Hatena::ブログ(Diary)

野尻blog RSSフィード

2010-06-24

はやぶさ帰還ニコ生中継・帰還編

f:id:nojiri_h:20100624210843j:image:left:medium

f:id:nojiri_h:20100624210844j:image:left:medium

 ニコ生中継が終わってからのことを少し書こう。
 翌日、流星塵の容器を回収した。道中「熱シールドがごろんと入ってたりしてな」などと語らっていたのだが、容器は設置時と変わらず、一見からっぽのままだった。はやぶさのサンプル容器と同じで、大きな落下物など期待していない。
 宿に持ち帰った容器は、ミネラルウォーターにシャンプーを少量まぜた水で洗った。その水から塵をペーパータオルで濾し取ろうとしたが、紙がやぶれてうまくいかなかった。仕方がないので使ったペーパータオルと水をペットボトルに入れて日本に持ち帰った。適当な容器に沈殿させて濃集させる予定だ。結果が出たらここで報告するので、あまり期待せずにお待ちいただきたい。

f:id:nojiri_h:20100624210845j:image:left:medium

 移動中はときどき道草を食った。これは瓜の一種でスイカに似た模様がある。ナイフでさばくと白くてみずみずしい果肉が現れたが、食べてみると舌に染み入るような苦さだった。たとえ渇きで死にかけていても、これはきつい。

f:id:nojiri_h:20100624210846j:image:left:medium

 路肩に転がっていたカンガルーの死体。今回の旅で二度ほど見かけた。生きたカンガルーには出会わなかったし、もちろん車の前に飛び出してくることもなかった。もしそうなったら、避けずに轢け、といわれている。
 大きな黒いワシが尻尾の肉をついばんでいたので、SHOOT UP!のネタにと思い、EX-FH100でハイスピード撮影した。

f:id:nojiri_h:20100624210847j:image:left:medium

f:id:nojiri_h:20100624210848j:image:left:medium

 スチュアートハイウェイを走っていて、一定間隔で見かけた「GRID」という道路上の施設。いったいなんのためにあるのだろうと首を傾げていたが、necovideo氏が「動物の移動を妨げる障壁」説を打ち出した。
 車道部分のグリッドは幅20cmぐらいの間隔でレールが敷いてある。蹄のある動物には歩きにくそうだ。グリッドの下は暗渠のようになっていて、普通に通り抜けられる。グリッドの路肩から道路に平行したフェンスまでは、横断方向のフェンスがある。
 あとで検索してみると、necovideo氏の説で正解だった。キャトルグリッドというらしい。

f:id:nojiri_h:20100624210849j:image:left:medium

f:id:nojiri_h:20100624210850j:image:left:medium

 クーバーペディの近くのオパール鉱山。ズリを拾ってみたかったが、立ち入り禁止なので撮影するにとどめた。

f:id:nojiri_h:20100624210851j:image:left:medium

f:id:nojiri_h:20100624210852j:image:left:medium

 夕食は安くてうまいJohn's Pizza Bar & Restaurantで取った。Twitterで呼び掛けるとオーストラリアを放浪中の石亀氏が来てくれた。「今日は肉を食いまくろう」ということで、ステーキをどんどん注文してどんどん食べた。厚さ2cm以上ある巨大な肉ばかりだ。脂身の少ない、いかにもグラスイーターの肉で、噛みしめて賞味した。一皿24A$(2000円)ぐらい。カンガルー肉の入ったピザも食べたが、どこがどうカンガルーなのか、よくわからなかった。この店のピザはクリスピー・ドウを使っていて、どれも美味しい。


f:id:nojiri_h:20100624210853j:image:left:medium

f:id:nojiri_h:20100624210854j:image:left:medium

f:id:nojiri_h:20100624213902j:image:left:medium

f:id:nojiri_h:20100624210856j:image:left:medium

f:id:nojiri_h:20100624210857j:image:left:medium

 6月15日、自由行動できる最後の日、先生方の案内でヘンブリー・クレーターに寄った。
 スチュアートハイウェイアリススプリングスの手前で西に折れ、ダートロードをしばらく走る。駐車場と簡素な休憩所があり、解説のプレートや記名帳がある。車を降りて数百メートル歩くとクレーターが見られる。
 オーストラリアアウトバックには隕石クレーターが多い。もちろん隕石は地球上に無差別に降ってくるが、安定した地質と乾いた気候のおかげで残りやすいということだ。
 ヘンブリー・クレーターは4〜5000年前に形成されたもので、直径数百m〜10mぐらいのクレーターが数個かたまっている。一個の隕石が落下中に分裂したせいだが、それが大気中とは限らない。宇宙空間にいるうちから地球の潮汐力で分裂した可能性もある。
 はやぶさ理学グループは固体天体の研究者が主力だ。「クレーターのない天体には興味ありません」などと涼宮ハルヒのようなことを言うので、クレーターおたくと呼ばれたりする。ところがイトカワは予想に反して、クレーターがきわめて少なかった。先生方がそれで白けたかといえばまったく逆で、ウハウハ状態で解析に没頭したという。そうして得られた結論がラブルパイル構造だ。
 それははやぶさのターゲットマーカーに採用された「お手玉」の構造と似ている。岩塊を布袋に入れるかわりに、弱い重力でまとめたようなものだ。そのラブルパイルが地球に降ってきた結果がこのヘンブリー・クレーターかもしれない。
「倹約を旨とする母なる自然は、およそ異なるスケールで同じ現象をくりかえす。コーヒーに注がれるミルクの渦巻、サイクロンの描く雲の流れ、そして星雲の渦状腕を見るがよい」というクラークの言葉を思い出す。
 落下した隕石の大きさはクレーター直径の1/10見当だから、写真に心眼で重ねてみてほしい。

f:id:nojiri_h:20100624210858j:image:left:medium

f:id:nojiri_h:20100624210859j:image:left:medium

f:id:nojiri_h:20100624210900j:image:left:medium

 クレーター地球環境のおかげで(地質学的には)急速に浸食されている。そのためアンコール・ワットのような廃墟の趣がある。中央には水のたまった跡があり、それを取り巻くように環状に植物が茂っている。地面には土と同じ色をしたバッタが跳ね、窪地を横切るように色鮮やかなインコの群れが飛び交う。
 もしかしたら、あの鳥たちは生涯このクレーターを出ないのだろうか、と思いもした。よそから飛来したにはちがいないが、その後周囲の環境が砂漠化したら、陸封された魚類のようにクレーター内だけの生態系ができるかもしれない。手塚治虫の漫画にもそんな話があった。
 アボリジニたちは隕石落下前からこの地にいたはずだ。彼らは記録や伝承を残していないのだろうか。クレーターの底には靴跡以外、人の痕跡はなかった。


f:id:nojiri_h:20100624210901j:image:left:medium

 観測編で述べたことの検証をTwitter上で進めてみた>はやぶさ最後の赤い爆発はリチウムイオン・バッテリー? - Togetter
 左の画像はNASAの空中観測機が撮影したもので、左に実景、右にスペクトルが写っている。最後の赤い爆発のところだけ、リチウム(Li)の輝線が現れている。それが例のリチウムイオンバッテリーによるかどうかはわからないが、だとすれば運用チームと古河電池の苦心談にひとつのオチをつけたことになるだろう。あの裏技充電ができなかったら、カプセルのサンプル容器は蓋閉めができないまま再突入に踏み切ったはずだ。
 はやぶさ本体の火球はこの爆発を最後に散開、消滅する。我々の観測地では、全天の雲がワインレッドに染まり、その中からカプセルが独走状態で飛び出してきたように見えたものだ。



現代萌衛星図鑑

現代萌衛星図鑑

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)

小惑星探査機 はやぶさの大冒険

小惑星探査機 はやぶさの大冒険

梶田秀司梶田秀司 2010/06/26 01:44 ナイスレポートありがとうございます。
ニコニコ生放送の背後にこんな入念な準備があったんですね!
ビーコン受信は現場の興奮がビリビリ伝わってきて感動ものでした。

ひらいわひらいわ 2010/07/01 00:44 こんばんわ
ご無沙汰してます。現在は、母親の認知症の介護でDXどころではありませんが『はやぶさ』帰還で勇気を
もらってます。DXもぼちぼち復活しようかと考えています。ALAにくもの巣が張ってしまいます。

邪妖精邪妖精 2010/07/03 21:43 あのキャトルグリッドって日本にもあったと思います。DASH村の太陽電池で走る車(噴飯モノだけど好き)で見ました…馬だったか家畜だったかは忘れましたが。カンガルーについてはカンガルーバンパーを聞いて(ry嫌な話しだけど、住んでいない人が文句を言うのは某番犬の人と同じなので我慢します。道草を文字通り食ったり、オパール(ノラクロみたいに拾って棄てるなら良いのに)…これは残念…で大陸を満喫したようですね。チョーーーーーーーーーーーーーーーーー良いですなぁ(´;ω;`)ヴワァ やっぱり現場に行った者が勝者ですな

チェルニーチェルニー 2010/07/07 02:53 >野尻先生
おつかれさまでした。来月のラジオライフの記事を楽しみに待たせていただきます。
(SF大会で何度かごあいさつさせていただいたことがあります。今年の夏も
お会いできるのを楽しみにしております。)

ところで、やはりというか、「はやぶさはイトカワへ行かなかった」という
陰謀論が出て来ています。
何と言いますか、正直相手にするだけ時間の無駄ですが、賛同者がけっこう
いるのが恐ろしいです。
  ↓
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/7324c4c4ad8ab892c6162e6b61bd0be6

alifeclubalifeclub 2010/08/04 14:40 いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証