のほほん日和

0000 | 00 |
2004 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2005-03-12 晴れ、のち曇り、通り雨

noho_hon2005-03-12

[] 今日は何の日?

どうも、この日は「モスバーガーの日」だったらしく、オヤツに、かくのごときメニューを注文したら、偶然。このような(向こう側に見える)箱がついてきて、ビックリ。

(外では、急に通り雨になって、傘をもった人が歩いてたり、人々が急にパタパタしはじめたのにも驚いたけれど)

こういうサプライズって、妙に嬉しいですよね。ちなみに、中身は「ミニひまわり、栽培セット」でした。(いかにも「モスらしい」と思いません?)

どういうものになるのか、ちょっとワクワク…

[] 『ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]

私が田辺聖子を読み始めたのは、就職で、大阪へ行くことが決まり、研修とか色々とはじまった、この季節からでした。(思わず、松山空港で購入)

ずっと人気の作家ゆえ、「気になる存在」ではあったものの、今ひとつ、あの大阪弁のリズムが身近でないので、「いつか…」と保留気味だったんですよ。

それゆえ「(生活に大阪弁が入ってきて、土地勘ができてくると)どう、感覚が変化していくのか」それもまた、大きな、楽しみのひとつ!だったりしてね。

結果からいうと、関西文化を身体で実体験してから、の方が圧倒的に「面白かった!」です。とくに、場所や言葉の、独特な感じが、「リアルに想像できる」し、とくに「空気が伝わってくる」ので、たいへんにマル!でした。特に大人世界の微妙な機微を描いてもいるので、時期的にも、大変、合ってた…かも。

この作品は、タイトルに大変、インパクトあるので、ずっと本屋さんで「う〜〜っ、気になる気になる…」と思いつつも、なぜ購入しなかったのかな? 不思議不思議…

でも「へぇ〜〜っ、こういうデリケートな関係を描いてたんだ…」という意味で、映像から先に見られたことは、あるいはラッキー、だったかもしれません。(噂では、映画より、さらに完成度が高い、との評判もあるので)

ひょっとして、2時間弱に「アクションたっぷりで、非日常なハランバンジョー」を期待したとしたら、これは向いてないかもしれません。じつに淡々とした、ひとつのファンタジー世界、なんですもの。

とにかく、ひとえにキャスティングの勝利! 池脇千鶴が、ちょっとスネたような、屈折して、ふてくされたような。足の悪いことが原因で、祖母によって世間から遮断された「くみ子」のキャラを、低い声で演じてるのが、じつに絶妙。(それが、また実に魅力的で、可愛いんですよっ!)

あの、素の「まるで鈴を鳴らすような」可愛いアイドル声で演じてたら、このワールド全体の微妙なバランスが崩れたかも、とさえ思われたほど。

そして、優柔不断で、ちょっとズルいところもある、ちゃっかり者なイマドキの大学生を演じて、全然、嫌味にならず「ああ、そういうこともアリかもしれないな…」と思わせるのは、妻夫木クンを置いては「ありえなかった!」かもしれません。

個人的には、この空気感を作ってのけた、犬童一心監督に、大いになる才気を感じました。この作品もヨカッタですが、今後の活躍が楽しみです。田辺聖子作品ならではの「いかにも、御飯が美味しそう」な部分も、じつに上手に表現してて「うまいっ!」

もしも、半歩ズレた不思議に濃密な時間(しかも青春の甘美さとビターさを含んだ、純粋なティスト)を味わい方は、ぜひオススメッ

本日のトラックバック

『肯定的映画評論室ココログ支店』「『ジョゼと虎と魚たち』、観ました。」

『くりおね あくえりあむ』「MOVIE 「ジョゼと虎と魚たち」」

不思議さと言えば不思議さと言えば 2005/03/14 19:08 書き込み初めまして!羅胡です。
「きょうのできごと」も私にはよく似た感覚で
面白かったですよ。

noho_honnoho_hon 2005/03/15 07:59 こんにちわ>羅胡さん。遊びにきてくださって嬉しいです。大感激っ! 羅胡さんも、同じような「をををっ!」があったのですか? そうだとしたら、なんだか無性に嬉しいな嬉しいな♪

きのこスパきのこスパ 2005/06/28 08:42 我がブログへのコメント&TBありがとうございます。ボクは映画しか観てないから分かりませんが、原作読んだワイフに言わせれば、この原作と映画は“別物”と考えた方が良いとか。ラストも全く違うらしい。ボクは、映画のノスタルジックであり、ファンタジックでもある雰囲気が大好きです。

noho_honnoho_hon 2005/06/28 09:44 きのこスパさん、こんにちわ。わぁ、そうだったんですかっ!
情報ありがとうございます。映画を見てから、ずっと興味おぼえてたので、ぜひ今度、原作も読んでみますね。
(個人的には、田辺作品だけに、どれだけ「御飯が美味しそう」かなのも、注目部分っ!)