Hatena::ブログ(Diary)

もぐらのあなぐら RSSフィード Twitter

山椒魚か、見えない人間か、それともただの高慢な郊外に住むちょっと気難しいだけの普通のおっさんか。 むしろどう見える? もぐらのあなぐらへようこそ。 ぶつぶつ言ったりもします。nomorelines24

2015-07-12 2015年度 第2回レイモンド・ウィリアムズ研究会のお知らせ

2015年度 第2回レイモンド・ウィリアムズ研究会

開催日時:7月19日(日)

場所:関西学院大学東京丸の内サテライトキャンパス、テレビ会議室

http://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_000553.html

http://www.kwansei.ac.jp/pr/attached/4720_41147_ref.pdf (←PDFです)

時間:(開場:10:00) 開始:10:15~ 

プログラム(解題担当者の敬称略)

10:15- 1.Second Generation読書会 

  Part Three (pp.213-347)最後まで

   解題担当:川端


12:15-13:00 お昼休憩&懇談

(お昼休みの前後どちらかで懇談の時間を設けたいと思います)


13:00- 2.Marxism and Literature読書会

3. Literary Theory

3.1. The Multiplicity of Writing

3.2. Aesthetic and Other Situations

3.3 From Medium to Social Practices

3.4. Signs and Notations

3.5. Conventions

   解題担当:3.1., 3.2., 3.3.:大貫

          3.4., 3.5., :三村



なお、今回は、会場の都合上、事前連絡・登録が必要です。13日までに西までご連絡ください。

もちろん、参加費用などに関しては無料です。

プライスレスです。

2015-04-21 2015年度第1回レイモンド・ウィリアムズ研究会

相変わらずですが、告知であります。

そしてこれまた相変わらずですが、完全無料、飛び入り参加歓迎、です。

今回は、小説作品も中盤に入って盛り上がりますが、とくに後半のMarxism and Literature読書会では有名な「支配的、残滓的、勃興的」や「感情構造」も読みます。

どうぞ、ご参加ください。


2015年度第1回レイモンド・ウィリアムズ研究会

場所:中央大学駿河台キャンパス570号室

http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/surugadai/

日程:2015年 5月10日(日)

時間:(開場:13:00) 開始:13:30~ 

プログラム(解題担当者の敬称略)

13:30- 1.Second Generation読書会 

  Part Two (pp.68-209)

   解題担当:田尻(前半)、三村(後半)

Second Generation (English Edition)

Second Generation (English Edition)


15:30- 2.Marxism and Literature読書会

  2.7. Traditions, Institutions, and Formations

2.8. Dominant, Residual, and Emergent

2.9. Structures of Feeling

10. The Sociology of Culture

   解題担当:大西(2.7. & 2.8.)、西(2.9. & 2.10.) 

(18時終了予定)

Marxism and Literature (Marxist Introductions)

Marxism and Literature (Marxist Introductions)

2015-03-10 D. Alderson氏特別講演&新自由主義特別例会

いつも告知ばかりというのもアレなので、いつもとはちがう告知を。

1. Dr. David Alderson特別講演

4月11日14時〜

中央大学駿河台記念館(御茶ノ水駅最寄り)にて

http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

英語(通訳なし) 

主催:レイモンド・ウィリアムズ研究会

f:id:nomorelines:20150310163449j:image:right

It is often argued that capitalism is progressive in relation to sexuality, with Marx being invoked in order to render this plausible for the left. This paper interrogates such claims by critically returning to the arguments of Herbert Marcuse, and highlighting that we must understand the impact of production, not merely consumption, on sexuality. It also rejects the tendency within much queer theory to elide neoliberalism with neoconservatism as a means of justifying the radicalism of its own project. The alternative proposed here is to interrogate what we mean by progress, and not assume that it is something that must be done to us.

マルクーゼ再読とのことです。どうぞご参加ください。

そして、その翌日は、新自由主義研究会の特別例会です。

これについては私のブログに載せるのは筋ではないかもしれませんが、解題担当でもありますし、良いと思います。


2.新自由主義研究会特別例会

めずらしく英語でやります。

The 44th Meeting of the Neoliberalism Reading Group

Date & Time: 12 April 2015, 16:00-18:00

Venue: Seminar Room2, Kokusai Kenkyu Kan 5F, Hitotsubashi University (Building#44 in the map below.)

http://www.hit-u.ac.jp/eng/about/direction/guide/campus/e-campus/index.html

Book for Discussion: Michael Denning, Culture in the Age of Three Worlds. London: Verso, 2004.

Discussants: Ryota Nishi, Masashi Hoshino, Shintaro Kono, Ayumu Tajiri

(The meeting will be conducted in English.)

The book we take up this time is Michael Denning’s Culture in the Age of Three Worlds (2004). In this book, the energetic American historian, greatly influenced from CCCS, seeks to historicize British Cultural Studies movement and “the cultural turn” in the Cold War period, mapping them onto what he calls “the global cultural turn” in “the age of three worlds.” As an extension of what we have read, Denning’s understanding of “the cultural turn” would be helpful in reexamining the notions of “culture”: “culture” as a metaphor of unacknowledged social realities depoliticized in the course of the practice of tolerance (W. Brown), or “culture” as a new concept emerged within the dream and catastrophe of mass production and mass sovereignty (S. Buck-Morss). His attitude toward culture and “the cultural turn” itself would also have to be examined carefully, because if his own account of this book, “a product of, and reflection on, that cultural turn,” is accurate, his attitude toward, or distance from, the radical studies of culture may explain the neoliberalist hostile apathy toward them, which we are facing now as the university reform. In addition, some means to contextualize the prosperity of so-called postcolonial theories may be pursued in the session.

ネタ本はこちらです。

Culture in the Age of Three Worlds

Culture in the Age of Three Worlds


こちらも、参加は自由です。

どうぞご参集ください。

2015-02-03 2014年度第5回レイモンド・ウィリアムズ研究会

もう、専用告知板ってことで良い気がしてきましたが…

告知です。

次回からはウィリアムズの2つ目の小説を読みます。


2014年度第5回レイモンド・ウィリアムズ研究会

場所:中央大学駿河台記念館 http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

    220号室 http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/surugadai/floormap/

日程:2015年 2月22日(日)

時間:13:30~

プログラム(解題担当者の敬称略)

13:30- 1.Second Generation読書会 

  Part One (pp.9-65)

   解題担当:中井(後半)、西(前半)

15:30- 2.Marxism and Literature読書会

  2.3. Productive Forces

2.4. From Reflection to Mediation

2.5. Typification and Homology

2.6. Hegemony

   解題担当:遠藤(2.3. & 2.4.)、高橋(2.5. & 2.6.) 

(17時終了予定)


なお、底本につきましては、M&Lはこれまで通り、Second GenerationはHogarth Press版を用いる予定です。(むしろ紙媒体で入手可能なものはこれしかないようです)

Williams, Second Generation (London: Hogarth Press, 1988)

日本のアマゾンでは品切れです http://www.amazon.co.jp/Second-Generation-Raymond-Williams-ebook/dp/B00DSLZCTW/ref=sr_1_fkmr0_1?ie=UTF8&qid=1420478534&sr=8-1-fkmr0&keywords=raymond+williams+second+generation

が、アマゾンUKでは、中古のペーパーバックであればものすごい値段で買えるようです。




もちろん、もろもろ無料です。

事前連絡も必要ありません。

どうぞ、奮ってご参加ください。

2014-11-27 2014年度第4回レイモンド・ウィリアムズ研究会のお知らせ

はい、相変わらずのイベント掲示板です。

相変わらず無料です。

どうぞ、ふるってご参加ください。

2014年度第4回レイモンド・ウィリアムズ研究会

日時:12月26日

場所:東洋大学 白山キャンパス 2号館3階 (16階建ての一番高い建物です)

    第1会議室

    http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html

時間:13:30~

プログラム(敬称略)

13:30- 1.Border Country 読書会 

  Part One, Chapter 9, 10 (pp.327-376)

  Part Two (pp.377 - 436)

   解題担当:井上(前半)、河野(後半)

16:00- 2.Marxism and Literature読書会

  ※担当者が変更になりました

  2.1. Base and Superstructure & 2.2. Determination

   解題担当:田尻(2.1.)、三村(2.2.) 

(17時終了予定)

終了後、打ち上げを予定しております。


来るもの拒まず、去る者には追いすがる

を信条にしていますので、みなさま是非とも。

(西の個人的な信条で、研究会を代表するものではありません)