Hatena::ブログ(Diary)

野尻blog RSSフィード

2009-09-06

ミクFES'09のこと

 初音ミクの2歳の誕生日にsupercell、ika&MOSAIC.WAV、チームMOERらが集結! ミクFes09(夏)ライブリポート (1/2) - ITmedia Gamez

 各地で報じられている通り、ミクFESは大成功だったらしい。私は1000円払ってニコ生で見ていたが、会場の熱気はよく伝わっていたし、自分も参加した気分でいられた。
 ミク廃としては、この盛り上がりは我がことのように嬉しい。よくやったミク、みんな最高だぜという気持ちである。
 坂本龍一氏に訊く、これからの音楽のかたちと価値とは - Phile-webで教授が述べているとおり、いずれCD販売は廃れ、ライブが重視される時代になるだろう。そんなときミクFESが成功した意義は大きい。これからの音楽はプロシューマーのものとなり、ネットで周知され、ライブで収益を得ていくのだろう。億万長者が出にくくなるかわり、多様性はぐんと上がりそうだ。これはいいことである。

 生誕二周年をもって初音ミクは、動画サイトとライブという二本の脚で立ち上がった。これはひとつの転換点かもしれない。これまで私は、伊藤社長のいう「出口」を、いわゆるメジャーデビューのことだと考えていた。それには複雑な思いもあったのだが、ミクはCD販売という古いビジネススタイルをひとまたぎにして、「ライブ」という出口に向かった。
 これはとても軽快で、愉快なことだ。我々がメジャーレーベルの真似をするのは容易ではないが、ライブなら誰にでも開ける。首都圏だけでなく、片田舎の喫茶店でもやればいいと思う。(9/7この段落追記)

 さてSF屋にとってツッコミは本能みたいなものである。報道されたミクFESの受け止められ方に、二点ほどツッコミを入れたい。

(1) あれは立体映像ではない。

 ステージに現れたミクが、半透明のスクリーンに投影されたものであることは皆わかっているようだ。だが、ウェブでそれを見て「すごい!」と感じた人の反応が、やや過大であるように思う。
 現場であれを見れば、二次元画像だとわかる。三次元的に感じられるのは視差による立体視ができなくなるぐらい離れて見た場合だ。動画や静止画でステージの様子を見た人は、視差以外の情報から立体視しようとしてしまう。投影されている映像は陰影のついた3Dグラフィックスだから、ごく自然に立体的に感じてしまうのである。

 ではライブに行った人はミクの平面映像に失望したかというと、そうでもないらしい。「いい雰囲気だった」とか「後ろからではよく見えなかった」といった感想が散見される。映画館でスクリーンが見えなかったら苦情が出るだろうが、ライブはちがう。その視覚エフェクトとしては充分成功していたと言えるだろう。
 技術的にはむしろ、立体視よりも場内との対話性を発展させるべきだと思う。観客にリアルタイムで反応できてこそライブである。
 演出面では、三面あったスクリーンにミクを同時表示しないほうがよかった。瞬間移動はしてもいいが、現れるのは一度に一箇所としたほうが没入感が妨げられない。

(2) あれはシャロン・アップルではない。

 ミクがステージに立つ映像が出回ると、きまって「シャロン・アップルだ」という感想が上がる。VOCALOIDのファンとして、この感想は面白くない。
 あそこで皆が熱狂したのは、ミクを人と思ったからではない。自分がミクの一部だという意識があるからだ。ミクは無数のスレッドを持つアイコンであって、その実体はほぼ100%「こちら側」にある。
 そして半分くらいはミクを人と認めてもいいような、ほろ酔い気分のようなものも確かにあった。「こまけえことはいいっこなし。今日ぐらいミクがそこにいるってことにしとこうぜ」という思いである。祝祭の日とはそういうものだ。

日比野信午日比野信午 2009/09/08 17:05 ブログ開設おめでとうございます。

ライブは基本儲かりませんよー。ミクFesも、流れた曲は全部CD化されてるかCD化予定のものばかりのはず。
supercellのアルバムが10万枚売れてたり、ベスト盤がオリコン上位に入ってたり、そういう状況があってはじめて、
ああいう大仕掛けなライブができたんだと思います。

ただ、音楽業界の人にミクの話をするといつも「でも、ライブできないんでしょ」と言われたので、
やればできるということを証明してみせた意味は小さくないかも。

nojiri_hnojiri_h 2009/09/08 17:54  どうもお久しぶりです〜。
 そうですか、ライブは儲かりませんか。これは認識不足でした。ミクFES09はチケット代で1000万円くらいは集めたと思うんですが、アーティストにはいくらくらい配分されるんでしょうね?
 CD販売抜きでライブに人を集めることは、これから進むんじゃないでしょうか。いずれライブでバーチャルアイドルを演出するVJツール(MikuMikuLiveとか?)が開発されて、ネット中継機能なんかもあって……と、いろいろ夢見てるんですけどw

he-nokihe-noki 2009/09/08 18:52 対話性ですか。喋った言葉をリアルタイムでたどたどしく変換してくれるソフトがあると面白いかもしれませんね。

あとは再生中の歌から自然に息切れやど忘れに移行する技術とか。

hirohihirohi 2009/09/08 22:06  はじめまして、お目汚しすみません。
仕事で「ニコ生」も見れず、YouTubeやブログを探し回り、そこで感じた違和感が無くなりました。
 各ブログ主のライブの感動が大きかったのでしょう。 読むにつれ、感じた自分とのズレの原因が(2)で納得できました。 それほど楽しかったのかと不参加を後悔します。
それとも、「初音ミク」はアイコンである。 というのは共通項ではないでしょうか?

nojiri_hnojiri_h 2009/09/09 07:09 >he-rokiさん
 アニサマのとき会場から上がった「結婚してくれー!」に「困ります〜」とか返事したらウケたでしょうね。まあ対話性というのは会話に限ったことではありませんけど。要は観客といっしょにノリノリになればいいわけで。

>hirohiさん
 単に見た目から「シャロン・アップルみたいだ」という感想をもらす人もいるようです。それならいいんですが、実在しないものを信じている信者きめぇ、みたいな言われ方は面白くないですよね。

seepseep 2009/09/09 18:31 私は(2)に主張に激しく違和感を覚えました。
シャロンアップルみたいだというのは、単にそのキャラクターが登場したマクロスプラスを知ってるからで、それを知らない人間には、それの発想はでないと思います。
そう思うのは、その作品を好きだからであり、それは個人の趣味嗜好の問題を、否定するのはいかがなものでしょうか?
また、「存在しないものを信じてる信者きめぇ」というのは、この世界に入っていない『非ヲタク』からすれば、五十歩百歩にしか見えないと思います。
(2)で「おっしゃいたいこと」の中身はわかりますが、あの文章では、面白くありません。

とおりすがり?とおりすがり? 2009/09/15 00:58 初めまして。
Make:(7)の記事を元に
あの楽器のこと→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%AE%E6%A5%BD%E5%99%A8
を作成させて頂いたりしました。
記事のおかげで出典元を整理できて本当に助かりました。
もし宜しければ、足りてない部分などをご指摘などして頂けますと幸いです、。

nojiri_hnojiri_h 2009/09/21 11:42 >とおりすがり?さん
 問題ないと思います。

日比野信午日比野信午 2010/07/27 15:03 お久しぶりです。
ライブは儲からないという話について、津田大介さんが解説してくれていましたのでご紹介しておきます。
1000万円集めてもバンド側に払われる額は全部で10〜20万円。リハ代考えると儲からない、と。
http://courrier.jp/blog/?p=3122

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証