵堂

 f:id:nobubachanpart3:20121218101306j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121218102048j:image

歓喜天


 f:id:nobubachanpart3:20121218101243j:image

本堂


 f:id:nobubachanpart3:20121218102433j:image

護摩堂納経所


     f:id:nobubachanpart3:20121218102922j:image


f:id:nobubachanpart3:20121218164512j:image  f:id:nobubachanpart3:20121218164454j:image  f:id:nobubachanpart3:20121218164433j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121218165425j:image  f:id:nobubachanpart3:20121218165403j:image  f:id:nobubachanpart3:20121218165344j:image

八栗寺 御詠歌       ( 1991年4月5日 )       ( 2009年6月14日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121219135421j:image:left  本尊御真言・・・・・おん あろりきゃ そわか

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第八十五番所

  名称・・・・・・五剣山 観自在寺 八栗寺

  本尊・・・・・・聖観世音菩薩

  宗派・・・・・・真言宗大覚寺派

  開基・・・・・・弘法大師

  所在地・・・・・〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼3416

  ☎・・・・・・・087-845-9603


     f:id:nobubachanpart3:20121218103335j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218210920j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121218212041j:image

歓喜天の扁額の掛かる鳥居


 f:id:nobubachanpart3:20121218210836j:image

二天門


f:id:nobubachanpart3:20121218213206j:image   f:id:nobubachanpart3:20121218213155j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121218214729j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218204225j:image

お迎え弘法大師展望所 お迎え弘法大師の由来


     f:id:nobubachanpart3:20121218204526j:image

お迎え弘法大師

 f:id:nobubachanpart3:20121218204140j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121218204115j:image

お迎え弘法大師 展望所から讃岐平野を望む。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

四国八十八ヶ所 第八十六番 志度寺 ( 2012-05-26 )

| 20:48

     四国八十八ヶ所 第八十六番 補陀洛山 清浄光院 志度寺


 f:id:nobubachanpart3:20121219102617j:image

略縁起 創建は推古天皇の時代で、1300年を優にこす歴史を持つ四国霊場屈指の

古刹です。 海女族の凡園子 ( おおしそのこ ) が霊木で十一面観音像を彫り、

精舎を建てたのが始まりといわれその後、藤原鎌足の息子 藤原不比等

妻の墓を建立し、志度道場と名づけられました。 

その息子房前の時代、持統天皇7年 ( 693 )、行基とともに堂宇を拡張し、

学問の道場として栄えました。能楽の「海女 ( あま ) 」の舞台とした知られています。


 f:id:nobubachanpart3:20121219102554j:image

 仁王門。      志度寺由来


f:id:nobubachanpart3:20121219102544j:image   f:id:nobubachanpart3:20121219102532j:image

金剛力士


         f:id:nobubachanpart3:20121219113146j:image

         五重の塔


    f:id:nobubachanpart3:20121224104326j:image

    奪依婆堂


 f:id:nobubachanpart3:20121219102509j:image

 本堂


    f:id:nobubachanpart3:20121219110048j:image

    本堂拝殿


 f:id:nobubachanpart3:20121219110031j:image

 大師堂


 f:id:nobubachanpart3:20121219111349j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121219111336j:image

     三尊仏


     f:id:nobubachanpart3:20121219111324j:image

    覚阿上人霊塔


     f:id:nobubachanpart3:20121219111305j:image

     琰魔堂


     f:id:nobubachanpart3:20121224105757j:image

    薬師堂


          f:id:nobubachanpart3:20121219111254j:image

          御本尊・十一面面観世音菩薩石像


     f:id:nobubachanpart3:20121219120450j:image

     納経所


     f:id:nobubachanpart3:20121219120411j:image

    納経所・奥はお遍路さんの休憩所になっています。


     f:id:nobubachanpart3:20121219120346j:image


f:id:nobubachanpart3:20121219133217j:image  f:id:nobubachanpart3:20121219133159j:image  f:id:nobubachanpart3:20121219133140j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121219133814j:image  f:id:nobubachanpart3:20121219133752j:image  f:id:nobubachanpart3:20121219133732j:image

 志度寺御詠歌       ( 1991年4月5日 )      ( 2009年6月14日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。f:id:nobubachanpart3:20121219135059j:image:left  本尊御真言・・・・・おん まか きゃろにきゃ そわか

  札所等・・・・・四国八十八け所第八十六番札所

  名称・・・・・・補陀洛やま 清浄光院 志度寺

  本尊・・・・・・十一面観世音菩薩

  宗派・・・・・・真言宗善通寺派

  開基・・・・・・藤原不比等

  所在地・・・・・〒769-2101 香川県さぬき市志度1102

  ☎・・・・・・・087-894-0086



f:id:nobubachanpart3:20121219120342j:image   f:id:nobubachanpart3:20121219120323j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121219120257j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121219120239j:image

    史跡 海女の墓。 

 駐車場横の海女の墓は高い丸太の柵 ( 心ない人が荒らすため ) で囲まれて

いたので良く見えませんでした。


          f:id:nobubachanpart3:20121219120230j:image

          海女の墓


    f:id:nobubachanpart3:20121219132737j:image

    高浜年尾句碑


    f:id:nobubachanpart3:20121224102901j:image

    駐車場傍の弁財天堂

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

四国八十八ヶ所 第八十七番 長尾寺 ( 2012-07-10 )

| 21:41

     四国八十八ヶ所 第八十七番 補陀洛山 観音院 長尾寺


 f:id:nobubachanpart3:20121207132146j:image                          

略縁起 開創は聖徳太子という説もありますが。天平11年 ( 739 ) 行基菩薩が

この地を訪れ 楊柳 ( ようりゅう ) で聖観世音菩薩を刻み 堂宇を建立し安置、

法相宗を開基しました。

大同年間 ( 808-810 ) 弘法大師がこの寺を訪れ入唐が成功するように

年頭七夜に渡りごま祈願を行い、帰国後に天長2年 ( 825 ) 入唐の大願成就を

感謝して大日経一願一石の供養塔建て堂宇を建立し八十七番札所と定められました。


 f:id:nobubachanpart3:20121220073324j:image

 山門 ( 鐘楼門 )


f:id:nobubachanpart3:20121220074559j:image   f:id:nobubachanpart3:20121220074544j:image

経堂


 f:id:nobubachanpart3:20121220080451j:image

 本堂


     f:id:nobubachanpart3:20121220082045j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121220083256j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121220083237j:image

 大師堂


     f:id:nobubachanpart3:20121220084438j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121220090621j:image

     薬師堂


 f:id:nobubachanpart3:20121220090559j:image

 中尾寺東門。   説明版


     f:id:nobubachanpart3:20121220092244j:image

     護摩堂


 f:id:nobubachanpart3:20121220091514j:image

 興亜地蔵尊


       f:id:nobubachanpart3:20121220092004j:image

       静御前剃髪塚


 f:id:nobubachanpart3:20121220092817j:image

 納経所

長尾寺の納経所では ⇒ 2009年6月14日忘れられない大失敗を !!  と言う訳で、

忘れものは無いかと持ち物を確認していると若いお坊さんが声をかけてくださいました。


        f:id:nobubachanpart3:20121220093658j:image

        お願いして1枚撮らせていただきました。


     f:id:nobubachanpart3:20121220101733j:image


f:id:nobubachanpart3:20121220102738j:image  f:id:nobubachanpart3:20121220103831j:image  f:id:nobubachanpart3:20121220103812j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121220103125j:image  f:id:nobubachanpart3:20121220103103j:image  f:id:nobubachanpart3:20121220103043j:image

 長尾寺御詠歌       ( 1991年4月5日 )      ( 2009年6月14日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121220110233j:image:left  本尊御真言・・・・・おん あろりきゃ そわか  

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所第八十七番札所

  名称・・・・・・補陀洛山 観音院 長尾寺

  本尊・・・・・・観世音菩薩

  宗派・・・・・・天台宗

  開基・・・・・・行基菩薩

  所在地・・・・・〒769-2302 香川県さぬき市長尾西653

  ☎・・・・・・・0897-52-2041


     f:id:nobubachanpart3:20121220101719j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121220101704j:image

     自在天堂


 f:id:nobubachanpart3:20121220101640j:image

11時3分、爽やかな気持ちで長お寺を後に、次は大窪寺・結願の札所です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。    

四国八十八ヶ所 第八十八番 大窪寺・結願 ( 2012-07-10 )

| 21:41

  四国八十八ヶ所 第八十八番 医王山 遍照光院 大窪寺・結願


 f:id:nobubachanpart3:20121207134344j:image

略縁起 元正天皇 ( 在位715-724 ) の養老元年 ( 717 ) 行基菩薩が訪れ開創し

勅願寺となりました。唐から帰国した弘法大師奥の院の岩窟で求聞持法を修し

大きな窪みの傍らに堂宇を建立、薬師如来を刻み、唐の恵果和尚より授かった

三国 ( 日本・唐・天竺 ) 伝来の錫杖を納め、大窪寺と号し第八十八番 ・結願の

札所として定められました。寺運の盛んな頃は100を越す堂塔がありましたが、

天正年間 ( 1571-1592 ) 長曽我部郡の兵火で、ほとんど焼失しました。

江戸時代松平公によって再建されましたが、明治33年 ( 1900 ) の火災で焼失、

現在の堂塔は、その後の再建によるものです。


 f:id:nobubachanpart3:20121220112013j:image

 仁王門


     f:id:nobubachanpart3:20121220111945j:image


f:id:nobubachanpart3:20121220111935j:image   f:id:nobubachanpart3:20121220111918j:image

金剛力士。  正面からはガラスに景色が映り撮れませんでした。


    f:id:nobubachanpart3:20121220111857j:image

    鐘楼


    f:id:nobubachanpart3:20121220111831j:image

    お砂踏み道場


 f:id:nobubachanpart3:20121220211316j:image

 二天門上り口。


f:id:nobubachanpart3:20121221074123j:image   f:id:nobubachanpart3:20121221074106j:image

石標の前で。                二天門横の修行大師像


    f:id:nobubachanpart3:20121220213101j:image

     二天門


    f:id:nobubachanpart3:20121220213042j:image


f:id:nobubachanpart3:20121220213019j:image   f:id:nobubachanpart3:20121220212959j:image

二天像


   f:id:nobubachanpart3:20121221074850j:image

   厄よけ坂 ( おんな厄はし・おとこ厄はし )   神堂 「眞魚 ( まお ) 像 」


 f:id:nobubachanpart3:20121221074546j:image

 本堂。 礼拝堂と中殿多宝塔の奥殿があり、

この奥殿に、本尊 薬師如来三国伝来の錫杖が安置されています。


 f:id:nobubachanpart3:20121221074522j:image

 本堂


         f:id:nobubachanpart3:20121223103419j:image

         結願修行大師像


 f:id:nobubachanpart3:20121221161201j:image

 納経所


    f:id:nobubachanpart3:20121221161139j:image

    納経所内


f:id:nobubachanpart3:20121221161133j:image   f:id:nobubachanpart3:20121221161123j:image

水かけ地蔵。                     巳王大明神


    f:id:nobubachanpart3:20121221161543j:image

    厄除け不動尊。本堂石段の右側。


 f:id:nobubachanpart3:20121221163020j:image

阿弥陀堂。本堂の右側に建っています。


    f:id:nobubachanpart3:20121221162958j:image


         f:id:nobubachanpart3:20121221163813j:image

         阿弥陀如来座像


     f:id:nobubachanpart3:20121221164559j:image

     石仏


         f:id:nobubachanpart3:20121221164537j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121221165316j:image

 心経塔。    拡大


         f:id:nobubachanpart3:20121221170924j:image

         寶杖堂。金剛杖・菅笠の奉納


 f:id:nobubachanpart3:20121221170859j:image

 大師堂


     f:id:nobubachanpart3:20121221172048j:image


         f:id:nobubachanpart3:20121221170830j:image

         修行大師像


     f:id:nobubachanpart3:20121221174752j:image


f:id:nobubachanpart3:20121221195953j:image  f:id:nobubachanpart3:20121221195932j:image  f:id:nobubachanpart3:20121221195908j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121221201423j:image  f:id:nobubachanpart3:20121221201405j:image  f:id:nobubachanpart3:20121221201345j:image

 大窪寺御詠歌       ( 1991年4月5日 )       ( 2009年6月14日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

     本尊御真言・・・・・おん ころころ せんだり まとうぎ そわかf:id:nobubachanpart3:20121221204438j:image:left

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所第八十八番札所

  名称・・・・・・医王山 遍照光院 大窪寺

  本尊・・・・・・薬師如来

  宗派・・・・・・真言宗

  開基・・・・・・行基

  所在地・・・・・〒769-2306 香川県さぬき市多和兼割96

  ☎・・・・・・・0879-56-2278



     f:id:nobubachanpart3:20121221174743j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121221174931j:image

二人そろって無事結願する事が出来ました。    結願証を連名でいただく。


 f:id:nobubachanpart3:20121221174910j:image

何と無く、八十八庵に車を止めたのが失敗、ここで食べないと駐車料金 2000円だとか !!


 f:id:nobubachanpart3:20121221174852j:image   f:id:nobubachanpart3:20121221174839j:image

 まあ良いかと 冷やしうどんと掛けソバをいただく。


 f:id:nobubachanpart3:20121221174818j:image

 Rikukun と Hina と ママのおみやげは向かいの野田屋さんでお守りを購入。


     f:id:nobubachanpart3:20121221174809j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121221174755j:image

     店の奥の不動明王

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。  

2012-12-19

四国八十八ヶ所 第七十八番 郷照寺 ( 2012-07-09 )

| 20:47

      四国八十八ヶ所 第七十八番 仏光山 広徳院 郷照寺


 f:id:nobubachanpart3:20121206174717j:image

郷照寺 略縁起 神亀2年 ( 725 ) 行基菩薩が 1尺8寸の阿弥陀如来像を刻んで安置し

仏光山・道場寺と号して開基。大同2年 ( 807 ) 唐から帰朝した弘法大師が42歳の時

この地に来られ阿弥陀如来像と自作の像を刻み安置して、厄除けの誓願をしたことから

「厄除けうだつ大師」として信仰を集める。

その後、正応元年 ( 1288 ) 時宗の開祖である一遍上人行脚の途中この地に3ヶ月程

逗留して踊り念仏の道場を開くなど、真言・念仏の2教の法門が伝わることになり、

八十八ヶ所の中で特異な霊場となる。寛文四年 ( 1664 ) 「郷照寺」と改められました。


 f:id:nobubachanpart3:20121207140754j:image

郷照寺山門


 f:id:nobubachanpart3:20121207165057j:image   f:id:nobubachanpart3:20121207165046j:image

山門手前左側に、開運大吉地蔵。      参道脇に立つ 観世音菩薩


 f:id:nobubachanpart3:20121207140730j:image

本堂下駐車場。


     f:id:nobubachanpart3:20121207172211j:image

鐘楼堂


     f:id:nobubachanpart3:20121207142343j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121207142911j:image

本堂


 f:id:nobubachanpart3:20121207145717j:image

 天井絵 1      天井絵 2


          f:id:nobubachanpart3:20121207145714j:image

                    御本尊 阿弥陀如来


 f:id:nobubachanpart3:20121207150708j:image

 厄除大師( 厄除うだつ大師 )


 f:id:nobubachanpart3:20121207152701j:image

大師堂


 f:id:nobubachanpart3:20121207153206j:image

大師堂内陣。  大師堂天井絵 1    天井絵 2


     f:id:nobubachanpart3:20121207153141j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121207154705j:image

万躰観音洞


     f:id:nobubachanpart3:20121207154642j:image

万体観音洞     洞内 1。     洞内 2


 f:id:nobubachanpart3:20121207154556j:image

境内


     f:id:nobubachanpart3:20121207202010j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121208080846j:image   f:id:nobubachanpart3:20121208081546j:image

修行大師像。               波切不動尊


     f:id:nobubachanpart3:20121207165729j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121207165706j:image

粟島明神堂。    略由来


f:id:nobubachanpart3:20121207200051j:image   f:id:nobubachanpart3:20121207200406j:image

常盤明神


 f:id:nobubachanpart3:20121208082824j:image

庭園


 f:id:nobubachanpart3:20121207203200j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121208084015j:image   f:id:nobubachanpart3:20121208084006j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121208084143j:image


f:id:nobubachanpart3:20121208090606j:image   f:id:nobubachanpart3:20121208090919j:image

庚申堂。 本尊 青面金剛が祀られています。    庚申堂前左側になで仏様


     f:id:nobubachanpart3:20121207142329j:image

納経所


f:id:nobubachanpart3:20121208093631j:image  f:id:nobubachanpart3:20121208093612j:image  f:id:nobubachanpart3:20121208093552j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121208094627j:image  f:id:nobubachanpart3:20121208094605j:image  f:id:nobubachanpart3:20121208094544j:image

 郷照寺 御詠歌       ( 1991年4月4日 )        ( 2009年6月14日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

       本尊御真言・・・・・おん あみりた ていせい から うん

f:id:nobubachanpart3:20121208112319j:image:left

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所第七十八番札所

  名称・・・・・・仏光山 広徳院 郷照寺

  本尊・・・・・・阿弥陀如来

  宗派・・・・・・真言・宗派

  開基・・・・・・行基菩薩

  所在地・・・・・〒769-0210 香川県綾歌郡宇多津町1435

  ☎・・・・・・・0877-49-0710



     f:id:nobubachanpart3:20121208100402j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121208120933j:image   f:id:nobubachanpart3:20121208120917j:image

2日目の朝まだ暗いうちに目覚め、最初の札所第78番札所郷照寺へは7時頃

出発予定で6時過ぎに朝食を戴きましたが、なかなか出発の気配し・・・・・・・・・・・ !!

もうすぐ終わるからと、嬉しそうに全米オープンゴルフをテレビ観戦中のお二人さんです。


     f:id:nobubachanpart3:20121208122226j:image

午前7時15分、Takata 家を出発 本日最初の札所 第七十八番郷照寺へ向かいます

7時40分、高松中央IC〜7時55分坂出ICで降り、国道〜県道を経由、

カーナビは途中で迷い少し逆戻りをし、やっと看板 ( 道案内 )を見付け郷照寺

着きました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。    

四国八十八ヶ所 第七十九番 天皇寺 ( 2012-07-09 )

| 20:47

     四国八十八ヶ所 第七十九番 金華山 高照院 天皇寺


 f:id:nobubachanpart3:20121206195341j:image

天皇寺 略縁起 日本武尊が悪魚退治に この地を訪れたとき悪魚の毒で88人の

部下とともに倒れました。

そのとき横塩潮明神が泉の水を汲んできて飲ませると全員元気に回復しました。

この泉を「八十場の泉」と言われるようになりました。 

天保年間 行基菩薩によって開創される。

その後弘仁年間 ( 810〜824 ) この地を訪れた弘法大師が近くに湧く八十場の

霊泉にさしかかったところ霊気感じ泉脇の木で十一面観・愛染明王・阿弥陀如来

3像を刻み安置し、堂宇を中興、金華山 摩尼珠院と名付け 第七十九番札所として

定められました。

保元の乱 ( 1596年 ) に破れた崇徳上皇が讃岐国に流され崩御した際この寺に

安置されました。隣接する白峰宮は崇徳上皇を祀る社で、二条天皇が建立

そのとき摩尼珠院を白峰宮に移し、当寺を天皇寺と改めました。

その後興亡を繰り返し明治に廃寺となりましたが末寺の高照院と合併し再興し

現在に至る。


 f:id:nobubachanpart3:20121208152427j:image

白峰宮三輪鳥居


     f:id:nobubachanpart3:20121208155130j:image

天皇寺石標


     f:id:nobubachanpart3:20121208154508j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121208154445j:image

客殿・納経所


     f:id:nobubachanpart3:20121208154422j:image

境内本堂へ出る小さな横門


 f:id:nobubachanpart3:20121208154357j:image

白峰宮参道の向こうに天皇寺本堂と大師堂


 f:id:nobubachanpart3:20121208154331j:image

白峰宮


     f:id:nobubachanpart3:20121208154306j:image

手水場


 f:id:nobubachanpart3:20121208154242j:image

本堂


     f:id:nobubachanpart3:20121208154215j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121208154150j:image

大師堂


     f:id:nobubachanpart3:20121208154125j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121208160149j:image

安楽地蔵堂。


     f:id:nobubachanpart3:20121208160127j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121208160034j:image

納経所。   参拝を終え白峰宮参道を横断納経所へ。


f:id:nobubachanpart3:20121208170145j:image  f:id:nobubachanpart3:20121208170127j:image  f:id:nobubachanpart3:20121208170106j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121208170932j:image  f:id:nobubachanpart3:20121208171530j:image  f:id:nobubachanpart3:20121208170850j:image

 天皇寺 御詠歌       ( 1991年4月4日 )       ( 2009年6月14日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

     本尊御真言・・・・・おん まか きゃろにきゃ そわか

f:id:nobubachanpart3:20121208194737j:image:left

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第七十九番札所

  名称・・・・・・金華山 高照院 天皇寺

  本尊・・・・・・十一面観世音菩薩

  宗派・・・・・・真言宗御室派

  開基・・・・・・行基

  所在地・・・・・〒762-0021 香川県坂出市西庄町字天皇1713-2

  ☎・・・・・・・0877-46-3508



 f:id:nobubachanpart3:20121208160101j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

四国八十八ヶ所 第八十番 国分寺 ( 2012-07-09 )

| 20:48

        四国八十八ヶ所 第八十番 白牛山 千手院 国分寺


 f:id:nobubachanpart3:20121206200814j:image

天平13年 ( 741 ) 聖武天皇の勅願により全国に建て立された国分寺の1つ。

行基菩薩が開基し、その後、弘法大師が補修、霊場に定めた。

当時は東西220m南北240mの広大な寺域に数々の堂宇が建つ大寺院であった。

境内には国の重要文化財史跡である本堂や金堂跡を示す礎石が残る。

  門前の縁起略記    国分寺由来

 f:id:nobubachanpart3:20121208200437j:image

仁王門


  f:id:nobubachanpart3:20121208202354j:image   f:id:nobubachanpart3:20121208202334j:image

金剛力士


 f:id:nobubachanpart3:20121208204408j:image

山門から白い石畳の参道が本堂へと続く。


     f:id:nobubachanpart3:20121209142424j:image

参道の両側には ミニ八十八ヶ所。


     f:id:nobubachanpart3:20121209142404j:image


f:id:nobubachanpart3:20121209110746j:image   f:id:nobubachanpart3:20121209110734j:image

鐘楼堂。                         梵鐘 (つりがね )


 f:id:nobubachanpart3:20121209114236j:image

境内には金堂礎石が残っています。


 f:id:nobubachanpart3:20121209114217j:image

弘誓橋を渡ると本堂。


 f:id:nobubachanpart3:20121209114156j:image

本堂。      本堂説明記


          f:id:nobubachanpart3:20121209114641j:image

                御本尊 十一面千手観世音菩薩


f:id:nobubachanpart3:20121209114143j:image   f:id:nobubachanpart3:20121209114133j:image

弘法大師尊像                不動明王


     f:id:nobubachanpart3:20121209133636j:image

さぬき七福神

f:id:nobubachanpart3:20121209133617j:image   f:id:nobubachanpart3:20121209133559j:image

弁財天


     f:id:nobubachanpart3:20121209141529j:image

縁結社


        f:id:nobubachanpart3:20121209141511j:image


f:id:nobubachanpart3:20121209143412j:image   f:id:nobubachanpart3:20121209143622j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121209152324j:image


f:id:nobubachanpart3:20121209184308j:image  f:id:nobubachanpart3:20121209184250j:image  f:id:nobubachanpart3:20121209193802j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121209184712j:image  f:id:nobubachanpart3:20121209184645j:image  f:id:nobubachanpart3:20121209184618j:image

 国分寺 御詠歌      ( 1991年4月4日 )      ( 2009年6月14日 )

    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

     本尊御真言・・・・・おん ばざら たらま きりく

f:id:nobubachanpart3:20121209200546j:image:left

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第八十番札所

  名称・・・・・・白牛山 千手院 国分寺

  本尊・・・・・・十一面千手観世音菩薩

  宗派・・・・・・真言宗御室派

  開基・・・・・・行基菩薩

  所在地・・・・・〒769-0102 香川県綾歌郡国分寺町国分 2065

  ☎・・・・・・・087-874-0003



     f:id:nobubachanpart3:20121209152108j:image

大師堂前の門を入り納経所・大師堂拝観所へ。


 f:id:nobubachanpart3:20121209151227j:image

大師堂拝観所は撮影禁止です。

大師堂参拝と納経を終え外に出ると若いお坊様が いい写真が撮れましたかと

声をかけてくださいました ( 私は素人なの写真の良し悪しは解かりません、

ただ見たまま自分の歩いた風景を写しています )


f:id:nobubachanpart3:20121209154702j:image   f:id:nobubachanpart3:20121209154651j:image

稚児大師。                         釈迦如来像と仏足石


     f:id:nobubachanpart3:20121209173620j:image


f:id:nobubachanpart3:20121209173609j:image   f:id:nobubachanpart3:20121209173544j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121209183304j:image

毘沙門天


      f:id:nobubachanpart3:20121209173511j:image

お迎え弁財天


 f:id:nobubachanpart3:20121209173446j:image

千体地蔵堂


      f:id:nobubachanpart3:20121209173421j:image

北向き地蔵尊。 ご近所の方でしょうかお参りに。


 f:id:nobubachanpart3:20121209175626j:image


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

四国八十八ヶ所第八十一番 白峯寺 ( 2012-07-09 )

| 20:48

     四国八十八ヶ所 第八十一番 綾松山 洞林院 白峯寺

 f:id:nobubachanpart3:20121206201712j:image

略縁起 白峯寺は、五色の峯 ( 青峯・黄峯・赤峯・白峯・黒峯 ) のうち最も西寄りの

白峯 ( 337m ) にあります。

弘仁6年 ( 815 ) 白峯に登られた弘法大師が宝珠を埋め、井戸 (閼迦井 ) を掘り

衆生済度を祈願に堂宇を建立しました。

ついで、真観2年 ( 860 ) 智証大師は白峯大権現の ご神記により海上に光を放って

いる霊木を引きあげて 千手観音を刻み本尊として安置しました。

その後荒廃を繰り返し慶長4年 ( 1599 ) 高松藩主・生駒公が本堂を再建、

文化8年 ( 1811 ) 松平公により大師堂が再建されました。


 f:id:nobubachanpart3:20121209202929j:image

山門 ( 七棟門 )


     f:id:nobubachanpart3:20121210143958j:image

御成門。  この門の奥に白峯寺客殿 ( 香川県有形重要文化財 )


 f:id:nobubachanpart3:20121209202906j:image

護摩堂・納経所


     f:id:nobubachanpart3:20121209204426j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121210143512j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121210110828j:image

参道


f:id:nobubachanpart3:20121209203312j:image   f:id:nobubachanpart3:20121209203306j:image

地蔵堂。                          水子地蔵尊


 f:id:nobubachanpart3:20121209205149j:image

勅使門


 f:id:nobubachanpart3:20121209205127j:image

頓証寺殿


     f:id:nobubachanpart3:20121209215924j:image

相模坊大権現。      相模坊大権現 ( 日本八天狗の一狗 )


f:id:nobubachanpart3:20121210080233j:image   f:id:nobubachanpart3:20121210080222j:image

歌碑。                            西行


     f:id:nobubachanpart3:20121210080213j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121210104948j:image

鐘楼堂


     f:id:nobubachanpart3:20121210105010j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121210104926j:image

薬師堂


     f:id:nobubachanpart3:20121210112404j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121210120656j:image

行者堂


     f:id:nobubachanpart3:20121210133824j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121210120633j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121210120610j:image

本堂。       本堂・大師堂説明記


     f:id:nobubachanpart3:20121210120547j:image


    f:id:nobubachanpart3:20121210120531j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121210130425j:image

大師堂


     f:id:nobubachanpart3:20121210120436j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121210133845j:image

阿弥陀堂


     f:id:nobubachanpart3:20121210134126j:image

歌碑


     f:id:nobubachanpart3:20121210144652j:image


f:id:nobubachanpart3:20121210154350j:image  f:id:nobubachanpart3:20121210154329j:image  f:id:nobubachanpart3:20121210154310j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121210160503j:image  f:id:nobubachanpart3:20121210160447j:image  f:id:nobubachanpart3:20121210160429j:image

 白峯寺 御詠歌      ( 1991年4月4日 )      ( 2009年6月14日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

         本尊御真言・・・・・おん ばざら たらま きりく

f:id:nobubachanpart3:20121210163027j:image:left


  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第八十一番札所

  名称・・・・・・綾松山 洞林院 白峯寺

  本尊・・・・・・千手観世音菩薩

  宗派・・・・・・真言宗御室派

  開基・・・・・・弘法大師・智証大師

  所在地・・・・・〒760-0016 香川県坂出市青海町2635

  ☎・・・・・・・0877-47-0305


     f:id:nobubachanpart3:20121210144639j:image


f:id:nobubachanpart3:20121213140607j:image   f:id:nobubachanpart3:20121213133710j:image

玉章 ( たまずき ) の木。                 拡大


     f:id:nobubachanpart3:20121210162803j:image

白峯寺全図拡大


 f:id:nobubachanpart3:20121210150340j:image

山門前稲荷大明神修行大師像


 f:id:nobubachanpart3:20121210150316j:image

白峯寺へ向かう道路からの眺め。


 f:id:nobubachanpart3:20121210150252j:image     

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

四国八十八ヶ所 第八十二番 根香寺 ( 2012-07-09 )

| 21:41

     四国八十八ヶ所 第八十二番 青峰山 千手院 根香寺

 f:id:nobubachanpart3:20121206202222j:image

根香寺略縁起 弘仁年間 ( 810-824 ) この地を訪れた弘法大師は五色台の中の

主峰 青峰山に五大明王を祀り華蔵院と名付けました。

その後天長9年 ( 832 ) 智証大師がこの地を訪れ、香木 ( こうぼく ) で千手観音像を

刻み千手院を創建しました。こ の香木の切株から芳香を放ち続けたことから

「華蔵院」・「千手院」を総称して根香寺と名付けられました。   

 f:id:nobubachanpart3:20121210163846j:image

仁王門。仁王門を入ると すくに 下りの石段があります。

f:id:nobubachanpart3:20121210163835j:image   f:id:nobubachanpart3:20121210163822j:image

金剛力士

 f:id:nobubachanpart3:20121210164559j:image

ここから本堂まで長い石段 ( 参道 ) が続きます。

     f:id:nobubachanpart3:20121210172433j:image

先ず最初の石段を上ると、左側に 水掛地蔵。

f:id:nobubachanpart3:20121210172429j:image   f:id:nobubachanpart3:20121210172413j:image

水かけ地蔵尊。                    役の行者像

     f:id:nobubachanpart3:20121210172355j:image

参道右側に役 ( えん ) の行者像。

     f:id:nobubachanpart3:20121210212159j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121210211740j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121210205607j:image

大師堂

     f:id:nobubachanpart3:20121210213234j:image

鐘楼堂 ( 梵鐘 )

     f:id:nobubachanpart3:20121210202855j:image

六角堂 ( 延命地蔵尊 )

     f:id:nobubachanpart3:20121210174129j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121210174609j:image

本堂前回廊。 左側から入ります。

f:id:nobubachanpart3:20121210195424j:image   f:id:nobubachanpart3:20121210195406j:image

万体観音。回廊内は全国の信者から送られた約3万3千体の観音像が並んでいます。

 f:id:nobubachanpart3:20121210175253j:image

本堂

f:id:nobubachanpart3:20121210200410j:image   f:id:nobubachanpart3:20121210200350j:image

本堂でお参りを済ませ帰りは右側の回廊へ。

     f:id:nobubachanpart3:20121210200323j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121211042053j:image

納経所

     f:id:nobubachanpart3:20121210212555j:image


f:id:nobubachanpart3:20121210214410j:image f:id:nobubachanpart3:20121210214021j:image f:id:nobubachanpart3:20121210214001j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121210214844j:image  f:id:nobubachanpart3:20121210214821j:image  f:id:nobubachanpart3:20121210214801j:image

 根香寺 御詠歌       ( 1991年4月4日 )       ( 2009年6月14日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121211044858j:image:left  本尊 御真言・・・・・おん ばざら たらま きりく

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第八十二番札所

  名称・・・・・・青峰山 千手院 根香寺

  本尊・・・・・・千手観世音菩薩

  宗派・・・・・・天台宗

  開基・・・・・・弘法大師・智証大師

  所在地・・・・・〒761-8004 香川県高松市中山町1506

  ☎・・・・・・・087-811-3329


     f:id:nobubachanpart3:20121210212543j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121211044209j:image

仁王門前、大駐車場下の道路が工事中の為、脇道から入り仁王門へ上がる。

    f:id:nobubachanpart3:20121211044532j:image

本日は仁王門前駐車場には一台の自動車も止まっていません。

     f:id:nobubachanpart3:20121213223132j:image

拡大         根香寺の伝説 牛鬼

 今日の参拝予定は10ヶ寺、まだ5ヶ寺頑張らなくては。               

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。    

四国八十八ヶ所 第八十三番 一宮寺 ( 2012-07-09 )

| 21:41

     四国八十八ヶ所 第八十三番 神毫山 大宝院 一宮寺

 f:id:nobubachanpart3:20121206211631j:image

一宮寺略縁起 天宝年間 ( 701〜704 ) 義淵 ( ぎえん) 僧正によって法相宗

大宝院として開基されました。

同和年間 ( 806〜833 ) 諸国に一宮寺が建てられたとき行基菩薩によって田村神社が

讃岐一宮寺として創建され、その別当寺となって神毫山・一宮寺に改名されました。

大同年間 ( 806〜810 ) 弘法大師が訪れ 聖観世音菩薩を刻み本尊とし、

伽藍の再興にあたり、このとき真言宗に改宗されました。

 f:id:nobubachanpart3:20121211144156j:image

仁王門

     f:id:nobubachanpart3:20121211144137j:image


f:id:nobubachanpart3:20121211144128j:image   f:id:nobubachanpart3:20121211144122j:image

金剛力士

 f:id:nobubachanpart3:20121211144059j:image

本堂

     f:id:nobubachanpart3:20121211144042j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121211144029j:image

大師堂

     f:id:nobubachanpart3:20121211144011j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121211145559j:image


f:id:nobubachanpart3:20121211145550j:image   f:id:nobubachanpart3:20121211145530j:image

般若心境の石碑。               石碑の由来。   拡大

     f:id:nobubachanpart3:20121211150523j:image

地蔵堂

     f:id:nobubachanpart3:20121211150458j:image

水屋。お大師さまの手の平から水が溢れ出ています

     f:id:nobubachanpart3:20121211152352j:image

納経所

f:id:nobubachanpart3:20121211153848j:image  f:id:nobubachanpart3:20121211154258j:image  f:id:nobubachanpart3:20121211153812j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121211154729j:image  f:id:nobubachanpart3:20121211154711j:image  f:id:nobubachanpart3:20121211154948j:image

 一宮寺 御詠歌      ( 1991年4月5日 )       ( 2009年6月14日 )

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121211191131j:image:left  本尊御真言・・・・おん あろりきゃ そわか

  札所等・・・・・四国八十八け所 第八十三番札所

  名称・・・・・・神毫山 大宝院 一宮寺

  本尊・・・・・・観世音菩薩

  宗派・・・・・・真言宗御室派

  開基・・・・・・義淵僧正

  所在地・・・・・〒761-5084 香川県高松市一宮町607

  ☎・・・・・・・087-885-2301


     f:id:nobubachanpart3:20121211152334j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121211151524j:image

一宮御陵。明治の神仏分離で田村神社より移築。

昨年4月30日田村神参拝

 f:id:nobubachanpart3:20121211150953j:image

信徒会館1991年4月4日夜、パスツアーで参拝の時宿坊に宿泊、

翌朝 本堂だったか大師堂だったか記憶は定かではありませんがお勤めの後、

素晴らしい仏像( 仏様 ) を拝観させていただき感激した事を思い出します。

     f:id:nobubachanpart3:20121211151504j:image

菩薩堂

            f:id:nobubachanpart3:20121211151456j:image

             水掛不動尊

     f:id:nobubachanpart3:20121211152503j:image

護摩堂創作石灯籠 ( 西村金造氏作 )

     f:id:nobubachanpart3:20121211153037j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121211152415j:image

西門

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。    

2012-12-07

四国八十八ヶ所 第七十七番 道隆寺 (2012-07-08 )

| 20:37

      四国八十八ヶ所第七十七番 桑田山 明王院 道隆寺

  f:id:nobubachanpart3:20130705211028j:image

略縁起 天平の頃この付近は桑畑でした。和気道隆 ( 和気道善の弟 )が

天平勝宝元年 ( 749 ) 桑畑で怪しい光を見つけ矢を射ると、女の悲鳴が聞こえ

駆けつけると、そこに自分の乳母が息絶えていました。

道隆は乳母の供養のため 桑の木で薬師如来を刻み、堂宇を建て安置したのが

始まりです。その後、二代目住職朝祐法師が、七堂伽藍を建立して、

開祖の和気道隆から寺号を「道隆寺」と名付けました。

後に弘法大師がこの地を訪れ 薬師如来を刻み道隆の彫った像を胎内仏として納め

本尊とし、第七十七番札所として定められました。

三代目住職は弘法大師の実弟法光大師、四代目住職は智証大師、

五代目住職は理源大師と、高僧が続き栄ました。

そのご地震や兵火等で衰退を繰り返すも、代々住職の尽力で再建されています。

  f:id:nobubachanpart3:20130705220809j:image

    仁王門

f:id:nobubachanpart3:20130705230804j:image   f:id:nobubachanpart3:20130705230750j:image

  金剛力士

  f:id:nobubachanpart3:20130705230732j:image

   本堂

    f:id:nobubachanpart3:20130705230715j:image

      ご本尊は薬師如来

  f:id:nobubachanpart3:20130705230653j:image

   大師堂

         f:id:nobubachanpart3:20130705230642j:image

              弘法大師空海上人像衛門三郎像

f:id:nobubachanpart3:20130705232321j:image   f:id:nobubachanpart3:20130705230641j:image

 七ヶ所まいり 〜七福神なで仏〜            寿老人

  f:id:nobubachanpart3:20130705233657j:image


        f:id:nobubachanpart3:20130705233638j:image

          多宝塔

  f:id:nobubachanpart3:20130705233612j:image


     f:id:nobubachanpart3:20130705233547j:image

       北門

          f:id:nobubachanpart3:20130705233530j:image

              境内に安置されている観音像

f:id:nobubachanpart3:20130706000155j:image   f:id:nobubachanpart3:20130706000535j:image

愚痴きき地蔵堂。              愚痴きき地蔵尊

  f:id:nobubachanpart3:20130705233511j:image

潜徳院殿堂

江戸後期の典医 京極左馬造公の墓所で眼病にご利益があると信仰されています。

今日は朝からとても暑くて拭っても拭っても 流れる汗が目にしみます。

f:id:nobubachanpart3:20130705233443j:image   f:id:nobubachanpart3:20130705233433j:image

眼なおし薬師如来

       f:id:nobubachanpart3:20130706075602j:image

        灌頂堀

f:id:nobubachanpart3:20130706075541j:image  f:id:nobubachanpart3:20130706075530j:image

もどり観音堂。   もどり観音さま

   f:id:nobubachanpart3:20130706091900j:image

納経所。 午後4時50分納経所はどうにか 滑り込み。

f:id:nobubachanpart3:20130706091836j:image   f:id:nobubachanpart3:20130706091822j:image

納経所は 奥様手造り季節の作品に疲れた心と身体が ほっと癒やされる様です。 

      f:id:nobubachanpart3:20130706091807j:image


  f:id:nobubachanpart3:20130706091759j:image     f:id:nobubachanpart3:20130706091745j:image


      f:id:nobubachanpart3:20130706091723j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20130706094445j:image  f:id:nobubachanpart3:20130706094425j:image  f:id:nobubachanpart3:20130706094405j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20130706101848j:image   f:id:nobubachanpart3:20130706101830j:image  f:id:nobubachanpart3:20130706101810j:image 

 道隆寺 御詠歌      ( 1991年4月4日 )       ( 2009年6月14日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

     本尊御真言・・・・・・ おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

f:id:nobubachanpart3:20130706112337j:image:left  札所等・・・・・四国八十八ヶ所第七十七番札所 

           七ヶ所まいり〜七福神で仏〜 ( 寿老人 )   

  名称・・・・・・桑多山 明王院 道隆寺

  本尊・・・・・・薬師如来

  宗派・・・・・・真言宗醍醐派

  開基・・・・・・和気道隆

  所在地・・・・・〒764-0022 香川県仲多度郡多度津町北鴨 1-3-30 

  ☎・・・・・・・0877-32-3577


      f:id:nobubachanpart3:20130706104938j:image


   f:id:nobubachanpart3:20130706091706j:image


   f:id:nobubachanpart3:20130706122307j:image

早朝愛媛県今治市の自宅から高速で香川県へ三十六不動の妙音寺

〜八十八ヶ所・弥谷寺曼荼羅寺出釈迦寺出釈迦寺奥之院〜

甲山寺善通寺〜二十霊場・神野寺〜八十八ヶ所・金倉寺道隆寺

10ヶ寺、やっと本日の日程を終え 高速を走り、三木町の ( takata 家 )

妹夫婦のお宅にお邪魔します。

f:id:nobubachanpart3:20130706125245j:image   f:id:nobubachanpart3:20130706125231j:image


    f:id:nobubachanpart3:20130706125206j:image


f:id:nobubachanpart3:20130706125156j:image   f:id:nobubachanpart3:20130706125147j:image


f:id:nobubachanpart3:20130706125126j:image   f:id:nobubachanpart3:20130706130041j:image

kengisan の丹精込めた家庭菜園の お野菜は みずみずしくて、

とっても良いお味でした。

2012-12-06

四国八十八ヶ所 第七十一番 弥谷寺 ( 2012-07-08 )

| 20:47

        四国八十八ヶ所 第七十一番 剣五山 千手院 弥谷寺


         f:id:nobubachanpart3:20121112092353j:image

略縁起 標高382mの弥谷山南麓に所在する。聖武天皇の勅願により、

行基菩薩が堂宇を建立。当初は、中国、四国の八国が眺められたことにちなみ

蓮華山 八国寺と称したといわれています。

空海 ( 弘法大師 )は7〜13才の期間、当寺にある岩窟の師子窟出修行したという。

後に (大同2年 ( 807年 ) 唐より帰国した空海は当地を再び訪問し、蔵王権現の

お告げにより、千手観音を安置し伽藍を再興し、

その時に 山号を 剣五山 千手院 寺名を 弥谷寺と改められました。


 f:id:nobubachanpart3:20121112131000j:image

弥谷寺 表参道


     f:id:nobubachanpart3:20121112130944j:image

     バイクでお参りなんですね。


 f:id:nobubachanpart3:20121112130929j:image

参道を少と上ると俳句茶屋が、

     ⇒ 2009年6月13日参拝の時は薄暗くて思わず廃墟かと・・・


     f:id:nobubachanpart3:20121112130906j:image

     俳句茶屋


     f:id:nobubachanpart3:20121112134656j:image

     ほのぼのとした俳句茶屋の明りを後に、仁王門へ。


     f:id:nobubachanpart3:20121112134640j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121112144101j:image

弥谷寺仁王門


f:id:nobubachanpart3:20121112144047j:image   f:id:nobubachanpart3:20121112144026j:image

金剛力士


    f:id:nobubachanpart3:20121112145321j:image

    賽の河原


    f:id:nobubachanpart3:20121112144014j:image

    石段は まだまだ続きます。


f:id:nobubachanpart3:20121112144005j:image   f:id:nobubachanpart3:20121112144001j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121112143951j:image

  やっと、6メートル巨大観音像の立つ横駐車場で、パーキングから

 入ったじいちゃんと合流。


           f:id:nobubachanpart3:20121112161123j:image

           金剛拳菩薩   ⇒お姿拡大


f:id:nobubachanpart3:20121112164126j:image   f:id:nobubachanpart3:20121112164105j:image

秋になると紅葉がきれいだろうなと思いながら赤い手摺の石段を・・・・・・・


     f:id:nobubachanpart3:20121112164033j:image

石段を上ると 大師堂入り口に出ます。大師堂はの参拝は本堂のお参りの後にします。


f:id:nobubachanpart3:20121113082712j:image   f:id:nobubachanpart3:20121113082735j:image

多宝塔を左に見ながら ( 紅葉の季節はどんなに美しいでしょう脳裏にモミジを

赤く染めて)


 f:id:nobubachanpart3:20121113082652j:image


    f:id:nobubachanpart3:20121113082629j:image

     修行大師像


    f:id:nobubachanpart3:20121113090726j:image

    修行大師像の後方に十王堂


f:id:nobubachanpart3:20121113093421j:image   f:id:nobubachanpart3:20121113093357j:image

鐘楼堂。        石段の途中左側に十王堂、右側に観音堂


    f:id:nobubachanpart3:20121113093332j:image

    観音堂


    f:id:nobubachanpart3:20121113093305j:image


f:id:nobubachanpart3:20121113093246j:image   f:id:nobubachanpart3:20121113093239j:image

求聞持窟。真っ暗の中へ 恐る々入ってみました。


    f:id:nobubachanpart3:20121113111058j:image

    石段は まだまだ続きます。


 f:id:nobubachanpart3:20121113111012j:image

水場の洞窟。以前参拝の時と雰囲気が?・・・・・⇒2009年6月13日の洞窟前


     f:id:nobubachanpart3:20121113111036j:image

     通夜堂。 通夜堂から更に石段が・・・・・・・


f:id:nobubachanpart3:20121113121534j:image   f:id:nobubachanpart3:20121113121522j:image

磨崖仏。本堂の手前の岩肌には、弘法大師が彫ったとされる釈迦三尊


     f:id:nobubachanpart3:20121113130645j:image

    

 f:id:nobubachanpart3:20121112091200j:image

 本堂


     f:id:nobubachanpart3:20121113131918j:image

     本堂で参拝後、大師堂へ。


     f:id:nobubachanpart3:20121113143447j:image

     登りは3度も休憩した じいちゃんでしたが、下りは楽々でした。


f:id:nobubachanpart3:20121113144538j:image   f:id:nobubachanpart3:20121113144536j:image

大師堂・納経所・奥の院師子の岩谷入り口。師子の岩谷 丸い小窓は( 明星之窓 )


 f:id:nobubachanpart3:20121113152655j:image

大師堂


 f:id:nobubachanpart3:20121113154440j:image

奥の院 師子の岩谷

師子が厄災・罪科を食いつぶすという信仰とともに、弘法大師がこの岩谷にて

7才〜12才頃 岩谷奥にある経藏を使い儒学や文学などを学ばれ、

夜は岩谷の窓 ( 明星の窓 )から見える星や月の光をつかい学問に励まれました。

唐より帰朝後、この岩谷で護摩を修し、寺宝の「金剛四天王五鈷鈴」 を納め

られたといわれている。岩谷内には、厄除大師像・玉寄御前像 ( 母君 )

佐伯善通像 ( 父君 )と緒仏が祀られています。


     f:id:nobubachanpart3:20121113160156j:image


f:id:nobubachanpart3:20121113160151j:image   f:id:nobubachanpart3:20121113160139j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121113160817j:image


f:id:nobubachanpart3:20121113162932j:image  f:id:nobubachanpart3:20121113162912j:image  f:id:nobubachanpart3:20121113162850j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121113163343j:image   f:id:nobubachanpart3:20121113163322j:image  f:id:nobubachanpart3:20121113163302j:image

 弥谷寺 御詠歌      ( 1991年4月3日 )      ( 2009年6月13日 )

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        本尊御真言・・・・・おん ばざら たらま きりく

f:id:nobubachanpart3:20121113174147j:image:left

  札所等・・・・・七ヶ所まいり〜七福神なで仏〜大黒天。

           国八十八ヶ所 第七十一番札所。

  名称・・・・・・剣五山 千手院 弥谷寺

  本尊・・・・・・千手観世音菩薩

  宗派・・・・・・真言宗善通寺派

  開基・・・・・・行基

  所在地・・・・・〒767-0031  香川県三豊市三野町大見70

  ☎・・・・・・・0875-72-3446


     f:id:nobubachanpart3:20121113162335j:image


           f:id:nobubachanpart3:20121116100709j:image

仁王門から納経所のある大師堂、さらに上の本堂までの540段の石段は・・・・・・・・・・流石、

足に負担が、大師堂前で「賓頭蘆尊者」の脛 ( すね ) をなでて自分の脛をなでてると

お坊さまが こちらに目をやり、微笑みながら前を通りすぎて行かれました。

また何時の日にか紅葉の季節にお参りが出来るとを楽しみに・・・・・・・・・・・・。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                  

0四国八十八ヶ所 第七十二番 曼荼羅寺 ( 2012-07-08 )

| 20:48

   四国八十八ヶ所 第七十二番 我拝師山 延命院 曼荼羅寺


 f:id:nobubachanpart3:20121112202410j:image

略縁起 創建は四国霊場で最も古い推古4年 ( 596年 )。讃岐の領主・佐伯家の

氏寺として創建され、初め「世坂寺」( よさかてら ) と称していました。

弘法大師が この寺を訪れたのは、唐から帰朝した翌年のこと。亡き母玉依御前の

冥福を祈るためだったと云われています。

唐の青龍寺にならって伽藍を3年がかりで建立。本尊に大日如来を祀り、唐から

持ち帰った金剛界と胎動界の曼荼羅を安置し、寺名を「曼荼羅寺」と改めました。

 

 f:id:nobubachanpart3:20121114060447j:image

仁王門


    f:id:nobubachanpart3:20121114220957j:image

扁額「我拝師山」の掛かる仁王門から橋を越えた向こう正面に本堂が建つ。


f:id:nobubachanpart3:20121114074008j:image   f:id:nobubachanpart3:20121114074013j:image

参道右側に、延命地蔵菩薩。             修行大師像


 f:id:nobubachanpart3:20121114153904j:image

本堂。 本堂の少し手前参道の左側、西行の「昼寝石と笠かけ桜」


     f:id:nobubachanpart3:20121114155057j:image

     本堂内陣


f:id:nobubachanpart3:20121114160116j:image   f:id:nobubachanpart3:20121114160113j:image

賓頭蘆尊者 ( びんずるさん )


 f:id:nobubachanpart3:20121114161506j:image

大師堂


     f:id:nobubachanpart3:20121114161833j:image

大師堂内陣


     f:id:nobubachanpart3:20121114165835j:image

観音堂。  

    観音堂の左に  ⇒ 本堂    右側に ⇒ 納経所があります。


     f:id:nobubachanpart3:20121114172009j:image

            

          f:id:nobubachanpart3:20121114191402j:image

            聖観音立像 ( 香川県有形文化財 )


f:id:nobubachanpart3:20120712080040j:image f:id:nobubachanpart3:20120712080033j:image f:id:nobubachanpart3:20120712075806j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121114194045j:image  f:id:nobubachanpart3:20121114193608j:image  f:id:nobubachanpart3:20121114193548j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121114200112j:image f:id:nobubachanpart3:20121114200051j:image f:id:nobubachanpart3:20121114200031j:image

 曼荼羅寺 御詠歌     ( 1991年4月3日 )       ( 2009年6月13日 )

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

       本尊御真言・・・・・おん あびらうんけん ばざら ざとばん

f:id:nobubachanpart3:20121116111949j:image:left

  札所等・・・・七ヶ所まいり〜七福神なで仏〜( 福禄寿 )

         四国八十八ヶ所 第七二十二番札所 

  名称・・・・・我拝師山 延命院 曼荼羅寺

  本尊・・・・・大日如来

  宗派・・・・・真言宗善通寺派

  開基・・・・・弘法大師

  所在地・・・・〒765-0061 香川県善通寺市吉原町1380-1

  ☎・・・・・・0877-63-0072


     f:id:nobubachanpart3:20121114192402j:image


            f:id:nobubachanpart3:20121114214811j:image

                  曼荼羅寺御本尊 大日如来


 f:id:nobubachanpart3:20121114221855j:image

   笠松大師


     f:id:nobubachanpart3:20121114223259j:image

    f:id:nobubachanpart3:20121114223254j:image


f:id:nobubachanpart3:20121115104206j:image


f:id:nobubachanpart3:20121116085813j:image f:id:nobubachanpart3:20121116085809j:image f:id:nobubachanpart3:20121116085803j:image

  

  f:id:nobubachanpart3:20121116085831j:image   f:id:nobubachanpart3:20121116085817j:image


f:id:nobubachanpart3:20121116084319j:image f:id:nobubachanpart3:20121116085857j:image f:id:nobubachanpart3:20121116085838j:image

境内に咲く季節の花に心癒やされます。


f:id:nobubachanpart3:20121114225213j:image   f:id:nobubachanpart3:20121114225159j:image

延命地蔵。                        愛染明王


f:id:nobubachanpart3:20121114225140j:image   f:id:nobubachanpart3:20121114225122j:image

お地蔵さま。                       水子地蔵尊


f:id:nobubachanpart3:20121114225726j:image   f:id:nobubachanpart3:20121114225718j:image

護摩堂。                           不動明王


f:id:nobubachanpart3:20121114231238j:image   f:id:nobubachanpart3:20121114231222j:image

七ヶ所まいり〜七福神なで仏〜    棟瓦

   

     f:id:nobubachanpart3:20121114231155j:image

     参道脇の池では  ⇒  親子亀が の〜んびりと甲羅干し


 f:id:nobubachanpart3:20121114231141j:image

じいちゃんは大師堂横の石段を上り駐車場へ、

私は仁王門を出て駐車場へ向かいます。

駐車場にある接待所でとっても美味しい冷た〜いグリンティーをいたたきました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    

四国八十八ヶ所 第七十三番 出釈迦寺 ( 2012-07-08 )

| 20:48

  四国八十八ヶ所 第七十三番 我拝師山 求聞持院 出釈迦寺


 f:id:nobubachanpart3:20121116152319j:image

略縁起 弘法大師が 真魚 ( まお )と呼ばれていた 7才の時。我拝山に登り

「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい。私の願が叶うなら、

釈迦如来よ、姿を現し給え。もし叶わぬのなら一命を捨ててこの身を諸仏に捧げる」と

断崖絶壁から身を投じました。すると、紫色の雲が湧き、釈迦如来と天女が舞い降り、

真魚を衣で抱きとめ釈迦如来が「一生成仏」の宣わ授けました。

そこで大師は青年になって我拝師山の山頂で虚空蔵菩薩を刻み安置し堂宇を建立。

この場所は「捨身ヶ嶽禅定」といわれ元は札所だったそうですが今は寺の奥の院

なり境内から約50分急坂を上った場所にあります。 

弘法大師虚空蔵菩薩の真言を100万回唱える「求聞持法」を修めたことから

「求聞持院」と言う院号がついたそうです。


     f:id:nobubachanpart3:20121116152255j:image


         f:id:nobubachanpart3:20121116201558j:image

        出釈迦寺山門。 山号は曼荼羅寺と同じ 「我拝師山」


 f:id:nobubachanpart3:20121116181023j:image

山門を入った 左に奥の院 捨身が嶽禅定」の説明板が立っています。 ⇒ 拡大


     f:id:nobubachanpart3:20121116180225j:image

求聞持大師像。     ⇒ 求聞持大師の由来


 f:id:nobubachanpart3:20121116154630j:image

本堂。     御本尊は釈迦如来


     f:id:nobubachanpart3:20121116154603j:image

本堂内陣


 f:id:nobubachanpart3:20121116154541j:image

大師堂


     f:id:nobubachanpart3:20121116154516j:image

大師堂内陣


f:id:nobubachanpart3:20121117145241j:image   f:id:nobubachanpart3:20121117144522j:image

納経所。                     〜七福神なで仏〜


      f:id:nobubachanpart3:20121117151048j:image

      地蔵堂。納経所 右側の石段を上ると地蔵堂に出ます。


      f:id:nobubachanpart3:20121117182142j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121117155802j:image  f:id:nobubachanpart3:20121117160638j:image  f:id:nobubachanpart3:20121117162213j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121117163258j:image  f:id:nobubachanpart3:20121117163239j:image  f:id:nobubachanpart3:20121117163219j:image

 出釈迦寺 御詠歌      ( 1991年4月3日 )       ( 2009年6月13日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

         本尊御真言・・・・・のうまく さんまんだ ぼだなんばく

f:id:nobubachanpart3:20121117195737j:image:left

  札所等・・・・・七ヶ所まいり〜七福神なで仏〜( 恵比寿 )。  

           四国八十八ヶ所 第七十三番札所

  名称・・・・・・我拝師山 求聞持院 出釈迦寺

  本尊・・・・・・釈迦如来

  宗派・・・・・・真言宗御室派

  開基・・・・・・弘法大師

  所在地・・・・・〒765-0061 香川県善通寺市吉原町1091

  ☎・・・・・・・0877-63-0073


      f:id:nobubachanpart3:20121117190616j:image

    

f:id:nobubachanpart3:20121117152011j:image   f:id:nobubachanpart3:20121117151957j:image

修行大師像。           来迎降臨 求聞持法本尊 虚空蔵菩薩


          f:id:nobubachanpart3:20121117152538j:image

 捨身ヶ嶽逢拝所 捨身ヶ嶽禅定まで登れなくても、ここで宝号を唱え祈願すれば、

同じくらいの御利益があるといわれています。


 f:id:nobubachanpart3:20121117155003j:image

最初 奥の院へ参拝の予定はなかったのですが、どうしても じいちゃんが、

お参りしたいと、納経所で鍵をお借りして ( 勾配が激しくスリップするので

若い男性でも登れなくて引き返したそうで、無理をしないようにと注意を受ける )

車で捨身ヶ嶽へ向かいます。


 f:id:nobubachanpart3:20121117195008j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 

四国八十八ヶ所 第七十三番 出釈迦寺・奥の院 ( 2012-07-08 )

| 21:41

      四国八十八ヶ所 第七十三番 出釈迦寺 奥の院


 f:id:nobubachanpart3:20121117205016j:image

 四国奥の院 第一禅定 捨身ヶ嶽


 f:id:nobubachanpart3:20121123200612j:image


f:id:nobubachanpart3:20121123200558j:image   f:id:nobubachanpart3:20121123200543j:image

奥の院登り口。                     西行歌碑


     f:id:nobubachanpart3:20121123200521j:image

    石灯籠の並ぶ参道口


     f:id:nobubachanpart3:20121124113237j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121123200507j:image

木と木の間に張ったロープの鍵を外して自動車を移動再び鍵を掛けます。


f:id:nobubachanpart3:20121124114357j:image   f:id:nobubachanpart3:20121124113929j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121123204234j:image

参道より我拝師山を・・・・・・・・・・・かなりの急カーブ。かなりの傾斜。


 f:id:nobubachanpart3:20121123204210j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121123204146j:image

奥の院 山門


f:id:nobubachanpart3:20121123204122j:image   f:id:nobubachanpart3:20121123204116j:image

手水場。                    修行大師像


f:id:nobubachanpart3:20121123204051j:image   f:id:nobubachanpart3:20121123204039j:image

一願不動尊。                 薬師如来


     f:id:nobubachanpart3:20121123204857j:image

     参道の岩肌に並ぶ石仏。


f:id:nobubachanpart3:20121123215634j:image   f:id:nobubachanpart3:20121123215613j:image

磨崖 五輪塔。      ここ     層塔 ( 奈良時代平安時代中期 )

 

     f:id:nobubachanpart3:20121123225446j:image

     粟島神社


     f:id:nobubachanpart3:20121123225426j:image

     石鉄太神宮


     f:id:nobubachanpart3:20121123220725j:image

鐘楼堂。岩肌に彫られた磨崖五輪塔左神社側

          ⇒ 磨崖梵字等 ( 江戸時代 )

   

f:id:nobubachanpart3:20121123220654j:image   f:id:nobubachanpart3:20121123220709j:image

梵鐘  ⇒ 拡大


 f:id:nobubachanpart3:20121123223445j:image

讃岐平野


 f:id:nobubachanpart3:20121123223358j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121123223334j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121123223423j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121123220602j:image

根本御堂・捨身ヶ嶽禅定


 f:id:nobubachanpart3:20121123231641j:image

弘法大師 建立 大塔の跡


f:id:nobubachanpart3:20121123231617j:image   f:id:nobubachanpart3:20121123231603j:image

御修行場入口通路。  岩倉大師入口。  岩倉大師 内部


f:id:nobubachanpart3:20121123232910j:image   f:id:nobubachanpart3:20121123232842j:image

岩倉大師 ( 捨身誓願稚児大師像 )               拡大


         f:id:nobubachanpart3:20121123235220j:image

         修行場上り口


f:id:nobubachanpart3:20121123235210j:image   f:id:nobubachanpart3:20121123235157j:image

鎖場。               磨崖 不動明王 拡大 

                  

 f:id:nobubachanpart3:20121124132335j:image

山頂まで登ってお参りしたかったのですが、年寄りの冷や水。一人では危険なので中止。


 f:id:nobubachanpart3:20121123235135j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121124000037j:image

12時45分、参拝を終え、出釈迦寺 納経所へ鍵をお返しする。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 

四国八十八ヶ所 第七十四番 甲山寺 ( 2012-07-08 )

| 21:41

     四国八十八ヶ所 第七十四番 医王山 多宝院 甲山寺


 f:id:nobubachanpart3:20121118063409j:image

甲山寺縁起 弘法大師が壮年の頃、善通寺曼荼羅寺の間に伽藍建立の聖地を

探していた時、この山麓の岩窟から一人の翁か現れ「この地に堂宇を建立せよ」と

お告げがあり、 大師は毘沙門天像を刻んで岩窟の中へ安置しました。

その後弘仁12年 ( 821 ) 嵯峨天皇 ( 在位 808〜823 ) から満濃池 ( まんのういけ )

の修築を下命され、大師はこの寺で工事完成祈願の秘法を納め薬師如来を刻んで

安置しました。手に負えなかった難工事も僅か3ヶ月で完成しました。

大師は薬師如来の加護によるものとして下腸金の一部で堂塔を建立し、

その薬師如来を本尊として安置し、山号を「医王山」山の形が毘沙門天の甲に

似ていることから「甲山寺」と号し七十四番札所に定められました。


     f:id:nobubachanpart3:20121124002421j:image

     甲山寺


     f:id:nobubachanpart3:20121124002355j:image

     甲山寺山門


 f:id:nobubachanpart3:20121124141621j:image

 境内。左から洞窟の毘沙門天・大師堂・本堂・納経所と雛壇の様に横一列に

 並んでいます。


 f:id:nobubachanpart3:20121124141600j:image

 本堂


f:id:nobubachanpart3:20121124142900j:image   f:id:nobubachanpart3:20121124142848j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121124144546j:image

 本堂でお参りをして、左の石段11段を上ると大師堂です。


f:id:nobubachanpart3:20121124144531j:image   f:id:nobubachanpart3:20121124144522j:image

願かけ不動尊。                     子安地蔵尊


 f:id:nobubachanpart3:20121124145159j:image

大師堂


     f:id:nobubachanpart3:20121124145133j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121124150509j:image

毘沙門天


     f:id:nobubachanpart3:20121124150459j:image


           f:id:nobubachanpart3:20121124150457j:image

            弘法大師が刻んだと伝えられる毘沙門天石像


 f:id:nobubachanpart3:20121118063348j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121124151031j:image

    修行大師像。後ろは納経所

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121124154253j:image  f:id:nobubachanpart3:20121124154234j:image  f:id:nobubachanpart3:20121124154216j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121124154927j:image  f:id:nobubachanpart3:20121124154904j:image  f:id:nobubachanpart3:20121124154845j:image

 甲山寺 御詠歌       ( 1991年4月4日 )        ( 2009年6月13日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        本尊御真言・・・・・・おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

f:id:nobubachanpart3:20121124163305j:image:left

  札所等・・・・七ヶ所まいり〜七福神なで仏〜 ( 毘沙門天 )

          四国八十八ヶ所 第七十四番札所

  名称・・・・・医王山 多宝院 甲山寺

  本尊・・・・・薬師如来

  宗派・・・・・真言宗善通寺派

  開基・・・・・弘法大師

  所在地・・・・〒765-0071 香川県善通寺市弘田町1765-1

  ☎・・・・・・0877-63-0074


     f:id:nobubachanpart3:20121124153226j:image

    午後1時18分、甲山寺の参拝を終え次の札所 善通寺へ。


f:id:nobubachanpart3:20121203044147j:image   f:id:nobubachanpart3:20121203043551j:image

午後1時30分、次の札所への途中 昼食にうどんのオハラさんで

          ⇒ 美味しいセルフうどん をいただく。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

四国八十八ヶ所 第七十五番 善通寺 ( 2012-07-08 )

| 21:41

    四国八十八ヶ所 第七十五番 屏風浦 五岳山 誕生院 善通寺


 f:id:nobubachanpart3:20121118064547j:image

 善通寺縁起  唐より帰朝された弘法大師は先祖の氏寺を建てようと御父の

寄進した四丁四方の地に、かつて修行された師である恵果和尚の住した

長安・青龍寺を模して建立したお寺で、大同2年 ( 807 ) 臘月 ( 陰暦12月 )

朔月に斧始めを行い、

弘仁4年 ( 813 ) 6月15日落慶し、父の諱「善通 ( よしみち )」をとって

善通寺と号したと記されているそうです。

総面積約45,00平方メートルに及ぶ広大な境内は「伽藍」と称される東院、

誕生院と称される 西院に分かれています。


 f:id:nobubachanpart3:20121124184910j:image

 済世橋 午後1時45分、西院前駐車場に車を止め、済世橋を渡る。


f:id:nobubachanpart3:20121124184854j:image   f:id:nobubachanpart3:20121124184839j:image

済世橋を渡り正覚門を入る。


 f:id:nobubachanpart3:20121127155316j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121127155305j:image

 御影堂 ( 大師堂 )。


     f:id:nobubachanpart3:20121127162654j:image

 御影堂は弘法大師が御誕生された佐伯家の邸宅の地に建ち、奥殿には

大師作と伝わる本尊 瞬目大師像が秘蔵されています。 

現在の建物は天保2年 ( 1831 ) に建立され、昭和11年に修築されました。 

御影堂地下には、約100メートルの「戎壇めぐり」があり 暗闇の中を法号を

唱えながら大師と結縁の場所となっています。


f:id:nobubachanpart3:20121127162121j:image   f:id:nobubachanpart3:20121127162118j:image

稚児大師像


 f:id:nobubachanpart3:20121127163147j:image

 御影の池


     f:id:nobubachanpart3:20121127190932j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121127190911j:image

人の一生を見るような蓮の花、私は もういちば〜ん右端と言ったところでしょうか !!


     f:id:nobubachanpart3:20121127201841j:image

     御影の松 ( 枯木 )


 f:id:nobubachanpart3:20121130161336j:image

 西院境内


     f:id:nobubachanpart3:20121130162945j:image

     閻魔堂


     f:id:nobubachanpart3:20121130162935j:image

    閻魔大王像

     f:id:nobubachanpart3:20121202082747j:image

     聖霊殿。御影堂と2階建ての回廊で繋がっています。


f:id:nobubachanpart3:20121202082734j:image   f:id:nobubachanpart3:20121202082715j:image

地蔵堂


     f:id:nobubachanpart3:20121130161323j:image

     護摩堂


     f:id:nobubachanpart3:20121130162326j:image

     親鸞堂

 

 f:id:nobubachanpart3:20121127205058j:image

 御影堂前からの回廊は仁王門まで続く。


 f:id:nobubachanpart3:20121127205039j:image

 廿日橋善通寺 東院と西院をつなぐ二十日橋。


     f:id:nobubachanpart3:20121128060341j:image

     仁王門。回廊の先には御影堂。


f:id:nobubachanpart3:20121127213035j:image   f:id:nobubachanpart3:20121127214523j:image

金剛力士


 f:id:nobubachanpart3:20121127221326j:image

 廿日橋より勅使橋を眺める。


     f:id:nobubachanpart3:20121127221310j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121128095058j:image  f:id:nobubachanpart3:20121128094716j:image  f:id:nobubachanpart3:20121128095247j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121128095924j:image   f:id:nobubachanpart3:20121128095902j:image  f:id:nobubachanpart3:20121128095842j:image

 善通寺 御詠歌       ( 1991年4月4日 )      ( 2009年6月13日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        本尊御真言・・・・・おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

f:id:nobubachanpart3:20121130170823j:image:left  札所等・・・四国八十八ヶ所 第七十五番札所。

         七ヶ所まいり七福神なで仏 ( 布袋尊 ) 。

         讃岐観音霊場第二十五番札所。

  名称・・・・五岳山 誕生院 善通寺

  本尊・・・・薬師如来

  宗派・・・・真言宗善通寺派

  開基・・・・弘法大師

  所在地・・・〒765-0003  香川県善通寺市善通寺町3-3-1

  ☎・・・・・0877-62-0111


     f:id:nobubachanpart3:20121130195805j:image


        f:id:nobubachanpart3:20121127234010j:image

  五重塔。総高 45メートル、総欅造りの大塔。

 創建以来 大風や火災により倒壊焼失するも 其の度再建され、現在の塔は

 弘化2年 ( 1845 )仁孝天皇の御綸旨により再建、明治35年 ( 1902 ) に完成。


 f:id:nobubachanpart3:20121130203156j:image

 総本山善通寺境内案内図拡大


 f:id:nobubachanpart3:20121127233947j:image

 善通寺境内の大楠


 f:id:nobubachanpart3:20121127232926j:image

 南大門


     f:id:nobubachanpart3:20121202155448j:image

  扁額「五岳山」 は寺の西にそびえる 香色山・筆山・我拝師山・中山・火上山の

 五岳に由来。


 f:id:nobubachanpart3:20121127232912j:image

 金堂 ( 本堂 ) 創建当時の金堂は 永禄元年 ( 1558 ) 三好実休の兵火により焼失し、

現在の建物は元禄年間 ( 1688〜1704 ) に再建。

本尊薬師如来座像は像高3メートルの巨像で

元禄13年 ( 1700 ) 御室大仏師運長法橋によって造像。( 御本尊 薬師如来を拝観 )


 f:id:nobubachanpart3:20121127233329j:image

 常行堂 ( 釈迦堂 )


 f:id:nobubachanpart3:20121118065009j:image

 赤門。


     f:id:nobubachanpart3:20121202162741j:image

 現在の善通寺は「屏風浦 五岳山 誕生院 善通寺」と号し寺の西にそびえる五つの山

「五岳山」その山々が屏風のように連なることから、かって「屏風浦」とも称される。

「誕生院」の院号は お大師さまの誕生の地であることを示しています。

  

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


 善通寺塔頭観智院と毘沙門天華蔵院は仁王門と中門の間の参道にあります。

 f:id:nobubachanpart3:20121201170047j:image

 善通寺塔頭観智院


f:id:nobubachanpart3:20121201174145j:image   f:id:nobubachanpart3:20121201174127j:image

子安観音


     f:id:nobubachanpart3:20121201174120j:image

     弘法大師修行像


     f:id:nobubachanpart3:20121201170109j:image

     毘沙門天華蔵院

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


     西院から東院へ ぐるりっと参拝、西院へ。

     f:id:nobubachanpart3:20121202085619j:image

 回廊。御影堂 ( 大師堂 ) と聖霊殿を繋ぐ回廊は正覚門から駐車場へ向かう参道。


 f:id:nobubachanpart3:20121202104557j:image

 聖天堂


     f:id:nobubachanpart3:20121202104536j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121202090359j:image

 遍照閣


     f:id:nobubachanpart3:20121202090337j:image

  正面に お釈迦さま ( 釈迦如来 ) を御祀りしています。


 f:id:nobubachanpart3:20121202110225j:image

 十二支守り本尊


     f:id:nobubachanpart3:20121202110313j:image

  七福神。七ヶ所まいり 七福神なで仏 ( 布袋尊 )


f:id:nobubachanpart3:20121202101431j:image   f:id:nobubachanpart3:20121202101417j:image

蛙の謂れ


     f:id:nobubachanpart3:20121202114340j:image

パコダ供養塔

f:id:nobubachanpart3:20121202130750j:image   f:id:nobubachanpart3:20121202131114j:image

かつらの木。             正覚門を出る。


     f:id:nobubachanpart3:20121202131948j:image

     済世橋。


 f:id:nobubachanpart3:20121202134152j:image

 午後2時40分、広大な敷地に建つ 善通寺を後に、

次の札所 四国別格二十霊場第十七番札所 神野寺へ向かいます。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。              

四国八十八ヶ所 第七十六番 金倉寺 ( 2012-07-08 )

| 21:41

    四国八十八ヶ所 第七十六番 鶏足山 宝憧院 金倉寺

 f:id:nobubachanpart3:20121118070844j:image

略縁起 弘法大師の甥でね天台宗門派の開祖「智証大師」が誕生した地。

宝亀5年 ( 774 ) 智証大師円珍の祖父道善が開基し、当時の寺号は道善寺でした。

智証大師は、天安2年 ( 858 ) 唐で天台仏教を学び帰国後 唐の青龍寺を模して

堂宇を建立し、本尊薬師如来を刻んで安置しました。

延長6年 ( 928 ) 後醍醐天皇 ( 在位897〜930 ) の勅命により、

の地の郷名をとって「金倉寺」と改めました。

 f:id:nobubachanpart3:20121203131514j:image

仁王門

f:id:nobubachanpart3:20121203131459j:image   f:id:nobubachanpart3:20121203131446j:image

金剛力士

 f:id:nobubachanpart3:20121203141816j:image

仁王門から本堂へ続く参道。

石段を上がった右側の松の木は「乃木将軍妻返しの松

明治31年 ( 1898 ) から約3年間、善通寺第十一師団長・乃木将軍が

客殿を仮住まいとしてたとき、東京から公務を理由に訪れた妻の静子夫人を

追い返したため。 夫人は松の下で途方にくれたといわれています。

 f:id:nobubachanpart3:20121203131108j:image

本堂。本尊 薬師如来のほか不動明王阿弥陀如来が安置されています。

f:id:nobubachanpart3:20121203142639j:image   f:id:nobubachanpart3:20121203142620j:image

大黒天。本堂前の大黒さまに金箔を。

 f:id:nobubachanpart3:20121203143438j:image

大師堂

   f:id:nobubachanpart3:20121203143414j:image

大師堂には弘法大師と智証大師が安置れています。

 f:id:nobubachanpart3:20121203144639j:image

阿梨帝堂。阿梨帝母 (鬼子母神 )が祀られています。

         f:id:nobubachanpart3:20121203144631j:image

                子育て地蔵尊

 f:id:nobubachanpart3:20121203145302j:image

観音堂

    f:id:nobubachanpart3:20121203145249j:image

     観音堂には 十一面観世音菩薩が祀られています。

 f:id:nobubachanpart3:20121203152138j:image

境内

f:id:nobubachanpart3:20121203152124j:image   f:id:nobubachanpart3:20121203152110j:image

巡礼七福神布袋尊                  寿老人

    f:id:nobubachanpart3:20121203160949j:image

    手水場

f:id:nobubachanpart3:20121203152058j:image   f:id:nobubachanpart3:20121203152732j:image

福禄寿                           弁財天

     f:id:nobubachanpart3:20121203155222j:image

鐘楼堂

f:id:nobubachanpart3:20121204121130j:image   f:id:nobubachanpart3:20121204121123j:image

毘沙門天                         恵比寿神

      f:id:nobubachanpart3:20121204121542j:image

ぐち聞きわらべ。頭をなでて ぐちを ささやいて くださいと・・・・・・・・・・・・・・・ 。

 f:id:nobubachanpart3:20121203155852j:image

入山大師像 ( 智証大師 )

    f:id:nobubachanpart3:20121203155845j:image

納経所

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121203200001j:image  f:id:nobubachanpart3:20121203195940j:image  f:id:nobubachanpart3:20121203195921j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121203204843j:image  f:id:nobubachanpart3:20121203204820j:image  f:id:nobubachanpart3:20121203205331j:image

 金倉寺 御詠歌        ( 1991年4月4日 )        ( 2009年6月14日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        本尊御真言・・・・・おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

f:id:nobubachanpart3:20121203221904j:image:left

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第七十六番札所

          七ヶ所まいり〜七福神なで仏〜 ( 弁財天 )

  名称・・・・・・鶏足山 宝憧院 金倉寺

  本尊・・・・・・薬師如来

  宗派・・・・・・天台寺門宗

  開基・・・・・・和気道善

  所在地・・・・・〒765-0031 香川県善通寺市金蔵寺町1160

  ☎・・・・・・・0877-62-0845


     f:id:nobubachanpart3:20121204092527j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121204092502j:image

午後4時41分、金倉寺の参拝を終え本日の巡拝はここで打ち止めと・・・・・・・

思っていたのですが、次の札所 道隆寺は近くにあるので

納経に間に合わなくて元々と第七十七番道隆寺に向かいます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。                

2012-11-09

四国八十八ヶ所 第六十七番 大興寺 ( 2012-06-14 )

| 21:41

   四国八十八ヶ所 第六十七番 小松尾山 不動光院 大興寺

 f:id:nobubachanpart3:20121026192854j:image

大興寺縁起 山号にちなむ「小松尾寺」という呼称が親しまれ 近傍一帯の集落を

小松尾と呼ぶ。  嵯峨天皇の勅願により 弘法大師が熊野三所権現鎮護の

霊場として再建したのが始まり。  

現在は真言宗の寺であるが、本堂の左側には弘法大師堂、

右側に天台大師堂が並び、かっては天台と真言の2大宗派が共存する異色の

寺であった。最盛期には真言宗24坊、天台宗12坊が境内に軒を連ねていました。

 f:id:nobubachanpart3:20121026060520j:image

田や畑に囲まれ のどかで心の休まる風景です。

    f:id:nobubachanpart3:20121026060457j:image

お地蔵様、へんろみちの案内も・・・・・☜

 f:id:nobubachanpart3:20121026060435j:image

仁王門

          f:id:nobubachanpart3:20121026075854j:image

                  修行大師像

f:id:nobubachanpart3:20121026060418j:image   f:id:nobubachanpart3:20121026060400j:image

金剛力士。運慶作と伝えれています。

     f:id:nobubachanpart3:20121026080821j:image

     樹齢2000年のカヤとクスノキがそびえる石段を登り切ると境内。

f:id:nobubachanpart3:20121026082116j:image   f:id:nobubachanpart3:20121026082054j:image

県指定天然記念物小松尾寺のカヤ。 一段高いところにクスノキが聳え立つ。             

    f:id:nobubachanpart3:20121026192013j:image

    石段を上った境内右側に鐘楼、その前に、水子地蔵尊

          f:id:nobubachanpart3:20121026192000j:image

水子地蔵尊

 f:id:nobubachanpart3:20121026192505j:image

本堂

    f:id:nobubachanpart3:20121026194020j:image

    本堂の七日灯明。

       f:id:nobubachanpart3:20121026194555j:image


f:id:nobubachanpart3:20121026204759j:image  f:id:nobubachanpart3:20121026204739j:image  f:id:nobubachanpart3:20121026205111j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121026205954j:image  f:id:nobubachanpart3:20121026205932j:image  f:id:nobubachanpart3:20121026205908j:image

 大興寺御詠歌        ( 1991年4月3日 )        ( 2009年6月13日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

     本尊ご真言・・・・・おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

f:id:nobubachanpart3:20121026212135j:image:left

  札所等・・・・四国八十八ヶ所 第六十七番札所

  名称・・・・・小松尾山 不動光院 大興寺

  本尊・・・・・薬師如来

  宗派・・・・・真言宗善通寺派

  開基・・・・・弘法大師

  所在地・・・・香川県三豊市山本町辻小松尾 4209

  ☎・・・・・・0875−63−3241


  

    f:id:nobubachanpart3:20121026195931j:image

    天台大師堂

    f:id:nobubachanpart3:20121026195732j:image

    天台大師堂内陣 ( 天台智者大師 )

    f:id:nobubachanpart3:20121026200818j:image

    弘法大師

    f:id:nobubachanpart3:20121026200755j:image

    大師堂内陣

           f:id:nobubachanpart3:20121026203137j:image

           三鈷松

     f:id:nobubachanpart3:20121026200707j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

四国八十八ヶ所 第六十八番 神恵寺 ( 2012-06-14 )

| 21:41

             名勝 琴弾公園 ( 銭形 )         

 f:id:nobubachanpart3:20121029142510j:image

名勝 琴弾公園。  銭形のいわれ

f:id:nobubachanpart3:20121029142500j:image   f:id:nobubachanpart3:20121029142441j:image

カーナビに第六十八番 神恵院の電話番号を入力すると

何故か琴弾公園展望台へ案内される。、ちょっと寄り道をして銭形を眺める。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 

      四国八十八ヶ所 第六十八番 七宝山 神恵院


 f:id:nobubachanpart3:20121030055131j:image

神恵院縁起 第六十八番神恵院も第六十九番観音寺も 琴弾公園の琴弾山の

中腹にあり、二つの札所が同じ境内にあります。

開祖は法相宗の日証上人といわれていま。、大宝3年 ( 703 ) この地で修行中、

宇佐八幡宮のお告げを受け、海上で神船と琴を発見。琴弾山に引きあげ、

「琴弾八幡宮」を建立し祀る。この時神宮寺として建てられたのが縁起とされる。 

大同2年 ( 807 ) 弘法大師が琴弾八幡宮の本地仏である阿弥陀如来を描いて

本尊として祀り、寺の名を「神恵院」として第六十八番札所としました。

 f:id:nobubachanpart3:20121030055612j:image

仁王門

f:id:nobubachanpart3:20121030055933j:image   f:id:nobubachanpart3:20121030065912j:image

金剛力士

    f:id:nobubachanpart3:20121030072638j:image

    鐘楼

    f:id:nobubachanpart3:20121030073930j:image

    神恵院の本堂はコンクリートの外壁で囲まれています。

 f:id:nobubachanpart3:20121026213337j:image

本堂

    f:id:nobubachanpart3:20121030074609j:image


        f:id:nobubachanpart3:20121030074608j:image

             御本尊・・・・・・阿弥陀如来

 f:id:nobubachanpart3:20121030075521j:image

大師堂

  

     f:id:nobubachanpart3:20121030075503j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121030080601j:image

納経所は第68番神恵寺、第69番観音寺 2ヶ所の納経ができます。

     f:id:nobubachanpart3:20121030080532j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20121030163733j:image  f:id:nobubachanpart3:20121030163716j:image  f:id:nobubachanpart3:20121030164737j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121030165455j:image  f:id:nobubachanpart3:20121030165434j:image  f:id:nobubachanpart3:20121030165417j:image

 神恵院 御詠歌       ( 1991年4月3日 )        ( 2009年6月13日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        本尊御真言・・・・・おん あみりた ていせい から うん

f:id:nobubachanpart3:20121030172318j:image:left

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第六十八番札所

  名称・・・・・・七宝山 神恵院

  本尊・・・・・・阿弥陀如来

  宗派・・・・・・真言宗大覚寺派

  開基・・・・・・日証上人

  所在地・・・・・〒708-0061 香川県観音寺市八幡町1-2-7

  ☎・・・・・・・0875−25−3871




     f:id:nobubachanpart3:20121030080521j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121030084244j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121030084224j:image

宝物館。 彫刻としては珍しい「仏涅槃像」( 厨子入り・平安〜鎌倉時代 )

絵画では「琴弾宮絵縁起」( 絹本著色・鎌倉時代 )

「不動二童子像」( 絹本著色・室町時代 ) のほか本地仏像など

国の要文化財を多数収蔵。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

四国八十八ヶ所 第六十九番 観音寺 ( 2012-06-14 )

| 21:41

      四国八十八ヶ所 第六十九番 七宝山 観音寺

 f:id:nobubachanpart3:20121030082758j:image

観音寺縁起 創建された頃の寺号は「神宮寺宝光院」と称す。  

以来、100年後の縁起。大同2年 ( 807 ) 弘法大師は琴平八幡宮の本地仏である

阿弥陀如来像を納めた時、この寺の第七世住職として入山しています。

大師はその頃、琴弾大明神が乗っていた神船は、神功皇后と ゆかりがあり、

観音の化身であると感得し、そこで琴弾の中腹に奈良の興神寺に倣って、

中金堂、東金堂、西金堂の様式で七堂伽藍を建立、

その中金堂には本尊とする聖観世音菩薩像を彫造して安置した。

この他に仏塔を建てて、瑠璃・珊瑚・瑪瑙など七宝を埋め地鎮したことから、

寺の神宮寺を「七宝山 観音寺」に改め霊場に定めたとされています

 f:id:nobubachanpart3:20121030083131j:image

観音寺は第六十八番神恵院と同一境内にあります。

     f:id:nobubachanpart3:20121030083110j:image

右側の門標は「四国 第六十八・六十九番霊場」。 左側門表は「七宝山 観音寺・神恵院」。

     f:id:nobubachanpart3:20121030082716j:image

鐘楼堂。仁王門から真っ直ぐ延びる参道 ( 石段 ) を上ると右側に鐘楼堂。

     f:id:nobubachanpart3:20121030085203j:image

     巨大楠

 f:id:nobubachanpart3:20121030082655j:image

本堂 ( 観音堂 )

     f:id:nobubachanpart3:20121030095853j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121030090351j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121030090332j:image

大師堂

     f:id:nobubachanpart3:20121030092950j:image


         f:id:nobubachanpart3:20121104114507j:image

石段上薬師堂

     f:id:nobubachanpart3:20121030094248j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121030095246j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121104124226j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121030091218j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121030091214j:image


f:id:nobubachanpart3:20121104124753j:image  f:id:nobubachanpart3:20121104124735j:image  f:id:nobubachanpart3:20121104124717j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121104125330j:image  f:id:nobubachanpart3:20121104125310j:image  f:id:nobubachanpart3:20121104125254j:image

 観音寺 御詠歌       ( 1991年4月3日 )       ( 2009年6月13日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

     本尊御真言・・・・・ おん あろりきゃ そわか

f:id:nobubachanpart3:20121107112250j:image:left

  札所等・・・・四国八十八ヶ所第六十八・六十九番札所

  名称・・・・・七宝山 観音寺

  本尊・・・・・聖観世音菩薩

  宗派・・・・・真言宗大覚寺派

  開基・・・・・証上人

  所在地・・・・〒768-0061 香川県観音寺市八幡町1-2-7

  ☎・・・・・・0875−25−3871



     f:id:nobubachanpart3:20121030091157j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121030100112j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

四国八十八ヶ所 第七十番 本山寺 ( 2012-06-14 )

| 21:41

     四国八十八ヶ所 第七十番 七宝山 持宝院 本山寺

 f:id:nobubachanpart3:20121105230131j:image

本山寺由来 大同2年 ( 807 ) 平城天皇の勅願で弘法大師が一夜ほどの短い

間に建てたと伝えられることから「一夜建立」の寺と言われる。

大師はこの時、本尊の馬頭観音、脇士の薬師如来阿弥陀如来を一刀三礼して

刻んだ。戦乱の時代長曽我部元親の焼き討ちを逃れた本堂は寄棟造り

本瓦葺きの重厚な建物で国宝に指定されています。

 f:id:nobubachanpart3:20121030172936j:image


     f:id:nobubachanpart3:20121030204727j:image

仁王門。和様・唐様・天竺様と三つの様式の、どっしりとした八脚門は国指定重要文化財。

f:id:nobubachanpart3:20121030204406j:image    f:id:nobubachanpart3:20121030204355j:image

金剛力士

 f:id:nobubachanpart3:20121030205208j:image

本堂。国宝に指定されています。

    f:id:nobubachanpart3:20121030205151j:image

御本尊は馬頭観世音菩薩四国霊場では唯一本山寺だけだそうです。

         f:id:nobubachanpart3:20121107125342j:image

                 みちびき弘法大師

 f:id:nobubachanpart3:20121107132052j:image

大師堂

    f:id:nobubachanpart3:20121107132028j:image

    十王堂 ( 護摩堂 )

          f:id:nobubachanpart3:20121107132409j:image

五重塔。明治43年住職の頼富実毅 ( よりとみじつき ) が再建。

盲目だった実毅は 59番国分寺を巡礼後、目が見えるようになり、

その恩に報いるため堂宇の復興に意欲を燃やされたそうです。

     f:id:nobubachanpart3:20121107153049j:image

中門

 f:id:nobubachanpart3:20121107151118j:image

本坊・納経所

     f:id:nobubachanpart3:20121107151106j:image


f:id:nobubachanpart3:20121107154659j:image  f:id:nobubachanpart3:20121107154642j:image  f:id:nobubachanpart3:20121107154623j:image

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121107155024j:image  f:id:nobubachanpart3:20121107155003j:image  f:id:nobubachanpart3:20121107154944j:image

 本山寺 御詠歌       ( 1991年4月3日 )       ( 2009年6月13日 )

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

     本尊御真言・・・・・おん あみりとう どはんば うん はつた そわか

f:id:nobubachanpart3:20121107161553j:image:left

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第七十番札所

  名称・・・・・・七宝山 持宝院 本山寺

  本尊・・・・・・婆市う観世音菩薩

  宗派・・・・・・高野山真言宗

  開基・・・・・・弘法大師

  所在地・・・・・香川県三豊市豊中町本山甲1445

  ☎・・・・・・・0875-62-2007



     f:id:nobubachanpart3:20121107153622j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121107152259j:image

 大門。御住職のお話では、昔ここに門は無かったそうですが、

街道に面した脇道からの出入りが多いので、先代の御住職が

岡山で不要になった門を譲り受け大門としたそうです。

 

 f:id:nobubachanpart3:20121107152242j:image

懐かしい宿場町の面影を残す街道。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        

2012-10-23

四国八十八ヶ所 第四十五番 岩屋寺 ( 2012-06-13 )

| 20:47

         四国八十八ヶ所 第四十五番 海岸山 岩屋寺 


         f:id:nobubachanpart3:20120917150739j:image

略縁起  昔、この山に空中を自在に飛行できる神通力を身につけた

法華仙人という女性が修行していました。

弘仁六年 ( 815 ) この地を訪れた弘法大師は法華仙人と出会う。

仙人は大師の修法に深く帰依し、山を弘法大師に献上して往生を遂げた。

木と石の不動明王を刻んだ大師は木像は本尊として本堂に安置、

石像を奥の院の秘仏として仙人の行場であつた岩窟に祀り、

全山を御本尊の不動明王として護摩修法をなさいました。


 f:id:nobubachanpart3:20120918235345j:image


    f:id:nobubachanpart3:20120918235320j:image


    f:id:nobubachanpart3:20120918235259j:image


    f:id:nobubachanpart3:20120918235248j:image

   ⇒ 看板にビニールテープで切り絵をしている男性が !! 

                趣味 ( 好き )で描いているそうです


    f:id:nobubachanpart3:20120923152752j:image


    f:id:nobubachanpart3:20120918235234j:image

    石門の上には小さな仁王像が立っています。


    f:id:nobubachanpart3:20120918235209j:image

坂道から石段に。もう最初の曲がり角で 足が痛くなったじいちゃん ここで一休み。


    f:id:nobubachanpart3:20120923131020j:image

    山門。           ⇒  海岸山の由来


        f:id:nobubachanpart3:20120923155848j:image

              ⇒ 海岸山の扁額

山門の先には !! 途中で登れなくなり ⇒ 般若心経を唱えている御婦人も。


    f:id:nobubachanpart3:20120923133313j:image


 f:id:nobubachanpart3:20120923150221j:image

 石段の左側小高いところに不動明王と制叱迦童子像


    f:id:nobubachanpart3:20120923150204j:image

    不動明王。場所が場所だけに、凄ーい迫力。


    f:id:nobubachanpart3:20120923133253j:image


         f:id:nobubachanpart3:20120923133238j:image

         参道途中の修行大師像


 f:id:nobubachanpart3:20120923152343j:image


 f:id:nobubachanpart3:20120923151747j:image

 道端の左側  ⇒ 苔むした小さな石碑を過ぎ、   ⇒ 極楽橋を渡ると

     ⇒ 苔生した弥勒堂の屋根が。


    f:id:nobubachanpart3:20120923151722j:image

     参道途中の弥勒堂


            f:id:nobubachanpart3:20120923165559j:image

                     のぞみ弥勒


    f:id:nobubachanpart3:20120923160744j:image

      2009年5月31日、お堂の隅の ⇒ ベンチで休憩を。


          f:id:nobubachanpart3:20120923160133j:image

          赤と青の奉納旗の続く参道


    f:id:nobubachanpart3:20120923161631j:image

    本堂まであと一息、ふと見上げると 可愛いお花に、ホット 、

    疲れが飛んでいくようです。


 f:id:nobubachanpart3:20120923164041j:image   f:id:nobubachanpart3:20120923164015j:image


    f:id:nobubachanpart3:20120923163951j:image

     納経所


    f:id:nobubachanpart3:20120923221443j:image

    最後の石段を上ると右側に本堂、その左側に大師堂。


 f:id:nobubachanpart3:20120917164612j:image

 本堂。   本尊 不動明王 ( 秘仏 ) です。 ⇒  本尊 不動明王 ( 前仏 )


    f:id:nobubachanpart3:20120923225552j:image

    今年はもう本堂横の梯子を登れなくなりました。


    f:id:nobubachanpart3:20120923225535j:image

    この写真は2009年5月31日参拝時の写真です。

    ⇒ 2009年5月31日、四国霊場第 四十五番 海岸山 岩谷寺参拝 


    f:id:nobubachanpart3:20120923225512j:image


 f:id:nobubachanpart3:20120917150717j:image

 大師堂。            ⇒ 弘法大師像


        f:id:nobubachanpart3:20120924004148j:image


    f:id:nobubachanpart3:20120924004135j:image

    大師堂のモダンな彫刻。


f:id:nobubachanpart3:20120924004129j:image   f:id:nobubachanpart3:20120924004116j:image


    f:id:nobubachanpart3:20120924021256j:image


f:id:nobubachanpart3:20120924022213j:image  f:id:nobubachanpart3:20120924163205j:image  f:id:nobubachanpart3:20120924163142j:image

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20120924164149j:image  f:id:nobubachanpart3:20120924164128j:image  f:id:nobubachanpart3:20120924164108j:image

 岩谷寺 御詠歌       ( 1991年4月12日 )      ( 2009年5月31日 )

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

f:id:nobubachanpart3:20120926101357j:image:left  御本尊真言・・・・・のうまく さんだ ばざら だん せんだ  

          まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん  

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第四十五番札所

  名称・・・・・・海岸山 岩谷寺

  本尊・・・・・・不動明王

  宗派・・・・・・真言宗豊山派

  開基・・・・・・弘法大師

  所在地・・・・・愛媛県上浮穴郡久万高原町七撮り1468

  ☎・・・・・・・0892-57-0417

    f:id:nobubachanpart3:20120924021239j:image


 f:id:nobubachanpart3:20120924013316j:image

仁王門。逼割 ( せりわり ) 禅定へ行くには納経所で鍵を預かってここから登ります。


    f:id:nobubachanpart3:20120924011655j:image

    仁王様は・・・・・・・・・・・・・・・・?


 f:id:nobubachanpart3:20120924011534j:image   f:id:nobubachanpart3:20120924011502j:image

仁王像


 f:id:nobubachanpart3:20120924011625j:image

 こちらが正面なんですね。              仁王門前の ⇒説明版


 f:id:nobubachanpart3:20120924075935j:image

 法華仙人どうやって空中を飛んでいたのでしよう・・・・・・・・・・・・・・・。


 f:id:nobubachanpart3:20120924080744j:image

 逼割 ( せりわり ) 禅定へ続く参道には五大明王・三十六童子像をお参りしながら・・・・・・・

 今日は時間の余裕がないので残念ながら引き返す。


    f:id:nobubachanpart3:20120924013249j:image

穴禅定


    f:id:nobubachanpart3:20120924011414j:image


 f:id:nobubachanpart3:20120926090823j:image   f:id:nobubachanpart3:20120926090818j:image


    f:id:nobubachanpart3:20120924011342j:image

    真っ暗の中 滑らない様に 声をかけ合って。


 f:id:nobubachanpart3:20120924011317j:image

 そそり立つ岩山と石崖を背に 参道を降りてゆきます。


    f:id:nobubachanpart3:20120924011254j:image


    f:id:nobubachanpart3:20120924013222j:image

登りは5度の休憩をして本堂まで。帰りは山門のベンチで ちょっと 一休みをしています。


    f:id:nobubachanpart3:20120923113330j:image


f:id:nobubachanpart3:20120923113311j:image   f:id:nobubachanpart3:20120923113527j:image

切ったり貼ったり根気のいる作業を楽しみながら描いているそうです本当に々ご苦労さま。


    f:id:nobubachanpart3:20120924020732j:image

    もう12時15分、次の札所へ急ぐので今日は素通り。


 f:id:nobubachanpart3:20120924020713j:image

 12時21分、岩屋トンネル・古岩谷トンネルを抜け、次の札所第四十四番大宝寺へ。     

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。    

四国八十八ヶ所 第四十四番 大宝寺 ( 2012-06-13 )

| 20:48

     四国八十八ヶ所 第四十四番 菅生山 大覚院 大宝寺


 f:id:nobubachanpart3:20121003094017j:image

大宝寺縁起 大和朝廷の時代まで遡る。百済から 来朝した聖僧が 携えてきた

十一面観音を この山中に安置していました。

飛鳥時代になって 大宝元年のこと、安芸 ( 広島 ) から来た 明神右京・隼人と

いう兄弟の狩人が、菅草の中にあった 十一面観音像を見つけ 草庵を結んで、

この像を祀った。

ときの文武天皇 ( 在位697〜707 ) は この奏上を聞きさっそく勅命を出して

寺院を建立、元号にちなんで「大寶寺」と号し創建された。

弘法大師が この地を訪れたのは、およそ120年後で 弘仁13年 ( 822 ) 密教を

修法されて四国霊場の中札所と定められ、

これを機に天台宗だった宗派を真言宗に改めた。


    f:id:nobubachanpart3:20121003113306j:image

    総門橋・総門 12時33分、総門橋を渡り 総門を潜る。


    f:id:nobubachanpart3:20121003113252j:image

    勅使橋 一ノ王子川に架かる朱塗りの勅使橋を渡る。


    f:id:nobubachanpart3:20121003174655j:image

    左側は 仁王門へ続く参道、右側は境内駐車場に続く車道。


    f:id:nobubachanpart3:20121003113230j:image

    地蔵堂


    f:id:nobubachanpart3:20121003113204j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121003113140j:image

 大宝寺 仁王門


    f:id:nobubachanpart3:20121003114723j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121003114204j:image   f:id:nobubachanpart3:20121003114156j:image

金剛力士。       ⇒ 久万町指定文化財「金剛力士像」


 f:id:nobubachanpart3:20121003114134j:image


    f:id:nobubachanpart3:20121003114110j:image

    本堂 本尊 十一面観世音菩薩 ( 秘仏 )です

           ⇒ 本尊 十一面観世音菩薩 ( 前仏 ) 


f:id:nobubachanpart3:20121003111753j:image   f:id:nobubachanpart3:20121003110641j:image

掘出観音堂。                   御本尊 十一面観世音菩薩


    f:id:nobubachanpart3:20121003122200j:image

    大宝寺鐘楼


    f:id:nobubachanpart3:20121003122134j:image

    護摩堂


 f:id:nobubachanpart3:20121003122109j:image

 御影堂 ( 大師堂 )


    f:id:nobubachanpart3:20121003122101j:image

               ⇒ 弘法大師像 ( 秘仏 )


    f:id:nobubachanpart3:20121003122036j:image


    f:id:nobubachanpart3:20121003235109j:image


f:id:nobubachanpart3:20121004004316j:image   f:id:nobubachanpart3:20121004005144j:image  f:id:nobubachanpart3:20121004004239j:image

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 f:id:nobubachanpart3:20121004004236j:image   f:id:nobubachanpart3:20121004004213j:image  f:id:nobubachanpart3:20121004004155j:image

 大宝寺 御詠歌      ( 1991年4月12日 )       ( 2009年5月31日 )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

      本尊御真言・・・・・ おん まか きゃろにきゃ そわか

f:id:nobubachanpart3:20121019125427j:image:left

  札所等・・・・・四国八十八ヶ所 第四十四番札所

  名称・・・・・・菅生山 大覚院 大宝寺

  本尊・・・・・・十一面観世音菩薩

  宗派・・・・・・真言宗豊山派

  開基・・・・・・明神右京・隼人

  所在地・・・・・愛媛県上浮穴郡久万高原町菅生2−1173−2

  ☎・・・・・・・0892−21−0044



    f:id:nobubachanpart3:20121003230342j:image


          f:id:nobubachanpart3:20121003122023j:image

          修行大師像


 f:id:nobubachanpart3:20121003164043j:image   f:id:nobubachanpart3:20121003164038j:image

山頭火 歌碑                       芭蕉塚


    f:id:nobubachanpart3:20121003165739j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121003165725j:image   f:id:nobubachanpart3:20121003165711j:image

本堂への石段上り口の右側にある小さな祠その横にある梯子を上ると石仏と銀杏の木


           f:id:nobubachanpart3:20130201102951j:image

      二度の大火でほとんど焼失された中で唯一焼け残った銀杏の木


    f:id:nobubachanpart3:20121003165648j:image

手水場


    f:id:nobubachanpart3:20121003165624j:image

仁王門へ下りる。


    f:id:nobubachanpart3:20121003165603j:image


 f:id:nobubachanpart3:20121003165543j:image

 総門を出て、次の札所へ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    f:id:nobubachanpart3:20121004010313j:image


    f:id:nobubachanpart3:20121004010300j:image


    f:id:nobubachanpart3:20121004010237j:image

松山ICから高速にのり、新居浜市の四国三十六不動霊場第二十四番 隆徳寺 ( 鳴鐘不動 ) へ。